2017年3月19日(日)

11R

2017年3月19日(日) | 1回阪神8日 | 15:35発走

第65回阪神大賞典(GII)

芝・右 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

「前走後はミニ放牧を挟みましたが、帰厩後は順調に調整ができています。元々ズブさがある馬ですが、ここにきて大分調教でも動くようになってきました。今週の動きもマズマズだったし、状態は悪くありません。折り合いの不安がないので距離は問題ありませんが、相手が強くなりますからね。実戦タイプの馬とはいえ、どこまで頑張れるかでしょう」(橋本調教助手)。 ◎小倉大賞典(55キロ)は中団の後ろから。直線でジリジリと差を詰めただけの平凡な内容でマルターズアポジーの0.9秒差8着。距離は問題ないが今回は相手が相手。上位は厳しいだろう。
「前走後も順調に調整ができています。前走の勝利は初めて着けたブリンカーの効果が利いたようですね。距離は長い方がいい馬なので問題ありませんが、今回は相手が強力。再度積極的な競馬でどこまでやれるかでしょうね」(宗像調教師)。 ◎皿倉山特別(1000万下・芝・2600m)を逃げ切って準オープン入りしたばかり。格上挑戦に加え、この相手では苦戦は免れず。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。ここからの始動は予定通りです。ここにきて走るフォームが良くなってきたし、以前より時計も出るようになってきましたからね。シェイプアップできたことで馬体もスッキリ。いい仕上がりで出走できます。今回は強い馬と同じ斤量での戦いになりますが、どんなレースをしてくれるか……不安より期待の方が大きいですね」(友道調教師)。 ◎有馬記念は中団の後ろ。外目をスムーズに追走し、2周目の勝負所からマクリ気味に仕掛けていったが、最後は甘くなってサトノダイヤモンドの0.5秒差6着。距離は春の天皇賞でキタサンブラックの3着があり問題ナシ。ここも有力候補の1頭。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。1か月ほど前に帰厩しましたが、疲れが取れて、いい状態になって帰ってきました。1週前のCWの併せ馬は馬ナリでしたが、今週も併せ馬で長めからビシッと追い切りました。いい動きでしたよ。緩かったトモが大分シッカリしてきたし、掛かる馬ではないので距離も大丈夫。今回も相手は揃いますが、どのくらいやれるのか楽しみはありますよ」(田代調教助手)。 ◎3連勝してオープン入り初戦に選んだレースがジャパンC。さすがに相手が強く、これといった見せ場も作れずキタサンブラックの1.1秒差11着。重賞は神戸新聞杯でリアファルの3着はあるが、まだ一線級が相手ではやや分が悪い印象。
「1週前が馬ナリ、今週もラスト重点といった程度の追い切りでしたが動き自体は良かったと思います。今回は相手が強くなりますが、前走に復調の気配が窺えたし、レース振りも良かったですからね。長距離は合っているので、ここでどんな走りを見せてくれるのか……楽しみはありますね」(村山調教師)。 ◎相手が強いことは確かだが、ダイヤモンドS(53キロ)でアルバートの0.6秒差4着と内容が良化。とはいえ、メンバー強化は明らかで掲示板があれば。
「前走後は放牧に出しましたが、帰厩してからは順調に調整ができています。先週、先々週と2週続けて長めから負荷をかけましたが、まだ体に余裕を感じたので、今週もビシッと追い切りました。今回が転厩してから3戦目になりますが、今までの中では今回が1番いい状態だと思います。頭数が手頃な点はプラスだし、距離に関しては何とも言えませんが、新たな面が見られるようなら……と思っています」(高野調教師)。 ◎8か月半振りの日経新春杯(58キロ)は大きく離れたシンガリから。加えて16キロ増と初の500キロ台での出走。結果は直線で僅かに差を詰めたのみといった内容でミッキーロケットの1.6秒差10着。叩き2走目で絞れていればもっとやれてもいい馬。
「前走後は在厩しての調整。1週前にジョッキーが騎乗してCWで長めから。騎乗した武豊騎手もいい感触を得た様子でした。この中間、ハミを元のハミに戻したこともいい方に出ているようです。距離は問題ないし、状態面も使う毎に良化。阪神との相性もいいので、どれだけやれるか楽しみですね」(橋口調教師)。 ◎アメリカJCCは好スタートを抑えて中団から勝ち馬・タンタアレグリアを見ながらの追走。最後は伸び負けの形となって0.6秒差の5着だが、大分復調してきた感は見られた。ただ、往時の勢いを求めるのは酷で掲示板くらいならといったところか。
「前走後は一旦、放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整をしてきました。先週、先々週、そして今週と3週続けて併せ馬を消化。今日の併せ馬でキッチリ仕上がったと思います。今回は相手が強化されるのでその点がどうかと思いますが、この馬向きの平均ペースの流れになるようなら……と思っています」(南井調教師)。 ◎万葉S(56キロ)は好位を折り合って追走。コース相性の良さと上りを要する流れにも恵まれてラブラドライト以下に勝利。今回は相手強化と良績がない阪神でどこまでやれるかだろう。
「前走後はいつも通り放牧を挟んでここに。帰厩後は順調に調整ができています。同じ休み明けでも神戸新聞杯の時よりいい状態だし、動きもいいですよ。ここにきてクビさしやトモのあたりに筋肉が付いてきて、線が細かった馬が大分男らしくなってきました。今日は理想的な追い切りができたし、距離も問題ナシ。能力を出せる仕上がりで出走できるので楽しみです」(池江調教師)。 ◎有馬記念はいつもより早目に動いてキタサンブラックをシッカリとマークする形。直線坂上では届かないかと思われたが、ゴールドアクターを中に置いたことが奏功してゴール寸前にキタサンブラックをクビ差捉えて勝利。距離・コースは関係なく、ここも中心視。
「先週もやってありますが、今週も長めからシッカリと追い切りました。休み明けになりますが、中間は障害練習も取り入れて入念に乗り込んできたので、仕上がりはいいですよ。相手は強くなりますが、その効果が出るようなら」(佐藤調教助手)。 ◎万葉S(54キロ)は後方から。減った体が戻ったとはいえ、36キロ増と大幅な体重増も少なからず影響?!勝負所から進出してジリジリと差を詰めてタマモベストプレイの1秒差5着。距離は問題ないが、相手が相手で上位までは。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。