2018年11月3日(土)

11R

2018年11月3日(土) | 5回東京1日 | 15:35発走

第54回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前の坂路で好時計をマーク。今日の動きも良かった様に、いい仕上がりで臨めそうです。今回は輸送を含め初の左回り・初距離など課題はありますが、先々が楽しみになる結果を出せれば…と持っています」(梅田調教師)。 ◎小倉2歳Sは16キロ増とやや余裕が感じられたが、好発を控えてハナを主張したチュウワフライヤーの3番手。楽な手応えで直線に入り、残り1ハロンで先頭に立つと、最内からきたアズマヘリテージに1馬身4分の3差を付けて快勝。『幼さは残るが距離が延びてもやれそう。今後が楽しみ』(武豊騎手)とのことから、ここでも有力候補の一頭。
「1週前にCWで長目からやってあるので、今日は坂路で馬ナリですが、動きは良かったと思います。初戦と違って2戦目は差すレースで勝ってくれたし、直線が長い東京に替わる点はプラスに出ると思います。相手は揃いますが、ここでどれだけやれるか…楽しみにしています」(石橋調教師)。 ◎デビュー2戦目の未勝利(京都・芝1400メートル)は中団から。タマモメイトウがハイペースの逃げを打ったため、控えてポツンと中団待機。直線は内目を突いて最速の末脚で抜け出し、2着のプロムに4分の3馬身差を付けて勝利。走破時計はマズマズで、輸送をクリアできれば食い込む余地はありそうだ。
「ファンタジーSにも登録していましたが、強い勝ち方をした前走と同じ舞台のここを使うことにしました。相手は揃っていますが、ここでどんなレースをしてくれるか…、今後を占う意味でもここは試金石の一戦ですね」(斎藤誠調教師)。 ◎2戦目の未勝利(東京・芝1400メートル)は好発を決めて先団のイン。手応えよく直線に向き、残り1ハロンでアッサリ抜け出して2着のスペキュラースに1馬身4分の1差を付けて快勝。既に仕上がり切った馬体から、大幅な変わり身はどうかだが、当該舞台で勝った経験を生かせる様なら。
「前走は発走を待たされたことでダッシュが今一つ。そこから追い上げて脚を使ったために、最後は甘くなってしまいました。それでもスピードは見せてくれたし、先週、今週と2週に渡っていい動きをしてくれた様にいい仕上がりで出られそう。今回は強敵が相手で試金石の一戦になると思いますが、メドの立つレースを…と思っています」 (寺島調教師)。 ◎新馬、特別と2連勝して臨んだ小倉2歳Sはゲートで待たされてダッシュが付かず。それでもすぐに挽回して好位に取り付いたが、最後は伸びを欠いてファンタジストから0.4秒差の6着。『広いコースの方が良さそう』(松山騎手)とのことから、東京に替わる点はプラス。後は輸送を無事にクリアできれば。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。この中間は入念に乗り込み、走れる態勢に仕上がっています。デビューしてからの2戦が共に大味な競馬ですが、能力の高さで2連勝。広い東京に替わる点はプラスだと思うし、ここも楽しみにしています」(高野調教師)。 ◎ダリア賞(新潟・OP・芝1400メートル)は発馬で出負けしたが、二の脚で馬場の外目に持ち出しで馬群に取り付く。直線は他馬と違った脚イロで抜け出し、2着のローゼンクリーガーに0.3秒差を付けて快勝。これで新馬・特別と連勝。『マイルまでがギリギリかもしれないが、今後が楽しみ』とM・デムーロ騎手。ここも有力候補の一頭。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。ここまで順調に乗り込めたし、追い切りの動きも上々。いい仕上がりで臨めそうです。前走で敗れた馬がいますが、距離延長は問題ないし、逆転も可能なのでは…と思っています」(高橋裕調教師)。 ◎函館2歳Sは発馬で後手。押っつけて好位に取り付き、4角では前を射程圏内に。最後はアスターペガサスの決め脚に劣ったが、0.1秒差の3着。競馬のセンスがあり、1400メートルまでなら守備範囲。左回りと当日輸送をクリアできれば差のないレースに。
「前走は後方からの競馬になりましたが、よく差し切ってくれました。今回は放牧明けになりますが、順調に乗り込んできたし、馬体も一回り成長しています。今回は先を見据えた一戦になりますが、今週の一追いで態勢は整うハズ。馬場は問わないし、前にも行ける馬。距離が延びる点はむしろプラスに出ると思うし、広くて直線が長い東京も合うと思うので、楽しみにしています」(白倉調教助手)。 ◎新馬を勝って臨んだ函館2歳S(芝1200メートル)は出負けをして後方から。それでも押して馬群に取り付き、徐々にポジションを上げて行く。勝負所では中々外に出せず、内に進路を切り変えると、馬群を割る様にして伸び、2着のラブミーファインをゴール寸前ハナ差交わして2連勝。距離延長はむしろプラスで、ここも有力候補の一頭。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができています。1週前にもある程度やってありますが、今日も騎乗したジョッキーが『いい動きだった』と言ってくれましたからね。距離短縮はプラスに出ると思うので、前進を期待したいですね」(大江原調教師)。 ◎札幌2歳Sはハナを切ったが、3角手前でナンヨーイザヨイに交わされるとジリジリ後退。結局、勝ったニシノデイジーから4.6秒差のシンガリ負けを喫する。距離は1500メートルの未勝利を勝っているので問題ないが、重賞ではもう一押しが欲しいところ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。