IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年9月17日(日)

11R

2017年9月17日(日) | 4回阪神4日 | 15:35発走

第35回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

「久々の芝になりますが、スピードに慣らすため、それを意識した追い切りをしました。最後の伸びは良かったと思います。ここにきて気合が乗ってきたし、緩さも解消してきましたからね。後は実戦にいって芝のスピードに対応できれば……」(辻野調教助手)。 ◎ブリーダーズゴールドC(門別・JpnIII・牝馬・ダート2000m)は離れた中団を追走。2周目の勝負所から進出を開始して2番手に上り、そのまま粘り込んでマイティティーの0.2秒差2着。ダートなら十分勝ち負けだろうが、今回は芝に替わってどこまでやれるかといったところか。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩当初は500キロ近くあった体も今は480キロ台まで絞れてきました。それでも馬体が一回り成長していることは確かです。今日は予定より前半の入りが速くなりましたが、最後までシッカリ。1週前にもやってあるので問題ありません。ここにきて前向きさも出てきたので、ここも楽しみにしています」(鮫島調教師)。 ◎オークスは好枠もあって理想的な位置取り。直線も勝ったソウルスターリングの内に潜り込み、一旦は並びかけたが最後は0.3秒差離されての2着。それでも3着のアドマイヤミヤビには2馬身半差を付ける。ゲートを五角に出れば器用な競馬ができるタイプ。距離も問題なく、今回も要注目。
「札幌でもある程度やってきたし、1週前に坂路でやってあるので今日は馬ナリでしたが、動きは良かったですよ。今回は当日輸送になるので、当日のテンションがカギになりそうですね。落ち着いて臨めるようなら楽しみなんですが……」(平田調教師)。 ◎2か月振りのTVh賞(準オープン・51キロ)は逃げたテオドールの離れた2番手を追走。軽ハンデの恩恵があったとはいえハイペースを追走して渋太く粘り込み、ハッピーユニバンスの0.3秒差3着。良績が洋芝のみに集中していることから本場所に替わってどうかが課題といえそう。
「前走後は放牧に出し、函館を経由して栗東に帰厩しました。春当時と比べて馬がシッカリしてきたことで調教がキッチリできるようになったことは何よりです。1週前にCWで長めからビシッとやりましたが、いい負荷をかけられたと思います。キャリアが浅い分伸びシロがあるし、先々が楽しめるレースを……と思っています」(藤野調教助手)。 ◎オークスは逃げたフローレスマジックの2番手。初の長距離輸送でイレ込みがきつい上にキャリア不足とも相まって最後の粘りを欠き、ソウルスターリングの1.6秒差10着。全体的に弱さがあり、一夏を越して体質がシッカリしてくれば一線級相手でも十分やれる馬。距離短縮もプラスに出そうで、中間の気配に注目。
「前走後は放牧に出して充電。ここからスタートは予定通りです。ここまでシッカリ調教を積めているし、小柄ながらも体幹がシッカリしていますからね。今日はラスト重点の追い切りでしたが、いい伸びを見せてくれたし、体調面に関しては何も心配ありません。ここも今後が楽しみになるような競馬を期待したいですね」(石坂調教師)。 ◎有松特別(1000万下・52キロ)は後方から。ラスト3ハロンから仕掛けて進出。外からまとめて差し切ってマイルを1分32秒7のレコードで勝利。小柄な馬(この時は414キロ)で成長が望まれるが、チューリップ賞4着の実績からオープンでも十分やれる馬。距離もクリアできそうで侮れない存在になりそう。
「前走後は放牧に出しましたが、向こうで十分に乗り込んでから帰厩。元々が仕上がり早の馬。1週前に坂路で負荷をかけてあるので、今週は馬ナリですがこれで十分です。体自体はあまり増えていませんが精神面の成長が見られる点は好材料。春はタイトルを取れませんでしたが、このくらいの距離はピッタリだと思うし、好結果を出して本番に臨みたいと思っています」(岡調教助手)。 ◎オークスは4キロ減の432キロと細くは映らなかった。出負けしたが内に潜り込んで中団の後ろ。道中頭を上げて掛かり気味に加え、口向きの悪さも見せてチグハグな競馬。それでも最後は脚を使ってソウルスターリングの0.8秒差5着と力のあるところは見せた。当該舞台はレコード勝ちした実績があり鉄砲もOK。馬体の成長如何では勝ち負け。
