sportsnavi

2017年3月18日(土)

11R

2017年3月18日(土) | 2回中京3日 | 15:35発走

第31回中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)

芝・左 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

「間隔は開きましたが、入念に乗り込んできたし、今日の追い切りの動きも良かったですよ。今回は未勝利を勝ったばかりでの重賞挑戦。楽なレースはどうかと思いますが、相性のいい中京でどこまでやれるかを見てみたいですね」(池添兼雄調教師)。 ◎8戦目の未勝利(中京・芝・1400m)を好位から抜け出して勝利。当該舞台で勝ってはいるが、今回は相手が強化。どこまでやれるかだろう。
「今回は昇級+重賞で相手が強いですからね。交流の未勝利を勝ったばかりで強気なことは……」(村山調教師)。 ◎名古屋の交流未勝利(ダート・1400m)を逃げ切り勝ち。今回は芝替わりに加え、相手も強化。どこまで。
「今日の追い切りの動きも息の入りもともに良かったですよ。いい内容で2連勝してくれたし、東京の1400mで勝っているので、中京にもうまく対応できると見ています。ここも好レースを期待したいですね」(高橋祥泰調教師)。 ◎休み明けの500万下・平場(芝・1200m)は10キロ増も太目はナシ。多少イレ込み気味だったが好位の外目を追走し、ダノンハイパワーの急追をクビ差抑えて2連勝。左回り・距離ともに問題はなく、叩いた効果も見込め、一概に軽くは扱えないかも。
「調教はやれば動く馬ですが、それにしてもいい動きでしたね。前走の疲れも取れたし、この舞台は2走前に勝っているように合っていますからね。状態はいいので、後は力関係一つでしょう」(清水久詞調教師)。 ◎アーリントンCは中団から。初の右回り+マイルということでガッチリ抑えて追走。しかし、追い出してからの伸びは案外でペルシアンナイトの1.1秒差5着。今回は走り慣れた左回りの1400m。軽視は危険かも。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。パワーアップして帰厩しました。馬体増は成長分なので問題ありません。今日の動きも良かったし、いい状態で出られそうです。2走前に福島2歳Sを勝った時のようなレースができれば、1400mでもやれると見ています」(渡辺調教師)。 ◎川崎で行われた全日本2歳優駿(JpnI・ダート・1600m)は初ダート。先行策を取ったが、流れ込む形でリエノテソーロの2秒差5着。福島2歳Sを含め、2勝はともに芝の1200m。今回は距離面がどう出るかがポイント。
「追い切りはラスト重点でしたが、中間も変わりなくきています。距離延長は問題ありませんが、今回は重賞で相手が揃いましたからね。どこまでやれるかでしょう」(佐藤吉勝調教師)。 ◎春菜賞は好スタートを決めてハナに立つが、アピールバイオにピタッとマークされる形。直線の坂上まで頑張っていたが、最後は後続に交わされてライズスクリューの0.3秒差7着。ベストは1200mで、この距離は微妙に長いかも。
「前走後は放牧出し、帰厩後はこのレースを目標に調整をしてきました。追い切りの動きは悪くないし、いい仕上がりで臨めそうです。走りに遊びがあるので距離の延長は問題ありませんが、まだ成長途上の段階。現時点の力でどこまでやれるかですが、楽しみにしています」(伊藤大士調教師)。 ◎500万下の平場(芝・1200m)を3番手から抜け出し、2着のタケショウベストの追撃をアタマ差凌ぎ2勝目をゲット。ただ、ベストは1200mといった感があり、今回は上位までとなると……。
「1週前にある程度やってあるので、今週はラスト重点。この中間も順調に調整ができたし、オンとオフがハッキリしている点がこの馬の長所です。重賞で相手は強くなりますが、レースセンスの上手さを生かしてどこまでやれるか楽しみにしています」(松下調教師)。 ◎かささぎ賞は押して好位。2着のブレイヴバローズと終始競り合う形だったが、最後は半馬身差競り勝って勝利。当該舞台はなずな賞でジョーストリクトリの2着がありOK。後は相手関係だけか。
