競馬 - 毎日放送賞スワンステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年10月28日(土)

11R

2017年10月28日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第60回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 | レコードが出たレース

「中1週なので馬ナリでしたが動きは良かったですよ。今回は昇級+重賞で相手は強くなりますが、この距離は崩れずに走ってくれる馬なので、楽しみはありますね」(清水久詞調教師)。 ◎白秋Sは出負けして後方から。スローペースから上りの速い決着になったが、道中はロスなく回り、直線は外に出して最速の末脚でゴボウ抜き。2着のスターオブペルシャをアタマ差退けて勝利。得意の距離だが今回は昇級初戦+重賞、いきなりとなると疑問符も。
「前走は急仕上げでしたがよく走ってくれました。その反動を心配していましたが、幸いなことにその点は杞憂に終わってむしろ良化しています。道悪は苦にしないし、多少余裕はあるものの、今日はいい動きをしてくれましたからね。京都の外回りで勝っているし、距離も問題ないので恥ずかしくないレースを期待しています」(梅田調教師)。 ◎4か月半振りのスプリンターズSは好仕上がり。中団のインを手応え良く追走。そのまま内を通り、直線は一旦先頭。勝ちパターンかと思われたが、ゴール寸前外から来たレッドファルクスにクビ差交わされて惜しい2着。距離・コースともに問題なく、今回も上位争いの一角に。
「前走後も好調をキープできています。現状はこの距離が一番合っていると思うし、折り合い面の成長も見られます。この馬の瞬発力を生かせる流れになるようなら、ここでもやれると見ています」(浅見調教助手)。 ◎仲秋S(54キロ・稍重)はほぼシンガリ近くからの追走。4角を回ってからは大外に進路を取る。直線は最速の末脚でビップライブリー以下を差し切って快勝。これで3連勝を達成してオープン入り。2歳時にホープフルS(GII)でレイデオロの0.5秒差5着がある馬。距離を短縮して快進撃を続けており、1400mなら軽くは扱えないかも。
「1度使ったことで状態面は確実にアップしています。芝の短距離競馬にも慣れてきたし、外回りという点もプラス材料。後は良馬場で競馬ができれば楽しみですね」(昆調教師)。 ◎オパールS(55キロ)は出負けしたが、押して好位を取りに行く。今日はスムーズに流れに乗れたことで終いも良く伸び、ソルヴェイグにクビ差の2着。ただ、ムラ駆けの傾向があり、全幅の信頼となると……。
「前走が休み明けでもう一追い欲しい状態でしたからね。1度使った上積みが見込めるし、距離は問題ないので、後は追い込み一手のこの馬向きの展開になってくれるようなら……と思っています」(西浦調教師)。 ◎約3か月振りのオパールS(57キロ)は出負けしたとはいえ、後方のままで全く見せ場も作れずソルヴェイグの13着とシンガリ負け。スローペースで展開が向かなかったことは確かだが、あまりにも負け過ぎでガラリ一変までとなると……
「挫石をしたため大事を取って休ませました。追い切りの時計こそ出ましたが、一旦馬体を緩めた分、馬体に余裕が残っていますからね。追った後にどれだけ変わるか……ですね」(安田隆行調教師)。 ◎2か月振りの函館SSは好仕上がり。滞在効果で落ち着きがあったこともプラスに働いたようだ。初の1200mだったが好位の後ろを追走し、直線は馬場の中ほどを豪快に突き抜けてキングハートに2馬身半差を付けてレコードで快勝。50キロの斤量も味方したと思うが、力を付けていることも確か。距離延長はOKで別定の今回が試金石の一戦になりそう。
「前走は馬場と中1週のローテーションが影響したのだと思います。その後は放牧に出してリフレッシュ。先週の時点でほぼ仕上がっていたし、休み明けは好走してくれる馬なので好勝負を見込んでいます」(森調教助手)。 ◎京王杯SC(重)は返し馬から体の硬さが目に付く。距離云々はともかく、直線は全く伸びを欠いてレッドファルクスの0.6秒差11着。今日は馬場も応えた感があり、この一戦は度外視して良さそう。鉄砲はOKで立て直した効果があれば初コースでも十分やれていいだろう。
「先週長めからやってあるので、今週は5ハロンから馬ナリですが動きは良かったですよ。前走はこの馬本来の前向きさが見られたし、相手は揃いますが最後まで集中力を切らさずに走れるようなら……」(高橋康之調教師)。 ◎オパールS(52キロ)は10キロ増とやや余裕。スタートを決めて好位を追走し、直線も粘りに粘ってソルヴェイグの0.1秒差3着同着。今回はハンデに助けられた面は否定できず、別定戦の重賞では上位までは疑問符。
「前走は休み明けとはいえ、内にモタれ加減で走っていました。それでもあんなに負ける馬ではありませんからね。幸いなことに疲れがないので、今回は間隔を詰めて使うことにしました。右回りでも京都の外回りには実績があるので、改めて見直したいですね」(斎藤誠調教師)。 ◎約4か月余りの休み明けとなった信越S(57キロ)は逃げ切ったアポロノシンザンの2番手を追走したが、久々が応えたのか、最後はバタバタになり1.2秒差のシンガリ負けを喫することに。阪急杯勝ちがある馬で重賞でもやれる存在だが、今回の負け方を見るとガラリ一変までとなると……。
