2017年12月16日(土)

11R

2017年12月16日(土) | 5回中山5日 | 15:25発走

第3回ターコイズステークス(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)牝(特指) ハンデ | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 |

「1週前にもやってありますが、今週もシッカリやりました。48キロのハンデだった近2走の内容がもう一つですが、今回は牝馬同士なので少しでも上を目指せればと思っています」(武市調教師)。 ◎オーロC(48キロ)は出負け。後方のまま見せ場も作れず、トウショウピストの1.1秒差13着。近走成績から狙える材料は乏しく見送りが妥当。
「放牧明けになりますが中間は順調に調整ができています。前走はゲートが一息だったことで位置取りが後方に。加えて前にカベが作れなかったためにムキになって走ってしまいました。相変わらず追い切りの動きはいいし、マイルも問題ありません。スタートを決めてスムーズなレースができれば、巻き返しは可能だと思います。ここは仕切り直しの一戦ですね」(古賀慎明調教師)。 ◎3か月振りの府中牝馬S(稍重)は16キロ増と余裕残りの上にイレ込み気味。ゲートの出は一息だったが促して中団から。ただ、直線は思ったほど弾けずクロコスミアの0.6秒差10着。先行力が武器の同馬にとって出負けは致命傷。マイルは問題なく、自分の形で競馬ができればもっとやれてもいいだろう。
「前走が案外の結果でしたが、状態は維持できています。今回は牝馬限定戦だし、ハンデが53キロ。コース替わりも問題ないし、能力的にも通用する馬。力を出し切れば好レースになると思っています」(中野調教師)。 ◎昇級初戦となったキャピタルSは好位追走も4角では手応えが一息。ジリジリと後退してダイワキャグニーの1.6秒差17着と惨敗。中山は比較的相性が良く、牝馬限定&ハンデ戦を考えると一概に無視までは……。
「今回は格上挑戦になりますが、1度使ったことで馬体が絞れてきました。追い切りの動きは悪くなかったし、今回は50キロの軽ハンデで出られますからね。それを生かして少しでも上を目指せれば……と思っています」(戸田調教師)。 ◎4か月半振りのユートピアSは10キロ増とやや余裕。レースは後方のまま、これといった見せ場もなくレッドアヴァンセの1.2秒差13着とシンガリ負け。今回は格上挑戦になるし、ハンデ戦とはいえ近走内容からは狙える要素ナシ。
「ここ2走は馬場が影響したと思います。それでも疲れは見られないし、今週の追い切りの動きも悪くありませんでした。中山のこの舞台は勝ち鞍があるし、今回は52キロで出られますからね。良馬場条件になりますが、牝馬限定戦なら楽しみはありますよ」(鮫島調教師)。 ◎アンドロメダS(51キロ・重)は後方のまま。これといった見せ場もなくブラックバゴの0.7秒差11着。3歳のクラシック戦線を歩んできたが、全て二桁着順とオープンではクラスのカベを感じる。
「1週前にジョッキーに乗ってもらいましたが、好感触を得たようです。デキはいいのになぜ走らないのか不思議ですが、今は落ち着きがあるし、折り合い面での進境も見られます。今回は牝馬同士の一戦になるし、NHKマイルCで2着した当時のデキにあるので、何とかキッカケを……と思っています」(武井調教師)。 ◎叩き2戦目の信越S(53キロ)は中団の外目。4角辺りから前との差を詰めにかかるが、直線に入るとガス欠といった感じで、アポロノシンザンの0.7秒差7着。NHKマイルC2着の実績からもっとやれてもいい馬。一息入れて立て直した効果に期待。
「前走は好スタートを切れましたが、前に入られて位置取りが後ろに。おまけに直線もスペースがなく、もったいない競馬になってしまいました。最近はイレ込みがマシになり、状態も高いレベルで安定。牝馬限定の一戦なら重賞でもチャンスはあると思っています」(国枝調教師)。 ◎ユートピアSは後方のインを追走。直線は最内を突いてよく伸びたが、レッドアヴァンセの0.1秒差2着までが精一杯。中山替わりは問題なく、重賞好走の実績もある馬で格負けはしない馬。牝馬同士なら軽くは扱えない1頭。
「追い切りは相変わらずよく動きますね。前走の勝ち方が良かったし、オープンでもハンデ戦なら十分やれるのでは……と思っています。あとは中山までの輸送をクリアして、当日に落ち着いてレースに臨めるようなら」(藤野調教助手)。 ◎叩き2戦目の清水S(準オープン・51キロ)は中団から。イレ込みはいつもよりマシ。スローペースで瞬発力勝負になったが、51キロの軽量とはいえ、レーヌドブリエの急襲をハナ差退けて勝利。今回は昇級戦でもチューリップ賞でソウルスターリングの2着があるように形だけ。当日イレ込まなければ、ここでも十分やれていい。
