sportsnavi

2017年3月19日(日)

11R

2017年3月19日(日) | 2回中山7日 | 15:45発走

第66回フジテレビ賞スプリングステークス(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

「ダートで勝っていますが、血統面や走りっぷりから見て、決してダート馬ではないと思います。ただ、今回は初の長距離輸送になるし、相手関係も強くなりますからね。その点がどう出るかでしょうね」(東田調教助手)。 ◎3戦目の未勝利(ダート・1800m)を2番手から抜け出して勝利。芝はデビュー戦(11頭立て)でアンセムのシンガリ負けを喫しているが、その時はレース前に放馬をした影響があったかもしれず参考外。芝云々はともかく、相手強化の今回いきなり上位とは……。
「前走から中2週で、この後に輸送も控えているので追い切りはラスト重点ですが、動きは良かったと思います。今回は相手が一気に強くなりますが、状態の良さでどこまでやれるかを見てみたいですね」(崎山調教師)。 ◎7戦目の未勝利(芝・1800m)を中団から差し切り勝ち。昇級戦がオープン、しかも重賞では厳しい。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。先月の28日に帰厩し、中間は順調に調整ができています。1週前にCWで長めからシッカリ負荷をかけてあるので、今日は坂路でやりましたが、動きが凄く良かったと思います。レース間隔が開いた点は問題ないし、中山の内回りを考えるとある程度前々で競馬をした方が良さそうですね」(矢作調教師)。 ◎白梅賞は練習の成果がでたのか、ゲートを決めてハナに立ち、平均ペースに持ち込んでまんまと逃げ切る。まだ気性の強い面があって信頼性は一息だが、距離適性は◎。前々でスムーズな競馬ができるようなら。
「今日の追い切りは最後までシッカリ走ってくれたし、直線での反応も良かったと思います。まだ若さは残っていますが、素質を感じる馬。今回は重賞で相手関係は厳しくなりますが、今後に向けていい経験になると思うし、どこまでやれるかを見てみたいですね」(森調教助手)。 ◎デビュー戦はパドックで馬っ気を見せるも好馬体の持ち主。超スローペースを中団から進み、直線は外に出してゴール寸前でドンリッチに競り勝って勝利。馬体から良化の余地は十分だが、いきなりオープン+重賞でとなると……。
「前走後も在厩しての調整。中間は長めを入念に乗り込んできたし、1週前に負荷もかけてありますからね。今日は馬場が悪かったし、時計は遅くても問題はありません。レースセンスがいい馬なので、コース替わりも右回りも問題はないと思います。今回も自分の競馬に徹して頑張って欲しいですね」(小桧山調教師)。 ◎共同通信杯はスローペースの2番手。直線では激しい叩き合いを制してムーヴザワールドにアタマ差先着してスワーヴリチャードの0.4秒差2着。1勝馬だが相手なりに走る堅実さが身上。軽く見るのは危険だろう。
「前走後は放牧に出しましたが、輸送などを考慮して早目に帰厩させて、ここまでは入念に乗り込んできました。前向き過ぎる馬なので、前走時と同様、調教の量をこなす中で、いかにテンから行かせないようにするかを教えてきました。今週は輸送があるのである程度加減をしましたが、併せるとグッと反応したし、いい雰囲気で出られそうです。距離は1ハロン延びますが、折り合いさえ付けば伸びてくれますからね。後は道中でうまく脚をタメられるようなら」(安田隆行調教師)。 ◎朝日杯FSは下げて後方から。行きたがるのを懸命に抑えての追走。4コーナーを手応え十分に回り、直線は外に出して渋太く伸びてサトノアレスに半馬身差2着。久々はOKだが行きたがる面+母系がサクラバクシンオーという血統から距離延長がカギに。
「前走後は一旦放牧に出してリフレッシュさせました。帰厩後は2週連続でジョッキーの騎乗で追い切りましたが、ステッキに反応して少しヨレて走っていましたね。ただ、先週から着けたブリンカーの効果なのか、今週はモタれる面が見られませんでした。状態はいいので、能力を出し切ればここでも好勝負に持ち込めると思います。後はモタれずに真っ直ぐ走れるかどうかだけでしょうね」(鮫島調教師)。 ◎きさらぎ賞は向正面から内にモタれ気味。4コーナーで先頭に立つが、直線では内にモタれて踏ん張れず、アメリカズカップの0.5秒差4着。右回りで2勝しており、回り云々は関係なし。当日のテンションがポイントになりそう。
「前走後は放牧に。いい体付きになって帰厩しました。ここまでは順調に調整ができたし、今日の追い切りの課題である“気負うこと無くいい負荷をかけられるか を見事にクリアしてくれました。いいフォームで走れていたし、理想的な追い切りができたと思います。いい状態で出走できますよ。今回は相手も強くなりますが、どこまでやれるか楽しみにしています」(小島茂之調教師)。 ◎ひいらぎ賞は後方待機。多少行きたがる面は見せたが、それは許容の範囲内。直線は大外に持ち出し、最速の末脚でゴボウ抜き。2着のウインブライトに0.2秒差を付けて快勝。百日草特別で3着時は2着馬カデナとハナ差の勝負しており、ここも要注目。
「1週前にある程度やってあるので、今週は3頭併せといっても直線で併せて、ゴールで並ばせる程度。馬場が重いせいか少しモタモタしたところはありましたが、これで十分でしょう。休養を挟んで馬体が一回り大きくなったし、迫力も出てきました。立ち回りが上手で、折り合えばいい脚を使ってくれる馬なので舞台設定は問題ないと思います。クラシックに向けて、まずはこのレースを……と思っています」(藤沢和雄調教師)。 ◎朝日杯FSは中団の後ろから。楽な手応えで直線入り口を迎え、直線は大外に持ち出す。粘るボンセルヴィーソを残り100mで交わし、モンドキャンノの追撃を半馬身凌いでGI制覇。当該舞台で未勝利勝ちとコース替わりは問題なく、ここも有力視。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。まだ成長途上といった段階ですが、体が一回り大きくなった分の成長は見られます。1週前に負荷をかけてあるので、今週はラスト重点ですが、先週追われたことで馬はシャキッとしてきましたね。相手は強くなりますが、前走勝った時と同じ舞台で伸びシロもある馬。何とか皐月賞の権利を取ってクラシック路線に……と思っています」(畠山調教師)。 ◎昇級初戦のひいらぎ賞がアウトライアーズの2着。その時の3着馬ナイトバナレットは次走でオープン特別勝ちをしており、昇級2戦目の若竹賞をマイネルズイーガー以下に勝ったのは順当と言える。スプリングSと同じ舞台で勝ったことは◎で、注意は必要だろう。
「前走後も落ち着きがあり、飼い葉食いもいいので出走に踏み切りました。1週前にM・デムーロ騎手が乗って長めから併せ馬をした感じが良かったし、今日はほぼ馬ナリでしたが、動きに素軽さが出てきました。フットワークから中山の小回りにも対応できると思うし、まだ底を見せていない馬ですからね。重賞のここでも楽しみですね」(友道調教師)。 ◎3か月振りのフリージア賞は4キロ増も好仕上がり。中団で流れに乗り、直線では前がカベになりかけたが、外に持ち出すと鋭く伸びて2着のバリングラに半馬身差を付けて勝利。一戦毎の馬体増は成長の証で、オープンでも軽くは扱えないかも。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。