2018年10月6日(土)

11R

2018年10月6日(土) | 4回東京1日 | 15:45発走

第4回サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3300、1300、830、500、330万円 |

「この中間も順調に調整ができています。1週前にCWで長目から。今日は坂路で最後までシッカリした脚取りで好時計をマーク。デビュー戦は道悪で勝っていますが、素軽さがあるので良馬場でも問題ありません。重賞のここでも楽しみにしています」(内山調教助手)。 ◎デビュー戦(阪神・芝1600メートル・重)は478キロでも仕上がりは悪くなかった。中団を折り合って進み、直線に向いても手応えは十分。逃げ粘るマイネルリャードフをゴール前でクビ差差し切って初勝利。3着には5馬身。時計は水準だが、馬体からまだ良くなる余地を残している。ここでも注意は必要だろう。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整をしてきました。1週前の追い切りに騎乗したジョッキーは好感触を得た様子でしたし、テンションも上がらずいい雰囲気で臨めそうです。最後はシッカリ脚を使ってくれる馬だし、重賞でも楽しみにしています」(武井調教師)。 ◎デビュー戦(新潟・芝1600メートル)は中団の後ろから。スローペースでも折り合いは付いていた。上り勝負の決着になったが、仕掛けてからの反応が早く、最速の末脚(33秒3)で突き抜け、2着のノーブルスコアに1馬身4分の1差を付けて快勝。時計は水準でも牝馬にしては480キロと好馬体。いい瞬発力を持っており、重賞のここでも侮れない1頭。
「前走は勝った馬が一枚上手でしたね。ここにきて馬体に実が入ってきたし、体がシッカリしてきたことは何よりだと思います。前走でも最後はシッカリ脚を使ってくれたし、あのレースができるのなら東京コースは合うと思います。とに角、体調がいいので重賞のここでも楽しみにしています」(斎藤崇調教師)。 ◎アスター賞(中山・2歳500万下・芝1600メートル)は発馬で後手を踏み後方からの競馬。最後は最後方から来たグレイシアとのマッチレースになったが、伸び負けて1馬身4分の1差の2着。今回は重賞とはいえ、1勝馬が大半の組み合わせなら上位争いになっても不思議はないだろう。
「デビュー戦の勝ち時計が優秀だったし、勝ち方も強かったと思います。夏場にしっかり充電したことで体が一回り大きくなって帰厩。この中間も入念に乗り込んでききたし、テンションも上がらず、いい雰囲気で臨めそうです。前走内容からも重賞の今回でも楽しみですね」(藤沢和雄調教師)。 ◎デビュー戦(東京・芝1600メートル)は中団から運んでいたが、勝負所では早々と3番手に付ける。直線に入ると一桁違う脚でアッサリ抜け出し、2着のダノンファンタジーに2馬身差を付けて完勝。勝ち時計の1分33秒6も優秀で、重賞のここでもチャンスがありそうだ。
「前走はゲートが速いので先行できると思っていましたが、1完歩目が遅くあの位置からの競馬になりました。それでも勝ってくれた様に収穫のあるレースだったと思います。中間はテンションを上げない様に調整してきたし、マイルまでなら距離も心配ないと思います。状態はキープできているので、ここでも楽しみにしています」(黒岩調教師)。 ◎出負けもすぐに巻き返して中団。直線は開いた内を一桁違う脚色で抜け出し、2着のレッドパラスに2馬身半差を付けて快勝。道悪が上手なことも確かだが、時計的には合格。昇級してもソコソコやれていい馬だ。
「2週に渡って長目からやってありますが、今日も上りをシッカリ追い切りました。以前と違ってガーッと行く面が解消して、タメが利く様になったことは何よりです。スタミナがアップしたと同時に馬体も引き締まってきました。いいデキでレースに臨めそうなので、今回も楽しみにしています」(松田国英調教師)。 ◎デビュー戦(新潟・芝1600メートル)は逃げたラッキーアモンの2、3番手を追走。直線は最内を突いて良く伸び、ラッキーアモンに半馬身差を付けて勝利。484キロと馬格があり、まだ良くなる余地を残している。距離もマイルまではOKで、重賞でも注意は必要だろう。
「順調に乗り込んできたので、今日はラストを伸ばす程度でしたが、いい動きでしたね。前走が後方からの競馬になりましたが、2着に3馬身差を付けて快勝と強い競馬でした。重賞で相手は強くなりますが、広くて直線が長いコースは合うと思うので、どこまでやれるか楽しみにしています」(前川調教助手)。 ◎デビュー2戦目の未勝利(阪神・芝1600メートル・稍重)は発馬で出負け。シンガリからの競馬になったが、直性で外に持ち出すと最速の末脚でゴボウ抜き。2着のトップウィナーに3馬身差を付けて勝利。道悪巧者といえるが、まだ良化の余地を残す感もあり、無視は危険かもしれない。
「前走はジョッキーが『外に膨れ加減』といっていたので、右回りより左回りの方がいいのかもしれません。新潟で勝った時はそんな面は見せませんでしたからね。今回は重賞になりますが、スムーズな走りができると思うので、もっとやれても…と思っています」(小桧山調教師)。 ◎アスター賞(中山・500万下・芝1600メートル)は前半こそ後方に位置していたが、スローペースを見越して勝負所から早めに動く。その反動か、直線の伸びは今イチでグレイシアから0.8秒差の5着(8頭立て)。瞬発力勝負になると分が悪い感は否めず、現状はクラス慣れが必要かもしれない。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。