2017年11月5日(日)

11R

2017年11月5日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第55回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

「セントライト記念を挫石で回避した後は放牧に出しました。調整がうまく運んだので早めに帰厩し、ここに照準を合わせてきました。体は増えていると思いますが、それは成長分だと見ています。今日は予定より時計が遅くなりましたが、ゴールを過ぎてからも伸ばしていたので大丈夫。折り合いの不安はないし、体調も良好。古馬とは初めての対戦になりますが、ハンデ差がありますからね。どこまでやれるか楽しみにしています」(手塚調教師)。 ◎ラジオNIKKEI賞(54キロ)は離れた3番手を折り合って追走。直線の入り口で先頭に並びかけ、最後は逃げたウインガナドルをクビ差捉えて3連勝。今回は初距離、古馬相手、久々と条件面は厳しいが、鉄砲&左回りは新潟で勝っており問題ナシ。あとはハンデ差を武器にどこまでやれるかだろう。
「前走は4角で外に振られる不利が痛かったですね。まともならもっとやれていたと思います。その後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。今日の追い切りはイメージ通りにできたし、いい動きでした。ハンデ差があるし、後は自分のリズムでレースができれば……と思っています」(鹿戸調教師)。 ◎叩き2戦目のオールカマーは出負けしたが二の脚で中団に付ける。4角で他馬に寄られる不利を受け、ここで万事休す。ルージュバックの1.5秒差14着。東京の長距離は堅実だが、オープン入り後がもう一つ。ハンデ差を見込んでも上位争いまでは……。
「前走は内で窮屈な競馬でしたが、最後は脚を使っていましたから。その後は在厩しての調整ですが、ここまでは順調です。今回は東京に替わるし、距離もいいと思います。ハンデも手頃なので何とか復活のキッカケを掴んで欲しいですね」(辻野調教助手)。 ◎4か月振りのオールカマーは後方のインを追走。直線も馬群を割るようにして伸びてきたが、スローペースということもあってルージュバックの0.5秒差8着が精一杯。一昨年の宝塚記念以降連対なしの状況から、上位までとなると厳しいかも。
「元々が丈夫な方ではないし、レースに行くと一生懸命走る馬なので、ダービーの疲れが思った以上に尾を引いてしまいました。体調を見つつ調整してきましたが、メドが立ったところにこのレースがあったので出走することに。見た目は春とそう変わりませんが、雰囲気は変わってきましたね。先週、今週と2週に渡ってジョッキーに乗ってもらって感触を確かめてもらいました。乗り込み本数は足りているし、いい仕上がりで臨めそうです。今日は前に馬を置いて折り合いの確認をしてもらいましたが、うまくいったと思います。東京コースは合いますが、折り合いがカギになることと、初の古馬との対戦がどうかですが、これだけの馬ですからね。今後に繋がるレースを期待しています」(庄野調教師)。 ◎ダービーは12キロ減も絞れたもの。中団のインを追走し、スローペースを見越して4角から早めに仕掛ける。直線は外目に出してよく伸びたが、レイデオロに3/4馬身及ばずの2着。左回りはスムーズで東京は2戦して1、2着。距離もポン駆けも問題はなく、初の古馬相手でもハンデ一つでチャンスは十分。
「放牧明けになりますが、ここまでは順調に調整ができています。今回は重賞で相手は強くなりますが、ハンデ差があるし、スタミナがあって長くいい脚を使う馬。その点を生かして頑張って欲しいですね」(村山調教師)。 ◎札幌日経オープン(芝2600m)は中団の後ろから。直線もこれといった伸びは見られず、モンドインテロの1秒差8着。東京は問題ないが、近走内容からは特に強調材料は見当たらず、ここも苦戦か。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができています。今は体に柔らか味があるし、追い切りの動きも良かったですからね。昨年と同じローテーションですが、今年の方が成績はいいですから。年を重ねるとともにスタミナ、パワーが備わってきた感じがするし、折り合い面にも進境。相手は揃いますが、充実してきた今ならそれなりにやれるのでは…と思っています」(武藤調教師)。 ◎叩き2戦目の丹頂S(54キロ)は中団から。4角で外目に出し、直線は2着のアングライフェンとの叩き合いを制してアタマ差競り勝つ。昨年のこのレースが54キロでシュヴァルグランの0.8秒差10着だが、その後はステイヤーズS4着、ダイヤモンドS5着と重賞でもメドを立てている。ハンデ一つでは軽くは扱えないかも。
「状態面は本当にいいですよ。前走は開幕週ということで時計が速かったし、長くいい脚を使うタイプのこの馬にとって瞬発力勝負の形になっては分が悪かったです。今回は格上挑戦になりますが、ハンデ差があるし、荒れてきた馬場もこの馬には好都合。この舞台も合っているので楽しみはありますよ」(戸田調教師)。 ◎六社S(56キロ)は好位を追走。直線も渋太く伸びてブライトバローズの0.2秒差3着。東京の長距離は堅実。準オープンの身ながら七夕賞(53キロ)3着の実績から、ハンデ次第では一概に無視は危険かも。
