sportsnavi

2017年2月26日(日)

11R

2017年2月26日(日) | 2回中山2日 | 15:45発走

第91回中山記念(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

「前走後はノーザンファームしがらきに放牧に出し、1月下旬に体がフックラとして帰厩。その後はこのレースを目標に順調に乗り込んできました。1週前の動きが少し重かったので、今週はシッカリ追い切りました。休み明けの分、やや反応が鈍い感じはありましたが、動き自体は悪くなかったし、これで態勢は整うと思います。前走の香港マイルは検疫などを含め、初めての環境で馬がイライラし、飼い葉食いが落ちるなど、順調さを欠きましたからね。コーナー4つのコースは合うと思うし、自分のリズムで走れるようなら好レースになると思います」(森調教助手)。 ◎マイルCSで3着した後に挑戦した香港マイル(GI)はビューティーオンリーの9着。環境に慣れるまでに時間を要したことが敗因のようだ。中山は3戦して2着が1回のみだが小回りは問題ナシ。昨夏を境に力を付けており、ここでも警戒は必要だろう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。向こうでもシッカリ乗り込んで、いい体付きになって帰ってきましたが、時季的なものか動きが重いですね。それを考慮して2週に渡ってビシッと追い切りました。今回はメンバーが強力ですが、疲れが取れてフレッシュな状態で出られますからね。持ち前の先行力を生かして頑張って欲しいですね」(相沢調教師)。 ◎毎日王冠は注文通りの逃げを打ったが早々と一杯。ルージュバックの1.3秒差11着。中山は得意なコースだが、一戦級のオープン馬が相手では荷が重い感。逃げてどこまでか。
「前走後はリフレッシュ放牧に出し、1月下旬に帰厩しました。背丈が伸び、筋肉も付いて、ビックリする程成長して帰ってきました。1週前に3頭併せでシッカリ負荷をかけてありますが、今週も気持ちを乗せるために併せ馬をやりました。いきなりから動けると思いますよ。姉のヴィルシーナに劣らない体付きになってきたし、次のドバイターフに向けて好レースを……と思っています」(友道調教師)。 ◎秋華賞をパールコード以下に快勝して以来のレースになるが、鉄砲は利くタイプ。中山は紫苑Sを2着しておりコースはOK。今回は牡馬相手になる点がどうかも、全姉にヴィルシーナを持つ良血馬。キャリアが僅か7戦と浅い分伸びシロも十分。馬体維持なら要注目。
「前走後はいつも通りにノーザンファームしがらきに放牧に出し、2月2日に帰厩しました。帰厩後は順調に調整ができています。1週前にCWで長めから負荷をかけてあるので、今日は坂路で52、56秒程度を予定していましたが、51秒台。でも何ら問題はありません。人気になると思いますが、それに応えられる走りができるように仕上げてきました。この先に目標(ドバイターフ)があるので100%というワケにはいきませんが、このメンバーが相手でも十分好勝負になる仕上げには持ってこられたと思います」(矢作調教師)。 ◎ジャパンCは外枠からスッと先行。勝ったキタサンブラックの3番手をスムーズに折り合って追走。4コーナーを回ってスパートし、勝ちに行く競馬をしたが最後は甘くなって5着。距離が微妙に長かったのかも。昨年の3着馬で中山も堅実。見直す手だ。
「前走は完璧な内容のレースでしたが、枠順の差と追い出しを待たされた分の負けだったと思います。1週前にある程度やってありますが、今週もビシッと。いい動きをしてくれました。ここにきてパワーアップが窺えるし、GIIで相手は強くなりますが、良績がある中山でどこまでやれるかですね」(金成調教師)。 ◎昇級初戦の白富士Sは出負けしたが中団の外目に付ける。直線も外を回り、まとめて差し切るかに見えたが、最内からスズカデヴィアスに掬われてクビ差の2着。中山の芝は4戦3勝3着1回と相性抜群。今回は重賞で相手は強くなるが、全くの無視は危険かも。
