sportsnavi

2017年9月10日(日)

11R

2017年9月10日(日) | 4回阪神2日 | 15:35発走

第31回産経賞セントウルステークス(GII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 | レコードが出たレース

「前走後は放牧を挟んでここを目標に帰厩。ここまでは順調そのものです。1週前に速いところをやってあるので、今日は息を整える程度ですが、これで十分でしょう。相手は揃っていますが、オープン2戦目。捌き方一つでは……」(須貝調教師)。 ◎昇級初戦となったUHB賞(54キロ)は後方から。直線はジリジリと差を詰めて、イッテツの0.5秒差5着。昇級戦としては悪くない内容。コース替わりは問題ないが、今回は重賞。楽なレースとは。
「前走は雨や相手関係などが微妙に影響したと思います。以前と比べ、体質が丈夫になってきたことで思い通りの調教ができるようになったし、その効果で馬に気持ちが入ってきたような気がします。今日の追い切りも行きっぷりが良かったし、まだ余力を残していましたからね。馬体も以前よりシッカリしてきました。ここ2走が外から被されて伸びを欠きましたが、今回は被される前に早めに外に出して進路を確保する競馬をするつもり。大目標(スプリンターズS)に向けて好結果を……と思っています」(池添学調教師)。 ◎3か月振りのCBC賞(55キロ)は後方で脚をタメる。勝負所で狭くなるシーンはあったにしてもラストはジリジリでシャイニングレイの0.7秒差10着。鉄砲はOKで、良馬場条件に展開がハマるようなら。
「前走から中2週になりますが、今日の追い切りの動きが良かったように疲れもなく馬は元気です。前走が短期放牧明けだったので、1度使った上積みは見込めます。切れるタイプではないし、右回りでも坂のあるコースの方がいいので、コース替わりがいい方に出てくれるようなら」(音無調教師)。 ◎叩き2走目の北九州記念(53キロ)は先行策を取るが、最後は切れ負けしてダイアナヘイローの0.3秒差6着。着差を考えると重賞でもソコソコやれるメドは付いた感も。ただ、今回は別定戦になる分がネックになるかも。
「前走からあまり間隔が開いていないので追い切りはサラッとですが、動きは変わりありません。前走に続いての1200mでペースに戸惑うことはないと思うし、外めをスムーズに走ることができればいいですね。いい決め脚を持っているので、前がやり合うようなら」(松永昌博調教師)。 ◎昇級初戦となった北九州記念(54キロ)は久々の1200mということで、ゲートは出たが追走に手一杯。オープン・距離2走目の今回はもう少しやれそうだが、ガラリ一変までとなると疑問符も。
「前走は前残りの競馬だった割にはよく頑張ってくれたと思います。中間はミニ放牧を挟みましたが、中2週続きということで今週はラスト重点。状態は変わりありません。開幕週の馬場で前が止まらないでしょうが、キレイな馬場は歓迎。坂がある阪神もいいと思うし、後は展開の助けがあるようなら」(安田隆行調教師)。 ◎北九州記念(55キロ)は大外枠から出たなりで後方。正味直線だけのレースで33秒8の末脚でダイアナヘイローの0.3秒差9着。内容的には平凡で、上位までは?
「前走後は放牧に出し、早めに帰厩してここに備えて調整をしてきました。1週前に速いところをやってあるので、今週は軽めですがこれで十分です。前走は 展開がうまくハマりましたが、今回は開幕週の馬場で前が止まるかどうか。距離が1200mになる点は問題ありません。後は展開が向いてくれるかどうでしょうね」(水野調教師)。 ◎2か月振りのアイビスSDは後方の外め。前を行く馬達の間にスペースができると上り3ハロン31秒6という強烈な末脚でフィドゥーシアをクビ差差し切って初の重賞勝ち。今回は1200m+初コースでどこまでやれるか……、試金石の一戦になりそう。
「前走が最近の中では1番のデキだったので更に……という感じはありませんが、デキは落ちてないし、キープできています。ここにきて気合いも乗ってきましたからね。その前走が4角で行き場を失くし、脚を余してしまいました。今回は広い阪神に替わるし、鞍上も悔しい思いをしたので、今回はその鬱憤を晴らしてくれると思っています」(高橋義忠調教師)。 ◎2か月振りの北九州記念(55キロ)は好位を追走。直線でいざ追い出し、勢いが付いたところで前が邪魔になり、控える場面も。そこから盛り返しているだけに勿体ない競馬に。阪神は良績があり、重賞でもやれるメドを立てた。スムーズに運べれば怖い存在に。
