2017年3月25日(土)

11R

2017年3月25日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第65回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

「昇級初戦の前走が悪くない内容。追い切りの動きが良かったし、状態面に関しては問題ありません。今回は初距離に加え、重賞で相手が強くなるので大きなことは言えませんが、中山には良績がありますからね。このメンバーを相手にどこまでやれるかを見てみたいですね」(松永幹夫調教師)。 ◎中山の初富士S(準オープン・54キロ)を制してオープン入り初戦となった大阪城S(54キロ)は好位を追走。しかし、スローから瞬発力勝負の形になり、伸び負けてアストラエンブレムの0.3秒差6着。今回は重賞に加え、初距離でどこまで。
「1度叩いた効果で追い切りの動きは上々でしたね。近走はもう一つ結果が出ていませんが、元々が叩き良化型。7歳でも元気だし、中山は過去に3着がありますからね。相手は強くなりますが前進を期待したいですね」(音無調教師)。 ◎3か月振りの大阪城S(55キロ)は好位を追走。ペースが遅く、瞬発力勝負の形になり、伸び負けた格好でアストラエンブレムの0.5秒差10着。距離は問題ないが、年齢的に大幅な変わり身は望み薄。上位までは?
「追い切りの動き・反応ともに良かったですよ。中山は初めてになりますが、今回は合計で6つのコーナーを回ることになりますからね。ハナを切り、勝負所で後続を引き離せるようなら粘れるのでは……。後は自分の形でレースができるかどうかでしょうね」(池添兼雄調教師)。 ◎京都記念はハナを切って自分のレースはできたものの、残り1ハロンでガリバルディに交わされてバッタリ。サトノクラウンの1.1秒差7着。さすがに相手が強かったようだ。今回も好メンバーが揃っており、逃げてどこまで粘れるかだろう。
「今週の追い切りは坂路で52秒台。好時計をマークしたし、ラストの伸びも良かったと思います。1度叩いた上積みは十分見込めますよ。ただ、今回はGIIで相手が揃っていますからね。叩いた上積みと障害を経験した効果でどこまでやれるかでしょう」(中山調教助手)。 ◎初障害(2番人気)の前走が後方のままで11着。再度平地に戻しての一戦になるが、折り合いに不安がある分、この距離は少し長いかも。
「前走は外に出せなかったこととある程度位置を取りに行った競馬で少差の4着。GIIでもやれることが分かりました。今週の動きが悪くなかったし、疲れも見られず状態はキープできています。今回は右回り+長丁場になりますが、この条件は1度試したかったので楽しみはありますよ」(矢野英一調教師)。 ◎金鯱賞は後方から。直線では上手に馬群を捌き、内目を伸びて2着争いに加わりヤマカツエースの0.3秒差4着。力を付けている点は評価できるが、今回は久々の右回り。左巧者だけにその点がポイント。
「前走の敗因は菊花賞の疲れが残っていて、体調がもう一つだったからでしょうね。放牧に出してリフレッシュできたし、1週前に併せ馬で長めから。まだ多少余裕があったので、今週も併せ馬でビシッと追い切りました。この一追いで丁度良くなると思います。心身ともにフレッシュな状態で臨めるし、本番に向けて好スタートを切って欲しいですね」(三浦調教助手)。 ◎ジャパンCは後方から。しかし、直線に入ってからも全く反応せず、最後は無理をしないままキタサンブラックの1.3秒差13着と大敗。菊花賞の疲れが残っていたのかも……。皐月賞1着、ダービー3着の実績馬。立て直した効果があれば上位の一角に。
「前走後にオーストラリア遠征の話もあったので、放牧から早目に帰厩して乗り込み量は十分すぎるほど乗り込みました。前走は前にカベを作れず、脚をタメることができませんでしたが、スムーズに折り合って末脚を温存できれば、この距離でも切れる脚を使ってくれると思います」(鹿戸調教師)。 ◎1番人気に推された万葉S(55キロ)は出遅れたが徐々にポジションを上げて先行集団に。多少力みは見られたが、直線では意外に伸びを欠いてタマモベストプレイの1.4秒差7着。距離短縮はプラスだが、相手は強化でどこまでやれるかだろう。
