sportsnavi

2018年5月27日(日)

12R

2018年5月27日(日) | 2回東京12日 | 17:05発走

第132回目黒記念(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

「追い切りの動きはいつも通りですね。前走は少し速めに動いた分、伸びを欠きましたが、2走前のように直線勝負にかけるような競馬に徹すれば、もっといい脚を使える馬。今回は重賞で相手が揃いますが、54キロのハンデを生かして頑張って欲しいですね」(矢作調教師)。 ◎準オープンを勝って臨んだメトロポリタンSは6キロ減とスッキリ。ダッシュが一息で後方からの競馬。直線は大外に持ち出したが、少々外に膨れ加減。スローペース〜上りのレースになったとはいえ、それが応えたのか……流れ込んだ格好でベストアプローチから0.6秒差の7着。得意の東京だが、重賞ではもうワンパンチが欲しい印象。ハンデ次第でどこまで。
「放牧明けになりますが、中間はシッカリ負荷をかけてきました。一頃より走り方のバランスが良くなってきたことで、回りの良し悪しは関係なくなったと思います。多少ズブさは出てきましたが、ハンデを克服してくれれば……と思っています」(太田調教助手)。 ◎8か月半振りの日経賞は10キロ増とやや余裕のある造りでテンションも少々高め。好位を追走していたが、直線は伸び負けた格好でガンコから0.4秒差の6着。コース替わりは問題ないが、距離延長とハンデがカギを握る一戦となりそう。
「前走から中1週なので追い切りはラスト重点でしたが、動きは悪くありません。今回は昇級初戦+重賞で条件は厳しいですが、舞台設定はいいし、ハンデ差もありますからね。その点を生かして頑張って欲しいですね」(杉山調教師)。 ◎今回は緑風S(準オープン・54キロ・芝2400m)で逃げ切り勝ちをして、昇級初戦+重賞の一戦。今回も同じ54キロは多少背負わされた感があり、いきなり上位争いとまでは……。
「使い詰めですが、前走が2着と頑張ってくれましたし、タフな馬なので疲れは見られません。今回は重賞で相手は揃いますが、ハンデ差を生かして善戦を……と思っています」(宮本調教師)。 ◎メトロポリタンS(東京・オープン・芝2400m)は逃げたハッピーモーメントの3番手。勝負所から2番手に上り、直線も渋太く粘っていたが、最後はベストアプローチに4分の3馬身交わされて2着。今回は重賞&ハンデ戦で斤量面は恵まれそうだが、GIIではもうワンパンチが欲しい印象。
「放牧先で体調を崩し、復帰に手間取りましたが、帰厩後は順調に調整ができています。仕上がりの方は悪くないし、何とか重賞を……と思っている馬。宝塚記念に向けて好レースを期待しています」(藤岡調教師)。 ◎有馬記念は10キロ増でも太目感はナシ。大外枠を引いたため、無理をせず後方待機策。正味、直線だけの競馬でキタサンブラックから0.6秒差の7着。これといった見せ場はなかったが、着差を考えれば悪くない内容。ただ、明けて9歳、更なる変わり身&上積みとなると? ハンデ面も考えると上位争いまでは……。
「前走から中1週ですが、シッカリ追い切りました。動きはいつもと変わらず、悪くありませんでしたよ。今回は重賞で相手が揃いますが、ハンデ差と相性がいい東京。少しでも上を目指して頑張って欲しいですね」(西村調教師)。 ◎叩き2戦目の都大路Sは中団の外目を追走。終始外々を回るコースロスもあり、最後はジリジリといった感じでサンマルティンの0.9秒差の7着。今まで重賞に挑戦したが結果はイマイチ。ここも苦戦は必至か。
「1週前に併せ馬でシッカリやってあるので、今週は馬ナリでサラッと。年とともに体質が丈夫になり、使った後もガタッとくることがなくなりました。今回はハンデ戦で昨年3着の時と同じ54キロ。変わり身を期待しています」(前川調教助手)。 ◎2か月半振りのメトロポリタンS(東京・オープン・芝2400m)は±0と好仕上がり。スタートを決めてスンナリ先手を取り、スローペースに持ち込んでの逃げ。直線に入ってもそれなりに粘っていたが、最後は力尽きてベストアプローチから0.3秒差の6着。昨年のこのレースが54キロでフェイムゲームの3着。叩いた効果とハンデ一つでは見せ場以上も。
「昇級初戦+重賞だった前走、騎手の好騎乗はありましたが、それでも勝ったように力を付けています。体質が強化されてコンスタントに使えるようになったことも大きいですね。今回は放牧明けになりますが、フレッシュな状態で出走できるし、仕上がりもいいですからね。ハンデは2キロ重くなりますが、崩れることはないと見ています」(田代調教助手)。 ◎準オープンを勝って臨んだ日経新春杯(54キロ)は好位のイン。直線は外に立て直すシーンもあったが、逃げ粘るロードヴァンドールをゴール寸前でクビ差交わして勝利。東京は問題なく、ここもハンデ次第で上位争いの一角に。
