sportsnavi

2018年10月13日(土)

11R

2018年10月13日(土) | 4回東京4日 | 15:45発走

第66回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

「前走は休み明けの上に、この馬には厳しいレースになってしまいました。1週前にシッカリ負荷をかけてあるので、今日はラスト重点ですが、いい伸びをしてくれました。控えても競馬はできると思いますが、理想はハナ。自分の競馬ができる様ならここでも楽しみです」(西浦調教師)。 ◎ドバイ遠征から帰国して4か月半振りの札幌記念は430キロでもスッキリ仕上がっていた。マルターズアポジーがハナを主張したため、先団から。3角辺りから徐々に前との差を詰め始め、4角では3番手に上がったが、そこからの伸びは案外。サングレーザーから0.7秒差の8着。昨年のこのレースの覇者、スムーズな競馬ができれば連覇も夢ではない。
「前走は美浦-函館-札幌と輸送したことで馬体は減りましたが、帰厩後はすっかり回復しています。今日の追い切りはマズマズの感じだったし、状態は悪くないと思います。今回も相手は揃っていますが、1度使った上積みが見込めるので、その点に期待したいですね」(国枝調教師)。 ◎4か月半振りのクイーンSは14キロ減だが細い感はナシ。勝ったディアドラのすぐ前のポジション。直線は外目に出して伸びてきたが、瞬発力の差は歴然。それでもソウルスターリングの急追をクビ差凌いで2着は確保。重賞勝ちこそないが、GIIIで2着5回。ここでも侮れない1頭に。
「前走後は函館競馬場を経由して美浦に帰厩。1度使ったことで中間の調整は楽でした。モタれる面がマシになったことで坂路で乗り込めるようになったことも好材料ですね。左回りに替る点もプラスに出ると思うので、好レースを期待しています」(藤沢和雄調教師)。 ◎2か月半振りのクイーンSは4キロ増と仕上がりはマズマズ。馬自体は落ち着いていたが、レースでは多少噛む場面も。その分が最後に甘くなった要因なのか、一伸びを欠いてディアドラから3馬身+クビ差の3着。近走の成績は今イチだが、これを叩かれての変わり身次第では上位争いになって何ら不思議はないだろう。
「前走後は函館で調整をして、8月下旬に栗東に帰厩しました。ここまでは順調に調整ができています。1週前にCWでシッカリ負荷をかけてあるので、今日は坂路で馬ナリでしたが、いい感じでしたね。広い東京は合うと思うし、左回りも歓迎。ここで結果を出し、暮れの香港に向けて弾みを付けたいと思っています」(橋田調教師)。 ◎ドバイ遠征から帰国して4か月振りとなったクイーンSは490キロと仕上がり上々。いつも通り後方から運び、4角でもまだ後ろ。直線入り口で大外に持ち出すと一桁違う脚色でゴボウ抜き。2着のフロンテアクイーンに3馬身差を付けて完勝。東京はオークス4着の1戦のみだが、左回りはOK。距離も問題なく、ここも好レースに。
「1週前にある程度やってあるので、今日はこの程度で十分でしょう。今回は昇級初戦+重賞で相手が強化されますからね。距離はこなしてくれると思いますが、状態の良さを生かしてどこまでやれるかですね」(角田調教師)。 ◎長岡S(新潟・準OP・芝1600メートル・重)は好位のインで脚を溜める。スローペースから上り勝負の形になるが、うまく馬群を捌いてキロハナの追撃をアタマ差凌いで勝利。今回は昇級初戦+重賞で楽なレースは望めない。距離も微妙に長い感は否めず。
「2週に渡っていい動きをしてくれました。ここまでは順調そのものだし、いい意味で春当時と変わらずにきています。ポン駆けが利くタイプなので久々は問題ないし、距離も守備範囲。GI馬として恥ずかしくないレースを期待したいですね」(西園調教師)。 ◎叩き2戦目のヴィクトリアマイル(稍重)は6キロ減と絞れる。好位追走を中団の外目に下げ、スムーズに追走。直線は1ハロン手前から追い出し、先に抜けたレッドアヴァンセを捉え、外から来たリスグラシューの急追をハナ差抑えて勝利。ベストはマイルだが、距離は守備範囲。鉄砲はOKで、ここも有力候補の1頭。
