2018年3月17日(土)

11R

2018年3月17日(土) | 2回中山7日 | 15:45発走

第32回フラワーカップ(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

「休み明け+昇級初戦の前走を勝ったように、能力はあると見ていいでしょう。本格化はもう少し先になると思いますが、1度使ったことで息遣いが良化。上積みが見込める上に、この舞台で勝っていますからね。ここも楽しみにしています」(佐藤調教助手)。 ◎約4か月半振りとなった500万下の平場(中山・牝・芝1800m)は6キロ増でも細いくらい。好位を追走し、多少行きたがる面は見せたが、すぐに折り合う。勝負所の手応えはイマイチだったが、直線でエンジンが掛かると残り1ハロンで先頭に立ち、2着のシャドウアイランドに1馬身4分の1差を付けて2連勝。長くいい脚を使う馬で展開一つでは。
「前走後も変わりなくきています。その前走はスタートが一息で後ろからの競馬。ゲートを決めてある程度前目の位置での競馬が理想のタイプ。それでいて最後にもう一脚を使える馬ですからね。今回は重賞になりますが、どこまでやれるか楽しみにしています」(高橋文雅調教師)。 ◎500万下の平場(中山・牝・芝1800m)は出遅れて後方から。結局、スローペースになったため、最後は脚色が同じになり、僅かに差を詰めた程度といったレース。勝ったメサルティムから0.9秒差の10着。レース内容としては目立つものはなく、重賞では厳しいかも。
「前走後は球節の不安をケアしてから放牧に出して一息入れていました。ここまでは順調に調整ができています。前走よりいい感じで出走できそうだし、コース・距離も問題ありませんからね。相手関係がどうかですが、ここも楽しみにしています」(萩原調教師)。 ◎新馬を勝って臨んだアスター賞(中山・500万・芝1600m)は10キロ増だったが成長したモノ。逃げたクレバーバードの2番手に付け、直線でこれを競り落として先頭。追いすがるソイルトゥザソウルに4分の3馬身差を付けて2連勝。折り合いの不安がなく、距離も伸びた方がいいタイプ。鉄砲もOKで、ここでも侮れない1頭。
「今回が転厩初戦になりますが、ここにきて環境に慣れたのか、落ち着きが出てきたことは好材料です。馬体が増えてきていることもプラス材料だと受けとめています。1週前にある程度やってありますが、今週は併せ馬で馬ナリとはいえ、併せた相手を交わす時の脚はなかなかでしたね。追う毎に調子が上がっているし、力もある馬。ここも楽しみにしています」(津曲調教助手)。 ◎3か月振りの阪神JFは大外18番枠から軽く仕掛けて好位の後ろ。多少行きたがるのを宥めつつの追走。勝負所で3番手まで上がり、直線は一瞬伸びかかったが、2着のリリーノーブルに交わされると後退し、ラッキーライラックから1.1秒差の9着。久々に加え、初のマイル。1800mで2連勝した馬で、条件好転の今回は改めて仕切り直しか。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前に長目からシッカリやってあるので、今週はラスト重点。切れるというより長くいい脚を使うタイプ。ある程度ペースが流れてくれれば……と思っています。今後のためにも、ここで賞金加算ができればうれしいですね」(友道調教師)。 ◎未勝利を勝って臨んだエルフィンSは離れた中団から。勝負所から前との差を詰め始め、最後はレッドサクヤの決め手に屈したが、半馬身差の2着に好走。距離は未勝利を勝った時と同じ。昇級即オープン2着の内容から、輸送さえこなせば上位争いも可能。
「ダートの未勝利を勝ちましたが、芝でも結果を出している馬ですからね。1週前にCWで長目からやってあるので、今日は馬ナリでしたがいい動きでした。今回は重賞ですが1勝馬が大半。関東圏への輸送も1度経験済みだし、再度牝馬同士のレースなら楽しみはありますね」(田代調教助手)。 ◎6戦目の未勝利(中京・ダート1800m・稍重)はスッと2番手に付ける。持ったままで直線に向かい、マクリ気味に来た2着のシーダークィーンとの追い比べをハナ差制して初勝利。芝も2着があり問題はないが、今回は昇級初戦+重賞。どこまでやれるかだろう。
