IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年1月15日(日)

11R

2017年1月15日(日) | 1回中山5日 | 15:35発走

第57回京成杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

「前走後は左トモに疲れが出たので放牧に。今では痛いところもなくなり、帰厩後は順調に調整ができています。先週、今週と2週に渡っていい動きをしているし、これで態勢は整ったと思います。初戦は体に余裕があって8〜9分の仕上がりで勝利。1度使って絞れてきたし、気性的にも子供っぽさは残っていますが、騎乗したムーア騎手も素質を評価した馬。重賞でも能力は足りると思っています」(森調教助手)。 ◎デビュー戦は2着馬に3馬身半差を付けて快勝。今回は一息入っての昇級初戦+重賞と条件は厳しいが、秘めた素質はなかなか。キャリアの浅さを出さなければ。
「使いつつ馬体が少しずつ増えてきている点は好材料だと思います。チークピーシズを着けてからレース内容が良くなってきたし、以前より前にも行けるようになってきました。重賞とはいえ、ほぼ1勝馬同士のメンバー構成。ここで賞金加算を……と思っています」(手塚調教師)。 ◎ホープフルSは直線、最内を突いてレイデオロの2着。相手なりに走ることを証明した一戦だった。小柄だがタフで使い減りをしない馬。ここも要注目。
「先週の併せ馬では多少モタ付いていましたが、1度ビシッと追われたことで、今週の併せ馬の動きがシャキッとしてきたし、仕掛けてからの反応も良かったです。休ませたことで馬体が成長して逞しくなったし、距離が延びる点もプラスに出ると思うので、ここも期待は大きいですね」(奥村武調教師)。 ◎新潟2歳S(3着)以来になるが気のいいタイプで鉄砲はOK。先行差しの安定した脚質なら初の中山も問題はないだろう。距離もこなせると見て良さそうだ。
「今週は3頭併せでシッカリと追い切りました。どちらかと言うとパワータイプの馬。時計がかかる今のタフな馬場状態の中山は合っているのでは……と思っています。今後に向けてメドの立つ競馬をして欲しいですね」(友道調教師)。 ◎500万下の平場戦は8頭立ての少頭数だったが、スローで団子状。前がカベになり、追い出しが遅れたことでダノンディスタンスの0.2秒差5着。スパッと切れるタイプではなく、道中の位置取りがカギになりそう。
「連闘になるので追い切りは控え目。前走は直線でスムーズさを欠いてしまいましたが、リズム良く運べればここでもそれほどの差はないと見ています」(竹内調教師)。 ◎未勝利勝ち後の4戦を見る限り、オープンでは厳しそう。
「フェアリーSを除外されてここに。先週の時点で態勢が整っていたので仕上がりに関しては問題ありません。休み明けで牡馬との混合戦になりますが、初戦の勝ち方が強かったし、素質を秘めた馬。ここでどれだけやれるか楽しみはありますよ」(上原調教師)。 ◎フェアリーSを除外されてここに。今回は強い牡馬が相手になる点がどう影響するかだが、デビュー戦で見せた末脚はなかなか。馬体の成長次第では侮れないかも。
「休み明けの前走が仕上がりは良かったにしても強い競馬でしたね。短期放牧を挟みましたが、その効果で落ち着きがある点は好材料だと思います。元々が攻め駆けしないので時計的にはこれで十分。今回は重賞になりますが、差のないレースができるのでは……と思っています」(鹿戸調教師)。 ◎新馬戦で3着した後、約2か月半振りの未勝利を勝利。今回は昇級初戦で重賞と条件が厳しく、上位までは?
「前走の葉牡丹賞は相手が悪すぎました。初戦と2戦目がまるで違った競馬で1、2着とレースセンスはなかなかだと思います。牡馬にしては線が細い馬ですが、使う度にトモに幅が出てきましたからね。前走の馬体増は成長分と見ていいでしょう。今回は更に体重が増えているかもしれませんが、それは太目ではなくいい傾向だと思っています。今日の併せ馬の動き反応ともに絶好だったし、ここも楽しみです」(菊川調教師)。 ◎ホープフルSは登録のみでスルー。当初からここが目標のレース。葉牡丹賞はレイデオロの0.2秒差2着と健闘。馬体増はいい傾向で脚質も自在。再度の好走も。
