IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年2月18日(日)

11R

2018年2月18日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第35回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

「前走は初めて芝を使いましたが、周りが速過ぎて包まれ気味になってしまい、動くに動けない形になってしまいました。今回はダートに戻すし、昨年のこのレースで5着と頑張っていました。前走からあまり間隔がないので、今日はラストを伸ばす追い切りを。いい動きだったし、1度使った上積みが感じられました。今回は同型もいるし、楽なレースはどうかと思いますが、枠順・展開・馬場などがうまく噛み合うようなら……」(庄野調教師)。
「器用なタイプではないので、自分のペースで競馬をした方がいい馬なんです。それが前走(JpnI・川崎記念)に生かされたと思います。今回は間隔が詰まっているし、輸送もあるのでそれほどやらなくても……と思っていましたが、この時計。それだけ具合がいいんでしょうね。昨年のこのレースは6着でしたが、内容自体は悪くありませんでした。流れに乗れれば対応は可能だと思います。今回が調教師として最後のGI、もちろん勝ってくれればいうことないんですけどね」(目野調教師)。 ◎川崎記念(川崎・JpnI・ダート2100m・稍重)はスンナリとハナを切り、道中はペースダウンして余力十分。勝負所からペースアップして後続を寄せ付けず、2着のアポロケンタッキーに1馬身半差を付けて快勝。昨年のこのレースがゴールドドリームの6着。コース・距離は問題ないが、久々のマイル戦で自分の競馬ができるかどうかがカギ。
「前走は本番を意識して控える競馬を試しましたが、直線で締められてしまいましたからね。幸いダメージはありませんでした。この中間はいつも通りの調整でいつも通りの動きです。今日の動きも悪くありませんでしたからね。GIで相手は揃いますが、芝発走はスピードに乗りやすい点はプラス材料。五分のスタートをきって前々でレースができるようなら……と思っています」(天間調教師)。 ◎根岸Sは他馬が速く中団からの競馬。結局、高速決着になったことが影響して、ノンコノユメから1.7秒差10着。マイルは南部杯(JpnI)で2着を含め、実績がありOK。今はむしろマイルの方が自分の競馬ができそう。馬体が絞れているようなら見せ場くらいは作れそうだ。
「前走は予定していた位置より1列後ろになった分、届きませんでしたね。使った後も元気一杯で年齢を感じさせない動きをしています。今日の追い切りはラスト重点の予定が、テンからの行きっぷりが良かったし、動きも上々でした。最近は集中力の持続が時として切れることがありますが、これは気持ちの問題だと思います。マイルは芝でも走っていたので問題ないと思うし、距離が短くなる分、集中して走れるのでむしろいいかもしれません」(松永幹夫調教師)。 ◎約2か月振りの川崎記念(川崎・JpnI・ダート2100m・稍重)はゲートの出が一息で逃げたケイティブレイブの4番手。本来はもう少し前で運んだ方が持ち味を出せるタイプ。行き脚がもう一つということで、まだ本調子には一息なのかも。東京の芝は経験済みだがダートは始めて。力は◎も距離ももう少し欲しいクチでどこまでやれるかだろう。
「前走はスタートが一息で後方からの競馬。スローペースに持ち込まれて、流れが向きませんでしたからね。勝ったケイティブレイブにうまく乗られてしまいましたね。レース後、少しトモに疲れが見られましたが、その点は問題なかったので出走することにしました。前走からあまり間隔が開いていないので、追い切りはあまり強くやりたくなかったんですが、丁度良い追い切りができたと思います。マイルは少し忙しいかもしれませんが、末脚を生かせる流れになるようなら……と思っています」(高木調教師)。 ◎東京大賞典(大井・JpnI・ダート2000m)は例によって後方から。ジックリ脚を溜めて直線勝負に徹する。直線は外に持ち出すと一追い毎に伸び、勝ったコパノリッキーには3馬身離されたが2着は確保。昨年のこのレースがゴールドドリームの8着。最近は長目の距離を使っており、久々のマイルでペースに戸惑わなければいいが……。