「今日はCWで半マイルから。いい動きをしてくれました。足元の関係でダートを使ってきましたが、前走が久々の芝で勝ったように芝は問題ありません。今は体がシッカリしてきたし、相手は強くなりますが今の勢いを持ってどこまでやれるか楽しみはありますね」(藤原英昭調教師)。 ◎500万下の平場(札幌・牝馬・芝2000m)は中団の後ろから。久々+昇級初戦+芝替わりだったが、直線一気の末脚でヨシノザクラ以下を差し切って勝利。14キロ増が示す通り馬体の成長が大きかったということかも。今回は重賞で強敵相手の一戦。まさに正念場といえそうだ。
「無事に夏を過ごすことができたし、馬体もドッシリしてきました。1週前にジョッキーが乗ってCWで長めから併せ馬をしてあるので、今日は馬ナリでしたが、動きが良かったし、いい形で秋緒戦を迎えられそうです。距離もこのくらいの方が向いていると思うし、春に戦った強敵相手にどこまでやれるか楽しみにしています」(辻野調教助手)。 ◎スイートピーSを勝って臨んだオークスは中団のイン。直線に入って進路はできたが、思った程の反応がなく弾けるまでに至らず。ソウルスターリングの1.5秒差9着。一夏を越しての成長度と相性の良い阪神でどこまでやれるかだろう。
「1週前にCWで長めからやってあるので、今日は坂路で馬ナリ。動きが良かったし、休み明けでもいい仕上がりで臨めそうです。ここにきて精神面の成長が見られるし、距離も問題ないので、相手は揃いますが何とか本番への権利を……と思っています」(西浦調教師)。 ◎フローラSは好位のインを粘り通してモズカッチャンの0.5秒差6着。紅梅Sを勝って以降、重賞ではイマイチだったが、距離延長に対応できた点は収穫。一生懸命に走り過ぎるきらいはあるが、夏を越して精神面の成長が見られるようなら。
「前走後は放牧に出し、一旦函館に入って追い切ってから栗東に帰厩。ここまでCWで長めを3本追い、今日を入れて計4本追い切りました。今日の追い切り時計は全体時計としては今まで追い切った中では速い方の部類だと思います。仕上がりはいいし、前走で長距離を経験したことが今回に生きてくると思うので、ここは楽しみにしています」(本田調教師)。 ◎オークスは好位の外めを折り合って追走。直線に向いたところでは手応えはあったが、いざ追い出すと案外の伸び。やはり距離の壁があったのかも。3ハロンの距離短縮は間違いなくプラス。阪神も得意で見直しは必要だろう。
「休み明けを1回使った上積みは十分見込めますよ。CWで併せ馬をして先着。動きは言うことありません。春当時より馬体が一回り成長しているし、精神面の成長も窺えます。今回は相手が揃いますが、今のデキでどこまでやれるのか……楽しみを持って挑戦します」(岡田調教師)。 ◎4か月振りの五頭連峰特別(1000万・芝1600m)は22キロ増も太めではなく成長分。逃げたマイネルディアベルの2番手を追走し、直線半ばでこれを交わして2馬身差を付けて快勝。初の古馬相手でこの勝ちっぷりは立派で強敵相手の今回が試金石となりそう。
「休み明け2戦目で500万を勝ったように使いつつ良くなってきました。今回は初めて一線級との対戦になりますが、夏場を使ってきた順調度でどこまでやれるか楽しみにしています」(大久保龍志調教師)。 ◎叩き2戦目の鳥栖特別(500万)は4キロ増だが少しでも増えたことはプラス。後方待機から勝負所で進出を開始。4角で大外に持ち出し、内から抜けたパーシーズベストを豪快に差し切って勝利。2勝がともに小倉と平坦向きの感は否めず、坂がある阪神+重賞では苦戦か。
