競馬 - 産経賞オールカマー - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年9月23日(日)

11R

2018年9月23日(日) | 4回中山7日 | 15:45発走

第64回産経賞オールカマー(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

「軽い芝向きのこの馬にとって、前走はタフな馬場が応えました。帰国後は放牧に出し、8月18日に札幌に入厩。現地で調整してから栗東に戻し、ここまでは順調に調整ができています。香港では調教で気難しい面を出していましたが、坂路とプール調整ではそんな面は出していないので、問題ないと思います。1週前にジョッキー騎乗で併せ馬。動きは少しサッとしていましたが、マズマズの時計が出ました。久々ということで今日はラスト1ハロンをシッカリやりましたが、動きは良かったと思います。いい仕上がりで臨めそうです。多少体に余裕はありますが、輸送で丁度良くなると思うし、距離もベストとはいえませんが、悪くはないと思います。秋緒戦をいい形で迎えられれば…と思っています」(池江調教師)。 ◎クイーンエリザベスII世C(香港・シャティン競馬場・GI・芝2000メートル・良)は8頭立てで行われたが、道中は4番手から、直線は思ったほど弾けず、勝ったパキスタンスターの5着。帰国初戦のレースになるが、ここなら実績は上位にランクされる存在。中山は皐月賞勝ちがありOK。当然上位争いの1頭。
「前走は体が戻っていたし、体調も良かったので期待をしていましたが、勝負所で包まれてしまいましたから。最後はいい脚を使っていただけに痛かったですね。その後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整してきました。1週前に併せ馬でやりましたが、馬場が重かったことでラストを少し要しましたが、シッカリ負荷をかけられたと思います。今日は少し時計が速過ぎたかもしれませんが、休み明けなのでこの位やっておかないと。でも動きは良かったですよ。前走は力を出せずに終わりましたが、自分のリズムで走れば渋太い馬ですからね。今回は重賞のアメリカJCCを勝った舞台だし、仕上がりもいいので、能力を出し切れば…と思っています」(音無調教師)。 ◎香港遠征後の一戦となった宝塚記念(稍重)は12キロ増も回復したモノで問題ナシ。好位の後ろに付けて進んでいたが、勝負所でゴチャ付き、動くに動けず。そのために位置を下げざるを得なかった。直線は外目に出してジリジリと伸び、ミッキーロケットから0.7秒差の5着。当該舞台はアメリカJCC勝ちがありOK。叩き良化型も無視は危険かも。
「前走の天皇賞の時は使い詰めということで、体が硬くなっていましたからね。その後は放牧に出してオーバーホール。8月8日に帰厩しましたが、帰厩当初は馬がボーッとして、中々気持ちが入ってきませんでした。1週前にジョッキーに乗ってもらい、坂路でシッカリやって好時計を出しましたが、まだ気持ちの入りが一息でした。今日もシッカリ追い切ったので、この一追いで気合いが入ってくれるといいんですが…。ただ息遣いの方はできているので大丈夫です。メンバーは揃いますが、次に繋がる競馬ができれば…と思っています」(中村調教助手)。 ◎天皇賞(春)は大逃げを打ったヤマカツライデンの3番手。2周目の4角では先頭に立ったが、そこでほぼ手応えは一杯一杯。勝ったレインボーラインから1.9秒差の14着。コンスタントに使ってきた疲れがあったのかも…。一息入れて立て直した効果がある様なら、展開一つで食い込む可能性はありそうだ。
「前走は手頃なハンデでやれるのでは…と思っていましたが、展開が厳しくなってしまいましたね。その後は在厩しての調整。当初からここが目標だったし、予定通りの調整ができています。今回も56キロで出られるし、この舞台は重賞でも善戦していますからね。あとは自分の競馬をしてどこまで頑張れるかでしょう」(相沢調教師)。 ◎新潟記念(56キロ)は注文通りハナを切り、淀みのないペースでの単騎逃げ。勝負所で後続を引き離しにかかるが、直線半ばではほぼ一杯。ブラストワンピースから2.7秒差のシンガリ(13着)負けを喫する。近3走がもう一つさえを欠き、8歳という年齢からも大幅な上積みは望み薄。ここも厳しいレースになりそうだ。
「札幌の2戦は結果を出せませんでしたが、馬場が合わなかったことが敗因だと思います。幸い帰厩後も疲れは見られないし、ここまでは順調に調整ができているので。いい状態で臨めそうです。今回は中山に替わるし、相手は揃いますが変わり身に期待しています」(森調教助手)。 ◎丹頂S(札幌・OP・芝2600メートル・54キロ)は中団のイン。勝負所では少し置かれ加減になり、直線は外目に出して追い出したが伸びは今イチ。勝ったリッジマンから1.8秒差の8着。コース云々は問題ないが、重賞ではクラス慣れが先決といった感。どこまでやれるかだろう。
「前走はハンデ(53キロ)もあったと思いますが、あの位走れてもおかしくない馬ですからね。今までが不利があったり、展開などが噛み合わなかっただけだと思っています。前走後もいい状態をキープできているし、中山も好走歴があります。今は馬がシッカリしてきたことで、ある程度前に付けても競馬ができる様になっています。良が理想ですが、スムーズな競馬ができれば…と思っています」(上原調教師)。 ◎叩き2戦目の新潟記念(新潟・GIII・芝2000メートル・53キロ)はダッシュがつかず後方から。インをロスなく立ち回り、直線は馬場の中程に持ち出すとよく伸びて、ブラストワンピースから0.4秒差の3着と健闘。約2年7か月振りに馬券の対象となった。今回はGIIで相手が強化される上に別定戦。正直、厳しい戦いになりそうだ。
