2018年4月21日(土)

11R

2018年4月21日(土) | 1回福島5日 | 15:25発走

第15回福島牝馬ステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

「今回は久々の芝になりますが、その点は問題ないと思います。ただ、右回りは手前の替え方がぎこちないので、その点がどう出るかでしょうね」(山下調教助手)。 ◎エンプレス杯(川崎・JpnII・ダート2100m)は好スタートを決めてハナに立ち、スローペースに持ち込んでの逃げ。勝負所から仕掛けて後続を引き離しにかかるが、最後は勝ったアンジュデジールと2着のプリンシアコメータの決め手に屈して3着。ダートなら胸を張れるが、芝は2戦して13、8着とイマイチ。どこまでやれるかだろう。
「1週前にウッドで長目からシッカリやってあるので、今週は半マイルから馬ナリでしたが、デキは凄くいいと思います。今回は昇級初戦に加えて格上挑戦になりますが、展開がハマるようなら見せ場を作れるのでは……と思っています」(加藤征弘調教師)。 ◎冨里特別(中山・1000万・53キロ・芝1800m)は先団の後ろ。ペースが遅かったことで楽に追走できたことは大きかったが、直線は最速の末脚でラッシュアタック以下に競り勝つ。今回は昇級に加えて格上挑戦。苦戦は必至か。
「1週前にCWでシッカリやってあるので、今週はこれで十分だと思います。今回は別定戦で同じ斤量になりますが、この馬向きの流れになれば差はないと思います。輸送で体が減るのはいつものこと。デキは維持できているので楽しみはありますよ」(橋田調教師)。 ◎愛知杯2着の後に挑戦した中山牝馬S(52キロ・稍重)は出が一息で後方から。12キロ減の馬体減りだったが、それほど細くは映らなかった。直線は大外の持ち出し、最速の末脚でよく追い込んできたが、カワキタエンカから0.3秒差の3着。愛知杯(GIII)2着がフロックではないことを証明した一戦。馬体回復が条件だが、ハンデ戦なら侮れない1頭。
「この中間は短期放牧に出してリフレッシュ。帰厩してからは、気合いが乗り過ぎないように調整をしてきました。今週は勝った前走と同じように、ラスト重点の追い切りをしましたが、動きは良かったと思います。今回は別定戦になりますが、舞台は合うと思うし、当日に落ち着いて臨めるようなら楽しみです」(浜田調教師)。 ◎中山牝馬S(53キロ・稍重)大外枠だったが、ハナを主張してマイペースの逃げ。勝負所でもシッカリ息を入れて、直線も二の脚を使って逃げ切り、重賞初制覇。馬場を問わない馬で、小回りの福島もピッタリ。ローズS2着、秋華賞5着の実績も上位。当該距離は{3、2、0、0}とパーフェクト連対。今回も有力候補。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前にCWで併せ馬をしてあるので、今週は馬ナリですがいい状態で臨めそうです。前走はスタートから出して行く競馬をしましたが、今回も同じ1800m。前走で取った積極策が今回に繋がり、楽に流れに乗って行けると思います。ここは楽しみな一戦になりそうです」(辻野調教助手)。 ◎中山牝馬S(56キロ・稍重)はスタートを決めて先行集団。直線は最内を突いてカワキタエンカから0.3秒差の4着だったが、56キロを考えると内容は悪くない。昨年のクイーンS以来馬券に絡んでいないが、ハンデ次第では上位争いをして不思議はない馬。
「前走は五分のスタートを切れたことで、アワヤといったレースをしてくれました。追い切りで大分動くようになってきたし、力も付けてきましたからね。今回の福島は相性がいいコースなので、楽しみにしています」(高橋義博調教師)。 ◎中山牝馬S(54キロ・稍重)は離れた先行集団の中。しかし、直線は思ったほどの伸びは見られず、カワキタエンカから0.4秒差の6着。今回は2戦2勝の福島。重賞ではワンパンチ足りないレース続きだが、コース相性の良さを生かし切れば。
「中間は長目からシッカリ負荷をかけてきたので、今週はラスト重点。叩き3戦目ということで状態は今年1番と言えるし、初コースでも自分のリズムで走れるようなら楽しみです」(中村調教師)。 ◎叩き2戦目となった中山牝馬S(53キロ・稍重)は10キロ減だったが、これは絞れたモノ。中団から運んだが、直線は思ったほど伸びは見られず、カワキタエンカから0.5秒差の7着。まだ良化途上だったのかも……。オープン入り後はもう一つといった感はあるが、マーメイドS(GIII)で少差の4着がある馬。見限りは早計かも。
「休み明けを1度使ったことで、大分いい頃のデキに近づきつつありますね。それでも、まだ走るのを嫌がるといった内面的なモノは変わってきていないので、その点は気になる材料です」(中野調教師)。 ◎6か月半振りの東風S(中山・オープン・芝1600m・稍重)は10キロ増とやや余裕。逃げ切ったミュゼエイリアンの2番手に付けていたが、直線は早々と手応えがなくなり、1.2秒差のシンガリ負け。福島替わりは問題ないが、近走内容から買える材料は見当たらず、今回も見送りが妥当か。
「この中間は放牧には出さず、在厩しての調整。先週も長目からシッカリやってありますが、今週も併せ馬で手加減せずに直線はビシッと追いました。引き続いて状態面はいいし、小回りコースも合うと思うので、ここも楽しみにしています」(加藤和宏調教師)。 ◎叩き2戦目の中山牝馬S(53キロ・稍重)は逃げたカワキタエンカの5番手。直線も渋太く脚を使ってカワキタエンカから0.4秒差の5着。近走は善戦するものの、馬券の対象にはなっておらず、今回も掲示板くらいなら……といった感じ。
「休み明けになりますが、ここまでは順調に調整ができています。暖かくなるにつれて、追い切りの感じも良くなってきましたからね。近走の成績がもう一つで強気なことは言えませんが、もう少しやれてもいい馬だと思っています」(鹿戸調教師)。 ◎3か月振りの愛知杯(53キロ)は好仕上がり。ゲートは五分に出たが、行く気もなく後方から。直線は大外に出したが、大した伸びは見られないまま、エテルナミノルから1.1秒差の15着。近3走の内容から重賞では荷が重いことは確か。ここも見送りが妥当か。
「追い切りは動く馬ですが、今週の動きも良かったと思います。気性面を考慮してゲート練習をしませんでしたが、前走の敗因は出負けに尽きるということで、今回はゲート練習を。練習ではちゃんと出ていますからね。能力はあるので、本番でゲートを決めて流れに乗った競馬ができれば……と思っています」(古賀慎明調教師)。 ◎中山牝馬S(54キロ・稍重)は出が一息で後方から。終始外を回らされたこともあるが、直線は伸びらしい伸びが見られず、カワキタエンカから0.6秒差の11着。福島は問題ないが、最近はゲートの出がイマイチ。小回りの福島だけにスタートがカギになりそうだ。
「最後は伸びていましたが、スローペースになってしまいましたからね。それと多少馬体に余裕があったかもしれません。元々間隔が開いた時より詰めて使った方がいいタイプ。中1週の今回は変わり身を期待しています」(佐藤調教助手)。 ◎阪神牝馬Sは中団に付けていたが、徐々にポジションが後ろになる。前に有利な流れになったことで、持ち味の末脚を発揮でないまま終戦。ミスパンテールから0.6秒差の11着。ここでも力は見劣らないが、展開が全てといった馬。前がやり合うようならチャンスがあるかも。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。