2018年8月5日(日)

11R

2018年8月5日(日) | 2回新潟4日 | 15:45発走

第10回レパードステークス(GIII)

ダート・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 | レコードが出たレース

「1週前にCWで長目から併せ馬。今日も後ろから追いかける形の併せ馬でシッカリ動けていた様に状態はいいですね。ここにきて馬体がしっかりしてきたのは好材料。今回は重賞で相手が強くなりますが、今の状態の良さでどこまでやれるかという楽しみはありますね」(小崎調教師)。 ◎ジュライスター賞(地方交流戦・川崎・中央500万下・ダート1600メートル)は出が一息で後方から。直線は外目に出して鋭く伸び、2着のブレークオンスルー(地方馬)に2馬身差を付けて勝利。今回は重賞で相手が強化。いきなり上位までとなると厳しいかも。
「前走後はリフレッシュ放牧を挟んでここを目標に調整してきました。暑い盛りですが、1週前に長目からシッカリやってあるので、今日は馬ナリでしたが、動きは悪くありません。ここまでは能力だけで勝ってきた感じですが、今は心身のバランスが取れてきたし、もう一度ツーターンの舞台を試すことにしました。結果次第で、今秋の選択肢が見えてくると思っています」(栗田徹調教師)。 ◎昇級初戦の猪苗代特別(福島・1000万下・ダート1700メートル)は好位のイン。直線は開いた内を突いて鋭く伸び、2着のイダペガサスに1馬身4分の1差を付けて3勝目を上げる。東京コースで[2・1・0・1]と左回りは得意。今回は3歳同士とはいえ、重賞。その点がどうかも、能力は中々。ここでも軽くは扱えないか。
「初めての右回りだった前走が悪くない内容。今日の追い切りの動きが良かったし、状態はいいですよ。距離に関しては何とも微妙かもしれませんが、左回りに替わる点はプラス材料なので、重賞のここでも楽しみはありますね」(高橋瑞樹調教師)。 ◎3か月半振りの猪苗代特別(福島・1000万下・ダート1700メートル)は逃げたイェドプリオルの3番手。直線入り口で並びかけて一旦は抜け出したが、後ろから来たアルクトスに1馬身4分の1差交わされて2着。それでも最後までシッカリ伸びていた点は好感が持てる。左回りは得意で、広い新潟に替わる点もプラス。ここも注意が必要な1頭。
「ここまで暑さにバテない様、シッカリ調整をしてきました。速い時計こそ出ていませんが、状態は維持できています。今週も輸送を控えているので追い切りでは無理をしませんでしたが、手応えは良かったと思います。トモの緩さは残っていますが、その分、伸びシロがあるということ。距離短縮はプラスだと思うので改めて見直したいですね」(牧浦調教師)。 ◎3か月振りのジャパンDD(大井・JpnI・ダート2000メートル)は中団の外目を追走。直線は外に出して差を詰めてきたが、一押しが利かず、ルヴァンスレーヴから0.6秒差の6着。敗因は距離にありそうで、1800メ-トルなら見直せる1頭。前走だけで見限ることは危険といっていいだろう。
「先週長目からやってあるので、今日はラスト重点の追い切り。動き・気配共に良かったと思います。復帰後の2戦が強い勝ち方。3歳同士の一戦なら重賞でも楽しみはありますね」(友道調教師)。 ◎500万下の平場(中京・ダ-ト1900メートル)は抜群の手応えで好位を追走。直線はエイコーンとの追い比べになったが、最後までシッカリした足取りで快勝。これでダートに切り替えて2連勝。長期休養明けを2度叩き、今回が叩き3戦目。ダートでは底を見せておらず、3歳同士の一戦なら上位争いになっても不思議はないだろう。
「先週CWでシッカリやってあるので、今日は坂路でラスト重点。前走は器用さがない分、ペースの緩急に対応できませんでしたが、先行力がある馬だし、揉まれずにスムーズな競馬ができれば、このメンバーが相手でも通用していいと思います。新潟のこの舞台も合っていると思うので、改めて見直したいですね」(野中調教師)。 ◎ユニコーンS(重)は好位からの競馬だったが、終始包まれ気味と厳しい形。直線も中々前が開かず、自分の力を出し切れないまま終わった印象。不完全燃焼と見てよく、距離もツーターンなら問題はないハズ。改めて見直す必要はありそうだ。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきたので、仕上がりは悪くありません。今回は重賞で相手は強くなりますが、この馬もそれなりのメンバーを相手に戦ってきたので、どこまでやれるか楽しみにしています」(出川調教助手)。 ◎500万下の平場(京都・ダート1800メートル)は例によって後方から。勝負所から進出を開始し、直線は大外に持ち出し、残り1ハロンで抜け出して勝利。500万では力が違う勝ち方だったが、今回は3歳同士とはいえ、重賞でメンバーは強力。その点がどう出るかだろう。
「前走後に楽をさせた分、先週の追い切りは苦しがっていましたが、あれを追われたことで今週の動きは素軽かったですね。勝った時は最速の末脚を駆使している様に切れる脚を使う馬。2走前は不発でしたが、3走前や前走の様な脚を使える様なら楽しみです」(藤野調教助手)。 ◎初の古馬との戦いとなった濃尾特別(中京・1000万下・ダート1800メートル・重)は殆ど最後方からの競馬。3角過ぎから動き始め、直線は馬群を割って残り1ハロンで先頭。そのまま危なげなく押し切って2着のエンパイアブルーに2馬身半差を付けて快勝。9番人気(16頭立て)と低評価だったが、ダートは6戦3勝。一概に軽くは扱えないかも…。
