IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年12月17日(日)

11R

2017年12月17日(日) | 5回阪神6日 | 15:40発走

第69回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前に長めからシッカリ負荷をかけてあるので、今日はラストを伸ばす程度でしたが、いい動きをしてくれました。飼い葉を食べて体がフックラしているので、思い通りの調整ができたことは何よりだと思います。阪神もデビュー戦で勝っているので大丈夫。ここまではなんの不安もなく無事に調整ができたし、この馬の競馬ができれば楽しみです」(中内田調教師)。 ◎約3か月半振りのサウジアラビアRC(稍重)は6キロ増でも仕上がり良好。逃げたハクサンフエロの2番手を追走し、直戦半ばで前を交わすと後続を突き放して2着のステルヴィオに0.3秒差を付けてレコード勝ち。折り合いの不安がなく、先行力もある。阪神で新馬勝ちとコースもOK。完成度が高く、ここも主役を張れる存在。
「前走は3角手前で故障した馬が下がってきて接触する不利がありましたからね。スムーズに運べていたら結果は違っていたと思います。幸いダメージがなかったので、その後は順調に調整ができています。前走は休み明けで余裕があった分、1度使った上積みが見込めるし、長くいい脚を使うタイプなので徐々に加速していくような競馬がいいと思います」(中内田調教師)。 ◎約2か月半振りのデイリー杯2歳Sは好仕上がり。好位に付けるがやや力み気味。向正面で故障した馬の煽りを受けて引っ張るシーンもあったが、最後はジリジリと差を詰めてジャンダルムの0.6秒差4着。切れるというより、先行して粘り込む戦法の方が向いていそうなタイプ。新潟2歳Sの勝ち馬、位置取り一つでチャンスはありそうだ。
「前走の京王杯2歳SはききょうSとは違ってスローペースになりましたが、折り合って走ってくれました。ここ2戦は1400mで折り合っているので、マイルの今回も1400mと勘違いして走るのでは……。それでも血統的にマイルは十分こなしてくれると思っています。追い切りの動きが申し分なかったし、いい状態で出走できるので楽しみにしています」(藤沢和雄調教師)。 ◎京王杯2歳Sは好スタートを決め、スローペースの中団のインをスムーズに折り合って追走。坂下でスペースができると最速の末脚で余力十分に抜け出し、2着のカシアスに2馬身差を付けて快勝。力の違いを見せつけた。阪神はききょうS勝ちがありOK。ルメール騎手が『マイルまでは大丈夫』とのことで、有力候補の1頭。
「1週前にCWで長めから併せ馬をやってあるので、今日はジョッキー(の感触)に任せる形の追い切りをしました。ラストの伸びが良かったし、動きも良かったと思います。キャリアは浅いですが、操縦性が高くて、いい勝負根性を持っている馬。GIで相手は揃いますが、どこまでやれるかという楽しみはありますね」(昆調教師)。 ◎デビュー2戦目の未勝利(京都・芝1600m・重)は後方のイン。勝負所からコーナーワークで差を詰め始め、直線は外目に進路を取ろうとしたが、内に切れ込んで前を行く2着のナイスドゥ、3着のドラグーンシチーを内からクビ、クビ差捉えて勝利(4着には3馬身差)。内容は◎だが、今回は昇級初戦+重賞で相手が強化。どこまでやれるかだろう。
「前走の22キロ増は殆どが成長分で、勝負所の反応が一息だったのは久々の分だったと思います。1週前にある程度やってありますが、今日は馬場が悪い時間帯でこの好時計。なかなか出る時計ではありませんよ。これで9分通り仕上がったと思います。前走の競馬から次は変わるという印象を受けたし、いい瞬発力を持っている馬。GIのここでも見劣らない能力を持っていると思います。新馬を勝った阪神という点もプラスなので、どれだけやれるか楽しみにしています」(平田調教師)。 ◎約5か月半振りのデイリー杯2歳Sは22キロ増でも太目感ナシ。中団を追走していたが、勝負所から仕掛けられたが反応は今一つ。それでも直線はそれなりに伸びてジャンダルムの0.6秒差3着。休み明けを考えれば決して悪い内容ではなかった。当該舞台で新馬勝ちをしており、コースは◎。