2018年5月6日(日)

11R

2018年5月6日(日) | 1回新潟4日 | 15:20発走

第40回新潟大賞典(GIII)

芝・左・外 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

「前走は故障した馬を避ける格好になり、厳しい競馬に。さすがに疲れが出たので放牧に出しました。立て直しに時間を要しましたが、馬はすっかりリフレッシュされていい状態になっています。今日の追い切りも合格点が与えられるし、新潟は初でも左回りは良績があるので大丈夫。最近は安定して走ってくれているので、ここも楽しみにしています」(橋田調教師)。 ◎小倉大賞典(56.5キロ)は中団の後ろから。向正面から徐々に差を詰め始め、直線は内を突いたが、故障した馬を避ける不利。それでも最後まで良く伸びてトリオンフから0.6秒差の3着と好走。左回り・平坦ともに問題はなく、ココもハンデ次第で上位争いに。
「休み明けを1度叩いたことで、毛ヅヤが良くなってきたし、着実に良化をしています。ただ、休養前の成績がイマイチでしたからね。そのぶん強気にはなれませんが、叩いた効果と距離の短縮で前進があれば……と思っています」(矢野英一調教師)。 ◎9か月半ぶりの日経賞は6キロ増とマズマズの仕上がり。後方からの競馬だったが、久々ということで仕掛けてからの反応が一息。直線も伸びを欠いてガンコから1.5秒差の13着。新潟は実績があるコース。距離短縮と叩き2走目の上積みを見込めば、前進が期待できるかも。
「追い切りの動きは良かったし、時計的にも動いていたと思います。2走前のレース内容から、スムーズな競馬ができればもっとやれてもいいと思っています。巻き返しを期待したいですね」(西橋調教師)。 ◎2か月振りの福島民報杯(56キロ・芝2000m)は後方から。直線に入っても伸びは平凡で、マイネルサージュから1秒差の9着。オープン特別ならもう少しやれてもいい馬。前走の物足りないレース振りから、重賞の今回は多少割り引く必要がありそうだ。
「今日の追い切りはゴチャ付き気味だったためにスムーズさを欠きましたが、動き自体はマズマズでした。1度使った上積みは見込めるので、もう少しやれても……と思っています」(栗田博憲調教師)。 ◎11か月振りの福島民報杯(56キロ)は6キロ増とスッキリ仕上がっていたが、休養が長かったことで早々と後退。マイネルサージュから1.2秒差の11着。昨年のこのレースが56.5キロでサンデーウィザートから1.4秒差の14着。明けて8歳という年齢、新潟の実績を考えると上位までは厳しいだろう。
「中山金杯の後は放牧に出して、帰厩後はここを目標に調整をしてきました。先週もやってありますが、今週もWコースで長目から馬ナリでしたが、いい動きでした。最近は安定して走れていますが、今回は新潟の外回り。瞬発力勝負になるとどうかですが、前目の位置で渋太さを生かせるようなら……と思っています」(加藤征弘調教師)。 ◎中山金杯(54キロ)は意表を突いて逃げの手に出る。3角辺りからマイネルミラノに交わされたが、直線は大きくバテること無く渋太く粘ってセダブリランテスから0.3秒差の6着。新潟は条件戦だが1戦して3着。中山金杯の内容から、重賞でもGIIIのハンデ戦なら軽視はできないかも。
「状態は引き続いていいですね。前走の福島民報杯(54キロ)はこの馬なりに頑張ってくれましたが、良馬場の時計勝負になると分が悪いことは否めません。雨でも降って馬場が渋るようなら掲示板くらいは……と思っています」(中山調教助手)。 ◎2か月半振りの福島民報杯(54キロ)は久々の芝。それでもペースの3番手に付け、勝負所では押っつけ気味だったが、最後までジリジリと粘ってマイネルサージュから0.7秒差の6着。パンパンの良馬場で時計勝負になると分は悪いが、馬場が渋るようなら見せ場は作れるかも。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。先週の時点で体の方は仕上がっていたので、今週は馬ナリですがこれで十分です。今回は昇級初戦+重賞でメンバーは強くなりますが、左回りの2000mはピッタリの舞台。ハンデ戦ということなら楽しみはありますね」(橋口調教師)。 ◎昇級2戦目のアメジストS(東京・準オープン・芝2000m)は軽く促してハナに立つとスローペースに持ち込み、マイペースの逃げ。淡々とした流れで直線に入り、猛然と追い込んできたテーオービクトリーを最後にもう一脚使って半馬身凌い勝利。当該コースは2着があるが、今回は昇級初戦+重賞。ハンデ差を見込んでもどこまでやれるかだろう。
「前走は4着でも最速の末脚を駆使していますからね。今回はワンターンの2000mになりますが、距離はOKだし、条件的には合っているのでは……と思っています。後はゲートを決めて流れに乗り、能力を発揮できれば」(西園調教師)。 ◎六甲S(阪神・芝1600m)はスタートが一息で離れたシンガリから。直線は中ほどに進路を取り、最速の末脚で伸びてきたが、ロジクライから0.5秒差の4着までが精一杯。新潟は問題ないが、2000mはやや長いかもしれない。展開がハマれば一発ありそうだが、ハンデと展開がポイントになりそう。