「ステイヤーズSをと思っていましたが、元気があるのでここに出走することにしました。今日の追い切りも前走時より動けていたし、9歳でも衰えはありません。スタミナがあるし、好位から自分のレースができるようなら能力を出し切れると思います」(平田調教師)。 ◎11か月振りの京都大賞典は±0。逃げたラストインパクトの3番手を追走。4角を回る時も手応えはあったが、久々が応えたか直線は伸びを欠いてスマートレイアーの0.6秒差8着。9歳馬で大幅な上積みは望めないにしても、叩いた効果で前進は見込めそう。
「休み明けを一叩きしたことで動きが素軽くなってきました。スタミナがあるので距離は延びれば延びる程いいと思うし、相手は強くなりますがハンデ差と叩いた上積みを生かして頑張って欲しいですね」(笹田調教師)。 ◎4か月半振りのオクトーバーS(重)は出負けして離れたシンガリから。直線差を詰めてマウントロブソンの1.7秒差9着と平凡な内容で終わる。一連の成績から重賞では荷が重い感は否めず、ここは様子見が賢明。
「先週、今週と2週に渡ってシッカリやってあるし、動きもいいですからね。今回は重賞で相手は揃っていますが、目黒記念より軽いハンデで出られるので、それを生かして頑張って欲しいですね」(友道調教師)。 ◎約3か月振りの丹頂S(54キロ)は仕上がりは悪くなかったが、中団を追走も余裕がなく、直線では早々と一杯に。プレストウィックの2.3秒差11着。オープン入りしてからの2戦がともに惨敗といった内容からクラス慣れが必要か。
「前走は夏場を休養させたことで疲れが取れ、いい仕上がりで臨めましたが、勝負所で不利を受けてしまったために力を出し切れませんでした。その後は短期放牧を挟んでここを目標に調整をしてきました。多少急仕上げ気味ですが、力は出せる仕上がりです。斤量の58.5キロはダイヤモンドSを58キロで強い勝ち方をしたので許容範囲内だと見ています。コース・馬場や条件を問わず走ってくれるので、ここも楽しみにしています」(森調教助手)。 ◎5か月振りのオールカマーは勝負所から追い上げを開始した時に、内で不利を受けた馬の煽りを受けて大きく外に振られる不利があっての7着で度外視できる一戦。昨年のこのレースは57キロで道中不利を受けながらもシュヴァルグランの半馬身差2着と好走。距離延長はプラスで改めて見直したい。
「天皇賞(秋)を除外されたのでここに。今日は3頭併せの真ん中でシッカリ追い切ったし、状態はいいと思います。馬場が荒れてきて時計がかかる点はプラスだと思うし、ハンデ差もあるので楽しみはありますね」(尾関調教師)。 ◎オクトーバーS(重)は後方からジックリと。直線はやや外目に持ち出してジリジリと伸び、マウントロブソンの0.6秒差4着。重馬場でやや上りを要する馬場だったことで掲示板を確保できたことは確かで、重賞+良馬場ではハンデ差を生かしても上位までは苦しいだろう。
「前走は久し振りの右回りということで、3コーナー過ぎからの下り坂で外に張っていました。今回は左回りに替わるし、目黒記念でアワヤという競馬をした時と同じ舞台ですからね。改めて期待をしています」(辻野調教助手)。 ◎京都大賞典は向正面で先団に取り付くが、スローペースのため瞬発力勝負の形になり伸び負けた格好でスマートレイアー1.9秒差15着とシンガリ負け。今春の目黒記念(54キロ)でフェイムゲームの3着、ハンデ次第ではやれる力は持っている。前々でスムーズな競馬ができれば。
「前走は休み明けで好メンバーを相手によく頑張ったと思います。使った後も順調に調整ができているし、1週前の追い切りは遅れたとはいえ、動きは良かったですからね。ハンデは想定内だし、左回りの長丁場はピッタリ。例年の秋より体調がいいので、楽しみにしています」(音無調教師)。 ◎4か月半振りの京都大賞典は±0と好仕上がり。中団の後ろを追走。4角では勝ったスマートレイアーと同じような位置にいたが、最後は伸び負けて0.4秒差5着だが、レース内容としては悪くない。このレースは一昨年が10着、昨年は6着だが、まだ衰えは見られずハンデ一つでは。
「休み明けの前走が脚を使っていたし、大きく負けていませんからね。内容自体は悪くなかったと思います。追い切りの動きが良かったし、この舞台と同じ目黒記念で斤量を背負って結果を出していますからね。馬場、枠順、展開などの注文は相変わらずですが、全てがうまく噛み合う様なら…と思っています」(加藤敬二調教師)。 ◎3か月半振りの京都大賞典は中団の後ろを追走。向正面で進路を外に切り替えたことで直線の伸びを欠き、スマートレイアーの0.6秒差7着。ラチを頼って走る馬で内々を走ることが理想だけに、今日は外に出したことで伸びを欠いた感がある。とはいえ9歳馬。大幅な変わり身となると……。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。1週前にもある程度やってあるし、今週の動きも悪くありませんでしたからね。年齢的に大きく変わりませんが、軽ハンデを生かして頑張って欲しいですね」(池上昌和調教師)。 ◎丹頂S(53キロ)は1周目の2コーナー辺りから一気に前に取り付くが、この時に脚を使ったため後半はバッタリ。プレストウィックの3.5秒差14着とシンガリ負け。近走内容から狙える材料はなく、見送りが妥当。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。