2018年2月17日(土)

11R

2018年2月17日(土) | 1回東京7日 | 15:45発走

第68回ダイヤモンドステークス(GIII)

芝・左 3400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

「前走の万葉Sで距離の適性を見せてくれました。調教で口向きの悪さなど気難しい面を見せる馬ですが、この中間はテンションを上げないように調整。少しずつ折り合い面にも進境が窺えるし、ハンデも軽いですからね。今回は格上挑戦でも重賞になりますが、スタミナ豊富なので持久戦の形になるようなら……と思っています」(庄野調教師)。 ◎格上挑戦となった万葉S(52キロ)は出たなりで後方から折り合い重視のレース。2周目の3コーナーから動き始め、4角では先団に取り付く。そこから前を行くトミケンスラーヴァを追い詰めて行くが、半馬身届かずの2着。今回は格上挑戦&重賞、ハンデ差を生かしてどこまでやれるかだろう。
「放牧明けになりますが、ここまでは順調に調整ができています。1週前にある程度やってありますが、その時点では少し重い印象がありましたが、月曜日に長目からやってあるし、今日の追い切りでほぼ仕上がったと思います。今回の東京の3400mという舞台は合いそうだし、54キロのハンデなら楽しみですね」(辻野調教助手)。 ◎アルゼンチン共和国杯(54キロ)は先行3番手。スムーズに流れに乗って行けたが、直線に入ると手応えが怪しくなり、ジリジリと後退。スワーヴリチャードから1.1秒差の10着。鉄砲は比較的利くタイプで、昨春の目黒記念(54キロ)で3着と好走した実績もある。明けて8歳になるがハンデ差を生かせばまだまだやれそうだが……。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は馬に柔らか味があって、調整がしやすかったです。歳とともに成績が上がってきているし、東京コースも問題ありません。今回はハンデ戦になるので、チャンスがあっても……と思っています」(武藤調教師)。 ◎ステイヤーズSは後方でジックリ脚を溜めて直線勝負に徹する競馬。4角でもまだ後方にいたが、直線はよく伸びてアルバート〜0.7秒差の3着と善戦。昨年のこのレースはアルバートの5着(54キロ)。ハンデ次第では見せ場以上が期待できるかも。
「前走は休み明けもありましたが、走り切っていなかったのか、レース後すぐに息が入っていました。1度使った上積みが見込めるし、この舞台との相性もいいですからね。年齢的な衰えは見られないので改めて見直したいと思っています」(斉藤崇史調教師)。 ◎4か月振りの万葉S(53キロ)はハナには行けず、グランアルマダの3番手から。2周目の3角から動き始めたが、4角ではほぼ一杯。トミケンスラーヴァから1.6秒差の8着と大敗。このレースは一昨年が50キロでフェイムゲームの4着、昨年が51キロでアルバートの2着と好走しているが、明けて9歳。往時の勢いは薄れてきたかも。
「前走は休み明けで体に余裕がありましたが、勝ち馬から少差の4着。やはり力がありますね。1度叩いたことで息の入りが良くなったし、馬体が絞れて動きも良化。脚質にも幅が出てきたし、52キロのハンデも魅力。あとは3400mの距離に対応できるようなら……と思っています」(宮内調教助手)。 ◎3か月振りの早春S(55キロ)は10キロ増とやや余裕。出負けをして後方からの競馬。正味、直線だけの競馬だったが、最速の末脚でチェスナットコートから0.2秒差の4着なら悪くはない内容。叩いた上積みが見込めるし、ここまで4戦3勝と相性がいい東京。格上挑戦でもハンデ戦ならヒケは取らないハズ。距離は未知でも軽くは扱えない。
「前走はスローペースで後方からの競馬と展開が向かず、この馬の持ち味を生かせませんでした。1度使って体調は上向いているし、スタミナがあるので3400mは問題ないと思います。今日の動きが良かったし、ある程度の位置で運べるようなら楽しみですね」(戸田調教師)。 ◎日経新春杯(54キロ)は出たなりで中団から。勝負所から外目に出して動いて行くが反応はイマイチ。直線も思ったほど弾けずパフォーマプロミスから1.9秒差の11着と大敗。3000m以上の距離は今回が初めて。距離は未知だが、ハンデ一つで食い込む余地はありそう。