「前走は強敵相手にあれだけやれたのは収穫でしたね。距離やツーターンのコースに対してはそれなりの調整をしてきたので大丈夫だと思います。1週前にCWで長目から併せ馬をしてあるので、今日は馬ナリでサラッとでしたがこれで十分です。新潟は初コースになりますが、直線がある程度長いので問題ないと思います」(清水久詞調教師)。 ◎昇級初戦+重賞となったユニコーンS(重)は後方からの競馬。直線は素晴らしい勢いで外目から伸びてきたが、そこで前が詰まり内に進路を切り替えるロス。その分、2着のグレートタイムにアタマ差及ばずの3着。勝ったルヴァンスレーヴから0.6秒差だった。今回は更に1ハロン延びる点がどう出るか、そこが大きなポイントになりそうだ。
「前走から中1週なので追い切りはセーブ気味に。この後、体重が減らずにキープできていればいいんですが…。今回は重賞で相手が揃っているし、現状の力でどこまでやれるかでしょうね」(武藤調教師)。 ◎昇級初戦の横手特別(福島・1000万下・ダート1700メートル)は好位集団の中。中々前が開かず、脚を余した感じでサクラエンパイアから0.5秒差の6着だが、昇級初戦を考えれば悪くない内容。今回は格上挑戦&重賞で楽なレースは望めそうにないが、自己条件ならやれていい力を持っている。
「前走後、すぐに乗り出しを開始できた様に今は凄く状態がいいですね。今週の動きは何もいうことはなかったし、毛ヅヤもいいですよ。大きな馬で前走は小回りで忙しかったことが敗因。ノビノビと走れる広くて直線が長い新潟に替わる点はプラス材料だと思うので、改めて見直したいですね」(清水久詞調教師)。 ◎2か月半振りの安達太良S(福島・準OP・ダート1700メートル)は3キロ増と好仕上がり。先団のインを追走していた割に、直線の伸びはもう一つ。『小回りは少し合わない感じ』(大野騎手)が原因だったのかも。広い新潟に替わる点はプラス。前走まではダートは6戦して交流GI・5着以外すべて連対だった馬。レコード勝ちした実績もあり、ここも要注目の1頭。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に乗り込んできました。いい意味で状態は安定しているし、今日の追い切りでジョッキーも好感触を得た様だし、動きも良かったですからね。ここも能力の高さに期待したいところですが、前走の内容に物足りなさがあったので、その点がどう出るかでしょうね」(萩原調教師)。 ◎八王子特別(東京・1000万下・ダート2100メートル)は中団馬群で馬を宥めながらの追走。勝負所でペースが上がると置かれ気味になったが、直線で外に持ち出すとジリジリと盛り返してミキノトランペットから1.8秒差の5着。今日は初の古馬&強敵相手で仕方のない結果といえるが、3歳同士とはいえ、今回も好メンバー。上位争いまでとなると…。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整。1週前にシッカリ負荷をかけてあるので、今日は馬ナリでしたが、動きは良かったですよ。距離は問題ないし、状態も前走よりいいと思うので、コーナー4回のコースをうまく立ち回れる様なら…と思っています」(畠山調教師)。 ◎昇級初戦+重賞となったユニコーンS(重)は中団の外から。勝負所の手応えは今イチで、直線に入るとジリ下がりといった感じ。勝ったルヴァンスレーヴから1.8秒差の11着。現状はクラス慣れが必要といった感じ。
「この中間はそれ程速いところはやっていませんが、使い込んでいる割にはバテておらず元気一杯です。ここにきて馬体に幅が出てきた様に線の細さが解消。それに伴って体力が付いてきた感じです。トモの緩さは完全に解消されておらず、良くなるのはもう少し先になるかと思いますが、ツーターンの舞台は安定して走るので、ここも楽しみにしています」(田代調教助手)。 ◎ジャパンDD(大井・JpnI・ダート2000メートル)は中団のイン。4角でも内を突き、砂を被っても怯まずに伸びてルヴァンスレーヴから0.3秒差の3着。勝ち味に遅い面はあるが、相手なりの堅実さは評価できる。今回も崩れることはまずないだろう。
「前走は前々で自分のリズムで走れていたし、最後まで頑張ってくれました。まだトモに緩さが残っているので、2走前の様に上手に競馬をしようとするより、前走の様に馬任せで上がって行く競馬の方が良さそうですね。後は道中でうまくタメが利く様なら…」(大久保龍志調教師)。 ◎濃尾特別(中京・1000万下・ダート1800メートル・重)は逃げたマイネルオスカルの2番手。直線は一旦先頭に立ったが、後続の追撃を凌ぎ切れず、勝ったプロスパラスデイズから0.6秒差の4着。先行馬の中で掲示板は同馬だけ。粘り強さが目に付いた一戦。今回は3歳同士。自分のリズムで運べる様なら見せ場があっても…。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。