sportsnavi

2018年9月17日(月)

11R

2018年9月17日(月) | 4回中山5日 | 15:45発走

第72回朝日杯セントライト記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

「前走はGIで2着と走ったため、さすがにレース後は疲れが出たので、リフレッシュ放牧に出しました。馬体に張りがあり、落ち着きもあって、凄くいい雰囲気で帰厩しました。1週前の追い切りはCWで長目から。追う毎に動きが軽くなってきたし、馬体も締まってきましたからね。今週はジョッキーの騎乗で馬ナリでしたが、騎乗した戸崎騎手もいい感触を得た様子。東京の2000メートルで勝っているように、距離の延長は大丈夫だと思うし、コーナーが4つの中山になりますが、ここで結果を出してくれるようなら今後の選択肢が広がりますからね。どんなレースをしてくれるか楽しみですね」(田代調教助手)。 ◎NHKマイルCは発馬を決めて先行策。手応え良く直線に向き、一旦は先頭に立ったが、大外から来たケイアイノーテックの強襲に遭い、クビ差の2着。初のマイル戦でも結果を出したことは能力の証。距離は2000メートルでも勝っており、折り合いに不安がないタイプなので問題ナシ。脚質にも自在性があり、有力候補の1頭と言っていいだろう。
「前走はレース中に骨折をしたので、あの結果は仕方がないと思っています。ここまでは順調に調教メニューを消化できたし、今週の追い切りもラストはシッカリ反応していましたからね。夏を越して成長の跡が見られるし、中山も皐月賞でいい走りを見せてくれたように問題はありません。骨折明けの一戦になりますが、好レースをしてくれるのでは…と思っています」(根岸調教助手)。 ◎ダービーは出たなりで後方から。道中はスムーズに折り合って運んでいたが、勝負所でも依然として後方のまま。直線に入っても目立つ脚は使えず、ワグネリアンから1秒差の14着。皐月賞は最速の末脚で6着を考えると不満が残る内容だが、後にレース中の骨折が判明。能力は確かで、鉄砲も利くタイプ。見直す手は大いにありそうだ。
「1週前にある程度やってあるので、今日はラスト1ハロンを伸ばす程度。今回はGIIで相手は強くなりますが、能力は秘めている馬ですからね。ここでどれだけやれるかを確かめる意味でチャレンジしてみます」(高野調教師)。 ◎出雲崎特別(新潟・500万下・芝2400メートル)はダッシュを利かせてハナを切り、平均ペースに持ち込んでの逃げ。2角〜向正面で後続を大きく引き離し、3角では逆に引き付ける格好。2番手を追走していたマスラオがそのまま粘り込み、結局は行ったきりの決着に。距離を延ばして成績がアップ。とはいえ、重賞で即通用とは…。
「皐月賞が引くに引けない格好になり、3頭併せの形での競馬。京成杯を勝った時のように2番手で折り合う競馬ができる馬ですが、皐月賞の競馬がそのままダービーに反映してしまいました。その後は放牧に出してリフレッシュ。体が大きくなり、パワーアップして帰ってきました。1週前にCWで長目からやった動きに力強さが感じられたし、今週は馬ナリでしたがいい動きでした。今回はダービーのように中途半端な競馬ではダメなので、恐らくハナに行くことになると思います。逃げて押し切るレースをして欲しいですね」(矢野英一調教師)。 ◎ダービーは行きたがるのを宥めつつ、逃げたエポカドーロの2番手。ペースは遅かったが、4角では後続に来られると抵抗できずに早々と後退。ワグネリアンから1.7秒差の16着。騎乗した田辺騎手は「少し負け過ぎ。ハッキリした敗因は分かりません」とのこと。京成杯1着、皐月賞3着の実績がある馬。この休養で成長が見られれば巻き返しがあっても。