「マイル戦の前走はいい脚を使ってくれたと思います。マイルでも走れましたが、この馬は1400mの外回りが条件的に1番合っていると思います。良馬場で競馬ができれば楽しみです」(田代調教助手)。 ◎京成杯AH(55キロ)は出負けして後方から。直線でスペースができると最内から伸びてきてグランシルクの0.7秒差5着。この距離はトリトンSでレコード勝ちがあるように問題はないが、重賞ではもうワンパンチが欲しいところ。
「前走は間隔が開いていたことと揉まれ込んだことが敗因だと思います。1度叩いたことで馬体に張りが出てきたし、状態は確実に上向いています。今回は初めての58キロがどうかですが、得意にしている京都ですからね。相性の良さに期待しています」(上原調教師)。 ◎3か月半振りのスプリンターズSは手応え良く好位のインを追走も、いざ追い出すと反応が悪く、レッドファルクスの0.5秒差11着。体調面がもう一息だったのかも……。当該舞台は勝ち鞍があり問題ナシ。課題は道中揉まれずにスムーズな競馬ができるかどうかだろう。
「前走は流れが落ち着いてしまい、後ろから行くこの馬には可哀想な流れになってしまいました。状態面は安定しているし、いい決め脚を持っているので適度に流れてくれるようなら」(西浦調教師)。 ◎オパールS(56キロ)はスタートが一息でシンガリからの競馬。自身最速の末脚を使ったが展開が向かず、ソルヴェイグの0.6秒差11着。重賞でもやれていい馬だが、展開の助けが必要なタイプ。末脚を生かせる流れになるようなら出番はありそう。
「前走後はリフレッシュ放牧を挟んでここを目標に調整してきました。この距離はベストだし、休み明けも苦にしないタイプ。あとは実戦に行って止める面さえ出さなければ……と思っています」(角田調教師)。 ◎中京記念(54キロ)は後続を引き離しての逃げを打つが、2番手を追走していた勝ち馬・ウインガニオンに直線で交わされるとジリジリと後退して1.2秒差11着。距離短縮はプラスといえるが、重賞では結果が出ておらず、よほど展開に恵まれないことには苦しいだろう。
「前走はやはり左回りが応えたようですね。1度叩いて状態面はアップしているし、右回りの1400mと条件は好転しますが、重賞で相手が揃っていますからね。このメンバーを相手にどこまでやれるかを見てみたいと思って挑戦してみます」(安達調教師)。 ◎約4か月振りになった信越S(54キロ)は先行集団に付けるが、直線に入ると後退し始めてアポロノシンザンの1秒差12着。一叩きの効果と右回りに替わる点はプラス材料だが、今回は重賞で相手が強化。ここは様子見が妥当かも。
「1週前の動きが良かったし、今週の動きも凄く良かったと思います。自分で止める面も解消されたし、得意の京都。距離短縮で集中して走れるようなら更にいいのでは……と思っています」(橋口調教師)。 ◎小倉日経オープンは離し逃げしたロングリバイバルの2番手を追走。4角でこれを交わすとケントオーの追撃を2馬身半の差を付けて快勝。ベストは1800mで1400mは初めてだが、追走に苦しまなければ克服できる可能性も。京都は4戦2勝2着2回と大の得意。一概に軽くは扱えないかも。
「前走は外から被されることなくスムーズなレースができました。今回は重賞になりますが、前走のようにプレッシャーを受けずに走れるようなら楽しみはありますよ」(本田調教師)。 ◎ポートアイランドSは逃げたマイネルハニーの2番手。直線に向いても手応えは十分で渋太く粘るマイネルハニーを1馬身半差交わして勝利。距離・コースは問題ないが、今回は重賞で相手が強化。どこまで差を詰められるかだろう。
「この夏はリフレッシュ放牧に。馬体が増えて帰ってきたし、成長の跡が窺えます。1週前に負荷をかけてあるので、今週は馬ナリでしたがいい動きでしたね。今回のレースで距離適性がハッキリすると思うので、そういう意味でも興味深いレースになると見ています」(池江調教師)。 ◎叩き2戦目のNHKマイルCは4キロ減とやや細く映る。加えてテンションも高く発汗気味。後方からの競馬で最後はそれなりに伸びてきたが、アエロリットの0.8秒差7着。立て直した効果と馬体の成長如何では巻き返しも可能。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。疲れがスッカリ取れたし、元々が調教は動く馬とはいえ、今週の動きは本当に良かったと思います。1度使った上積みが見込めるし、距離もベスト。後は年長古馬との力関係だと思います」(松下調教師)。 ◎4か月半振りのローズSは12キロ増も成長分と見ていい仕上がり。多少イレ込み気味だったが、ソロッと出して4番手を追走。直線に向いても手応えはありそうだったが、追い出してからはサッパリでラビットランの1秒差14着。やはり距離が長かったとしか言いようのないレース振り。全3勝を上げているこの距離で改めて見直したい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。