「前走はレース中に膝の関節に炎症を発症したことが影響したのだと思います。その後は放牧に出して治療に専念。ゆっくり休養できたし、そのお陰で馬体も良くなって帰ってきました。1週前にCWで長めからシッカリ追い切ってあるので、今日は半マイルからですが、いい負荷をかけることができました。仕上がり早の馬なので、力は出し切れると見ています」(鮫島調教師)。 ◎オークスは輸送して4キロ増。これはプラス材料だったが、テンションが高く発汗が目立つ。レースでは離れたシンガリを追走し、直線はジリジリと差を詰めたのみという平凡な内容で、ソウルスターリングの2.3秒差14着。阪神は忘れな草賞を勝っておりOK。減っていた体が戻り、更に成長を遂げているようなら楽しみだが。
「初芝の前走が素晴らしい瞬発力で勝ってくれました。芝の適性が高かったということなのかもしれませんね。この中間は短期放牧を挟みましたが、仕上がりは速いタイプ。今日も思った以上に時計が出たし、能力が高いことは間違いないと思います。相手は強くなりますが、どこまでやれるか楽しみにしています」(辻野調教助手)。 ◎2か月振りの500万下の平場(中京・芝1600m)は8キロ減とスッキリした体付き。出負けをしたが行く気もなく後方待機。直線入り口ではシンガリという位置だったが、そこから大外に持ち出すと33秒0の強烈な末脚でゴボウ抜き。エンヴァール以下に快勝。初芝でこの芸当。芝適性は高そうで、後は相手関係だけだろう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。放牧先でも時計を出していましたからね。1週前の追い切りは行きたがっていましたが、今日はその点はマシになったし、ラストの伸びも良かったと思います。馬体は増えていますがそれは太めではなく成長分。初距離になりますが、ワンターンの1800mなら問題ないと思います。パワーがあって道悪は苦にしないので、他馬が気にするようならなおいいですね」(松下調教師)。 ◎NHKマイルCは中団のイン。外に出せず終始インを回ったにしても全く伸びるシーンが見られず、アエロリットの17着と惨敗。敗因は疑問だがもっとやれていい馬。立て直した効果が出れば十分巻き返せる存在。距離は応用が利きそうでOK。後はスタートを決めれば。
「先週ある程度やってあるので、今日はラスト重点ですがいい動きでしたよ。休み明けを1度叩いて状態はアップ。道悪は苦にしないし、抽選を突破して出走できればこの相手でも楽しみなんですけどね」(浜田調教師)。 ◎4か月振りの三面川特別(新潟・牝馬・1000万・芝1800m)はハナを奪ってスローペースに持ち込む。多少行きたがった上に初の左回りで外にモタれ加減だったが、最後までよく粘り、レッドアヴァンセの0.2秒差2着。桜花賞は7着だが、チューリップ賞5着。スンナリ行ければ重賞でもやれる力は秘めている馬。使った強味を生かせば。
「今日はオーバーワークにならないようにとの指示。併せ馬でしたが、イメージ通りの追い切りができたとおもいます。今まで一杯に追い切ったことはありませんが、本数をこなしてきましたからね。まだ100%とはいきませんが、体調は春当時よりいいと思います。減っていた体も戻っていますからね。ここにきて飼い葉食いが良くなったことで馬体の維持に気を遣わないで済むようになったし、本番に繋がるレースをしてくれれば……と思っています」(高野調教師)。 ◎フラワーCを勝って敢然と挑戦した皐月賞。いつもに比べてテンションがやや高め。好スタートを決めて出だしはハナをきるが、2角では控えて3、4番手。勝負所からダンビュライトと並んで外めを進出してきたが、坂を上がってから伸びを欠いてアルアインの0.5秒差7着。大柄な割に鉄砲が利き、先行力もある。阪神は初も問題はなく牝馬同士なら勝利も。
「1週前にシッカリやってあるので、今日はラスト重点でしたが、これは予定通りです。レースに行って力んで走る面があるので、それが実戦で出なければもっとやれていい馬だと思います。コース替わりは心配ないので、うまく折り合って運べるようなら……」(池添兼雄調教師)。 ◎オークス以来2か月振りとなったクイーンSは±0の448キロ。離れた3、4番手を追走し、4角で2番手まで上がるが手応えはイマイチ。直線は一杯となり、アエロリットの1.4秒差9着。オークスがシンガリ負け、前回もほぼ大敗といった結果から上位争いまでは厳しいか。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。