2018年3月31日(土)

11R

2018年3月31日(土) | 3回中山3日 | 15:45発走

第50回ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

「前走は長期休養明けでスローペースのために折り合いを欠いてしまいました。その分、最後は甘くなってしまいましたね。その後はここを目標に調整。1週前に長目からやった動きが良かったし、今週は直線を追う程度でしたが、いい伸びをしてくれました。1度使ったことで中身が違ってくると思うし、このくらいの距離の方が合うと思うので、巻き返しを期待しています」(萩原調教師)。 ◎一昨年の新潟記念を勝って以来、1年4か月振りのレースとなったニューイヤーSは±0と意外にスッキリ。レースは出が一息の上に久々ということもあって少しハミを噛む面を見せたが、直線入り口で先頭に並びかけるシーンも。久々の分、バテたが見せ場は十分。2戦続けてマイルというローテーションも好感が持て、叩き2戦目でガラッと変わる可能性も。
「1度使ったことと、1週前に長目から追ったことで馬体に締りが出てきました。今週馬ナリは予定通りです。前走で重賞でも十分やれることが分かったし、ハンデは少々見込まれましたが、立ち回りの上手さを生かせるようならここでも楽しみですね」(庄野調教師)。 ◎京都金杯(56キロ)は中団の前。4角で外に出し、早目に先行勢を捉えに行くが、その分最後の追い比べで甘くなり、ブラックムーンから4分の3馬身+クビ差の3着。中山は初コースになるが、先行・差しタイプで問題はないハズ。NHKマイルC4着、富士Sでエアスピネルの4着、アーリントンCはペルシアンナイトの2着から上位争いも可能。
「前走後は放牧を挟みましたが、いい状態で戻ってきたし、その後はここを目標に調整をしてきました。昨秋はイマイチ結果を出せませんでしたが、今回は昨秋以上の競馬ができると見ています。走り慣れた中山に替わることもプラスだと思うので、巻き返しに期待しています」(森調教助手)。 ◎阪神Cは中団を追走。直線もそこから伸びずバテずといった感じで、イスラボニータのレコード勝ちから0.7秒差の11着。昨年のこのレース(稍重)は55キロでロジチャリスの2着。その当時と違って今回は中間の成績が一息ということで割引は必要かもしれないが、力は通用して不思議はない。
「前走は大外枠で前にカベが作れず、先行したことで馬がムキになって一息で走ってしまいました。この中間も特に変わった感じはありませんが、調教量を変えたり、環境にも変化を付ける調整をしてきました。今回はこの馬を知り尽くした鞍上に替わるし、あとは任せるだけですね」(森調教助手)。 ◎東京新聞杯はいつもより早目の競馬。逃げたトウショウピストの離れた3、4番手に付ける。直線入り口で先頭に並びかけ、一旦は抜け出すかに見えたが、追い出してからがサッパリでリスグラシューから0.4秒差の9着。先行策が裏目に出た格好。中山は得意で、いつも通り末脚を生かす競馬に切り替えれば巻き返しは可能。
「中間は入念に乗り込んできたし、今週併せた動きも悪くありません。近走はもう一つ結果が出ていませんが、中山に替わる点はプラスだと思います。ハンデは仕方ありませんが、あとは自分のレースをしてどこまで頑張れるかですね」(高橋裕調教師)。 ◎東京新聞杯は逃げたトウショウピストの2番手。重賞にしてはスローペースだったが、直線に入ると早々と一杯。リスグラシューから1.4秒差のシンガリ負け。ここ一連の成績から狙える材料は見当たらず、見送りが妥当。
「1週前に長目からやってありますからね。今日の追い切りは内にモタれましたが、動き自体は悪くなかったので大丈夫。前走が最後の伸びを欠いたので、今回はマイルを試してみます。その分、折り合いは付くと思いますが、最後にどれだけの脚を使えるかどうかがカギになりそうですね」(国枝調教師)。 ◎昇級初戦の白富士S(東京・オープン・芝2000m・稍重)はスタートでヨレて他馬と接触。二の脚で逃げたマイネルハニーの2番手に付けて折り合う。勝ったマイネルハニーに突き離されると脚色が鈍り、後続にも交わされて0.5秒差の5着。昇級で掲示板なら悪くはないが、今回は重賞。ハンデ差を生かしてどこまでやれるかだろう。
「休み明けの前走を勝って中1週になりますが、疲れは見られず順調そのものです。1度叩いた上積みが見込めるし、今回も得意の舞台。昇級初戦で相手は強くなりますが、ハンデ戦でもあるので、恥ずかしくないレースができるのでは……と思っています」(清水英克調教師)。 ◎2か月半振りの幕張S(中山・準オープン・芝1600m)は出が一息で後方から。4角から仕掛けて直線は大外に持ち出し、最速の末脚でゴボウ抜き。2着のプロディガルサン以下に快勝。これで1000万、準オープンを連勝。今回は昇級初戦+重賞と条件は厳しいが、ハンデ差と得意の中山で見せ場は作れそう。
「去勢後に減った体が戻り、筋肉も付いてきた前走がジョッキーの好騎乗で勝つことができました。使った後のダメージは少ないし、すぐに乗り出しを開始できたことは何よりです。今はまだ良化途上といった段階で、状態はいい意味での平行線といった感じですね。それだけに今回も無欲で臨むつもりでいます」(黒岩調教師)。 ◎約3か月半振りの東風S(稍重)は12キロ増でも太目感はナシ。スタートを決めてスッとハナ。スローペースに持ち込み、タイセイサミットの追撃をクビ差凌いで勝利。それ以前の成績が成績で人気薄だったが、ミナリク騎手の好騎乗が光った一戦。今回は重賞で相手も強化。再度の好走となると甘くはないかも……。
