IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年6月3日(日)

11R

2018年6月3日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第68回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

「大阪杯は途中から動くレースをしましたが、後半のラップからスピードの持続力があることが分かったし、内容が優秀でした。その後は放牧に出してリフレッシュ。いつもより早目に帰厩しましたが、レース後の回復も以前より早くなった気がします。その分、ここまでシッカリ乗り込めました。1週前にも長目からシッカリやってありますが、今日は『時計に関係なく、ラストの反応を確かめて』との指示。速い時計は出ましたが、決してオーバーワークではありません。今回は初のマイル戦。ゲート練習も積んできたし、直線が長い東京コースなら後半の持続性があるスピードを生かせるのでは……と思っています。あとは前半の対応をうまくクリアできれば……ですね」(庄野調教師)。 ◎大阪杯は出が悪く、後方から。ペースがスローと見るや、向正面から外目を一気にマクリ気味に進出し、3角では先頭。そのまま後続の追撃を封じ、2着のペルシアンナイトに4分の3馬身差を付けて快勝。右回りでもモタれることはなかった。今回は初のマイルで流れに対応できるかがカギになるが、得意の左回り&この勝ち方が今回に繋がるようなら……。
「前走は初の1400mで1枠。後方からの競馬になりましたが、忙しい流れでも最後はシッカリと伸びてくれました。結果は3着でしたが、このレースに繋がる内容だったと思います。使った後の反動が少なかったため、すぐに調教を立ち上げることができたし、ここまでの調整も楽でしたね。1度使った分の上積みが見られるし、ジョッキーも2度目の騎乗。あとは決め手を生かせる流れになって、スムーズに馬群を捌けるようなら……と思っています」(津曲調教助手)。 ◎約3か月振りの京王杯SCは初の1400mということで、無理はせずに後方のインでジックリ脚を溜める。直線は外目に持ち出し、32秒7の末脚で鋭く伸びてきたが、ムーンクエイクから頭+ハナ差の3着。距離&コースはOK。今回はGIで相手が揃った分、力関係だけがポイントになりそうだ。
「前走は開幕週の競馬でレコード決着。さすがに時計が速過ぎましたね。中間は短期放牧を挟み、ここを目標に帰厩しました。1週前にCWで長目から併せ馬を済ませてあるので、今日は単走でラスト重点でしたが、これで十分です。適度に間隔を開けたことで馬がフレッシュな状態になっているし、東京との相性もいいですからね。相手は強くなりますが、力を出し切れるようなら……と思っています」(吉村調教師)。 ◎マイラーズCは出が一息だったが、行く気もなく後方から。楽に追走していた割に4角での手応えが悪く、直線も弾けることなく、サングレーザー(レコード勝ち)から1.2秒差の8着。時計が速過ぎたことは敗因の一つかもしれない。多少でも馬場が渋るようなら出番があっても良さそうだが、良馬場では厳しいだろう。
「前走はゲートを出たところで左前肢を落鉄。稍重で馬場が緩かったことを考えれば、少なからず影響があったと思います。それでも最後まで渋太く頑張ってくれたように、勝負根性がある馬です。幸いダメージがなかったので、ここを目標に調整してきました。今日の追い切りは中2週ということで馬ナリでしたが、弾むような動きで、仕掛けたら一気に行ってしまいそうな感じ。凄く良かったと思います。牡馬相手でも結果を出しているし、前走よりペースも速くなると思います。鞍上も2度目になるし、本来の走りをして、力を出し切れば楽しみです」(菊沢調教師)。 ◎約2か月半振りのヴィクトリアマイル(稍重)は±0と好仕上がり。逃げたカワキタエンカの2番手を併走。4角を3番手で回り、直線坂上から抜け出しを図るが、最後は思ったほど弾けず。それでも渋太く食い下がってジュールポレールから0.1秒差の4着。緩い馬場と落鉄していたことが敗因。中山記念2着から牡馬相手はOKで有力候補の1頭。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。5月8日に帰厩しました。1週前の追い切りは少しモタモタしていましたが、1度追われたことで今日の動きは良かったと思います。マイル戦が一番力を発揮できる距離だし、心身ともに成長が見られる今なら……と思いますが、今回は間に2戦挟みましたからね。その点がどうかですが、スムーズに対応できれば、と思っています」(池江調教師)。 ◎叩き2戦目の大阪杯は出が一息で中団に付けたが、やや行きたがる面を見せていた。抑えるのに苦労していたが、勝負所からペースが上がったことで折り合いが付き、直線は内目を突いてよく伸び、スワーヴリチャードから4分の3馬身差の2着。昨秋のマイルCSの覇者で距離はピッタリ。コースも問題はなく、ここも有力馬の1頭。