「前走は超スローペースでも我慢の利いた走りができていました。我慢が利かずに外から動いて行った京都記念とはまるで内容が違いましたからね。今後に繋がるレースができたと思います。遠征の疲れを取ってから美浦に帰厩。ここまでは順調に調整ができています。ここにきて馬体に幅が出てきたし、1週前にある程度やったことで、今週の動きがかなり変わってきました。中山はホープフルSを勝っているし、外回りの2200メートルもあっていると思います。秋のGIシリーズに向けて好スタートを切って欲しいと思っています」(津曲調教助手)。 ◎ドバイシーマクラシック(メイダン競馬場・GI・芝2410メートル・良・10頭立て)は超スローペースのために道中は掛かり気味。それでも最後までバテずにジリジリと脚を使い、逃げ切ったホークビルの4着。レース前にイレ込んだことが微妙に影響した感がある。ダービー馬&ジャパンC2着の実績から、GIIなら断然上位の存在。当然有力視。
「前2走は精神面と体調のバランスが取れておらず、ただ走っているといった感じでしたね。その後は放牧に出しましたが、向こうでも乗り込んでいたし、体調を見計らって帰厩させました。減り加減だった体重も戻って、体調は上向いてきたことは確かです。今日の追い切りは、1頭になるとソラを使う馬が、抜け出してからも集中力を切らさずに走っていましたからね。休養前より背腰が良くなったし、追い切りで着けたチークピーシズをレースでも着けて行く予定です。年齢的にズブさは出てきましたが、レースで気持ちを切らさずに走れば前2走の様なことはないと思っています」(中川調教師)。 ◎2か月半振りの大阪杯(阪神・GI・芝2000メートル)はまだ本調子に一息ということもあったが、好位の後ろを追走も勝負所の手応えは今イチ。4角では早々と戦線から離脱し、スワーヴリチャードから3.7秒差と大差のシンガリ負け。大敗後の一戦で何とも微妙だが、立て直しを図った効果&得意の中山でどこまでやれるか…。レース振りが注目される一戦。
「前走後は脚部不安で休養に。一旦帰厩しましたが、調教施設が使えなくなったことで再放牧に。帰厩後は脚元の不安は見られないし、馬体に張りも戻ってきました。1週前にジョッキーの騎乗でシッカリやってあるので、今日は馬ナリでしたが、動きは良かったと思います。ここまで坂路を主体とした調整をしてきましたが、やるだけのことはやってきましたからね。後は無事に競馬をしてくれれば…と思っています」(伊藤大士調教師)。 ◎昨年の日経賞でシャケトラの2着以来、1年半振りの実戦。鉄砲は利くタイプだが、今回は休みが長いために勝負勘がどうなのかが気になるところ。前述の日経賞2着に加えてアメリカJCC3着の実績もある馬。GIIなら十分通用やれるし、中山との相性も◎。今回に関しては長期休養明けと仕上がり具合がどうなのかがカギといえそうだ。
「前走は久々でも仕上がりは良かったんですが、あれだけ気負っては厳しかったですね。その後は放牧に出して調整し、美浦に戻ってからも順調に乗り込めています。1週前にジョッキーの騎乗でビシッとやってあるので、今日は単走で直線をシッカリ伸ばす追い切り。動きは良かったし、1度使った上積みも見込めます。道中で脚を溜めれば、ラストはいい脚を使ってくれる馬。ジョッキーとの相性もいいので、頑張って欲しいですね」(斎藤誠調教師)。 ◎約半年振りの函館記念(56キロ)は後方で折り合いに専念していたが、やはり行きたがる面を見せていた。直線は殆ど伸びらしい伸びは見られず、勝ったエアアンセムから0.8秒差の10着。久々で完調手前だったのかも。中山は比較的相性がいいコース。展開などが向く様なら見せ場があっても。
「前走後は放牧に出し、このレースから逆算して帰厩しました。元々が調整し易いタイプなので順調に調教メニューを消化できました。先週速いところを済ませてあるので、今週は単走でラスト重点の追い切りでしたが、動きは良かったし、前走同様いい状態で臨めそうです。7歳馬ですが、長期休養をしたために数を使っていませんからね。その分馬は若いし、衰えは全くありません。中山は得意だし、距離も許容範囲内だと思います。相手は揃いますが、この後GIに行けるかどうかを決める意味でも内容のある競馬ができれば…と思っています」(吉村調教師)。 ◎函館記念(函館・GIII・芝2000メートル・55キロ)は好位のイン。4角でも絶好の手応えで、残り100メートルで先頭に。サクラアンプルールの追撃を難なく凌いで7歳にして初の重賞制覇。GIIの今回は相手は強くなるが、中山は未格付けのホープフルS勝ちを含め(弥生賞で4着)、相性のいいコース。充実振りが目に付く今なら好レースは可能だろう。
「前走は展開面もありましたが、自分から走るのを止めている様な感じでしたね。その後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整をしてきました。調教と実戦が直結するタイプですが、今の馬場が重い調教コースでは判別しにくいところがあります。ただ、休み明けより叩いた方がいいタイプ。今日の追い切りは単走にしては悪くありませんが、1度使った方がいいかもしれません」(高木調教師)。 ◎叩き2戦目の七夕賞(福島・GIII・芝2000メートル・57キロ)は中団に付けていたが、向正面からジワッと前との差を詰め始め、3角では3番手まで押し上げる。ところがそこからの反応が今イチで、直線に入ると早々と一杯。メドウラークから1.8秒差の8着。長期休養明け2戦目でまだ本調子になかったか。叩き3戦目とはいえ、今回は相手も強化。楽な戦いとなるかどうかは疑問符。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。