IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年12月28日(木)

11R

2017年12月28日(木) | 5回中山9日 | 15:30発走

第34回ホープフルステークス(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

「前走後は放牧には出さず、在厩しての調整。ここまでは順調にきているし、20日にもやってあるので、いい仕上がりで出られると思います。まだトモに緩さがあり、良くなるのは先だと思いますが、使う毎に良くなっていますからね。ハナに行かなくても競馬はできると思うし、強敵相手のここでどこまでやれるかを見てみたいですね」(斎藤崇史調教師)。 ◎2戦目の未勝利(阪神・芝2000m)は好スタートを控えて逃げたメイショウゴウリキの2番手。4角を回って再度先手を奪うと、2着のユーキャンスマイルに1馬身差を付けて勝利。デビュー戦が稍重馬場で5着。馬場の良い阪神で変身したといえるが、今回はGIで楽な戦いとは……。
「前走後は在厩しての調整。ここを目標にジックリ乗り込んできたし、追う毎に馬がシャキッとしてきました。1週前にもやってありますが、日曜日にもジョッキーの騎乗でやりましたが、いい動きをしてくれました。素質を評価している馬で、成長していることも感じますからね。この相手でも……の気持ちで臨みます」(小野調教師)。 ◎4戦目の未勝利(福島・芝1800m)は逃げたシャドウラーテルの2番手を楽な手応えで追走。4角で並びかけ、残り1ハロンで抜け出して2着のメイドインヘヴンに2馬身差を付けて快勝。勝ちっぷりは悪くないが、今回は昇級初戦+重賞。即通用となると……。
「前走後はリフレッシュ放牧に。先々週、先週と坂路で負荷をかけてあるので、今週はラスト重点ですが、この一追いで仕上がると思います。長距離輸送は経験しているので問題ないと思いますが、今回は休み明けがどう出るかでしょうね。2000mに距離を延ばしてから成績が安定。今回は相手が強くなりますが、相手なりに走れるのでは……と思っています」(田所調教師)。 ◎5戦目の未勝利(京都・芝2000m・稍重)は逃げたキングフォルテの2番手を追走。直線入り口で先頭に立ち、外から来たウォルビスベイを半馬身差抑えて勝利。2着を3回続けていたが、ようやく初勝利をモノにした。今回は久々+重賞。相手なりの感はあっても上位までは疑問。
「前走はゲートを出てくれたし、距離の延長もプラスに出たと思います。使った後も馬体はキープできているし、状態も安定しています。折り合いに問題はないので、距離が延びても大丈夫。今回は初の長距離輸送など未経験のことがあるので、その点がどう出るか……。それでも上積みは見込めるので楽しみはありますね」(奥村豊調教師)。 ◎2戦目の未勝利(阪神・芝1800m)は逃げたフリーダムソードの2番手。4角を手応え十分に回り、直線は渋太く伸びて2着のバイオスパークに半馬身差を付けて勝利も、勝ち時計が平凡。GI挑戦で即上位争いはきついだろう。
「前走後は在厩しての調整。1週前の追い切りの動きが良かったし、1度使った上積みはあると思います。まだ幼い面が残っているし、キャリアも今回が2戦目。長距離輸送も初めてとクリアしなければいけない課題もありますからね。ただ、折り合いは付く馬なので2000mは問題ないと思います。素質を感じる馬なので、強敵相手の今回、どんなレースをしてくれるかを見てみたいですね」(浜田調教師)。 ◎デビュー戦(京都・芝1800m)はスンナリとハナ。スローペースに持ち込み、直線に向いても余力十分。2着のドレークに3馬身差を付けて快勝。今回は昇級初戦+重賞と条件は厳しいが、揉まれずスムーズなレースができれば見せ場はありそう。
「前走後は短期放牧に出しましたが、ダメージが少なかったのでここを使うことにしました。先週の木曜日にジョッキーに騎乗してもらい、ビシッと併せ馬を消化。今週は馬ナリですが、これで十分でしょう。前走はスタートが遅くて後方からの競馬。最後は伸び切れませんでしたが、脚は持っていると思います。中山のこの舞台も合うと思うので、どんな競馬をしてくれるか楽しみにしています」(高橋義忠調教師)。 ◎京都2歳S(GIII・芝2000m)はイレ込み気味。スタートで煽って後方からの競馬。勝負所からマクリ気味に上がって行くが、最後は脚が上がってグレイルの1.3秒差7着。過去4戦で最高が10頭立て。それ以外は一桁頭数と少頭数の競馬。今回はGIで多頭数が予想されることと、ゲートに課題を残す点がどう出るかがポイントになりそうだ。