「前走後は放牧に出し、8月16日に帰厩しました。春当時はもう一つ物足りなさがありましたが、休養前より体が一回り大きくなって、馬体に実が入ってきた点は何よりだと思います。1週前の追い切り時計も悪くありませんでしたが、先週追われたことで馬体に締まりが出たし、動きも更に良くなっています。中山でも重賞2着があるようにコース替わりは問題ありません。今回が初の対戦になる馬もいますが、クラシックで好走した馬。その結果に恥じないレースを期待しています」(国枝調教師)。 ◎プリンシパルSを勝って臨んだダービーは16番人気と低評価だったが、1角でゴチャ付くシーンがあっても、怯まずに3番手に付ける。勝負所では逃げたエポカドーロの2番手に上り、直線では一旦はエポカドーロを交わすかの勢い。最後は力尽きてワグネリアンから半馬身+クビ差の3着だが、立派な内容。今夏成長によっては勝ち負けになっても…。
「前走勝った時と同じ状態をキープしています。まだ2戦のキャリアですが、素質はここに入ってもヒケを取らないものを秘めていると思うし、長距離の適性も高い馬ですからね。能力を出し切れれば、この相手でも差のないレースになると見ています」(森調教助手)。 ◎休み明け&昇級初戦となった500万下の平場(札幌・芝2600メートル)は8キロ増と好仕上がり。出遅れてシンガリから2番目の競馬。ジックリ脚を溜め、4角では大外に持ち出し、逃げ粘るウォルビスベイを最速の末脚で2馬身交わして2連勝。能力は高い馬だが、今回がキャリア3戦目。即重賞で好レースといくかどうかとなると疑問符も。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。春当時は飼い食いが細くて体質の弱かった馬でしたが、放牧効果で体が一回り大きくなり、飼い葉食いも旺盛になりました。今日は馬場が重い中、シッカリ動けていましたからね。春は素質だけで勝ったという感じでしたが、本格化すればOPでも十分やれる馬だと思っているので、ここも楽しみにしています」(森調教助手)。 ◎プリンシパルSでダービー3着のコズミックフォースにアタマ差の2着した後、確勝を期して臨んだ500万下の平場(東京・芝2000メートル)は中団の外目を追走。直線入り口からジワッと進出を開始し、直線半ばで抜け出す。猛然と追い込んできたチャロネグロに1馬身半差を付けて完勝と言える内容。OPでもやれる下地は十分で、要注目の1頭。
「春はずっと使い続けたことで、休養前のレースはさすがに疲れが見られました。その後は放牧に出してリフレッシュをした効果で、前走はこの馬らしい競馬で勝ってくれました。1週前にもやってありますが、今日の動きも良かったし、1度使った上積みは十分窺えます。まだ幼さは残っていますが、併せ馬の形になると渋太さを発揮する馬。何とか菊花賞の権利を…と思っています」(河内調教師)。 ◎3か月振りの英彦山特別(小倉・500万下・芝2000メートル)は先行3番手。4角で逃げているナムラマルの2番手に上り、直線は追いすがるスマートモノリスとの叩き合いを制してクビ差の勝利。大崩れしないタイプとは言え、今回は重賞で相手は一気に強化。様子見が妥当と言えそうだ。
「前走はマイペースでレースをし、直線は後続を引き離すという競馬。あの形が合っているようですね。その後は在厩して調整。1週前に本馬場で、今週はCWで追い切りましたが、いい動きでした。涼しくなってきたことで体調が上向いてきたし、中山の2200メートルもこの馬に向いていると思います。2走前に出負けしたようにたまにスタートが良くない時がありますからね。そこさえ無事にクリアして、自分の競馬ができるようなら楽しみです」(辻野調教助手)。 ◎3か月半振りの西部スポニチ賞(小倉・1000万下・芝1800メートル)は12キロ減でも細いというより締まった感じ。素早く先手を奪い、後続を引き離しての逃げを打つが、ペースはスロー。そのまま絡まれること無く、後続に4馬身差を付けて楽に逃げ切る。相手・展開に恵まれた感は否定できず、重賞の今回が試金石の一戦と言えそうだ。
「前走はストレスのかかる競馬だったので、一旦は放牧に出しましたが、回復が早かったことは何よりでした。もう少し筋肉が付いて欲しかったですが、状態は悪くありませんからね。元々が追い切りは動く馬ですが、今日は少し時計が速過ぎてオーバーワークになったかも…。それでも具合はいいので心配ないでしょう。中山の2200メートルはこの馬に合う舞台だと思うので、何とか権利を獲りたいですね」(高橋文雅調教師)。 ◎昇級初戦となった信濃川特別(新潟・1000万下・芝2200メートル)は後方から。直線は外目に出して伸びてはきたが、上りの速い決着になり、グロンディオーズから0.7秒差の5着。弥生賞6着、青葉賞5着があり、OPでもやれる力はある馬にしては物足りない内容。その後の成長度如何では上位までは疑問符も。