「追い切りの動きは凄く良かったと思います。未勝利を勝ったばかりですが、今の状態の良さを考えると、ここでも差のないレースができるのでは……と思って挑戦します」(大竹調教師)。 ◎2戦目の未勝利(当該舞台)で勝利。大柄な割には器用なタイプだが、速い時計への対応がカギになりそう。
「先週CWで長めからビシッと追い切ってあるので、今日は馬ナリですがこれで十分でしょう。前走は行く馬がいないのでハナを切ろうとしたら、内から来た馬と競る形になって行きたがってしまいました。突然スイッチが入るような面があるので、今回はメンコを着けて行くことも考えているし、能力さえ出し切ればチャンスはあると思います」(角田調教師)。 ◎京都2歳Sはイレ込みがキツく掛かったことが敗因。当日に落ち着いて臨めるようなら巻き返しがあっても。
「この中間は坂路だけでなく、コース追いを交えて調整をしてきました。未勝利を勝ったばかりですが、負けた相手が強い馬ばかり。一戦毎にレース内容が良くなっているし、前向きさも出てきましたからね。初のコーナー4回の競馬になりますが、折り合いさえ付けばここでも楽しみです」(安田調教師)。 ◎4戦目で未勝利を勝ち上がったが、リスグラシュー(アルテミスS1着、阪神JF2着)の2着、カデナ(京都2歳S1着)の2着を考えれば能力は確か。先行力があるので、コーナー4回の中山は合うハズ。ここでも軽視は危険か。
「最近は併せ馬をすると掛かるので単走での追い切り。いいストライドで走っていたように状態に関しては何も言うことはありません。前走はゲートのタイミングが悪くて出負けしたけど、最後はいい脚を使っていましたからね。上手に乗ってくれればここでもチャンスはあると見ています」(相沢調教師)。 ◎葉牡丹賞は出負けして後方から。直線で少し狭くなるシーンはあったがレイデオロの3着と好走。ゲートを決めて好位付けができるようなら。
「前走は間隔が開いていたこともあって、前半は少しハミを噛んでいました。それでも大きくは負けていませんでしたからね。休み明けを1回使って気配が良くなったし、馬体もフックラ。重賞とはいえ、殆どが1勝馬という組み合わせ。リラックスして走れるようならチャンスがあっても……と思っています」(白倉調教助手)。 ◎休み明け+長距離輸送だったホープフルSは鋭さこそなかったが、ジリジリと伸びてレイデオロの0.6秒差6着。小柄な馬で馬体キープが条件になるが、気負わず、リズム良く走れるようなら。
「今は成長途上の段階ですが、GIIで4着とよく頑張ってくれたと思います。今日の追い切りは集中力を切らさないために、3〜4角で手抜きをさせないスタイルの方法を取りましたが動きは良かったですよ。この後は平常心でレースに臨めるように調整をしていく予定なので、当日、落ち着いて臨めるようなら」(木村調教師)。 ◎休み明けのホープフルSは出負けしたが、最後はよく伸びて4着まできたように能力は秘めている。成長途上といった感はあるが、その分伸びシロがあるということ。久々を叩いた効果も見込める今回は更なる前進も。
「初戦もそうでしたが、前走でもまだ集中して走っていない感じでしたね。前走が走り切っていないことからここを使うことにしました。追い切りの動き、息遣いともに良かったし、調教で着けたチークピーシズの効果が見られるので実戦でも着けて行く予定です。最後まで集中して走ってくれるようなら楽しみです」(森調教助手)。 ◎ジュニアCはナイトバナレットの6着。スタートが遅く後方からの競馬になったが、最後はジリジリと伸びていたように能力はありそう。レースでは鳴いて走っていたように馬が幼く、今後の成長待ちといった感は否めず。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。