競馬 - 桜花賞 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年4月9日(日)

11R

2017年4月9日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第77回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

「前走はイレ込みがきつく、馬場も悪かったことを思えばよく頑張ったと思います。レースのダメージが大きかったので、トライアルを自重し、直行することにしました。1週前は折り合いを重視し、ラスト1ハロンを追う調教。大分折り合いはマシになってきました。今日はラスト1ハロンの伸びがシャープだったし、テンションも高くなっていませんからね。前走以上のデキで臨めると思います。馬体は多少減るかもしれませんが、トモや首差し肉が付いて丸みを帯びてきているので心配はしていません。2、3走前のようなレースができればここも楽しみです」(池江調教師)。 ◎朝日杯FSは4キロ減とまた馬体減り。中団の前から行きたがるのを抑えて追走。直線は外に出して追い上げるが、逃げたボンセルヴィーソを捉えられず、サトノアレスの0.4秒差4着。牡馬相手を考えれば健闘の部類。馬体が回復しているようなら上位も可能。
「チューリップ賞を使うのが理想かもしれませんが、テンションが上がり易いので、2回連続の輸送は避けることに。この馬にとって一番いいローテーションを組んできました。1週前にもやってあるので、今日は馬ナリですが、動きは良かったと思います。前走の勝ち方が強かったし、ここまでは順調に調整ができましたからね。輸送と環境の変化をクリアできるようなら、GIでも十分好レースになると思います」(奥村武調教師)。 ◎アネモネSは後方待機。勝負所から仕掛け、直線で外に持ち出すと豪快に伸びてディアドラ以下を半馬身交わし勝利。中山のマイル戦はこれで3戦3勝。いい決め脚を持っている。今回は初の長距離輸送、初コースに加え相手も強化されるが、軽くは扱えない1頭。
「前走後は一旦、放牧に出してリフレッシュ。放牧先からフックラした体付きで戻ってきました。1週前にコースで併せ馬をしましたが、ここまでは順調に乗り込めています。今週も併せ馬をしましたが、大分ピリッとしてきましたね。自在性のある脚質でハナにはこだわらないし、久々でも走れる態勢に仕上がりましたからね。楽な相手ではありませんが、能力を出し切って上位を目指して欲しいと思っています」(辻野調教助手)。 ◎エルフィンSはスタートを決めてハナに立ち、スローペースに持ち込んでまんまと逃げ切る。小柄な馬で間隔を開け、成長を促した効果が出るようなら。
「前走後はミニ放牧を挟んでここに。休み明けを一叩きしたこともあっていいガス抜きができたと思います。先週は予定通りの追い切りができたし、今週はジョッキーの騎乗でテンションを上げない程度の追い切りでしたが、我慢が利いていい追い切りができたと思います。鞍上もこの馬の癖を掴んでくれているので、距離が延びても問題はないと思います。今のデキなら前走以上の走りができると思うので、スムーズな競馬ができるようなら」(安田調教助手)。 ◎3か月振りのフィリーズRは好仕上がり。やや行きたがるのを宥めつつ3、4番手を追走。直線に入っても手応えは十分だったが、これからという時に内にモタれてきたレーヌミノルに前をカットされて4着。スムーズだったら結果は違ったハズ。見限りは危険。
「先週坂路でシッカリやってあるので、今日はラスト重点。状態はいいですよ。前走はハイペースに巻き込まれて大敗しましたが、まだこの馬本来の良さがレースに反映されていない面があります。それだけまだ伸びシロがあると思っています。GIで相手は揃いますが、今回は末脚を生かす競馬をさせてみて、どこまでやれるかを見てみたいですね」(西浦調教師)。 ◎フィリーズRは内のアズールムーンが速く、先手を奪えず2番手から。結局、前半3ハロンが33秒5というハイペースになり共倒れの形で失速。カラクレナイの1.7秒差16着。今回も同型との兼ね合いがカギになるが、更に相手強化で……。