「前走は流れが落ち着いてしまい、道中力んで走っていました。この馬には流れが向かなかったと思います。中2週になりますが、状態は変わりなくきています。馬場が荒れてきている点は問題ないし、道中力まないで好位の外目をスムーズに運べるようなら、ここでも差のないレースができると思います」(本田調教師)。 ◎ヴィクトリアマイルは4、5番手に付ける先行策。押し気味に出して行ったことが後半に応えたのか、最後は思ったほどの伸びは見られず、ジュールポレールから0.8秒差の10着。時計が速かったことも影響したようだ。今回は牡馬混合と条件は更に厳しく、どこまでやれるかだろう。
「環境が変わり、1頭での調整ということで集中力がどうかと思いましたが、適度にリラックスして真面目に走っていたので問題ありません。本国でハードに調教をやってきたので、いい状態です。久々の左回りですが、広々とした東京コースなら大丈夫。馬場のコンディションも丁度いいと思います。ジョッキーは日本で初騎乗になりますが、前走で騎乗しているので心配ないと思います。この距離に勝ち鞍はありませんが、別に問題はないし、今はむしろこのくらいの距離の方が合うと思うし、能力的にも見劣らないと思います。ゲートの出が速くないので逃げることはないと思いますが、戦法については枠順が出てから考えたいと思います。大穴を狙いたい人には幸運が巡ってくるかもしれませんよ」(サイズ調教師)。 ◎マイルで勝ち星はないものの、香港のGIで2着が2回ある。その2回ともにビューティージェネレーションに敗れているが、トップレベルに近い実力馬といえそう。切れるというより、長くいい脚を使うタイプのようだ。今年に入って今回が既に6戦目。大きな上積みとなると疑問符も。重馬場は苦にしないタイプで、渋り気味の馬場なら出番があるかも。
「前走から間隔が詰まっているので、今日は一杯にやらず、馬ナリでしたが、これは指示通り。いい動きでしたよ。今が充実期に入った感があるし、この距離に勝ち鞍こそありませんが、得意にしているコースですからね。相手は強くなりますが、好レースになるのでは……と思っています」(森調教助手)。 ◎叩き2戦目の京王杯SCはスタートこそ一息だったが、二の脚で中団の外目に付けて流れに乗る。直線坂下から追い出し、一旦は先頭に立ったが、外から来たムーンクエイクにゴール寸前で頭差交わされて2着。体重は540キロ台だが、近2走の成績から成長分と見てOK。今回はGIで相手は強くなるが、今の充実振りなら好走の余地は十分。
「前走は位置取りが悪くなってしまった上に、直線で行き場を失くすシーンもありましたからね。それでも最後は脚を使ってくれましたから。2週前の追い切りはスムーズに手前を替えていたし、1週前の追い切りもスムーズでした。一追い毎に良くなってきたし、今日の追い切りの動きも良かったですからね。それに鞍上との相性もいいですからね。近走はもう一つ消化不良のレースが続いていますが、今ならむしろマイルの方が合っているのでは……と思うので、好レースを期待しています」(尾関調教師)。 ◎高松宮記念はゲートこそ五分に出たが、動きの取れない位置取りに。4角でも後方2番手とほぼ届きそうにない位置。そこから最速の末脚で伸びてはきたが、ファインニードルから0.4秒差の8着まで押し上げるのが精一杯。昨年3着のこのレース。昨年は高松宮記念3着→京王杯SC1着で当該レース3着。中間のローテーション&結果が違う今年は疑問符も。
「連闘になるので軽めの調整ですが、疲れもなく順調です。引き続いてルメール騎手が騎乗してくれる点は心強いし、距離・コースともに問題ありませんからね。GIで相手は揃いますが、堅実な走りをする馬。ここでも楽しみはありますね」(矢作調教師)。 ◎約2か月振りのマイラーズCは2キロ減と好仕上がり。好発を下げて逃げたロジクライの4番手。そこからジワジワとポジションを上げて行き、4角では2番手に。残り1ハロンで先頭に立ったが、最後はサングレーザーの決め脚に屈してレコード決着の0.2秒差2着。東京は勝ち鞍がありOK。距離も問題はなく、ここでも有力候補の1頭に。