「今回が転厩初戦+放牧明けの一戦になります。ズルいというか、賢い馬なので併せ馬の遅れは想定内で問題ありません。大トビで切れませんがバテないタイプ。今回は格上挑戦&重賞になりますが、ハンデ差があるし、スタミナも豊富ですからね。この舞台は合っていると思うのでどこまでやれるか楽しみにしています」(奥村武調教師)。 ◎叩き2戦目の比叡S(準オープン・芝2200m)は後方から。勝負所から外目を進出していくが、直線での反応はイマイチ。クィーンチャームから0.7秒差の6着(9頭立て)と敗退。今回は格上挑戦に加えて久々。転厩初戦ということもあって様子見が妥当かも。
「前走は状態が良かったですが、展開が向きませんでした。それに距離ももう少しあった方がいいみたいですね。今日は長目からシッカリやりましたが、全体時計・ラスト1ハロンの伸びともに良かったと思います。今回の3400mでこの馬の良さが出れば……と思っているので今後に繋がるレースを期待したいですね」(木村調教師)。 ◎昇級初戦+重賞のアメリカJCCは10キロ増の542キロと過去最高体重。後方のインを追走し、4角でもまだ後方。そこから大外に持ち出して正味、直線だけの競馬でダンビュライトから1.2秒差の7着。騎乗したルメール騎手が『重賞でこの距離は厳しい。もっと距離があった方がいい』とコメント。ハンデ次第では一発があるかもしれない。
「月曜日にもやってあるので、今日は馬ナリですがこれで十分でしょう。近走はもう一つ結果が出ていませんが、長距離は得意な馬。展開などがうまく噛み合えばもう少しやれても……と思っています」(村山調教師)。 ◎2か月振りの万葉S(53キロ)は10キロ増でも仕上がりは悪くなかった。後方からの競馬で直線もこれといった伸びもなく、トミケンスラーヴァから1.6秒差の7着と平凡なレース内容。昨年のこのレースが53キロでアルバートの4着。距離は問題ないが、明けて8歳。更なる上昇となると疑問符も。
「追い切りの感じは悪くありません。長目の距離は合いそうと思って、新味を求めて芝の長距離に使ってみることにしました。とはいっても2クラス上の重賞。軽ハンデを味方にどこまでやれるかでしょう」(尾形充弘調教師)。 ◎さすがにハンデ差を見込んでも苦戦は免れまい。
「明けて12歳と年齢も年齢ですからね。大幅な変わり身は込めませんが現状維持はできています。あとは軽ハンデを生かしてどこまでやれるかでしょう」(加藤和宏調教師)。 ◎万葉S(48キロ)は出負けをして最後方から。直線も全く伸びを欠き、トミケンスラーヴァから2.8秒差のシンガリ負け。明けて12歳。上がり目も?で見送る手。
「この馬なりに時計は出ているし、状態は悪くありません。前走も5着とはいえ、内容は悪くなかったし、現状はハナを切る形が合っています。今回もハナにこだわるレースで、もう一押しを期待したいですね」(西園調教師)。 ◎万葉S(54キロ)は離し逃げを打ったが、2周目の4角で勝ったトミケンスラーヴァに並ばれ、直線は追い通しに。それでも大バテせず0.6秒差の5着に踏ん張る。今回は更に2ハロン長い3400m。ステイヤーズSは距離が長かったことを考えると決してプラスとは言えないだろう。
「月曜日にもやってあるので、今日は馬ナリでしたが動き自体が良かったし、これで十分でしょう。1度使った上積みが見込めるし、距離は問題ないと思います。格上挑戦&重賞になりますが、相性がいい東京。50キロの軽ハンデを生かして頑張って欲しいですね」(石栗調教師)。 ◎3か月振りの早春S(53キロ)は12キロ増とやや余裕残し。その分、直線の伸びを欠いてチェスナットコートから1.3秒差の9着。叩いた上積みは見込めても、今回は格上挑戦&重賞。上位までは厳しいだろう。
「ステイヤーズSは相手が強かっただけで、この馬も2着と走っていますからね。58.5キロのハンデは一昨年のこのレースで2着があるので大丈夫でしょう。年齢的に大幅な上積みは見込めませんが衰えもありません。放牧帰りの今で470キロくらいありますが、去勢後に体が減りましたからね。前走くらいの体重で丁度いいと思うので、今回も楽しみにしています」(宗像調教師)。 ◎ステイヤーズSは中団を追走。2周目の向正面辺りから前との差を詰めにかかり、4角では先団の後ろに。ハンデ差を生かして。直線は一旦抜け出したが、アルバートの決め手に屈して0.4秒差の2着。明けて8歳になるが衰えは全く見られない。昨年こそ6着に敗れているが、過去このレースは1、1、2着と実績は十分。ハンデ次第で今年も善戦可能。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。