「1週間に坂路でシッカリ負荷をかけ、今日も指示通りのいい追い切りができました。前走は本番を意識した調整だったにしても、あのレース内容では逆転は難しいと思い、今回はメリハリの利いた調整方法に変えました。今回はギリギリの仕上げで臨むし、1度叩いたことで間違いなく状態は上向いています。体重は減ると思いますがその点は問題ありません。後は是非とも良馬場で……と思っています」(矢作調教師)。 ◎約3か月振りのチューリップ賞は4キロ増も好仕上がり。中団の後ろを追走し、直線は外目に。直線は一旦2番手に上がるが、後ろから来たミスパンデールに半馬身交わされて3着。阪神JFの内容を考えると物足りなさが残る内容で打倒・ソウルSに赤信号も……。
「前走は休み明けで16キロ減。久し振りの長距離輸送が応えたようです。それに内枠で好スタートを切ったためにハナに立ちましたが、結果はハイペースになりましたからね。1週前にも長めからやってあるし、今日の動きも上々。この中間は調教スタイルを工夫してきたことで、並ばれても臆するところはなくなりましたからね。ハナにこだわらなくても大丈夫でしょう。相手は強くなりますが、馬体が戻っていて、能力を出し切れば……と思っています」(斎藤崇史調教師)。 ◎アネモネSはハナを切って軽快に飛ばすが、直線で力尽きライジングリーズンの0.6秒差7着。今回は更に相手が強くなり、どこまでやれるかだろう。
「1週前にジョッキーに感触を確かめてもらい、予定より少し時計が速くなりましたが動きは良かったし、ジョッキーも好感触を得た様子。でも許容の範囲内なので問題ありません。今日は反応を確かめる程度でしたが、折り合いが付いてスムーズな走りができていました。今回は初めてのマイルがどうかですが、後ろから行く馬なので心配はしていません。どんな展開になっても最後は必ずいい脚を使ってくれるし、相手は揃いますが自分の競馬に徹して頑張って欲しいですね」(松下調教師)。 ◎フィリーズRは出負けしてほぼ最後方から。4角手前から大外を回って追い上げ、最後までシッカリと伸びてレーヌミノル以下を差し切って3連勝。今回は初のマイルがどうかだが、掛かるタイプではないので問題はなさそう。ここも上位の一角に。
「先週ある程度やってあるので、今週はラスト重点ですがいい伸びをしていましたね。ここまではいい意味で順調に調整ができています。ゲートを五分に出て、前走のようにスムーズに折り合えばマイルも問題はないでしょう。とはいえ、今回は相手が揃っていますからね。道悪などの助けがあるようなら……と思っています」(加納調教助手)。 ◎フィリーズRは4キロ増でも増えていたことは好材料。スタートで出負けし、離れたシンガリから。それでも直線で大外に持ち出すと勝ったカラクレナイと同じ最速の末脚で0.3秒差3着。展開が向いたとはいえ、出負けしてこの内容。軽視は危険か。
「1週前にジョッキーが騎乗して長めからシッカリやってあるので、今日は馬ナリでサラッとですが、動きは良かったですよ。ここにきて体全体を使って走れるようになってきたし、成長を感じます。今回はGIで相手は強くなりますが、この馬も力を付けていますからね。最後まで集中して走れるようなら差はないと思います」(本田調教師)。 ◎フィリーズRは内の馬を見ながら中団を追走。4角手前で先団に取り付き、直線で追い出すと内にモタれ気味。それでも一旦は先頭に立ったが、大外からきたカラクレナイに半馬身交わされて2着。マイルは微妙だが、スムーズに折り合って運べるようなら。
「1週前にCWで併せ馬をして負荷をかけてあるので、今日は半マイルから馬ナリでサラッとですがいい状態で出走できそうです。前走は少し噛む面が見られた分、甘くなりましたが、2走前の紅梅賞の勝ち方が強かったし、素質はヒケを取らないと思います。今回は自分のリズムで走らせる競馬をするつもりなので、その形でどこまでやれるか楽しみにしています」(西浦調教師)。 ◎チューリップ賞は中団を折り合って進むが、いざ追い出してからの反応は一息。ややハミを噛む面が見られたことからマイルは微妙に長いかも……。
「前走後は一旦、放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は坂路とコースを併用して順調に乗り込めています。1週前に長めからやってあるので、今日は馬ナリですがこれで十分でしょう。前に馬を置いての調整でしたが、ムキにならないで走れていたので良かったと思います。相手は揃うし、良くなるのはまだ先になると思いますが、手前の替え方がスムーズになったし、ゴチャ付かずにスムーズな競馬ができれば……と思っています。週末の天気は気になりますが、道悪はパワーがあるのでこなしてくれるのでは」(菊沢調教師)。 ◎クイーンCは出負けしたが、二の脚で好位の外。折り合いも前走よりマシで、外々を回らされたが手応えは十分。坂上で抜け出し、アドマイヤミヤビに並ばれてからもう一伸びして半馬身差の2着。能力は確かで長距離輸送をクリアして落ち着きがあれば。