「前走が本当に強い勝ち方でした。その前走を使った後は一息入れてこのレースを目標に調整をしてきました。ここにきて肉体面の成長が窺え、古馬らしい風格が出てきた点は何よりだと思います。1週前の時点で態勢は整っているので、今週は馬ナリですが、いい仕上がりで臨めるし、重賞のここでも楽しみにしています」(友道調教師)。 ◎3か月振りの松籟S(55キロ)は2番手を追走。4角で逃げたメイショウコルノを交わして先頭に立ち、そのまま押し切って2着のアルターに2馬身差を付けて勝利。今回は昇級+重賞で甘くはないが、条件面は悪くなく無視までは危険か。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。追い切りはいつも通り日曜日に速いところをやって、追い日はサラッと。動き、仕上がりともにいいですね。それに放牧の効果で体が一回り大きくなり、落ち着きも出ていい雰囲気なのもいいですね。長距離輸送も経験を積んだことで問題ないし、休み明けでも好レースができるのでは……と思っています」(浅見調教助手)。 ◎ジャパンCは後方から。スローペースのために展開が向かず、最後は最速の末脚でよく伸びてきたが、キタサンブラックの0.6秒差6着。NHKマイル3着、菊花賞2着の実績は上位。中山はニュージーランドTで5着がありOK。鉄砲も◎でここも上位の一角。
「今回は転厩初戦で放牧明けになりますが、1週前にCWでジョッキーに騎乗してもらい、長めからシッカリ追い切りました。さすがにオープン馬といった動きでしたね。今週は坂路でハミをトライアビットに替えて折り合い重視の追い切り。いい感じでしたし、仕上がりも悪くありません。メンバーは揃いますが、どんな競馬をしてくれるか楽しみです」(梅田調教師)。 ◎有馬記念は14キロ増もこれは戻ったもの。好位で流れに乗れていたが、最後は一杯となり、サトノダイヤモンドの1秒差11着。さすがに相手が強かった印象。鉄砲駆けする馬で、京都大賞典でのキタサンブラックのクビ差2着だけ走れば無視は危険な存在。
「1週前にもある程度やってあるので、今週はラストの反応を見る程度。初の重賞だった前走が自ら動いて行く競馬で3着と頑張ったし、ここにきて馬体に実も入ってきましたからね。先行力があるので中山のこの舞台は合うと思うし、強敵相手になりますが楽しみにしています」(伊藤大士調教師)。 ◎昇級初戦のアメリカJCCは好枠を利して3番手を追走。直線入り口で逃げたクリールカイザーを交わして先頭。最後は内からタンタアレグリア、外からゼーヴィントに交わされ3着。とは言え、早々と重賞でやれるメドを立てた。得意の中山なら引き続き注目。
「前走後は放牧に出し、2月10日に帰厩しました。その後はこのレースを目標に入念に乗り込んできましたからね。1週前にもある程度負荷をかけてあるので今日はラスト重点でしたが、ゴールを過ぎても追うのはいつも通りです。体重も前走とほとんど変わらないくらいで出走できそうだし、仕上がりもいいですからね。この後の目標に向けていいスタートを切って欲しいですね」(中川調教師)。 ◎昨年の覇者。有馬記念はキタサンブラックをマークの3番手。直線で並びかけに行くが、最後まで交わすことができず、後ろから来たサトノダイヤモンドにも交わされて0.1秒差3着。再度、得意の中山・2500mなら連覇も大いに可能。
「ハンデが軽かったとはいえ、GIIで僅差の2着と好レースをしてくれました。やっぱり能力が高い馬ですね。1週前にジョッキーの騎乗でCWで長めからやりましたが、騎乗した田辺騎手も好感触を得たようでした。今週は時計は速くなくてもいい動きをしてくれたし、中山の2500mも競馬が上手な馬なので、こなしてくれると思います」(辻野調教助手)。 ◎格上挑戦だった日経新春杯(53キロ)がミッキーロケットのハナ差2着。僅か5戦目にして重賞でもやれる力を証明。今回は初の長距離輸送、初コースと課題はあるものの、まだ底を見せていない魅力の方が大きい馬。今回も上位争いは必至か。
「前走は流れが向かなかった割には頑張ってくれました。一線級が相手でもやれるメドを立ててくれたことは収穫だったと思います。この中間も順調だし、今週の追い切りも悪くありませんでしたからね。後は距離が延びるのでスムーズに折り合って運べるようなら……」(尾形充弘調教師)。 ◎中山記念は後方から。ペースが落ち着いてスローになり、よく差を詰めたがネオリアリズムの0.5秒差6着。今日は展開と距離が噛み合わない上に強豪が相手の敗戦。距離延長はプラスで前進は可能。
「今週の併せ馬では遅れましたが、1週前にも長めからやってあるので問題はありません。1度叩いた分の上積みは見込めますが、年齢的に大幅に……とはいきませんからね。今回もどこまでやれるかでしょう」(池江調教師)。 ◎ダイヤモンドS(57キロ)は中団を追走も、距離が長かったのか、ラストの伸びを欠いてアルバートの0.9秒差9着。距離短縮はプラスでも近走内容がもう一つ。9歳馬で上がり目も?
「前走後は放牧を挟んでここに。1週前にもある程度やってあるので、今週はこれで十分。前走はスローペースから瞬発力勝負とこの馬にとっては厳しい展開。それに直線でゴチャ付く不利もありましたから。距離延長はプラスなので、ある程度流れてくれるようなら……」(田中清隆調教師)。 ◎アメリカJCCは後方から。直線で挟まる不利はあったものの、伸びは平凡でタンタアレグリアの1.6秒差9着。近走がイマイチの上に、明けて9歳。変わり身を望むのは酷か。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。