「前走から中1週になりますが反動はないし、叩いた上積みの方が見込めます。今回は久々のマイル戦になりますが、立ち回り一つでは問題ありません。牝馬限定戦なら楽しみはありますよ」(森調教助手)。 ◎3か月振りのラピスラズリSは4キロ増も好仕上がり。出負けしたがすぐに挽回して中団を追走。直線は上位馬の外に出して伸び、アルティマブラッドの0.2秒差3着。オープンでもやれることを証明したが、ベストは1400mくらいまで。マイルはギリギリでハンデ差を生かしてどこまでやれるかだろう。
「前走は相手が強かったのかも……。放牧を挟みましたが帰厩後は順調そのもの。1週前、今週と2週に渡っていい動きをしたように休む前より状態はアップしています。中山のマイルがどうかですが、ゴチャ付くとよくない馬。スムーズに運べる外目の枠を引けるようならいいと思います」(尾関調教師)。 ◎府中牝馬S(稍重)は12キロ減と細く映る。出負けをしたが仕掛けて好位に。その影響か最後は甘くなり、クロコスミアの1.4秒差シンガリ負け。昇級初戦+重賞で相手が強かった上に、馬場も合わなかったかのかも。立て直した効果+クラス2戦目で前進程度なら。
「2週続けて長めからやってあるし、今日は調教駆けする馬が相手ということで調整程度の追い切りをしました。前走は距離が長かった感じだったので、勝ったことがあるマイルに替わる点は好材料だと思います。あとは前々でスムーズな競馬ができれば……」(本田調教師)。 ◎昇級初戦+重賞(エリザベス女王杯)となった前走は大外枠もあって終始外を回るコースロス。一旦は好位に取り付くが、最後は力尽きてモズカッチャンの0.7秒差11着。今回は良績(阪神牝馬S・GII・5着)があるマイル戦。ハンデ一つで出番があっても。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。帰厩当初は馬体に緩さがありましたが、一追い毎にその点も解消してきました。マイルでも勝っているし、関東への輸送も経験済み。ここは改めて期待したいですね」(辻野調教助手)。 ◎秋華賞(重)は馬場入場時にジョッキーを振り落としたが影響はナシ。レースは中団から進み、少し行きたがるが問題はナシ。3角手前から徐々に進出を開始し、4角を回ってから追い出す。ただ、ローズSほどの切れは見られずジリジリと伸びてディアドラの0.7秒差4着。馬場が影響したのかも……。マイルはOKで良馬場を条件に改めて見直したい。
「長期の休養明けですが、活気が出たし、そういう意味ではいい休養になったと思います。中間はプールを併用してジックリ乗り込んだので仕上がりはいいですね。中山のマイルには実績があるし、53キロのハンデなら楽しみはあります」(大西調教助手)。 ◎福島牝馬Sはウエスタンレベッカの2番手を追走していたが、4角手前で既に手応えが怪しくなる。直線は伸びを欠いてウキヨノカゼの2秒差15着と大敗。距離が長かったことが敗因といえそう。マイル&中山になる点はプラス材料だが、今回は重賞。ハンデを含めて力関係がカギになりそう。
「追い切りの動きが良かったし、状態面は問題ありません。マイル戦になる点はプラスになると思いますが、小回りコースがどうなのか、その点がカギになりそうですね」(佐藤調教助手)。 ◎エリザベス女王杯は中団から。それにしても最後は伸びらしい伸びが見られず、逆に最後は一杯となってモズカッチャンの0.9秒差13着。距離が長過ぎたのかも。マイルはヴィクトリアマイル(GI)でアドマイヤリードの2着があり、条件は◎。中山は初コースになるが展開が向くようなら。
「ここにきてゲート難が徐々に解消。前走3着とはいえ見せ場はありましたからね。追い切りは併せたフロンテアクイーンに遅れましたが、この馬ナリに動いていたし、動きも悪くありませんでした。今回はオープン相手になりますが51キロなら楽しみはありますよ」(国枝調教師)。 ◎ユートピアS(準オープン・牝馬限定)は先行策の3番手。勝負所から逃げたマローブルーの2番手に上り、直線は内目を突いてよく伸びたが、最後は勝ったレッドアヴァンセと2着のフロンテアクイーンの決め手に屈して0.1秒差の3着。東京巧者だが、中山にも勝ち鞍。今回はオープン相手で力関係がカギになりそう。
「短期放牧明けになりますが、今日の追い切りの感じはマズマズ。息の入りがもう一つなのは前走と同じですが、追われた後に良くなれば……と思っています。今回が引退レースになるので、無事に走り終えればとは思いますが、できれば結果も出せればいいですね」(中尾調教師)。 ◎府中牝馬Sは逃げたクロコスミアの2番手といつもより前での競馬。そのため最後は甘くなってクロコスミアの0.6秒差11着。やはり末脚を生かす競馬の方が良さそうだ。中山は京成杯AH(54キロ)でグランシルクの0.7秒差6着がある。現状はマイルがベストで前がやり合うようなら。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。