sportsnavi

2017年3月5日(日)

11R

2017年3月5日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第54回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

「この中間も順調に調整はできています。前走はスローペースで前に有利な流れ。展開が向きませんでした。今回は走り慣れたツーターンの2000mに戻るので、何とか権利を取って欲しいと思っています」(田代調教助手)。 ◎セントポーリア賞は出負けして後方から。仕掛けてからの反応が鈍く、正味1ハロンだけのレース。それでも最速の上りをマークしてダイワキャグニーの0.4秒差6着。京都2歳S3着からオープンでもやれる力は持っており、距離延長がプラスに出れば。
「デビュー戦は体に緩さが残っていたし、道中もフワフワした走りでしたが、最後はいい脚を使ってくれました。今日の追い切りの動きを見ると、1度使った上積みが十分見込めると思います。相手は強くなりますが、距離には対応できると思うので、何とか権利を取って欲しいと思っています」(藤岡調教師)。 ◎514キロと大柄な馬だが、好仕上がりで臨んだデビュー戦は好スタートを控えて先行集団の後ろ。直線は中ほどに出し、前を行くソレイユドパリを交わして勝利。今回はキャリア2戦目で重賞。楽観はできないか。
「日曜日に長めからやってあるので、今週は馬ナリですが軽いフットワークをしていたし、騎乗した川田騎手は好感触を得た様子でした。暮れのホープフルSの時はそれ程攻めていない状況で3着。今回はその当時よりは乗り込めていますからね。兄のエピファネイアやリオンディーズとタイプは違いますが、能力は高いと思います。休み明けでも仕上がりはいいし、皐月賞の権利を取って欲しいですね」(辻野調教助手)。 ◎2戦目で臨んだホープフルS(GII)は6キロ減の432キロだが細くは映らず。後方待機策で折り合い重視のレース。直線は大外(多少外に張られる)に出して伸びてくる。坂を上がるとやや一杯もレイデオロの0.4秒差3着。重賞でもやれるメドは立てた。
「先週もやってありますが、今週もシッカリ追い切っていい動き。前走がもう一つの結果でしたが、まだこの馬の持てる能力を十分に出し切れていない感じがありますね。前走後も順調に調整ができているし、使いつつレース慣れをしていけば必ず走ってくる馬だと思っています」(音無調教師)。 ◎重馬場で施行されたきさらぎ賞(GIII)は中団から。勝負所から徐々に進出し直線もジワジワと伸びたが、2着のサトノアーサーに競り負けてアメリカズカップの3着。サウジアラビアRC(GIII)でプレスジャーニーの2着があり、まだまだ注意は必要。
「今回は全ての面で順調に調整ができたし、追い切りの動きも良かったですからね。前走以上の状態で出走できます。レースに行って注文が付くタイプではないので、手替わりは大丈夫。距離延長はむしろプラスだし、キャリアの差はありますが、秘めた素質はここでもヒケは取らないと見ています」(森調教助手)。 ◎デビュー戦は大外枠から中団の外に付けて追走。スローペースで上りの勝負になったが、手応えは十分。余力を持って抜け出し、2着のレッドアーサーに1馬身半差を付けて快勝。能力は高そうだが、キャリア1戦でいきなりとまでは……。
「ここまでは順調に調整ができています。今回は全てが初めての経験になるので、結果はともかく、どんなレースをしてくれるかを見てみたいですね」(渋谷調教師)。 ◎初芝のハンデに加えて、父がダートで活躍したバンブーエール。相手も強く出番はなさそう。
「前走後は短期放牧に出してリフレッシュ。1週前に併せ馬でシッカリ負荷をかけてあるので、今週馬ナリは予定通りです。時計も思った通りだったし、動きも良かったと思います。この中間は落ち着きが戻ってきたし、体も丸みを帯びていい体付きになってきました。癖はないし、操縦性も高くてレースが上手な馬。ここでも好レースが期待できると思っています」(菊川調教師)。 ◎京成杯(GIII)は前走と同じく後方待機。終始外目を回っていたが、直線は更に外に持ち出してガンサリュート以下に差し切り勝ち。葉牡丹賞でレイデオロの2着は伊達ではないことを証明した一戦。再度同じ舞台で今後を占う意味で重要なレースと言えそうだ。
「追い切りの動きが良かったのでここに出走することにしました。ダートで勝ちましたが、新馬戦で芝を使った時はまだフラフラしていましたからね。その当時より馬がシッカリしてきたし、今日の追い切りの感じからなら大丈夫だと思います。相手は揃いますが、どんなレースをしてくれるかを見てみたいですね」(鹿戸調教師)。 ◎今回は強敵相手に加えて芝。様子見が妥当か。
「先週併せ馬である程度やってあるので、今週馬ナリは予定通りですが、時計は少し速くなりましたね。それでもテンションは高いなりに前2戦より落ち着きがあるので問題はありません。ここにきて馬に柔らか味が出てきた点もいいと思います。中山は初めてですが、いずれは経験しなくてはいけないし、前走のように先行して折り合う競馬ができるので問題はないと思います。重賞のここでも力は通用すると思うので、楽しみにしています」(菊沢調教師)。 ◎セントポーリア賞は2番手を折り合って追走し、残り1ハロン手前で先頭に立つとそのまま後続に2馬身差を付けて快勝。これで新馬、特別と2連勝。中山は初だが、先行力があるので問題ナシ。力関係がカギだが、当日落ち着いて臨めるようなら。
「前走はトライアル前に一叩きのつもりで出走しましたが、その前走が並ばれてからもう一伸びをして勝ったように、真面目に走れば更にやれる馬だと思います。先週坂路である程度やってあるので、今日は予定通りラストを伸ばす程度。状態は確実にアップしているし、距離も持つと思うので何とか権利を取って欲しいですね」(昆調教師)。 ◎稍重で行われた“こぶし賞 は好位の前。4角辺りの反応は鈍かったが、残り1ハロン手前でエンジンが掛かり、ダイメイフジの追撃を半馬身凌いで2勝目を上げる。重賞はシンザン記念でキョウヘイの5着がある。道悪巧者で少しでも時計を要するようなら。
「前走後は大山ヒルズに放牧に出してリフレッシュを図りましたが、雪のために乗れないこともあって早めに帰厩。その分、コースと坂路を併用してジックリ乗り込むことができました。1週前に速いところをやってあるので、今週は馬ナリです。目標は先にあるので万全の仕上げとはいかないまでも、休み明けでもほぼ態勢は整ったと思います。体が一回り大きくなったし、どの競馬場でも結果を出しているように初コースは問題ないし、頭数が手頃な点もいいと思います。今のデキでも……と思いますが、良馬場を条件に今後が楽しみになるレースをして欲しいですね」(白倉調教助手)。 ◎京都2歳Sは後方でジックリ待機。直線は外に出し、追われると鋭く伸びてヴァナヘイム以下に1馬身4分の1差を付けて快勝。これでデビューから4戦連続して上り最速をマーク。切れ味は抜群で坂も苦にしない馬。中山は初でも全く問題ナシ。
「追い切りの動きは良かったですね。この馬のいいところは長くいい脚を使える点。相手は揃いますが、ゲートを決めてこの馬のリズムで走れるようなら……と思っています」(高木調教師)。 ◎共同通信杯は好スタートを決めたが、無理には行かず好位のインに控える。結局は上り勝負になったが、2着のエトルディーニュとは時計差なしの5着なら立派といえる内容。今回もオープン挑戦だが無視までは危険か。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。