「前走を使った後の反動がなかったので、ここを使うことにしました。1週前にジョッキーの騎乗で追い切りましたが、好感触を得た様子でしたね。今週の動きも申し分なかったし、馬体に柔らか味があって気持ちも入ってきました。まだトモに緩さがあってパンとするのは来年の春頃になると思いますが、2着でも前走内容が良かったし、早めに皐月賞の舞台を経験しておくことは無駄にはならないと思っています」(松田国英調教師)。 ◎京都2歳Sは離れた3番手を追走。直線は外目に持ち出し、勝ちパターンかと思われたが、最後の最後に外から伸びてきたグレイルにアタマ差交わされて2着。2000mは微妙に長い感も、器用な立ち回りができる馬。内回りの中山なら問題はないハズ。
「先週追い切って、日曜日にもある程度やってあるので、ラスト重点は予定通りです。状態は高いレベルで安定していると思います。前走は勝った馬が強かったですが、2着馬とは差がなかったですからね。本当に良くなるのはもう少し先かもしれませんが、レースが上手なタイプなので中山は合っていそうですね。相手は揃いますが立ち回り一つでは……と思っています」(押田調教助手)。 ◎東京スポーツ杯2歳Sは逃げたコスモイグナーツの離れた3番手を追走。直線でもそれなりに伸びてはいたが、勝ったワグネリアンには突き離されて0.5秒差3着。スパッとは切れないが、バテずに伸びる渋太さがある。中山は初コースになるが、先行差しの脚質から問題はないハズ。前々でリズムよく走れれば。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整してきました。背丈が伸びて一回り大きくなって帰ってきました。日曜日にもCWで長めからやってあるので、今週は直線だけですが強めにやりました。いい仕上がりで出られると思います。スッと好位置を取れるうえに、折り合いが付いて最後は切れる脚を使う馬。並んだら抜かせまいとするし、差し返す根性もありますからね。この舞台で勝っていることも大きなアドバンテージ。ここでどんなレースをしてくれるか楽しみにしています」(藤岡調教師)。 ◎芙蓉S(中山・オープン・芝2000m)は逃げたコスモイグナーツの2番手。直線入り口でファストアプローチに一旦は交わされたが、直線は再び差し返して1馬身4分の1差を付けて新馬、特別と2連勝。レースが上手でこの舞台も経験済み。まだ伸びシロが見込める馬で、ここも要注意。
「前走後は在厩しての調整。追い切りで放馬をしましたが、翌日に改めて微調整を。その後の検査の結果、放馬による影響は全く見られないので出走することにしました。2日続けて直線でブレーキをかけるような動作が見られたので、今回はチークピーシズを着けていく予定です。心身ともに成長途上の段階ですが、求めているモノが大きい馬ですからね。力を出し切れれば、ここでも好レースになると思っています」(森調教助手)。 ◎3か月振りの東京スポーツ杯2歳Sは好仕上がり。シンガリでジックリ脚を温存。直線勝負に徹する。ただ、勝ったワグネリアンには直線で引き離され、3馬身差の2着に上がるのが精一杯。エンジンの掛かりが遅い点は気掛かりだが、最後はキッチリ脚を使う馬。距離延長はプラスで、内回りも問題なさそう。
「前走は休み明けに加えて、道悪競馬でしたからね。本来の走りができなかったのだと思います。1週前にもある程度やってありますが、今日は直線で2頭の馬の外に併せて併入でしたが、動きは良かったと思います。フットワークの良さからも能力の高さを感じる馬。今回は相手も強くなりますが、今は馬場も悪くなさそうなので昨年に続いての連覇を……という気持ちはありますね」(藤沢和雄調教師)。 ◎2か月振りのアイビーS(不良)は1番人気に支持。離れた中団から。終始馬場のいい外目を通ってきたが、直線追い出されてからの反応・伸びともに一息。久々&馬場が応えた印象。能力は秘めているので良馬場で改めて見直したいところ。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整をしてきました。1週前にある程度やってあるので、今週はオーバーワークにならない程度でしたが、いい動きをしてくれました。脚質的に中山コースは合いそうだし、無理に抑える必要もありませんからね。前に出ようとする闘争心とスピードの持続力を生かせるようならここでも楽しみです」(友道調教師)。 ◎新馬を勝って臨んだ黄菊賞(京都・500万下・芝2000m)はスタートを決めてハナに。前半はリードを広げ、向正面に入ると一息入れる。そのまま平均ペースを保ち、最後まで後続を寄せ付けず2着のケイティクレバーに4分の3馬身差を着けて2連勝。重賞で相手強化の今回は、自分の形に持ち込めるかどうかがカギになりそうだ。
