2017年11月4日(土)

11R

2017年11月4日(土) | 5回東京1日 | 15:35発走

第53回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「コンスタントに使っているので、追い切りはこの程度で十分です。ここまでは順調にきていますからね。マイルも考えましたが、もう1度この距離を使うことに。前走は展開に恵まれた感もあったにしても強い勝ち方。広い東京はこの馬に合うと思うので、今回の走りでこの馬の力が分かるのでは……と思っています」(藤沢和雄調教師)。 ◎ききょうS(阪神・芝1400m)は10キロ減も細くは映らず。後方でジックリ待機し、直線の1ハロン手前でも持ったままの手応え。そこから追い出しを開始すると前を行くバーニングペスカを難なく交わし、3馬身半差を付けて快勝。今回は初の左回りになるがスケールは大きく、今回も首位争いの1頭。
「テンションがやや高めなので、今週の追い切りはラスト重点でしたが、これで丁度いいと思います。持てる能力は高いと思うし、東京も経験済み。重賞で相手は揃いますが楽しみはありますね」(菊沢調教師)。 ◎出遅れ癖が気になるが末脚は確か。直線が長い東京に替わる点はプラスで、ここも侮れない1頭。
「中1週ですが追い切りの動きが良かったし、状態はいいですね。前走は馬場が悪い上に出負けしましたが、最後はよく追い上げてくれました。東京のこの舞台は合っていると思うので、重賞でも楽しみにしています」(菊川調教師)。 ◎くるみ賞(東京・芝1400m・不良)は出負けして後方から。直線は外目に持ち出してよく伸びたが、モルトアレグロの0.3秒差3着。ここまで3戦したが全て出負けとゲートに課題。スタートを決めて流れに乗れるようなら。
「日曜日にある程度やってあるので、今日はラスト重点でしたがこれで十分です。1度使っての上積みは大きいし、相手は揃いますが状態の良さで頑張って欲しいですね」(伊藤大士調教師)。 ◎昇級戦のサフラン賞(中山・牝馬限定・芝1600m)は逃げたレッドレグナントの2番手を追走していたが、スローペースから瞬発力勝負になり、伸び負けた格好でレッドレグナントの0.5秒差4着。スピードはあるが、決め手勝負の形になると分が悪そうで展開がポイントに。
「先々週、先週とシッカリやってあるので、今日は予定通り馬ナリ。多少時計は速くなりましたが問題ないでしょう。いい仕上がりで臨めるし、今回も前走と同じ左回りの1400m。相手は更に強くなりますが、ここでいい走りができれば先々が楽しみになるので頑張って欲しいですね」(西村調教師)。 ◎デビュー2戦目のダリア賞(新潟・芝1400m)はスタートが一息も二の脚で2番手に。4角で一気の後続が追い上げるが、同じように動いて逃げたシャインカメリアを楽に交わして快勝。レースが上手で、まだ奥がありそうな馬。東京は初でも中京、新潟と左回りで2連勝。ここも有力候補の1頭に。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整。この中間はシッカリ乗り込んできたのでいい仕上がりで臨めそうです。今回は広いコースの1400mがどう出るかですが、こなしてくれるのでは……と思っているので、楽しみはありますね」(清水久詞調教師)。 ◎函館2歳S(GIII)は好スタートを控えて中団から。道中は折り合いもスムーズ。直線は渋太く粘るウインジェルベーラをゴール寸前で頭差交わして重賞勝ちを収めるとともにこれで2連勝。控えても結果を出せたことで距離の延長は問題ないハズ。レースが上手で上位争いの1頭に。
「ここまでは順調に調整ができたし、状態は悪くありませんが、今回は今までと相手が違いますからね。芝は勝っているので問題ありませんが、どこまでやれるかといったところでしょう」(桑原調教師)。 ◎血統的にはダート色が強く、どこまでやれるかだろう。
「1週前の動きが良かったし、今日はラスト重点でしたが、いい伸びをしていましたね。能力を出せる状態に仕上がったし、マイルまではこなして欲しいと思っている馬なので、いい結果を出して欲しいですね」(音無調教師)。 ◎小倉2歳Sは17番枠からスッと3番手に付ける。スムーズに流れに乗り、直線は大外に持ち出す。残り100mで先頭に立ち、そのまま押し切って快勝も勝ち時計の1分9秒1はかなり平凡。ただ、先行力があって折り合いが付くので距離延長は問題なさそう。左回りも経験済みで仕上がり次第では上位争いの一角。
「1週前にも併せ馬である程度やってありますが、今日の併せ馬は余力を持って先着と状態はいいですね。デビュー戦で舌を越していたので、今回は舌を縛って行く予定。素質のある馬だし、マイルまでならこなせると思うので楽しみにしています」(矢作調教師)。 ◎デビュー戦(新潟・芝1600m・稍重)はスタートで後手を踏んだが、直線は最速の末脚で一気の差し切り勝ち。全姉にブランボヌールを持つ良血馬。牡馬の割には小振りだが、いい瞬発力を持っており、ここも流れ一つで好勝負に。
「勝った後も状態はキープできています。前走は行きたがる面を見せながらも1分22秒0の好時計で勝ってくれましたからね。重賞の方が流れは速くなると思うので、この馬にとってレースがしやすくなると思います。相手は揃いますが楽しみですね」(尾形和幸調教師)。 ◎デビュー3戦目の未勝利(東京・芝1400m)は先団の後ろを追走。やや行きたがる面はあったが、距離短縮が良かったのか、その後はスムーズ。直線は2着のエスターテとの叩き合いをクビ差制して初勝利。時計は水準で、今回のメンバー相手にいきなりとなると……。
「前走から中1週なので追い切りはこの程度で十分でしょう。状態は前走時のモノをキープできています。今回は昇級+重賞で芝のレース。相手が強くなるし、どこまでやれるかですね」(小桧山調教師)。 ◎ダートに切り替えた4戦目の未勝利(東京・ダート1400m・不良)は10キロ増も問題ナシ。好スタートから2、3番手のインに付ける。直線も開いた最内を突いて伸び、ユメイチズの急追をクビ差退けて勝利。芝は3戦して5、8、11着。今回は再度の芝替わりがネックになりそう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。