IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年10月7日(日)

11R

2018年10月7日(日) | 4回東京2日 | 15:45発走

第69回毎日王冠(GII)

芝・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

「前走は8着とはいえ、いい頃に比べるともう一つ物足りなさを感じました。香港遠征後はもう一つ歯車が噛み合わない感じですね。その後は北海道に放牧に出し、リフレッシュを図りました。心身共にリセットできたと思います。1週間にジョッキー騎乗で長目をCWでやりましたが、今日もシッカリ負荷をかけました。もう少しシャープな体付きになれば…と思いますが、今は精神的に落ち着きがあるのは好材料。1度使えば更に、といった感じはありますが、広くてノビノビ走れる東京は合うハズ。次の目標を占う意味でも好レースをして欲しいですね」(辻野調教助手)。 ◎3か月振りの宝塚記念(稍重)は隣のゼーヴィントにぶつけられ、大外枠ということもあって無理をせずに後方からになったが、折り合いは付いていた。直線は内を突いて進路を探しつつだったが、思った程弾けずミッキーロケットから0.9秒差の8着。毎日杯(3着)以来の1800メートルだが、折り合い面を考えるとむしろ◎。鉄砲も利くタイプで一概には。
「前走後は北海道の牧場に放牧に出してリフレッシュを図りました。向こうでも順調に過ごせたし、栗東に戻ってからも頗る順調に調整ができています。1週前の追い切りでは『まだ動きが少し重い感じ』とのことでしたが、元々が調教駆けする方ではないし、今日の追い切りは『先週より前向きさが出たし、動きも良かった』(藤岡祐介騎手)と。多少余裕がある体もこの一追いと輸送で丁度良くなると思います。前走のレース振りなら距離が延びても問題なさそう。あくまで目標は次になりますが、そこに繋がるレースを期待したいですね」(平田調教師)。 ◎NHKマイルCは出負けをして後方から。4角でも後方2番手だったが、大外に持ち出すとグイグイ伸びてゴボウ抜き。先に抜けていたギベオンをクビ差交わしてGI制覇。今回は休み明け+初の古馬相手&初距離とクリアしなければならない課題は多いが、伸び盛りの3歳馬。夏を越しての成長次第ではいきなり好走しても不思議はないだろう。
「前走の宝塚記念はレース振り自体は良かったと思いますが、距離が多少長かったのかも…。その後は放牧に出してリフレッシュ。順調に夏を過ごせたし、いい意味で体調は変わりなくきています。1週前にCWで追った動きが良かったし、時計も上々。7歳でも衰えは感じないし、休み明けは今一つとはいえ、経験が豊富でレースが近いことを分かる様になっていますからね。ここでも好レースを期待したいですね」(田代調教助手)。 ◎宝塚記念(稍重)は後方から。直線は内を突いてジリジリと差を詰め、ミッキーロケットから0.8秒差の7着。ただ、次に繋がるといった感はなく、内容としては平凡。一頃の勢いが薄れた感は否めず、今回もどこまでやれるかだろう。
「前走後は放牧に出してゆっくり休養。順調に夏を過ごすことができました。栗東に戻ってからここまで予定通りの調整ができています。1週前に3頭併せで追い切りましたが、いい動きだったし、秋緒戦としてはいい形で臨めそうです。今日の追い切りも折り合いが付いていたし、パワフルな動き。本格化はまだ先になると思いますが、使う毎にレース内容は良くなっていますからね。今回も前走と同じ舞台なので、前走と同じレースができれば…と思っています」(池江調教師)。 ◎叩き2戦目のエプソムC(重)は外枠が良かったのか、好位の馬場のいいところを追走。直線も大外に持ち出して良く伸び、ハクサンルドルフの追撃を半馬身抑えて重賞初勝利。今回もベストの1800メートル。GIIで相手は揃うが、鉄砲は苦にしないのでいきなり好レースに。
「前走後は放牧に出してオーバーホール。疲れを取り切ってから調教を開始しました。体は20〜30キロ近く増えて逞しくなったし、動きにも力強さが加わってきましたね。ただ、今回は休み明けということで万全のコンディションとはいえませんが、先週追い切ったことで、今週の動きが大分良くなってきましたから。多少の体重増は成長分で太目ではありませんからね。力は出せると思いますが、次に繋がる競馬ができれば…と思っています」(木村調教師)。 ◎ダービーは無理をせず後方から。スローペースで展開も向かなかったが、大外からジワジワと伸びてワグネリアンから0.4秒差の8着。GIの朝日杯FS2着、スプリングS1着、皐月賞4着の実績がある馬。距離も1800メートル〜2000メートルがベストということで古馬相手でもこの条件なら十分やれていい存在。夏を越しての成長も見込め、楽しみな1頭。
「前走は昨年と同じパターンで臨みましたが、高速馬場で前が止まらない馬場状態でしたからね。それに折り合いの難しい馬で外枠ということも良くなかったと思います。その後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。放牧先でも乗り込んでいたので、馬体に緩みはありません。今週のこの一追いでほぼ仕上がると見ています。左回りは問題ないし、以前よりモタれる面もマシになっています。メンバーは揃いますが、この中間はハミを変えて操縦性も良くなっているし、ある程度流れてくれる様なら…と思っています」(国枝調教師)。 ◎3か月振りの小倉記念(56キロ)は昨年同様の調整過程で小倉に入厩。仕上がりは良かった。後方からの競馬で、勝負所から上がろうとするが、反応が今イチで差を詰めることができず。直線の伸びもジリジリでトリオンフのレコード勝利から0.8秒差の7着。東京替わりは問題ないが、重賞は昨年の小倉記念2着が最高。今回はGIIで相手強化。上位までは疑問。