「先週、日曜日とやってあるので、今日はラスト重点でしたがいい動きでしたね。前走は少し相手に恵まれた感はありましたが、いい勝ち方をしてくれたと思います。1度使った上積みは見込めるので、あとは長距離輸送を無事にクリアしてくれるようなら……と思っています」(矢作調教師)。 ◎デビュー戦(中京・芝2000m)は好仕上がり。中団を追走し、勝負所からジワッと進出。残り1ハロンで抜け出し、セーフティーリードを保ったまま2着のアイスバブルに2馬身半差を付けて快勝。勝ち時計は平凡でも、ラスト3ハロンが33秒8。いい切れ味を備えている。今回は相手が相手で力関係は微妙だが、キャリアの浅さを出さなければ。
「ここ2走は出がもう一つ。それでもいい末脚を発揮して2連勝してくれましたからね。ブリンカー着用の効果があったのかもしれません。20日に本馬場に入って追い切った動きが良かったし、ある程度の位置に付けられるようなら問題はないと思います。長距離輸送は気にならないし、ここでどんな競馬をしてくれるか……楽しみはありますけどね」(田所調教師)。 ◎未勝利を勝ち、連闘で臨んだ樅の木賞(阪神・500万下・ダート1800m)は出負けをして離れたシンガリから。直線だけの競馬で2着のサージュミノルをクビ差差し切って2連勝。ブリンカー効果が出ているようだ。今回は初芝&重賞、ダート色の強い血統で条件面はイマイチ。どこまでやれるかだろう。
「前走後は在厩しての調整。デビュー戦はスタートが良く、好位で折り合って差し切り勝ち。前走はゲートの出が悪いうえに故障した馬の煽りを受けましたが、ヒルむことなく差し切り勝ちと収穫が大きかったレースだったと思います。母が短距離馬のビリーヴということで距離は走ってみないと分かりませんが、折り合いに不安のないタイプ。こなしてくれるのでは……と思っています」(兼武調教助手)。 ◎2か月振りのデイリー杯2歳Sは仕上がり良好。出負けをしたが促して中団のイン。4角でも前とはかなり離れていたが、直線は最内を突いて鋭く伸び、2着のカツジに1馬身4分の1差を付けて新馬&重賞と2連勝。マイルまでしか経験はないが、掛かるタイプではなく距離は何とか持ちそう。先行できる脚もあり、流れ一つでは……。
「前走から中10日と間隔は詰まっていますが、疲れは見られないし、動きも悪くありません。前走はモタれる面を出さなかったし、センスのいい走りを見せてくれました。出して行っても掛からないし、素直でクセがなく、行く馬がいれば控えてもOK。GIで相手は揃いますが、どこまでやれるか楽しみにしています」(北出調教師)。 ◎デビュー2戦目の未勝利(阪神・芝2000m)はスッとハナを奪ってスローペースに持ち込む。絡まれることなく運べたことで4角でも手応え十分。直線は2着のピボットポイントに2馬身差を付けて危なげなく逃げ切る。今回は昇級初戦+重賞で楽なレースは望めないにしても、ハナにこだわらなくても競馬はできそうなタイプだ。
「前走はスタートが一息でしたが、上手に立ち回っての2着。負けはしましたが内容は悪くなかったと思います。この馬はスタミナがあり、来年のオークスを……と思っているので、多頭数の競馬を経験させたいと思ってここを使うことにしました。前走のレース振りなら中山も問題なさそうなので、牡馬相手のGIでもヒケは取らないと思っています」(武井調教師)。 ◎約3か月半振りの百日草特別(東京・500万下・芝2000m)は4キロ増と好仕上がり。中団を折り合って進み、直線は内目を突いてよく伸びてゴーフォザサミットの半馬身差2着。長くいい脚を使うタイプで、直線が長いコース向き。それでも福島の1800mで新馬勝ちをしており、中山も問題はなさそう。重賞の今回は力関係がカギになりそう。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。