sportsnavi

2018年8月12日(日)

11R

2018年8月12日(日) | 2回新潟6日 | 15:45発走

第53回関屋記念(GIII)

芝・左・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。暑さにもめげず、ここまでは順調にきているし、体調も前走時のデキをキープできています。新潟は初めてになりますが、外回りのこの舞台は合っていると思うし、距離短縮もプラスに出ると思います。7歳でも衰えは感じられないので、見せ場を作って欲しいですね」(森調教助手)。 ◎エプソムC(重)は好位を追走していたが、最後は一伸びを欠く形でサトノアーサーから0.7秒差の6着。それでも先行勢の中では最先着しており、7歳とは思えぬ若さがあることは確か。新潟は初だが左回りはOK。最後の詰めに甘さがあるのは仕方のないところで、上位まではとも角、掲示板位ならあっても…。
「前走は初の古馬相手でしたが、直線の伸びは見どころがあったし、よく頑張ってくれたと思います。体重の方ももう戻ったし、中間の調整も順調に消化できています。どちらかというと左回りの方が結果が出ているし、重賞を勝っている様に新潟は合っていると思います。今日の追い切りの動きが良かったし、休み明けの前走より確実に上向いています。古馬相手も2戦目の今回は好レースを期待しています」(猿橋調教助手)。 ◎2か月半振りの中京記念(53キロ)は中団から。勝負所から進出を開始し、直線は大外に持ち出す。そこからジリジリと伸び、勝ったグレーターロンドン(レコード勝利)から0.3秒差の4着。当該舞台で新潟2歳Sを勝っており、別定戦でも侮れない1頭になりそう。
「前走は馬場が緩かった上に、道中で落鉄もしていましたからね。力を出し切れずに終わった一戦でした。その後は放牧には出さず、在厩しての調整。1週前の動きは良かったですが、今日は併せ馬の予定が掛かってしまいました。それでも動き自体は悪くありませんから。アテにできないタイプですが、新潟のマイルは2走前に強い勝ち方をしていますからね。いい馬場で競馬ができれば巻き返せるのでは…と思っています」(津曲調教助手)。 ◎準OP、OPと連勝して臨んだパラダイスS(東京・芝1400メートル・稍重)は好位から。ところが楽に見えた手応えが4角では怪しくなり、ジリジリと後退。勝ったショウナンアンセムから1.6秒差の9着(10頭立て)と惨敗。敗因は馬場なのかどうかは?だが、まともならもっとやれていい馬。谷川岳Sを勝った舞台でもあり、巻き返しに期待。
「前走は1400メートルということで流れが速かったですからね。その分、折り合ってレースができました。それでも今までと違った競馬で結果を出せたことは収穫でしたね。元々追い切りはやれば動く馬ですが、今日は馬ナリにしてもいい動きでした。今回は距離が1ハロン延びるし、外回りコース。スピードは通用すると思いますが、逃げ切るのは難しい舞台ですからね。前走の様な競馬ができれば…と思っていますが、重賞でもやれるかどうかを知る意味で、今回が試金石の一戦になると見ています」(坂口調教師)。 ◎昇級初戦の豊明S(中京・準OP・芝1400メートル・重)は発馬で躓き前半は中団。3角では好位に押し上げ、直線は馬場の外目に持ち出すとよく伸びて、2着のレインボーフラッグに半馬身差を付けて2連勝。今回は昇級初戦&重賞になるが、差すレースで勝ったことは大きな収穫。スピードはヒケを取らないし、ここでも見せ場を作れそうだ。
「ゲートを普通に出る様になって、折り合いに進境が窺えるようになったことと、馬体に幅が出てきたことが2連勝できた要因だと思います。使い込むとテンションが上がるので、中間は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前にシッカリやってあるので、今日はラスト重点でしたが、追って重心が低くなるいいフォームで走れていました。同型の存在はいますが、スピードはヒケを取らないと思うし、今の充実振りなら楽しみはありますね」(田中剛調教師)。 ◎昇級初戦のパラダイスS(東京・OP・芝1400メートル・稍重)はスンナリとハナを切り、後続を引き離しての逃げ。それでもペースはスローで、絡んでくる馬もおらず、楽に逃げ切って、2着のロードクエストに2馬身半差を付けて2連勝。コース替わり・距離共にOKだが、今回は強力な同型の存在も。その点がネックになりそうだ。