叩き2戦目の上積みが見込める今回は要注目の1頭。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整。1週前にもある程度やってありますが、調教はあまり動かない馬にしては、今日は動いてくれました。前走は前にカベを作れず、早めに先頭。直線が長い東京ではさすがに苦しくなりましたが、よく頑張ったと思います。姉のラビットランが1800mのローズSを勝っているので、マイルはこなせていいと思っています。道中タメを利かせて末脚を生かせるようなレースができれば」(音無調教師)。 ◎2か月振りの京王杯2歳Sは逃げたタイセイプライドの2番手。残り200mでタイセイプライドを捉えて先頭に立つが、ゴール前でタワーオブロンドン、カシアスの2頭に交わされ、0.4秒差の3着。1400mはギリギリといった感があり、マイルは微妙に長い感は否めない。
「前走はハミを交換した効果もありましたが、後方からポツンと行けたことでゴチャ付かずに運べたことが大きかったと思います。前走から間隔は詰まっていますが、疲れは見られないし、今日の併せ馬の動きも良かったと思います。まだ幼さは残りますが、能力の高い馬。GIで相手は強くなりますが、どこまでやれるか楽しみにしています」(清水久詞調教師)。 ◎万両賞(阪神・芝1400m)は離れたシンガリから。勝負所から差を詰め始め、4角では先団に取り付く。直線に入って追い出されると、最速の末脚で突き抜け、2着のアトレヴィードに0.3秒差を付けて勝利。ハミを交換したことで外に張ることなく、スムーズなレースができたことと前崩れの展開も良かった。今回は相手が強化で力関係がカギになりそう。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。ここまでは順調に調整ができたし、1週前の追い切りの動きが良かったですからね。フットワークが大きな馬なので、阪神の外回りはこの馬にはプラスに出るハズ。大人びた面があるので距離がマイルになっても十分対応してくれると思います」(藤沢和雄調教師)。 ◎芙蓉S(中山・芝2000m)はコスモイグナーツの2、3番手から。楽な手応えで前を交わして勝ちパターンかと思えたが、直線はサンリヴァルとの叩き合いになり、1馬身4分の1差後れを取って2着。大柄な馬で完歩が大きいためマイルは少々忙しい感は否めないが、札幌2歳S2着の実績がある馬。警戒は必要だろう。
「前走は際どい勝ち方でしたが、万全というデキではなかったことを考えれば評価できると思います。1週前にジョッキーの騎乗でビシッと追い切りましたが、いい動きでした。1度使った上積みは十分感じられましたね。今週は3頭併せでラストをシッカリ追いましたが、先週同様いい動きだったと思います。距離もマイルまでなら守備範囲だと思うし、阪神の外回りも合いそうなイメージがあります。展開などに注文が付かない馬だし、相手は揃いますがどこまでやれるか楽しみにしています」(手塚調教師)。 ◎約2か月半振りの500万下(東京・芝1400m)は仕上がり良好。中団で折り合いに専念し、直線はシッカリと伸びて2着のモデレイトをゴール前でクビ差差し切って2勝目を上げる。マイルは今回が2戦目(新潟2歳S12着)。距離は我慢が利きそうだが、右回りは初めて。その点がどう出るかだろう。
「前走は枠順や位置取りが勝った馬との差だったと思います。それと重馬場のコスモス賞を勝った疲れも残っていたのかもしれません。その後は放牧に出してリフレッシュ。1か月前に帰厩してからは順調に乗り込んできました。今日の追い切りのフットワークが良かったし、動きもいつも通り。完成度が高く、気持ちに余裕がある馬なので輸送は問題ないと思います。阪神の外回りという舞台は合うと思うので、いい結果を期待したいですね」(木村調教師)。 ◎サウジアラビアRC(稍重)は外枠のため、コースロスを考慮して無理をせず後方から。直線は外から凄い脚で伸びてきたが、ダノンプレミアムのレコード勝ちに0.3秒及ばずの2着。それでも能力は示した。ルメール騎手が『1800mでも忙しい。今日(1600m)も忙しかった』とのことだが、マイルは2戦して1、2着なら問題はなく、上位争いの1頭に。