「前走後は着地検疫を終えてから放牧に出し、5月9日に帰厩。1週前にビシッとやった動きはイマイチでしたが、今日は全体時計が速かったし、ラストもシッカリしていました。一昨年のこのレースは折り合いを欠いて敗れました(11着)が、今は折り合いの不安はないし、この舞台も合っていると思います。何とかもう一つ大きな勲章を取らせてあげたいですね」(矢作調教師)。 ◎ドバイターフ(メイダン・芝1800m)は中団に付ける。残り2ハロンのところで2番手まで上がるが、最後はもう一伸びを欠いてベンバトルから3馬身4分の1+クビ差のディアドラと同着の3着。久々を考えれば上々の内容。ただ、マイルは過去1戦のみ。時計面での比較は付かないが、能力的に上位の一角であることは間違いない。
「前走はスペースができてからの伸びが素晴らしかったですね。前走後も順調に調整ができたし、1週前に坂路で追った動き、今週CWで追った動きともに良かったと思います。どちらかというと中山の方がベストかもしれませんが、3走前にこの舞台で2着と走っていますからね。今回はGIで相手は強くなりますが、力を付けた今なら流れ一つでやれてもいいのでは……と思っています」(藤岡調教師)。 ◎準オープンを勝って臨んだダービー卿CT(55キロ)は中団の後ろでジックリ脚を温存。3〜4角にかけて内目を進出していくが、やや窮屈な場面も。それでも屈せずに狭い所を突いて、粘るキャンベルジュニアを半馬身交わして1着。これで2連勝とパワーアップは歴然だが、今回はGIで相手が相手。楽な戦いとは……。
「前走のマイラーズCは流れが向きませんでしたが、最後はジリジリと差を詰めてきたし、久々の影響もあったと思います。1週前に併せ馬で追走先着とシッカリやってあるので、今週の動きが平凡(馬場が悪かった)でも問題ないと思います。ジョッキーも連続騎乗でこの馬のことが分かっていると思うし、流れなどがうまく噛み合うようならチャンスもあるのでは……と思っています」(西浦調教師)。 ◎約3か月半振りのマイラーズCは太目感ナシ。いつも通り後方からの競馬で、直線は大外に持ち出す。ところが思ったほど弾けず、サングレーザーから1.3秒差の9着。コース損があったにしても、意外な結果。脚質的に安定感には欠けるが、昨秋のマイルCSで0.3秒差の6着。得意のマイル戦で展開などがうまく噛み合うようなら出番があっても。
「前走後は疲れを取ることに専念。中2週と間隔が詰まっているので、今日は馬をリラックスさせることに主眼を置いた調整方法を取りました。ラストを重点にやって、馬に気持ちを乗せるようにとの指示を出しましたが、思った以上にいい動きをしてくれました。体の方もスッカリ戻っているし、牡馬相手でもヒケは取らない馬。ここも楽しみにしています」(矢作調教師)。 ◎ヴィクトリアマイルは2キロ減の450キロと上々の体付き。外枠のため、前半は無理をせずに後方で脚を溜める。直線は馬群がバラけてから外目に持ち出し、最速の末脚で伸びてきたが、ジュールポレールにハナ差及ばずの2着。東京新聞杯で牡馬相手に快勝。牝馬ながら決め手は鋭く、馬体さえ維持できていれば、ここでもヒケは取らないだろう。
「前走は休み明け、他馬より1キロ重い斤量を背負ってあの勝ち方ができたことは収穫だったと思います。その後は短期放牧に出し、2週前に帰厩。20日の日曜日に坂路でシッカリやってあるので追い日は馬ナリですが、これはいつも通りです。今回は初コース&左回りになる点がどうかですが、輸送は問題ありません。精神面で大人になった今ならマイルでも問題ないと思います。今回はGI馬が出てくるので、楽なレースは望むべくもありませんが、ここでも頑張って欲しいと思っています」(浅見調教助手)。 ◎4か月振りのマイラーズCは±0と好仕上がり。例によって後方待機策。勝負所でも前との差はあったが、そこからジワッと進出を開始し、4角では射程圏内まで接近。粘るモズアスコットを最速の末脚で一気に交わし、1馬身4分の1差を付けてレコード勝ち。今回は初コースになるが、関東圏への輸送はOK。GIの今回が試金石の一戦になりそうだ。
「前走はハナを切ることができなかった割には、最後も脚を使っていたし、内容的には悪くなかったと思います。1週前にもやってありますが、今日もシッカリ登坂してくれたし、1度使って良くなっていることは確かです。今はハナにこだわらなくても競馬ができるし、暖かくなると調子が上がる馬。左回りのマイルも得意ですからね。相手は更に強くなりますが、前進を期待しています」(西園調教師)。 ◎約4か月振りの京王杯SCは-6キロと好仕上がり。スタートは五分に出たが、他馬が速く、今日は3〜4番手に控えての競馬。それでも最後までバテることなく、渋太く粘ってムーンクエイクから0.3秒差の7着。気候が良くなるにつれて体調がアップしてきたことは間違いなく、マイルも歓迎。前々でリズム良く運べるようなら一概には……。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。