「レースを覚えるにつれてスプリンターの資質が出てくるようになってきました。それでもこの距離は持つと思いますよ。思った通りの追い切りができたし、後はレースに落ち着いて臨めるようなら」 ◎シンザン記念は輸送して8キロ増とやや太目。大外枠で前にカベを作れず、抑えるのに一苦労。初の右回りということでコーナーでは外に張り加減。加えて重馬場、初のマイルということで全く競馬にならず参考外。左回りの1400mで改めて仕切り直し。
「放牧から帰厩後はこのレースを目標にシッカリ乗り込んできました。以前より落ち着きが出てきたし、着実に成長していることを感じますね。ゲートが速く、控えても競馬ができる馬。ここも楽しみにしています」(池添学調教師)。 ◎朝日杯FSはダッシュを決めてハナに。スローのマイペースに持ち込み、逃げ込みを図るが、残り100m辺りで外から来たサトノアレスとモンドキャンノに交わされて3着。デイリー杯2歳S2着がフロックではないことを証明。1400mはOKで再度マイペースなら。
「休ませたことで成長が窺えるし、ここを目標にシッカリ乗り込んできましたからね。先週の時点である程度仕上がっていたので、今週はラスト重点。前走は意識的に脚をタメる競馬をしましたが、瞬発力勝負になると分が悪いですね。ただ、タフな中京コースは合っていると思うので、変わり身を期待したいですね」(高市調教師)。 ◎朝日杯FSは行きたがる面を考慮し、意識的に抑えて後方から。直線は大外に持ち出して直線勝負に賭けたが、思ったほどの伸びは見られずサトノアレスの1.1秒差11着。行きたがる気性から距離短縮は歓迎もベストは1200mといった印象。
「1週前に坂路で自己ベストをマーク。今週も好時計で走ったように状態は凄くいいですね。息遣いも乱れていないし、放牧明けでも凄くいい状態で出走できると思います。折り合い面にも進境が窺えるし、距離も問題ありません。重賞で相手は揃いますが楽しみにしています」(宮内調教助手)。 ◎ジュニアCはスタートが一息で後方から。掛かる気性を考慮して折り合いに専念。直線は先に抜け出したディバインコードの外から最速の末脚を使って急襲。クビ差交わしての差し切り勝ち。左回り、距離ともにOK。距離短縮で折り合いを付けやすい分、注目の必要は大。
「先週シッカリやってあるし、この後に輸送もあるので今週は単走でサラッと。状態は高いレベルで安定しています。瞬発力勝負ではどうかと思いますが、適度に流れてスタミナ比べの形になるようならいいんですが……」(栗田博憲調教師)。 ◎クロッカスSは中団から。直線の追い比べに伸び負けた形でタイムトリップの0.1秒差4着。東京で新馬を勝ち、新潟のダリア賞で2着と左回りも距離もOK。ここも要注目。
「休み明けになりますが、今週の動きを見る限り、その点は問題なさそうですね。中京で勝っているのでコースは問題ありませんが、今回は昇級+重賞。どこまでやれるかでしょう」(内山調教助手)。 ◎約3か月半振りの未勝利(中京・芝・1600m重)を好位から最内を突いて抜け出し、メイズオブオナーの追撃をクビ差凌いで2戦目にして未勝利を脱出。コースはOKも昇級+重賞で即通用とは……。
「前走後は放牧を挟んでここに。距離を短縮した前走がいい勝ち方をしてくれたし、今回も同じ左回りのワンターン。まだ精神面で幼い面はありますが、前走同様の走りができるようなら重賞のここでも楽しみです」(小野調教師)。 ◎シンガリ人気での出走となった中央転入5戦目の春菜賞(芝・1400m)は中団で脚をタメる戦法。直線は最内に進路を取り、手応え十分に抜け出してヒストリアに0.2秒差の勝利。距離短縮と控える競馬で一変。テンションが高い馬で、当日の落ち着きがカギか。
「前走から中1週になるので馬ナリの調整。前走はさすがに相手が強かったですが、今回は相性がいい中京。牡馬が相手になりますが、楽しみはありますよ」(増井調教助手)。 ◎チューリップ賞は離れた3番手を追走。勝ったソウルスターリングに前に入られた時にハミを噛むが、すぐに折り合う。しかし、追い出してからはサッパリで1.7秒差の10着。前に行った組が惨敗を考えるとペースがきつかったのかも。得意の中京で改めて。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。