「昨秋の六社S(東京・準オープン・芝2400m・55キロ)を勝った以降、熱発やフレグモーネを発症したため、使いたいレースを使えませんでした。今回は久々の分、多少余裕はありますが、今週の一追いで態勢は整うと思います。この舞台は合っているし、昇級初戦+重賞になりますが、ハンデ戦なら好レースにならないものか……と思っています」(森調教助手)。 ◎3か月振りの六社S(東京・準オープン・55キロ・芝2400m)は8キロ減でも好仕上がり。縦長の展開の中団に付け、直線は馬場の中ほどから先に抜け出していたパフォーマプロミスをゴール寸前でクビ差交わして勝利。久々は問題なく、2着のパフォーマプロミスが後に日経新春杯を勝ったことを考えると、ここもハンデ次第で侮れない1頭になりそう。
「天皇賞は58キロで勝ちに行く競馬をして5着と頑張ってくれました。更なる上積みはどうかと思いますが、デキは高いレベルで安定しています。左回りの広いコースは合うし、ハンデもマズマズ。ここは楽しみにしています」(矢作調教師)。 ◎天皇賞(春)は6キロ減。少しテンションは高かったが、レースは中団でスムーズに折り合う。直線は大外に持ち出してこの馬なりに伸びてきたが、レインボーラインから0.3秒差の5着。それでも日経賞2着が伊達ではなかったことを証明した。東京は2400mを2戦して2、1着と問題なく、ハンデ一つでチャンスは十分。
「天皇賞は左トモを外傷した上に落鉄。右トモの蹄鉄もズレていました。馬が走るのを止めたことで幸いにもダメージはありませんでした。今回は良績がある東京に替わるし、改めて見直したいですね」(戸田調教師)。 ◎天皇賞(春)は好位のインでロスのない立ち回りをしていたが、2周目の勝負所で置かれ気味。そこからはジリジリと後退し、レインボーラインから1.8秒差の13着。アルゼンチン共和国杯2着、ダイヤモンドS3着からGIIならやれていい馬。東京コースとの相性も良く、ハンデ次第で上位食い込みも可能。
「追い切りの動きは悪くなかったし、叩いた上積みも見込めますが、近走がもう一つ結果が出ていませんからね。今回は天皇賞より6キロ軽い52キロの軽ハンデを生かしてどこまでやれるかといったところですね」(村山調教師)。 ◎約2か月振りの天皇賞(春)はシンガリ近くからの競馬。直線でバテた馬を交わしただけといった感じで、レインボーラインから1.2秒差の11着。ここ一連の成績からハンデ戦でも重賞ではもう一押しが利かず、様子見が妥当だろう。
「今回は格上挑戦+重賞で条件は厳しいですが、追い切りの動きが良かったし、力も付けていますからね。51キロの軽ハンデを生かしてどこまでやれるか楽しみにしています」(和田正一郎調教師)。 ◎陣馬特別(東京・1000万下・54キロ・芝2400m)はスタート直後に躓いたが、すぐに中団の後ろに付ける。直線は内に入れて追い出しを我慢。先に抜けたコスモジャーべをゴール寸前でハナ差交わして勝利。今回もハンデ戦とはいえ、格上挑戦に加えGII。楽なレースは望めそうにない。
「放牧明けになりますが、いつもの放牧明けと変わりはありません。1週前の追い切りもいつもと同じで、特に変わった感じはありませんでした。今日の追い切りの動きが良かったし、状態面に不安はありませんが、今回は59キロのハンデがどう出るかでしょうね」(宗像調教師)。 ◎2か月半振りのダイヤモンドS(58.5キロ)は後方でジックリ脚を溜める。向正面からジワッと進出し始め、4角でも手応えは十分。直線は外目に持ち出すと前を行くリッジマンを難なく捉え、1馬身4分の3差を付けて快勝。今年も昨年1着と同じローテーションでの参戦。昨年は58キロ、今年はハンデとの戦いといえる一戦になりそうだ。
「前走後は順調に乗り込めているし、叩いて良くなるタイプですからね。この距離はいいと思うし、52キロのハンデも魅力があります。瞬発力勝負では分が悪いと思うので、今回はもう少し積極的な競馬でも……と思っています」(庄野調教師)。 ◎2か月半振りのメトロポリタンS(東京・オープン・芝2400m)は好仕上がり。いつも通り後方からのレースだったが、スローペース〜上りのレースになったため、この馬なりに脚は使っているが、鋭さ負けしてベストアプローチから0.6秒差の8着。万葉S2着、ダイヤモンドS(GIII)2着から距離はOK。ハンデ戦の重賞なら出番があっていいだろう。
「1週前の追い切りは良かったですね。ここにきて調教で動くようになっているし、レースに行って追っての伸びが良くなっています。長丁場なら重賞でもやれると思うし、55キロのハンデなら楽しみですね」(友道調教師)。 ◎2か月振りの烏丸S(京都・準オープン・57キロ・芝2400m)は6キロ増と好仕上がり。向正面までは後方に位置していたが、そこから外目を一気に仕掛けて3角では早くも先頭。4角で一旦はマイネルレオーナに先頭を譲ったが、直線でもう一伸びして2着のアドマイヤエイカンに1馬身4分の1差を付けて勝利。菊花賞3着がある馬。ここも要注目。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。