「前走は緩い馬場にも拘らず、最後はよく伸びてくれました。重賞でも通用することが分かったし、収穫のある一戦でした。1週前にシッカリやってあるので、今日は馬ナリでサラッとでしたが、落ち着きがあって、古馬らしい風格も出てきました。脚元の不安がなくなったことでビシビシ追うことができる様になったし、暑さにも負けず体調は上向き。自信を持って送り出せる今回、ある程度の位置で流れに乗った競馬ができればチャンスはあると見ています」(安藤調教助手)。 ◎中京記念(54キロ)は出が一息で後方から。4角でもまだ最後方近くだったが、直線は大外に持ち出して鋭く伸び、勝ったグレーターロンドン(レコード勝利)から0.3秒差の3着。OP入り2戦目&重賞2戦目で早々とメド。新潟は2戦して13着、5着だが以前と成長した今とではパワーが違う。左回り自体は問題なく、別定戦でも侮れない1頭。
「休み明けだった前走、元々が使ってよくなるタイプだし、走破時計も速過ぎましたね。目標にしていた中京記念を除外されたため、放牧に出すことにしました。帰厩後はここに切り替えて調整してきましたが、一度仕上げていたので、体の方はできています。今日の追い切りはリラックスして走れていたし、一度使った上積みも見込めますからね。マイルは重賞を勝っているので、改めて見直したいですね」(清水久詞調教師)。 ◎約7か月振りの米子S(阪神・OP・芝1600メートル)は6キロ減と仕上がりは良好。先団に付けて追走していたが、勝負所にさしかかると手応えは今一つ。そこからジリジリと後退し、勝ったベステンダンクから1.7秒差の10着。左回りはOK、マイルもニュージーランドTを勝っているので問題はないが、その後が二桁着順続き。一変まではどうか。
「前走後は短期放牧を挟んで、帰厩後はここを目標に調整してきました。プールなども併用して、ここまでは順調に調整ができています。1週前の追い切りの動きが良かったし、一度使った上積みは確実にあります。今日の動きも前向きさがあってよかったと思います。距離は1ハロン延びますが、折り合いに問題はないタイプ。前走の様にある程度前目で競馬ができれば…と思っています」(土明調教助手)。 ◎4か月振りのパラダイスS(東京・芝1400メートル・稍重)はスローペースと見ていつもより早目の競馬で2、3番手に付ける。勝った馬にうまく乗られたこともあり、よく追い上げたが2馬身半差の2着が精一杯。新潟は新潟2歳S勝ちがあり、昨年のこのレースはマルタ―ズアポジーの6着だが、こういう競馬ができた点は大きい。ここも注目したい1頭。
「前走は長期休養明けで成長分があったにしても、数字通り、馬体に余裕がありました。おまけに高速決着で前が止まらない流れにもなりましたから。前走後は一旦、放牧に。帰厩後はここを目標に調整してきました。ここまでは順調に乗り込んできたし、1週前の動き・反応共に良かったですから。それに今日は重い馬場でもシッカリ動けていましたからね。ガラリ一変までは分かりませんが、叩いた上積みはありますからね。相手は強くなりますが、メドの立つ競馬を…と思っています」(津曲調教助手)。 ◎1年10か月振りの米子S(阪神・芝1600メートル)は38キロ増。成長分があるとは言え、余裕が感じられた。無理をせず後方からの競馬だが、直線もこれといった伸びは見られず、勝ったベステンダンクから1.2秒差の7着。時計が速かったこともあるが、久々でレース勘も今イチだったのかも。新潟は初だが、左回りはOK。能力は断然で一変しても…。