「一追い毎に動き自体は良くなってきましたが、休みが長かったこともあっていい頃に比べるともう一息の感は否めませんね。阪神とのコース相性はいいんですが、まずは1度使ってからかもしれません」(清水久詞調教師)。 ◎オーロC(56キロ)は2番手を追走も直線に入ると脚色が鈍り、ナックビーナスの0.4秒差9着。距離はベストだが、今回は久々+重賞で楽な戦いとは……。
「今日の併せ馬はもって楽に相手を突き放すかと思いましたが、馬場が悪かったこともあってほぼ併入でしたね。それでも休み明けを1度使った分の上積みは見込めますよ。コース替わりはプラスに出ると思うし、後は末脚を武器とするこの馬向きの流れになってくれるようなら」(橋口調教師)。 ◎半年ぶりの北九州記念(56キロ)は2キロ減も好仕上がり。ゲートは出たが枠なりに外を回らされるロス。結局、最後の伸びを欠いてダイアナヘイローの0.5秒差14着。一昨年のこのレースがアクティブミノルの0.4秒差7着。叩いた効果でどこまでだろう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はこのレースを目標に調整をしてきました。久々になりますが状態面は文句なく、絶好調といってもいい程。格上挑戦で強敵相手になりますが、デキの良さを生かしてどこまでやれるかを見てみたいですね」(清水久詞調教師)。 ◎テレビユー福島賞(準オープン)は出負けして後方から。ほぼ直線だけのレースでワンスインナムーンの0.5秒差8着。今回は格上挑戦+重賞、しかも別定戦では苦戦か。
「前走後は放牧に出して1か月前に帰厩。その後はここを目標に調整してきました。追い切りの動きは良かったと思いますよ。昨年のこのレースは気分良く前に 行かせ過ぎましたが、今年は脚をタメる競馬をするつもり。9歳でもこの距離なら安定して走ってくれるし、展開の助けがあるようなら」(高木調教師)。 ◎叩き2走目のCBC賞(58キロ)は後方からマイペースの追走。3〜4角では勝ったシャイニングレイと同じ位置にいたが、エンジンの掛かりが遅く勝ち馬に離されてしまう。それでも最後は渋太く伸びて0.3秒差5着。9歳でも衰えはなく、別定戦なら軽視は……。
「1週前にもある程度やってありますが、前走は少し前向きさに欠けていたことを考えて、今週はその点を考慮した追い切りをしました。動き自体は悪くなかったと思います。近走がもう一つ結果が出ていないので、何とかキッカケを……と思っています」(高橋康之調教師)。 ◎北九州記念(52キロ)は行きたくても他馬が速くて中団から。最後は伸びずバテずでダイアナヘイローの0.4秒差10着。昨年3着のこのレースだが、近走内容から昨年の再現は疑問。
「前走に剥離骨折が判明しましたが、幸い軽傷だったし、手術もうまくいって術後も順調に回復しました。夏場を函館で過ごし、ここを目標に調整してきました。1週前に速いところをやってあるので、今日はラスト重点でしたが、馬場が重いとはいえ、最後の伸びがもう一つ。いかにも休み明けといった感じがありますね。それでも同じローテーションの昨年とは調整過程が違うし、気のいいタイプで鉄砲はOK。スタートを決め、折り合って運べれば」(笹田調教師)。 ◎シルクロードS(57.5キロ)は出たなりの競馬で後方から。折り合いも付いて末脚勝負に徹する競馬。直線でスペースができるとスッと外めに出し、前を行くセイウンコウセイをクビ差差し切り2連覇。昨年(7着)と同じローテーションで京都巧者。一叩き後か。
「1週前に速いところをやってありますが、気持ち体が立派に映ったので、今日は予定より強めに追ってもらいましたが、時計・動きともに良かったと思います。元々が1200mがベストの馬だし、坂がある阪神も合っている馬。開幕週の馬場も向いていると思うので、ゲートを出てスムーズに運べるようなら楽しみです」(松元調教師)。 ◎アイビスSDは好スタートを決めてハナ。後続を離して勝ちパターンかと思われたが、ゴール寸前ラインミーティアの強襲に遭ってクビ差2着。ただ、勝ちに行く競馬での負けで悲観材料にはならないだろう。コース替わりは問題なく、力を付けた今ならここも好勝負か。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。