sportsnavi

2017年9月18日(月)

11R

2017年9月18日(月) | 4回中山5日 | 15:45発走

第71回朝日杯セントライト記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

「デビュー当時は馬体に芯が入っておらず、骨瘤があったために恐る恐るといった感じでしたが、使う毎にそれが固まってきました。と同時に体調もグンと良化。中1週なので追い切りはラスト重点ですがこれで十分。元々が芝の方がいいと思っていたし、相手は強くなりますが3歳同士の一戦なら楽しみはありますよ」(柄崎調教師)。 ◎昇級初戦+久々の芝となった燕特別(500万・芝2200m)は先団の内。直線は外に持ち出すと素晴らしい切れ味で逃げ粘るジュンファイトクンを半馬身交わして勝利。これで未勝利、500万と連勝。姉のテンテマリ(準オープン)と違って中〜長距離タイプに出たが、ようやくこの馬の良さが出てきた感じ。今の勢いでどこまでやれるか楽しみはありそう。
「1週前にシッカリやってあるので、今日は馬ナリの調整ですが、ここまでは順調の一言です。何より夏場をうまく過ごすことができましたからね。前走は57キロのハンデと緩い馬場も応えましたが、今回の中山・外回り2200mという舞台は悪くないと思います。後は良馬場で競馬ができれば……」(池江調教師)。 ◎ラジオNIKKEI賞(57キロ)のトップハンデを意識したのか、仕掛けて位置を取りに行く。4角までは好位にいたが、そこから伸びを欠いてセダブリランテスの0.7秒差6着。450キロの馬格から斤量が応えた感は否めず。当該舞台は水仙賞でイブキの2着がありOK。馬齢重量の今回、改めて。
「1週前に速いところをやってあるので、今週は馬ナリですが動きは良かったと思います。芝は問題ありませんが、今回は中央の強敵が相手になりますからね。今のこの馬の力でどこまでやれるかを見てみたいと思っています」(矢野調教師)。 ◎盛岡競馬場で行われた3歳以上オープンのせきれい賞(芝2400m)に古馬を相手に唯一の3歳馬として挑戦。スタートを決めてハナを切ったが、後続のプレッシャーを受け、サンエイゴールドの0.6秒差5着。芝は2勝しており、距離も問題ないが、今回は中央のオープン馬が相手。力関係がカギになりそう。
「長めを追い切ったのは今日で2本目ですが、放牧先で十分に乗り込んできたので問題ありません。春当時と比べてトモがシッカリしてきたし、今日は最後までシッカリした脚取り。目標は先になりますが、優先権を獲得して欲しいと思っています。右回りは堅実に走るし、長くいい脚を使うタイプ。距離も伸びた方がいい馬なので楽しみにしています」(宮本調教師)。 ◎ダービーはスローになることを見込んでスタートから出して行ったが行き切れず好位から。終始包まれ気味で持ち味を生かせず、レイデオロの1.2秒差13着。皐月賞4着からコースはOK。距離実績もあり、前々でスンナリとしたレースができれば一概には。
「前走はスローペースに加え、道中も外から塞がれ気味でもったいない競馬になりました。それでも最後はよく伸びてくれましたから。今日は出入りの激しい競馬を想定した追い切りのスタイルをしましたが、自分のリズムを崩さず上手に対応して走れていたし、追い切った後もすぐ息が入りましたからね。時計的にも動いているし、良かったと思います。夏を越して馬体に芯が入ってきた感じがありますね。道悪になっても苦にないし、この舞台でも勝っているので楽しみにしています」(菊沢調教師)。 ◎いわき特別(1000万・芝1800m)は後方待機策が裏目。流れが遅く、最速の末脚で伸びてきたがコスモナインボールにクビ+アタマ差及ばずの3着。京都新聞杯5着の実績がある馬だが、相変わらず折り合いが難しい面と勝負所の反応の鈍さがあり、その点がどう影響するかがカギになりそう。
「いつもは5ハロン・68秒で一杯といった馬が、今日は67秒を切って最後までシッカリ走りましたからね。ここにきて力を付けていることは間違いありません。追い込みタイプなので平坦で軽い芝よりは坂がある中山の方が合うと思います。後は道中折り合いがカギになりますが、何とか菊花賞の権利を取ってくれないものか……と思っています」(戸田調教師)。 ◎昇級初戦の信濃川特別(1000万・芝2000m・53キロ)はほぼ最後方からの競馬。直線はよく追い上げたが、上位2頭には完敗といった感じで、キセキの0.5秒差3着。今回は更に相手が強化。青葉賞5着はあるが、今回は良績が集中している左回りではなく右回りの中山、その点が割引材料かも。
「一夏を越して体重が増えていますが、その殆どが成長分で馬体にボリュームが出てきた感じがありますね。それに春に比べてヤンチャな面が大分マシになり、心身ともに成長を感じます。まだ多少緩さはあるものの、1週前、そして今週と2週に渡っていい動きをしてくれましたからね。いい状態で出走できると思います。距離も問題ないので、ここも楽しみにしています」(兼武調教助手)。 ◎ダービーは出脚良く1角では3番手を追走。折り合いを付けてリズム重視の競馬に徹する。しかし、最後は手応えの割に躊躇したのか脚を余す結果になり、レイデオロの0.3秒差5着。『何もできず申し訳ないの一言です』(松山騎手談)が全てを物語る結果に。コース、距離はOKで改めて見直したい一戦。