「前走の東京大賞典は距離が長かったようですね。その後は在厩して調整。ここまでは順調にきています。1週前の時点でほぼ仕上がっていたので、今週はラストを伸ばす程度でしたが、いい動きをしてくれました。東京のマイル、しかもワンターンのコースはこの馬にピッタリの条件。折り合い面の心配をしないで済む舞台なので楽しみにしています」(羽月調教師)。 ◎東京大賞典(大井・JpnI・ダート2000m)は好スタートを決めてコパノリッキーの3番手を追走していたが、最後は一杯となり後退。コパノリッキーから1.7秒差の7着。基本的にはマイルがベストといえる馬。2015年のこのレースでコパノリッキーの2着があり、前走を度外視して狙ってみる手も。
「前走は雪の影響で追い切りが不足していた分、伸びを欠いたようです。あの不良馬場で走ったことでトモに疲れが出た感じでしたが、1週前の追い切りが良かったので問題はないと思うし、今週の動きも良かったですからね。中央のGIで相手がかなり強いので、上位争い云々は言えませんが、今回がこの馬のラストラン。最後にララベルらしい走りをしてもらいたいと思っています」(荒山調教師)。 ◎TCK女王盃(大井・JpnI・ダート1800m・不良)は57キロと最重量を背負ってのレース。逃げたオールポッシブルの2番手を手応え良く追走。4角では先頭に立ったが、勝ったミッシングリングに並ばれてから怖がる面を見せたのか、抵抗できず1.2秒差の4着。JBCレディスクラシックの勝者だが、今回は牡馬の一戦級相手でどこまで。
「前走は出していったことでハミを噛んでしまいました。その分、伸びを欠いてしまいましたね。コンスタントに使っているので大幅な変わり身はどうかと思いますが、今日の追い切りが見た目以上に時計が速かったし、それだけ状態の方はいいということでしょう。今回は(中央の)GIで相手も揃うし、距離もマイル。ジックリ末脚を温存することになると思います。あとはこの馬向きの展開になるかどうかでしょうね」(南井調教師)。 ◎名古屋グランプリ(名古屋・JpnII・ダート2500m)は12キロ増とやや立派な体付き。いつもより早目の位置取りで運び、勝負所でも追い出しを我慢して直線一気の末脚で、2着のトップディーヴォに1馬身半差を付けて勝利。シリウスSに次いで重賞2勝目を上げた。ただ、今回はGIに加え、マイル戦。上位争いまでとなると疑問符も。
「前走が中距離を使った後の短距離、それに馬場が悪くてペースが流れた割にはいい位置が取れましたね。やはりこの馬は短い距離に適性があるように思います。前走から中2週ということで今日はラスト重点でしたが、予定通りの追い切りができました。前走のようにある程度行くと持ち味が出ないので、今回はいつも通り末脚を生かす競馬で頑張って欲しいですね」(寺島調教師)。 ◎根岸Sは出負けをしたが、行く気もなく中団から。直線は最内に入れてジリジリと伸びてきたが、思ったほど弾けず。ノンコノユメから1.1秒差の6着。昨年のこのレースがゴールドドリームの11着。右回りの方がいいことは確かだが、展開がハマるようなら。
「前走はジョッキーが『余裕があった』ということで、着差以上に強かったと思います。その後も順調に調整ができているし、1週前に長目からシッカリ負荷をかけてあるので、今日はラスト重点。いい動きだったし、1度使ったことでいいガス抜きができたと思います。それにトモの入りが良くなって、シッカリ伸びていましたからね。今回は初の関東圏での競馬、芝発走、ワンターン+初距離と未経験な面が多くあるので、胸を借りるつもりで臨みますが、悔いのないレースをして欲しいですね」(木原調教師)。 ◎東海Sはスタートを決め、並んできたサルサディオーネを制してハナに立つ。平均ペースに持ち込み、直線でコスモカナディアンに4分の3馬身差まで詰め寄られるが、着差以上に余裕のある内容で勝利。まさに充実一途。今回は初距離&初コースがどうかだが、立ち回りが上手な馬。GI好走の実績からも上位争いは間違いナシか。
「年明けに短期放牧を挟みましたが、帰厩後はここを目標に調整してきました。中間は順調に調整ができています。1週前の追い切りは馬場に馬具等の落下物があるアクシデントがあったために目一杯追えませんでしたが、今日はシッカリ負荷をかけることができましたからね。東京コースは問題ないし、距離の短縮もプラスだと思います。ここ2走よりいい状態で臨めそうなので楽しみにしています」(牧田調教師)。 ◎叩き2戦目の東京大賞典(大井・JpnI・ダート2000m)は好位を折り合って追走。外からプレッシャーを受けつつの競馬だったが、最後はジリジリと伸びてコパノリッキーから1.4秒差5着と踏ん張る。ここにきて力を付けていることは間違いなし。東京は下級条件戦だが1400mで勝ち鞍がありOK。馬場が渋って脚抜きのいい馬場にでもなれば……。