「休み明けの前走が強い勝ち方でした。今回は昇級初戦+重賞になりますが、ハンデ戦だし、距離も大丈夫。1度使った上積みも見込めますからね。このメンバーに入ってどこまでやれるかですが、楽しみはありますよ」(池添兼雄調教師)。 ◎2か月半振りの難波S(準オープン・阪神・芝1800n・稍重)は中団の後ろで脚を温存。直線は大外に持ち出し、最速の末脚で追いすがるクリノヤマトノオーに4分の3馬身差を付けて勝利。今回は昇級初戦+重賞と楽ではないが、力を付けていることは確か。ハンデ次第で見せ場は作れても。
「大阪杯は見せ場こそ作りましたが、この馬の形ではありませんでしたからね。1週前にある程度やってあるので、今週は馬ナリですが状態はいうことありません。この秋に向けて左回りを経験させておくことと、賞金加算を……ということでここに。後は適度にペースが流れてくれるようなら」(須貝調教師)。 ◎大阪杯はスタートが一息で後方から。勝負所からジワッと上がって行ったが、最後は伸び負けた格好でスワーヴリチャードから1秒差の8着。今日は相手関係もあるが、出負けで位置取りが後ろになったことも影響したか。今回は初の左回りがカギになるが、GIIIなら十分やれる馬。巻き返しに期待したいところ。
「先週速いところをやってあるので、今週は馬ナリでしたが動きは良かったですね。今回のハンデも据え置きの51キロだし、相性がいい新潟に替わる点も大きなプラス。斤量差を生かして頑張って欲しいですね」(平田調教師)。 ◎小倉大賞典(51キロ)は出負けをしてシンガリから。道中はジックリ構えて直線勝負に徹する。直線は大外に持ち出し、ジリジリと差を詰めてトリオンフから0.9秒差の7着。オープン昇級後は重賞ばかりを使ってきたが、結果は7、14、8、7着。現状はクラス慣れが必要な段階。
「ハイペースになった休み明けの前走でも2着と踏ん張ってくれましたからね。改めてこの馬の能力の高さが確認できました。使った反動は見られないし、叩き2戦目の上積みが見られる今回は本当に楽しみです」(昆調教師)。 ◎菊花賞以来、半年振りの出走となったが6キロ減と仕上がりは良好。好スタートを決めてハナに立つが、アダムバローズが来たため2番手に控える。結局、2頭で後続を引き離す形に。4角でこれを振り切って先頭に立ったが、大外からきたマイネルサージュにクビ差交わされ2着。しかし勝ちに等しい内容で、叩き2戦目の上積みを見込めばココでも上位争いに。
「前走後は放牧に出してオーバーホール。年齢的に疲れを取るのに時間を要しましたが、いい休養になったと思います。帰厩後はここを目標に入念に乗り込んできたので仕上がりはいいですね。58キロのハンデは仕方ありませんが、7歳でも元気はあるし、休み明け初戦から楽しみにしています」(田代調教助手)。 ◎香港C(シャティン・GI・芝2000m)は1000m通過が1分15秒76という超スローペースだったが、後方でジックリ構え、直線はシッカリ伸びてタイムワープの4馬身4分の1差4着。前に有利な流れになったが、最後の伸びはなかなか。明けて7歳になるが衰えは全くなし。ハンデがカギになりそうだが、実績は断然。GIIIなら主役の座は譲れないか。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は小倉大賞典を目標にしていましたが、挫石のために再放牧に。帰厩後は順調に調整はできているし、仕上がりもマズマズですが、今回は長期の休み明け。次に繋がる競馬ができれば……と思っています」(池江調教師)。 ◎函館記念(57キロ・芝2000m・重)はハナには行かず、先団の5番手から。勝負所から次々に後続に交わされ、直線に入ってからの伸びもサッパリ。ルミナスウォリアーから2.1秒差の15着と大敗。馬場が影響したことが敗因(武豊騎手談)。今回は初の左回りになる点がどうかだが、能力は確か。鉄砲は◎でパンパンの良馬場なら見直しが必要だ。
「休み明けを1度使った上積みが見込めるし、馬も元気がありますよ。今回は51キロの軽ハンデで出られるし、過去に新潟のこの舞台で好時計勝ちをしたこともありますからね。斤量差を生かして前進を期待したいですね」(鹿戸調教師)。 ◎3か月振りの福島牝馬Sは4キロ減とマズマズノ仕上がり。スタートは互角だったが、行く気もなく離れたシンガリから。3〜4角にかけて仕掛け気味に上がって行くが、4角で他馬に寄られる不利。その影響か、直線は思った程弾けずキンショーユキヒメから0.8秒差の7着。コース替わりは問題ないが、近走内容から叩き一変とまでは?
「福島民報杯を除外され、目標を切り替えてここに。余分に乗り込めたのは良かったと思います。動き自体は悪くありませんが、本当に良くなるのはもう少し先になるかもしれませんね」(小島茂之調教師)。 ◎中山金杯(54キロ)は全く行く気がなく後方からの競馬。しかし、直線に入ってもピリッとした脚は使えず、セダブリランテスから0.6秒差の12着。馬体があまり絞れなかったことがあったにしても見せ場すら作れなかったことは不満。コースは問題ないが、ガラリ一変となると疑問符が付く。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。