「前走のダメージはなく、ここまでは順調に調整ができています。今日の追い切りの動きが本当に良かったし、前走を使ったことで状態は確実にアップしていますよ。それに新潟・外回りのこの舞台は合っていると思います。後は全てジョッキーに託すつもりでいます」(藤岡調教師)。 ◎2か月振りの中京記念(52キロ)は後方でジックリ脚を温存。4角ではシンガリだったが最内を突いて最速の末脚でグレーターロンドンから0.4秒差の5着に追い上げる。新潟のマイルは条件特別で1戦して2着。コース替わりは問題ナシ。今回は別定戦になるが、復調を思わせる内容から軽くは扱えない1頭に。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。ここにきて馬が充実してきたこともあって、今日はシッカリ動けていましたから。いい仕上がりで臨めると思います。今回は格上挑戦になりますが、夏場に良績がある馬だし、距離・コース共にピッタリですからね。7歳馬でもキャリアが少なく、若さもあるので、頑張って欲しいですね」(勢司調教師)。 ◎湘南S(東京・準OP・芝1600メートル)は一転して後方からの競馬。直線は馬群を割ってよく伸び、レッドオルガから1馬身4分の1差2着。脚質転換がうまくいったことは認めても、今回は格上挑戦&重賞。楽な競馬にはならないだろう。
「前走は出遅れた上に、直線でもスムーズさを欠く競馬(5着)でした。その後は放牧に出し、7月下旬に帰厩。1週前に併せ馬で長目からやってあるので、今日はラスト重点。それでも普段から落ち着きがあるのは春と違って成長した証だと思っています。ここ2戦は流れに乗れない競馬が続いていたし、初の古馬相手になりますが、斤量が51キロと軽いですからね。今後に繋がる競馬をしてくれれば…と思っています」(木村調教師)。 ◎叩き2戦目になったNHKマイルCは出負けをして後方から。正味直線だけの競馬でよく追い上げ、勝ったケイアイノーテックから0.2秒差の5着。それでも最後にスムーズさを欠いたことを考えれば次が楽しみになる内容。今回は古馬が相手になるが、展開がハマる様なら侮れない存在に。
「前走はかなり競り込まれましたからね。最後は苦しくなりましたが、8着に踏ん張ったのは力があるからだと思います。前走から中2週なので今日はラスト重点でしたが動きは良かったし、状態はキープできています。ただ今回は58キロを背負うことに。58キロだと加速が付くまでに時間を要すのでその点がどうかですが、新潟の外回りなら行き易いと思うので、コース替わりはプラスに出ると思います」(西園調教師)。 ◎中京記念(57.5キロ)は注文通りハナを切ったが、1000メートル通過が57秒0、1200メートル通過が1分8秒7のハイペース。これでは末が持つハズがなく、最後は脚が上がり、グレーターロンドンのレコード勝利から1.1秒差の8着。昨年のこのレースがマルタ―ズアポジーの2着。ここも前半の入り次第ということになるが、別定戦の分は楽になりそうだ。
「前走は喉の手術明けでしたが、態勢は整っていました。ただ、流れが速くて展開が向かなかったことを考えれば、あの着順でも悲観はしていません。その後は放牧を挟んでここを目標に調整。夏場に調子を上げるタイプらしく、体重も増えていい体付きになっています。1週前にもやっていますが、今日は併せ馬で一杯に。併せた相手が相手(セダブリランテス)で手応えは劣勢でしたが、いつも通りの動きで問題はありません。年齢的な衰えは見られないし、今年が4年連続の挑戦。好レースを期待しています」(手塚調教師)。 ◎5か月振りのマイラーズCは先団に付けていたが、直線に入っての伸びはサッパリ。いかにも久々が応えたといった負け方だった。このレースは一昨年1着、昨年がマルタ―ズアポジーの4着。今年は昨年と違って安田記念を挟まず、ブッツケ挑戦。能力は確かで仕上がり一つで可能性はありそうだ。
「前走後はシッカリ乗り込んで立て直してきました。ここまでは予定通りのメニューを消化できたし、順調に調整ができました。新潟との相性は悪くないし今回はブリンカーを着用して積極的な競馬をさせるつもりなので、前進を期待したいですね」(鹿戸調教師)。 ◎新潟大賞典(51キロ)は後方のままで見せ場もなく、スズカデヴィアスから0.7秒差の14着。展開が向かなかったにしても不満が残る内容。距離自体は問題ないが、OPではもうワンパンチが欲しいことは確かだろう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。