「前走から中2週ですが、シッカリと追い切りました。前走は着順こそもう一つでしたが、最後は脚を使っていましたからね。右回りに替わる点は問題ないので、後はこのメンバーを相手にどこまでやれるかでしょう」(柴田政人調教師)。 ◎昇級初戦の500万下の平場(芝2000m)は出負けしてシンガリから。直線で差を詰め、フェイズベロシティの0.8秒差9着と平凡な内容。相手が揃う今回は苦戦。
「ワールドASJを予定していましたが除外になり、ここに目標を切り替えて調整してきました。函館からの輸送も無事にクリアできたし、1週前の追い切りも良かったですよ。今週は片側にブリンカーを着けての追い切り。馬ナリでしたがモタれることもなく、良かったと思います。気のいいタイプで久々でも力は発揮出できるタイプ。緒戦から期待しています」(鮫島調教師)。 ◎NHKマイルCはブリンカーを外す。課題の右にモタれる面は左回りでマシだったが、好位追走も全く伸びを欠いてアエロリットの1.1秒差11着。今回は右回りがネックだが、中山はスプリングS3着からOK。距離と叩き良化型?といった点がどう出るかだろう。
「前走後は在厩して夏を越すことにしました。相変らずウルサイ面は解消していませんが、馬体の成長は感じますね。1週前に併せ馬でやってあるので、今週は単走でラスト重点ですがこれは予定通りです。ハナに行くと落ち着いて走れるタイプ。相手は強くなりますが、自分の形で競馬ができれば楽しみはありますよ」(谷原調教師)。 ◎昇級初戦の稲城特別(500万下)は同型不在ということもあってスンナリとハナ。スローペース〜上りの競馬に持ち込み、ストロングレヴィルの追撃をクビ差凌いで2連勝。舞台設定は問題ないが、今回はオープン+重賞。相手強化の今回が試金石の一戦といえそう。
「今日は馬場が重かった割には最後までシッカリ動けていました。いい雰囲気に仕上がったと思います。春当時のひ弱さがなくなり、ここにきて馬体に実が入ってきたし、一戦毎に力を付けています。1勝馬の身ですが、このメンバーが相手でもそれ程ヒケは取らないのでは……と思っています」(小島太調教師)。 ◎出雲崎特別(500万下・芝2400m)は前半こそシンガリを追走も、向正面過ぎからジワッと進出して直線抜け出すという勝ちパターンの競馬だったが、ゴール寸前でコウキチョウサンの強襲に遭い、クビ差2着。今回はオープン+重賞で相手強化は明白。上位までは?
「先週シッカリやってあるので、今週は息を整える程度ですがこれで十分でしょう。競馬のセンスがいい馬なので中山コースは合うハズ。相手は強くなりますが、どこまでやれるかという楽しみはありますね」(伊藤伸一調教師)。 ◎叩き2戦目の知床特別(500万下)は後方追走。勝負所の3角からマクリ気味に追い上げ、4角では先頭。そのまま後続を抑えてゴージャスガール以下に快勝。今回は一気に相手が強化。夏場を使ってきた順調さを武器にどこまでやれるかだろう。
「放牧明けで先週まではやや緩さがありましたが、今週の動きを見るとほぼ態勢は整いましたね。相手が一気に強くなるし、東京向きのタイプですが、今のこの馬の力でどこまでやれるかを見てみたい、そう思っています」(森調教助手)。 ◎横津岳特別(函館・500万・芝2600m)は中団の後ろを宥めつつ追走。勝負所でも包まれ気味で動くに動けず、最後は差を詰めたがレジェンドセラーの0.6秒差5着。能力は秘めているが折り合いに課題がある馬。オープン相手でペースが流れる点はプラスだが、相手関係が厳しくなる分、上位までは?
「1週前にある程度やってあるので、今週は馬ナリですが動きは良かったと思います。相手は強くなりますが、状態はいいし、長めの距離は堅実に走りますからね。何とか権利を取れれば……と思っています」(篠原調教助手)。 ◎出雲崎特別(500万下・芝2400m)は好位を追走。勝負所でモタ付き気味だったが、直線は渋太く伸びてコウキチョウサンのクビ+クビ差の3着。当該舞台で未勝利を勝っているが、今回は相手が相手。楽なレースは望めそうにないだろう。
「前走後は放牧には出さず、在厩しての調整。ここまでは順調に調整ができました。今日の追い切りの動きが良かったし、距離も守備範囲。相手は揃いますが、何とか菊花賞の権利を……と思っています」(音無調教師)。 ◎松前特別(1000万下・芝2000m)は中団のインを追走していたが、勝負所で動くに動けず。直線で外に出してからはよく伸びたが、バルデスの0.3秒差3着。昇級初戦で早くもメドを立てた。3歳同士とはいえ、今回はオープン相手。いきなり上位争いまでとなると厳しいかも。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。