「1週前にある程度やってあるので、今日は馬ナリでしたが動きは良かったですよ。仕上がりは悪くないと思います。重賞は掲示板(愛知杯が50キロで5着)にきたことがあるし、相手なりに走れそうなタイプ。相手は強いですが、前に付けて自分のリズムで走れる様なら…」(田代調教助手)。 ◎博多S(小倉・準OP・芝2000メートル・54キロ)は離れた4番手を追走。スタートして位置を取りに行く時に他馬と接触。そのせいもあって前半は少し行きたがる面も。縦長の展開になったことも影響したか、直線の反応は今イチ。勝ったスズカディープから0.4秒差の5着(7頭立て)と案外な結果に。愛知杯5着はあるが上位争いまでとなると…。
「放牧明けになりますが、この中間は入念に乗り込めたし、順調に調整ができています。飼い葉食いも旺盛で、1週前にシッカリ負荷をかけることができました。今日はラスト重点ですが、最後の伸びが良かったし、いい状態で臨めそうです。ただ、ピリッとした感じがなく、妙に落ち着き過ぎている点がレースに行っていい方に出るのかどうか…ですね」(須貝調教師)。 ◎ヴィクトリアマイル(稍重)は4キロ減でも細くは映らず。中団の後ろで折り合いに専念。そこで末脚を温存しているかに見えたが、直線に入っても思ったほど弾けず、ジュールポレールから0.7秒差の8着。馬場を気にしていた(M・デムーロ騎手)ことが敗因かも。鉄砲は利く馬で、京都との相性も◎。良馬場で改めて見直したい1頭。
「放牧から帰厩後は順調に乗り込めているし、落ち着きがある点もいいですね。距離はピッタリなんですが、左回りより右回りの方がいいタイプ。その点がどう出るかが気になる材料ですね」(浜田調教師)。 ◎ヴィクトリアマイル(稍重)は注文通りハナを切ったが、コーナーで外に張るシーンも。その分のロスが応えたか、直線は一杯。ジュールポレールから1.2秒差の14着。1800メートルは過去6戦して3勝2着3回とパーフェクト連対。スンナリ先手を奪ってマイペース の逃げを打てる様なら…と思うが左回りで外に張った点は気掛かりな材料。
「前走後は夏休みに入り、フレッシュな状態になっています。1週前にある程度やってありますが、今日もしっかり追い切りました。休み明けとしては上々の動きだったと思います。馬体が増えていい体付きになっているし、東京の1800メートルもいい条件だと思うので、ここも楽しみにしています」(矢作調教師)。 ◎安田記念は後方待機策。4角で外目に出し、進出を開始。直線はジリジリと伸びてきたが、最後は脚色が鈍り、モズアスコットから0.8秒差の8着。『この馬には時計が早すぎました』(武豊騎手)とのこと。距離・コース共に問題はなく、牝馬同士の一戦なら好レースになるだろう。
「前走後は十分に休ませたことで、今は馬がリラックスできています。今年に入ってから馬がしっかりしてきたことで、走りと馬体のバランスがうまく噛み合ってきました。休み明けでも問題ないし、距離も大丈夫。相手は揃いますが、ここも楽しみにしています」(昆調教師)。 ◎ヴィクトリアマイル(稍重)は2キロ減も状態は申し分なし。発馬が一息で中団からの競馬になったことと馬場が渋り加減になったこと等が重なって、伸び脚は今一つ。それでもジュールポレールから0.3秒差の5着なら悪くない内容。今回は1800メートルになる点がどうかだが、発馬を決めて前々でリズム良く走れば問題はないだろう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。