「帰厩して日が浅かった前走でしたが、よく勝ってくれたと思います。調教でも実戦でも掛かることがなくなったことで、最後は確実に脚を使えるようになりました。今日の追い切りの動きが良かったし、更なる上積みが見込めます。今回は良績ある中山、昇級初戦+重賞で相手は強くなりますが、ここでも楽しみにしています」(藤岡調教師)。 ◎武庫川S(阪神・準オープン・芝1600m)は中団のインで脚を溜める。直線は最内を突き、そこから少し外目に進路を替えて逃げ粘っていたクリアザトラックをゴール前でアタマ差捉えて勝利。これでオープン入り。4走前の市川S(中山・準オープン・芝1600m)でデアレガーロの4着があり、コース替わりはOK。ハンデ次第では見せ場以上が作れるかも。
「前走は休み明けでしたが、ゲートは出てくれました。ただ、行き脚が付かなかったことで流れに乗り切れませんでした。今日はブリンカーを装着して追い切りましたが、効果があったように思います。これで前向きさが戻ってくるようなら楽しみなんですけどね」(国枝調教師)。 ◎3か月半振りの東風S(稍重)は4キロ増でも仕上がりは良かった。好位のやや後ろからの競馬。直線は横一線の叩き合いになったが、ジリジリとした感じで伸び負け、ミュゼエイリアンから0.4秒差の8着。当該レースは昨年勝利。その時と同じローテーションでの参戦になるが、成績は昨年より劣る点が気懸かり。どこまで立ち直って来るかがカギだろう。
「1週前に長目からやってあるので、今週は坂路での追い切り。動きはマズマズでした。気候が良くなって馬体が絞れてきたし、この舞台も悪くありませんからね。ハンデは以前の時と変わりませんが、もう少しやれても……と思っています」(菊沢調教師)。 ◎東風S(稍重)は行く気を見せたが思ったほど行けず、後方からの競馬。直線もそれなりに伸びてはいたが、前も止まらずミュゼエイリアンから0.4秒差の9着。徐々に馬体が絞れてきた点は好材料だが、相手強化の今回は楽なレースには……。
「放牧明けになりますが、帰厩後は順調に調整ができています。先週ある程度やってあるので、今週は馬ナリですがこれで十分でしょう。9歳でもまだ元気があるし、得意のマイル戦。展開などがうまく噛み合うようなら……と思っています」(浜田調教師)。 ◎阪神Cは12キロ増でも戻ったモノで太くは感じなかった。レースは18頭立ての17番手とほぼシンガリから。直線は大外に持ち出して差を詰めてきたが、イスラボニータのレコード勝ちから0.7秒差の10着。明けて9歳になるが、まだ衰えた印象はない。ハンデは軽くなりそうもないが、適度に時計を要する馬場になるようなら出番があっても。
「前走後は在厩しての調整。その前走はゴール前で内にモタれ加減になった分の3着でしたが、この馬らしい競馬はできたと思っています。1週前の追い切りの動きは良かったし、今日の追い切りもモタれることが無かったし、動き・反応ともに良かったと思います。1度使っての上積みは十分にあるし、今回も自分の競馬をするだけですが、得意のマイル戦なので楽しみにしています」(堀井調教師)。 ◎中山記念は注文通りにハナを切り、後続を引き離しての逃げを打つ。直線半ばで勝ったウインブライトに捕まるが、そこから渋太く粘り腰を発揮してクビ+アタマ差の3着に粘る。今回も自分の競馬をするだけだが、後続の仕掛けるタイミング次第ではチャンスも十分ありそう。
「前走は久々で10キロ増と、馬体に余裕があったことでムキになって走ってしまった分、末が甘くなりましたね。この中間は入念に乗り込んできたし、1週前に長目からしっかりやってあるので、今日は馬ナリですが、動きは悪くありませんでした。この後に輸送もあるし、馬体は絞れると思うし、中山はスプリンターズSで3着があるので大丈夫。マイルに実績はありませんが、ある程度流れそうなので折り合いは付くハズ。改めて期待したいですね」(野田調教助手)。 ◎3か月振りの京都牝馬Sは10キロ増。太くは見えなかったが、逃げたワンスインナムーンの2番手を楽に追走しているかに見えたが、直線に入ると全く反応せず、ミスパンテールから1.5秒差の11着(ブービー)。やはり体重増が微妙に影響したのかも? マイルは過去2戦して桜花賞17着、ヴィクトリアマイル5着とやや長い感も、折り合い一つでは。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。気候が良くなり、冬毛が抜けて、馬体の張りも良くなって雰囲気がまるで変ってきました。ここまで十分に乗り込んできたので、太目はないし、精神面の成長も見られます。ハンデの54キロも好材料なので、改めて期待したいですね」(斎藤誠調教師)。 ◎東京新聞杯は中団の後ろから直線で差を詰め、リスグラシューから0.5秒差の10着。京都金杯(54キロ)で5着はあるが、重賞ではハンデ・展開などがうまく噛み合わないと上位争いまでは厳しいかも。
「2週に渡って長目からビシッと追い切りました。遅れはしましたが、動き自体は悪くなかったと思います。近走は結果が出ていないので強気なことは言えませんが、マイルには良績がありますからね。展開などがうまく噛み合うようならもう少しやれても……と思っています」(斎藤誠調教師)。 ◎小倉大賞典(57キロ)は10キロ減も、これは絞れたモノ。レースは中団馬群のやや後ろから。直線に入ってからもこれといった伸びは見られず、トリオンフから1.1秒差の12着。昨年の中山金杯以降は連対がなく、ここ半年以上二桁着順続き。マイルはOKでも、ガラリ一変は考えにくく上位は?
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。