「1週前にジョッキーの騎乗でビシッと追い切ってあるので、今日は馬ナリ。脚捌きが良かったし、最後までシッカリ走れていました。前走で減っていた体は回復基調にあるし、1度使った上積みも見込めます。前走の感じならマイルは持つと思うし、阪神の外回りも大丈夫でしょう。あとはGIで力関係がどうかでしょうね」(清水久詞調教師)。 ◎約3か月半振りの京王杯2歳Sは14キロ減(輸送減りか)も細くは映らず。タイセイプライドの3番手を追走し、仕掛けられると完歩が大きい分、多少モタ付くシーンはあったが、ゴール前で粘っていたアサクサゲンキを半馬身交わしてタワーオブロンドンの2馬身差2着。マイルまでは我慢できそうで、あとは力関係といったところか。
「使う毎に力を付けてきているし、落ち着きが出てきてレースも上手になってきています。GIということで1週前にシッカリ負荷をかけましたが、追った後の飼い食いがよく、更によくなった感じがあります。今日の追い切りもこれ以上ないほどの動きをしてくれたし、距離もジョッキーは『大丈夫』と言ってくれましたからね。あとは折り合いを付けて、末脚を生かせるようならここでも……と思っています」(安田隆行調教師)。 ◎もみじS(京都・芝1400m・稍重)は逃げたナムラバンザイの離れた3番手。勝負所から前との差を詰め始め、直線に向いて追い出されると後続をアッと言う間に突き放し、2着のアーデルワイゼに3馬身差の完勝。レースセンスが良く、距離もマイルならクリアできそう。有力候補の1頭。
「前走後は放牧を挟み、ここを目標に帰厩しました。1週前にCWでシッカリやってあるので今日は馬ナリですが、いい追い切りができたと思うし、仕上がりはいいと思います。今回はマイルに距離が延びるので、出たなりの競馬をする予定。相手は揃いますが、後は課題の折り合いをクリアして少しでも上を……と思っています」(斎藤崇史調教師)。 ◎ききょうSは好位から。行きたがるのを宥めつつ追走していたが、坂下辺りは既に手応えが怪しくなる。騎乗した福永騎手が『追ってから伸びなかった。微妙に距離が長いのかも』とのこと。更に1ハロン延びる今回、苦戦は免れそうにない?
「11月中旬に栗東に入厩。その後ゲート試験を受けました。1週前にCWで併せ馬をしましたが、追えば追うほど伸びる印象を受けました。入厩当初はイレ込み気味でしたが、今は環境にも慣れて落ち着いています。前走はハミを噛んで掛かったようだし、札幌2歳Sは大外を通って強い競馬をしていましたからね。能力の高い馬だと思います。調教でも長くいい脚を使うタイプなので、阪神の外回りは合うと思います。今回もいつも通り舌を括り、シャドウRと二重メンコを着用して臨む予定。相手は揃いますが、好結果が出れば……と思っています」(渡辺調教師)。 ◎初の遠征競馬になったサウジアラビアRC(稍重)はイレ込みがキツく、発汗も目立った。向正面で他馬に寄られて掛かり気味となり、それが応えたか、直線は伸びを欠いてダノンプレミアムの0.6秒差6着。今回は転厩初戦になるが、クローバー賞でタワーオブロンドンを破り、札幌2歳S3着がある馬。環境に慣れていれば十分やれていい存在。
「ここまで詰めて使っていますが、丈夫な馬で心配はありません。追い切りはいつも通りで、状態は変わりなくきています。今回は初のマイル戦になりますが、無理なく前に行けるし、レースで一生懸命走る馬。GIで相手は強くなりますが、持ち前の渋太さを生かせるようなら……と思っています」(目野調教師)。 ◎京都2歳Sは好枠から先手を奪い、スローペースに持ち込んでの逃げ。4角手前で早めに並ばれたが、最後まで渋太く粘り、グレイルの0.4秒差3着と踏ん張る。ここまで2000mばかりを5戦。中1週続きの4戦目に加え、初のマイル戦。上がり目より疲れが心配。それに距離を考えると行き切れるかどうかも疑問符が付く。
「今日の追い切りは素軽い動きだったし、時計(1番時計)も出ましたね。軽い走りをするので芝は大丈夫だと思います。今回は初芝で中央のGI、相手も揃うし甘くはないと思いますが、どれだけやれるのかを見てみたいですね」(日高調教助手)。 ◎道営からの転厩初戦。初芝に加え、成績的にも狙える材料がなく苦戦は必至。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。