「前走は長期休養明けでしたが、入念に乗り込んで仕上がり自体は良かったですから。道中の行きっぷりも良かったと思います。結果は6着でしたが、それ程負けていませんからね。前走後はここを目標に調整。反動は見られず順調にきています。7歳ですが、数をあまり使っていないので馬体は若さを保っているし、精神面の成長も見られますからね。今回はGIIで相手は強くなりますが、次に繋がるレースを……と思っています」(国枝調教師)。 ◎白富士Sは中団から差を詰め、スズカデヴィアスの0.6秒差6着。昨夏のオープン特別・丹頂Sを勝ってはいるが、重賞ではもうワンパンチが欲しい感は否めず。
「リフレッシュ放牧から帰厩後はこのレースを目標に調整をしてきました。ここまでは順調に乗り込んできたし、今日の追い切りの動きも良かったと思います。本番は先にあるので、多少余裕を残しての仕上げになりますが、去年くらいは走れると思います。いい決め脚を持っている馬とはいえ、ある程度はペースが流れて欲しいですね」(音無調教師)。 ◎天皇賞(秋)は出負けして後方から。思った程ペースが上がらず、直線はよく伸びたがモーリスの0.6秒差4着。今年も昨年(ドゥラメンテの2着)と同じローテーションでの参戦。適度に流れるようなら勝機も十分。
「前走のダメージが殆どなかったので、放牧には出さず在厩調整。今日の追い切りの動きは流れるようなフォームで気持ち良さそうに走っていました。ここにきて体の使い方が良くなってきたし、もう一段のギアアップが出てきた印象が見られます。今回はGIIになりますが、昨年のオールカマー(GII)で3着がありますからね。それ程差はないと見ています」(尾形充弘調教師)。 ◎中山金杯(56.5キロ)をクラリティスカイ以下に差し切り、初重賞制覇。ベストは2000mかもしれないがコースの相性は◎。相手は強化されるが、成長著しい今なら軽くは使えないだろう。
「山元トレセンから帰厩後は、このレースを目標に調整してきました。1週前の追い切りは少し重い印象があったので、今週はラストに気合を入れる追い切りを。この一追いで変わってくれると思います。前走(香港マイル)はスタートが遅かった上に、直線でスペースがなくなるシーンが合ってあの着差(0.2秒・5着)でしたからね。7歳でもまだまだ元気だし、この舞台もいいので楽しみにしています」(田中剛調教師)。 ◎香港マイル(GI)は出負けが応えてビューティーオンリーの1馬身少々差の5着。五分に出ていれば結果は違っていたかもしれない。中山記念は過去3年が3、2、7着。7歳でも衰えはなく、有力候補の1頭。
「前走後は放牧に出し、1月下旬に帰厩。いつものパターンより1週間早めに戻して調整をしてきました。週を追う毎に動きが良くなってきたし、今週のこの一追いで恥ずかしくない仕上げで出られると思います。体も前走と同じくらいの460キロ台で出られそうですからね。一昨年に勝っているレースですが、今は1800mは多少短い感じがあるかもしれません。この後に金鯱賞か中山牝馬Sを視野に入れているので、ここでいい結果を出して欲しいと思っています」(斎藤誠調教師)。 ◎アメリカのデルマー競馬場で行われたGIIIのレッドカーペットHを勝った後、直接香港に遠征して臨んだ香港ヴァーズ(GI)が(京都記念を勝った)サトノクラウンの4着。1昨年のこのレースでロゴタイプなどの強豪牡馬を破って勝利。ここも有力視。
「1週前に坂路である程度やってあるので、今日はラスト重点でしたが元気一杯です。前走は大外枠からハナに行きましたが、後続に早めに来られたし、息が入らない展開に。あの形ではさすがに厳しかったですね。経験が少ない内回りの1800mですが、今回はリズム重視で行く馬がいれば好位からの競馬も考えています」(相沢調教師)。 ◎アメリカJCCは注文通りの逃げを打てたが、後続に早めに来られる苦しい展開。直線は早々と一杯になり、タンタアレグリアの2.7秒差12着。今回は約3年4か月振りの1800mがどう出るかがポイントになりそう。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。