「前走は馬体が増えて、体の張りも良かったですからね。初の1400mで58キロでしたが、レコード勝ちと期待通りの結果を出してくれました。先週、今週と体調を維持することを重点に調整をしてきましたが、状態はいいと思います。マイルに延びることでレースがしやすくなると思うし、今回は他馬と同斤量。ジョッキーと鞍が合う点もいいと思うので、好レースを期待しています」(加藤征弘調教師)。 ◎初距離となった根岸Sは例によって後方から。勝負所では仕掛けながらといった感じだったが、直線に入るとグーンと加速が付き、抜けていたサンライズノヴァをゴール寸前でハナ差交わしてレコード勝ち。一昨年の覇者である同馬、復調なったとなればここも主役を張れる存在と言えるだろう。
「香港遠征後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は馬がリラックスしていていい雰囲気ですね。1週前に坂路で速い時計が出たし、この後輸送もあるので、今日はCWでラスト重点でしたが、いい動きでしたね。レース間隔が開いている分、どうかと思いますが、追い切りの感じは悪くないし、ダートも問題ありませんからね。あとは揉まれずにスムーズな競馬ができれば……と思っています」(梅田調教師)。 ◎香港スプリント(シャティン・芝1200m)はゲートの出が一息で後方からの競馬。正味直線だけの競馬でミスタースタニングから0.5秒差の6着。よく伸びてはきたが、前に有利な馬場を考えると位置取りの差が出た感じ。ダートは1戦してJBCレディスクラシック(JpnI・重)2着があり問題ナシ。牡馬相手も問題なく、軽視は危険。
「前走後は放牧に出して1月17日に帰厩。その後はプール調教も取り入れての調整をしてきましたが、一追い毎に馬体が絞れてきました。1週前に坂路である程度やってありますが、今週は目一杯ではないのにこの時計ですからね。改めて力のある馬だと思いました。プール調教を取り入れたことで体に柔らか味が出てきたし、メンタル面の効果もあります。跳びが大きいので広くて直線が長いこの舞台がベスト。乗り役も最高だと思うのでチャンスはあると思います」(平田調教師)。 ◎海外遠征後に一息入れ、交流重賞(JpnI)を2戦(7、5着)して臨んだチャンピオンズC(GI・14キロ増も太目感ナシ)は8番人気と低い支持。スタートが一息で中団の後ろからの競馬。直線は外目に持ち出すと、もの凄い伸び脚で前に接近。前を行くテイエムジンソクとコパノリッキーの2頭を並ぶ間もなく交わしてGI2勝目を上げる。昨年と同じローテーションで臨むこのレース。その昨年の優勝馬である同馬、今年も目が離せない1頭。
「右後肢のフレグモーネで根岸Sを回避しましたが、処置が早かったのですぐに回復しました。翌週から乗り出しも開始できましたからね。1週前にある程度やれたし、今日の追い切りの動き・時計ともにマズマズだったと思います。年齢的にズブさが出てきたし、往時の勢いはどうかと思いますが、ここまでは順調に調整ができましたからね。レースに行って能力を出し切るタイプ、相手は揃いますがこの舞台はピッタリなので頑張って欲しいですね」(石坂調教師)。 ◎根岸Sを右後肢フレグモーネのため出走を取り消し。ここは約3か月余りのブッツケという形になるが、元々が鉄砲は利くタイプ。このレースは一昨年が4着、昨年が2着と善戦しており、仕上がりに問題がなければ注意は怠れない1頭。
「前走は負けたとはいえ上手に乗ってくれたと思います。レコード決着になりましたが、幸いダメージはなかったし、ここまでは順調そのものですね。今日の追い切りは併せた相手が走る馬なので時計は出ましたが、動きも良かったですからね。ここにきてレース振りが安定してきたし、ユニコーンSを勝っているようにマイルも問題ナシ。むしろプラスだと思うので、適度に流れてくれるようなら持ち味の末脚を生かせるのでは……と思っています」(音無調教師)。 ◎根岸Sは出が一息で後方から。勝負所から進出を開始し、直線は早目に抜け出しを図ったが、外から来たノンコノユメにゴール寸前ハナ差交わされて2着。速い時計にも対応できた点は収穫。東京は崩れず走るし、距離の延長もプラス。引き続き注目の1頭。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。