「前走は初のツーターン&2000mの距離もこなしてくれました。未勝利を勝ったばかりで未知な部分はありますが、ここまでは堅実に走っていますからね。距離の短縮はいいと思うので、輸送でイレ込まなければ……と思っています」(小栗調教助手)。 ◎6戦目の未勝利(京都・芝2000m)は中団から。勝負所から徐々に進出を開始し、直線入り口で前にいたアロハリリーに並びかける。最後は2頭の叩き合いとなり、アロハリリーを半馬身差し返して勝利。スタミナはありそうなタイプ。折り合いの不安もないが、今回は久々+昇級初戦+重賞。いきなり通用とまでいくかどうか疑問符は付きそう。
「前走後はここを目標に調整してきました。重賞で相手は強くなりますが、追い切りの動きが良かったように今は状態がいいですからね。前に行く脚があるので中山に替わる点もプラスだと思います。馬場が荒れて時計がかかる馬場は歓迎なので楽しみですね。馬場が渋れば尚いいと思いますよ」(大江原調教師) ◎未勝利を勝って臨んだ春菜賞(東京・牝・500万・稍重)はダッシュを利かせてハナに行くが、気分良く行かせ過ぎたのか直線に入ると脚色が鈍り、アルモニカから0.7秒差の7着。距離は経験済みで、中山もOK。同型の存在がカギになりそうだが、タメ逃げができるようなら残り目もありそうだ。
「クイーンCを予定していましたが、挫石のためにここまで予定が延びました。乗り出してからは順調に調整ができているので、重め感のない仕上がりで臨めると思います。前走のGIは上位の3頭は強かったですが、4着と好走してくれましたからね。それだけの能力は持っている馬だと思います。ここも折り合いさえスムーズなら楽しみですね」(加藤征弘調教師)。 ◎阪神JFは行きたがるのを宥めつつ追走。末脚を温存して直線勝負に徹する。4角では外目に持ち出し、最速の末脚を使ってラッキーライラックから0.6秒差の4着まで追い上げる好内容。中山で新馬勝ちしており、距離もOK。1勝馬でもここなら力は上位。好勝負に。
「今日の追い切りは最後までシッカリした脚取りで、動きも本当に良かったですからね。レース運びが上手な馬で、中山のこの舞台も合うと思います。前走が完勝といえる勝ち方だったし、牝馬同士の一戦なら重賞でも楽しみにしています」(辻野調教助手)。 ◎3戦目の未勝利(京都・牝・芝1800m)は離れた3番手。4角から進出を開始し、残り1ハロンで抜け出すと2着のウインルチルに3馬身差を付けて快勝。時計は地味でも追ってからの伸びはなかなか。今回は久々+昇級初戦+重賞で楽なレースは望めそうにないが、どこまでやれるか注目しておきたい1頭。
「使い詰めですが疲れもなく元気一杯です。ダートで未勝利を勝ちましたが、芝でも時計がかかるようなら問題はないと思います。馬場が荒れてきたことはプラスだと思うので、どこまでやれるかを見てみたいですね」(安藤調教助手)。 ◎6戦目の未勝利(阪神・ダート1800m)は逃げたザクライングマシンの2番手。直線は2頭の叩き合いとなり、ゴール寸前クビ差交わして初勝利。今回は昇級初戦+重賞で上位争いまでとなると……。
「1週前に併せ馬でシッカリやってあるので、今週は馬ナリですが、動きが良かったしこれで十分です。前走を見ると追走に手間取っている感じが見られたので、距離延長はプラスに出ると思います。最後は必ずいい脚を使ってくれるので、ここも前がやりう合う格好になるようなら出番はあると見ています」(青木調教師)。 ◎中1週で臨んだ500万下の平場(東京・芝1600m)は出が一息で後方から。ほぼ直線だけの競馬だったが、最速の末脚で内を突いてよく伸び、ハーレムラインから0.3秒差の3着と好走。前残りの流れを後方から差し込んだのはこの馬だけ。10キロ減だった体が回復して出られるようなら侮れないかも。
「放牧明けになりますが入念に乗り込んできたし、1週前にシッカリやってあるので、今週はサラッとですが動きは良かったですね。いい仕上がりで臨めそうです。前走の勝ち時計は地味ですが、余裕があってのモノ。瞬発力勝負では分が悪いかもしれませんが、相手なりに走る面があるので、前々で渋太さを生かせる競馬になれば」(篠島調教助手)。 ◎2戦目の未勝利(中山・芝2000m)は逃げたアイリスロードの2番手。1度使ったことで行きっぷりが一変。直線は難なく抜け出して、2着のコスモレリアに1馬身4分の1差を付けて勝利。この時の2、3着馬は次走勝利と質の高いメンバー構成だったことを考えると、ここでも軽くは扱えないか。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。