「先週も長目からやってあるので、今週はラスト重点でしたが仕掛けてからの反応が良かったですね。中山コースはトリッキーなので、自分のリズムで走れるかどうか未知な面はありますが、前走のようにマイペースの走りができれば、ここでも差はないと思います」(杉山調教師)。 ◎日本海S(新潟・準OP・芝2200メートル)は注文通りハナを切り、スローペースに落としての逃げを打ち、勝ったポポカテペトルに早目に来られた分、最後は苦しくなったが、2着は確保。自分の形で競馬ができれば渋太い馬。すみれS でキタノコマンドールの2着があり、OPでもやれる力はある馬。今回も同型との兼ね合いがカギになりそうだ。
「この夏を無事に越せたことは何よりでした。放牧から帰ってきてからの動きも凄くいいですからね。前走でイレ込んでいたように、燃えやすい気性なので、この中間はその点に注意をしながら調整してきました。まだ3歳馬で、これから使いつつ良くなってくれるようなら…と思っています」(高島調教助手)。 ◎2か月振りの松島特別(福島・1000万下・芝2000メートル・稍重)は仕上がり良好。流れに乗ったレースはできたものの、いざ追い出してからの伸びは案外。久々と馬場が影響したのかもしれない。京都新聞杯は11着と敗れたが、2200メートルは「1、1、0、1」と得意の距離。成長度次第で見せ場くらいは。
「日曜日にもやってあるので、今日はあまりやり過ぎないようにポリWで追い切りをしました。既に馬体の方は仕上がっているので、これで十分だと思いまいす。休み明けの新潟で古馬を相手にレコード勝ち。続く昇級初戦でも差のない2着と力を付けています。今回は相手が強くなりますが、使った強味と今の充実振りを生かして、頑張って欲しいですね」(辻野調教助手)。 ◎昇級初戦となった阿賀野川特別(新潟・1000万下・芝2200メートル)は逃げたキークラッカーの4番手。勝負所から前との差を詰め始め、直線は一旦抜け出したが、内からきたユーキャンスマイルに半馬身交わされての2着。重賞は青葉賞に挑戦したがシンガリ負け。現状ではOP相手となるとクラス慣れが先決と言えそうだ。
「ダービーの後は放牧に出してリフレッシュ。8月16日に帰厩しましたが、もう少し体が大きくなって帰ってきてくれると良かったですね。1週前に古馬を相手に併せ馬をして先着。時計もマズマズでした。今日はもう少し速い時計でも良かったんですが…。中間の飼い食いは旺盛ですが、馬体はそれ程増えた感じがないので…。血統的には距離が延びた方がいい馬ですが、ここで何とかキッカケを掴んでくれれば…と思っています」(国枝調教師)。 ◎ダービーは出が一息で後方から。1角でゴチャ付くシーンもあったが、終始インで運ぶ。最後まで内で進めていたが、これといった伸びは見られず、ワグネリアンから1.4秒差の15着。この日の馬体重が6キロ減の448キロ。デビュー時から18キロ減と使う毎に体が減っていたことも敗因か。夏場を休ませて体が回復していればもう少しやれても…。
「この馬はペースが速くなっていてもスッと動いて行けるし、仕掛けてからの反応も速い。この馬の一族が持つ良さをそのまま受け継いでいますね。ギアの数がどれだけあるのかといった魅力に加え、コントロールも利くタイプ。今回はオープン馬が相手になるので、今までのようにはいかないと思いますが、この相手にどれだけ上の能力を秘めているのか…、このレースで分かると見ています」(藤沢和雄調教師)。 ◎2か月半振りの松前特別(函館・1000万下・芝2000メートル)は逃げたエルリストンの4番手に付ける。向正面で3番手に上り、前の2頭を見つつのレース。直線の手応えは十分で、残り1ハロンから難なく抜け出し、2着のエルリストンに2馬身差を付けて快勝。これで3戦3勝。レイデオロの全弟という良血馬。ここでも十分可能性を秘めた存在。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。