「前走の敗因は道悪もありましたが、この馬としては妙に大人しかったことも影響したと思います。1週前にWコースで長目からシッカリやってあるので、今日はラスト重点でしたが、思ったより時計は出ましたね。手前もスムーズに変えていたし、息遣いもできているのでいきなりから力を出せると思います。コース、距離共にベストといえるし、このメンバーが相手でもヒケは取らないと見ています」(菊沢調教師)。 ◎エプソムC(重)は中団から。道中は馬場のいいところを選んで追走していたが、4角の手応えは今イチ。直線で仕掛けてからの反応も鈍く、サトノアーサーから2秒差の14着と大敗。今回は馬場が応えた一戦で度外視しても良さそう。昨年のこのレースが同じ休み明けでリアルスティールの4着。馬場が良ければもう少しやれてもいい馬だ。
「転厩初戦になりますが、オールカマーを目標にしていた位ですから仕上がりはいいですね。1週前の追い切りの動きが時計を要する馬場でマズマズの時計。今週の動きも悪くありませんが、正直なところ相手が強い感は否めません」(田中調教助手)。 ◎日経賞でガンコの4秒7差14着になった後、音無厩舎から美浦の和田勇介厩舎に転厩。今回は転厩初戦になるが、明けて8歳。近走の成績から狙える材料は見当たらず、見送りが妥当。
「前2走は落鉄をしながら、差のないレースをしてくれたし、特に前走は強い牡馬を相手に僅差の2着と良く頑張ってくれたと思います。その後は放牧に出し、暑い夏は休養に充てて秋に備えました。1週間の追い切りの動きが良かったし、今週の動きも申し分ありません。落ち着きが出てきて、馬体も太目感がなく全体的にいい筋肉が付いています。恐らく10キロ前後増えての出走になりそうです。今回も牡馬の一線級が相手になりますが、前走内容からヒケは取らないと思うし、持ち時計もある馬。良馬場を条件に好レースを期待しています」(菊沢調教師)。 ◎安田記念は逃げたウインガニオンの3番手をスムーズに折り合って追走。残り1ハロンで抜け出し、押し切るかに見えたが、モズアスコットの急襲にクビ差交わされて2着。牡馬相手でも全くヒケは取らず(スワーヴリチャード3着&サングレーザーが5着)、東京・1800メートルも問題ナシ。馬場さえ悪化しなければ上位争いは可能だろう。
「前走は2走前の内容を考慮して3角から動く形。結果的に多少仕掛けが早かったかもしれません。その後は栗東に帰厩して調整を進めてきました。体も増えてきたし、涼しくなるにつれて体調もアップ。今日はラストを伸ばす追い切りでしたが、いい動きだったと思います。直線が長い東京コースはレースがし易いし、距離も1800メートルの方がいいと思うので、相手は揃いますが楽しみにしています」(橋田調教師)。 ◎札幌記念(稍重)は後方から。勝負所から動き始め、4角では好位の後ろまで上がったところでほぼ一杯。サングレーザーから1.3秒差の12着。東京は良績あるコースだが、GIIではもう一押しが欲しい印象は否めない。
「前走はオッと思わせる位、見せ場タップリのレース振りでしたね。栗東に戻ってからも順調に調整ができているし、今回は前走内容から距離を詰めてここを使うことにしました。距離を意識して、今日は前の馬を追いかける形でビシッと追い切りましたが、動きは良かったと思います。1度使って体調は上向いているし、実績面でもヒケは取りませんからね。距離短縮とワンターンのコースで新味が出てくれる様なら…と思っています」(藤岡調教師)。 ◎3か月振りの札幌記念は2キロ減と仕上がり良好。出たなりで後方から。勝負所から2着のマカヒキと一緒に上がって行き、直線も伸びかかったが、最後は伸び負けた格好でサングレーザーから0.1秒差の4着。7歳馬だが見せ場は十分で衰えは感じられず、ここでも上位争いの可能性は十分。久々の1800メートルの距離がポイントになりそう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。函館競馬場を経由して栗東に帰厩しました。ここまでは順調に調整ができています。1週前にビシッと追い切りましたが、馬場が悪い中でも好時計が出ました。今日はオーバーワークにならない様に馬ナリでしたが、動きは良かったと思います。今は落ち着きがあるし、馬体も実が入って一回り成長。GII(ニュージーランドT)を勝った2走前の内容から力は見劣らないハズ。上手に立ち回って、次に繋がるレースができれば…と思っています」(池添兼雄調教師)。 ◎NHKマイルCは痛恨の出負けも1枠1番ということでジワッと中団に付け、内々をロスなく立ち回る。直線も最内を突くが、他馬に寄られる不利でバランスを崩す場面も。そこから立て直して伸びてきたが、ケイアイノーテックから0.7秒差の8着。不利がなければ…と思わせる内容。今回は初の古馬相手になるが、距離はOKで馬場が渋れば出番も…。
「前走は輸送に弱いこともあって(新潟へ)早目の入厩をしましたが、それが微妙に影響したのかもしれません。トモに疲れが出易い馬ですが、いつもと変わらない程度だったので、今は回復しています。追い切りの動きは普段と変わらなかったし、今回は全勝ち鞍を上げている東京に替わりますからね。巻き返しに期待したいですね」(森調教助手)。 ◎3か月振りの新潟記念(54キロ)は2キロ減と好仕上がり。行きたがるのを宥めつつ、離れた好位を進んでいたが、平均に速いペースで息を入れるところがなく、直線に入ると筒一杯といった感じ。勝ったブラストワンピースから2.4秒差の12着と敗退。東京コースは8戦5勝3着1回と相性抜群。重賞での実績は今イチだが、叩いた変わり身次第では…。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。