「牡馬を相手の前走が悪くない内容でしたからね。1週前にジョッキーが跨りCWで3頭併せをしてあるので、今週は馬ナリですが、ここまでは順調に調整ができました。牝馬らしくピリッとしたところがあってフットワークが軽く、体の使い方が上手な馬。もう少し精神面での強さが欲しい感じはありますが、ゲートの駐立に関しては練習の成果が見られますからね。後は是非、良馬場で……と思っています」(猿橋調教助手)。 ◎約2か月半振りのアーリントンCは2キロ増も細く映る体付き。出負けしたが二の脚で中団に押し上げる。折り合いもスムーズに運んでいたが、直線は勝ったペルシアンナイトに交わされると抵抗できず、0.9秒差の4着。牝馬同士の一戦で見直す手も。
「休み明けを1度使っているし、日曜日にもある程度やってあるので、今日はそれ程速い時計ではありませんでしたがいい動きでした。以前は力んで走っていましたが、利口な馬で力を抜いて走れるようになってきましたからね。帰厩後は落ち着きがあるし、飼い葉食いも旺盛なことから思い通りの調整ができました。阪神への輸送も2度経験しているので問題ないし、重い馬場も血統面から心配はしていません。今回も楽しみにしています」(藤沢和雄調教師)。 ◎約3か月振りのチューリップ賞は好位から。少し行きたがるが、勝負所では折り合いが付いていた。直線で追い出されると、鋭く伸びて早め先頭に立ち、後続に2馬身差の快勝。ここまで4戦4勝。レース振りに安定感があり、決め手も十分。当然ここも有力視。
「リフレッシュ放牧から3月8日に帰厩。その後は予定通りの調教メニューを消化してきました。1週前にジョッキーの騎乗でシッカリ負荷をかけてあるので、今日はラストを伸ばす程度ですが、これで十分でしょう。この馬にとって1600mは多少短いかもしれませんが、直線が長い外回りなら持ち味を発揮できると思います。馬場が渋っても苦にしないし、ここを目標に入念に調整してきましたからね。好レースを期待しています」(友道調教師)。 ◎約3か月振りのクイーンCは後方待機策。前を行くアエロリットを目標に運び、直線は外目に。残り1ハロンから一気に加速し、最速の末脚でアエロリットを半馬身交わして勝利。これで3連勝。馬格があり、能力も高い。コース実績もあり、上位の一角に。
「前走後は普段の調教量を増やしているので、1週前はラスト重点。今日の追い切りは馬ナリですが、リラックスして走れていたし、体も増えてきていい状態で出走できると思います。前走が長期の休み明けでまだ2戦目。これからは伸びシロしかないとも言えますからね。並ばれると根性を出すこの馬の長所を生かせるようなレースになれば楽しみです」(昆調教師)。 ◎7か月ぶりのチューリップ賞は8キロ減も好仕上がり。後方でジックリ脚を温存し、直線はリスグラシューの外から追い出しを開始。最速の末脚でソウルスターリングの2馬身差2着。キャリア2戦目でこの内容は高く評価でき、フロック視するのは危険。
「1週前にある程度やってあるので、今日はラスト重点の追い切り。前走は長距離輸送でも馬体が減らなかったし、状態面はいい意味で安定しています。前走も中京のつわぶき賞でも、不利を受けても最後は伸びていますからね。本当に気持ちがシッカリした馬です。GIで相手は揃いますが、重馬場は苦にしない馬。レースがもつれるようなら楽しみですね」(橋田調教師)。 ◎アネモネSは中団馬群の中。直線は内に潜り込み、ロスのない立ち回りでライジングリーズンの半馬身差2着と好走。大崩れはしないタイプとはいえ、まだ1勝馬。相手強化の今回はどこまで。
「前走から中1週でも回復が早かったですからね。間隔が詰まっているので追い切りはこれで十分でしょう。前走と同じくらいのデキで出走できそうです。今まで戦ってきた相手を考えれば前走くらいは走って当然の馬。折り合い面を考えるとマイルはピッタリだし、メンバーが揃いますが楽しみはありますね」(浜田調教師)。 ◎君子蘭賞はスンナリ先手を取り、スローペースに持ち込んで危なげなく逃げ切る。流れに恵まれた感は否めず、相手が揃う今回は微妙。ただ、馬場が渋れば一気に浮上も。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。