2017年10月28日(土)

11R

2017年10月28日(土) | 4回東京8日 | 15:45発走

第6回アルテミスステークス(GIII)

芝・左 1600m | 天気:雨 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:2900、1200、730、440、290万円 |

「デビュー戦は馬場が悪かったにもかかわらず、よく頑張ってくれました。2週に渡って長めから追い切った動きが良かったし、状態面は言うことがありません。後は1戦のキャリアがどう出るかと輸送をクリアできれば」(清水久詞調教師)。 ◎デビュー戦(札幌・芝1500m・牝馬限定・重)は好位を楽な手応えで追走。直線に入って仕掛けられると即座に反応して、前を行くサヤカチャンをアッサリ差し切って勝利。重馬場で時計が平凡なのは仕方ないが、メンバーに恵まれた感も否定できない。重賞では上位までとなると疑問符も。
「小柄な馬ですがこの中間はシッカリ調整をしてきました。今日の追い切りは馬場が悪かったので平凡に見えたかもしれませんが、状態は引き続きいいですからね。秘めた能力は高いと思うので、輸送を無事にクリアできれば好レースに……と思っています」(高野調教師)。 ◎デビュー2戦目の未勝利(阪神・芝1600m)は好スタートを控えて3、4番手。スローペースでも折り合いは付いていた。直線に向くとなかなか前が開かず、残り1ハロンから進路を外に切り替えてからはシッカリ伸びてブラックジルベルトを4分の3馬身交わして勝利。小柄だがいい根性がある馬。輸送で体が減らないようなら見せ場くらいは。
「札幌2歳Sは道中でゴチャ付いてしまいましたからね。着差を考えるとスムーズだったら……と思わせる内容だったと思います。今回は初コースになりますが、直線が長い点はプラスだし、能力を出し切れればこの相手でも楽しみです」(松本隆調教師)。 ◎札幌のコスモス賞でステルヴィオ(サウジアラビアロイヤルC・GIII・2着)のクビ差2着がある。札幌2歳Sは道中でゴチャ付くシーンもあってスムーズさを欠き、ロックディスタウンの7着でも差は僅か0.3秒。能力は秘めており、軽く扱うことは危険かも。
「前走は鞍上が上手に乗ってくれました。気難しい面があって集中力があまり長く続かない面があるので、いかに気を抜かさずに走らせることができるかがポイントになりそうですね」(勢司調教師)。 ◎3戦目の未勝利(中山・芝1600m・重)はスタートが一息だったが、二の脚で好位に取り付く。勝負所から進出を開始し、直線は馬群の中ほどから抜け出して2着のイルルーメに2馬身差を付けて初勝利。勝ち時計が平凡で、重賞の今回はどこまでやれるかだろう。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整。この中間はシッカリ乗り込んできましたからね。1週前に長めからやってあるので、今週はラスト重点ですが、仕掛けてからの反応が良かったし、時計も良かったと思います。今は落ち着きがあるし、輸送も問題なさそう。いい決め手を持っているので、良馬場でレースをさせたいですね」(国枝調教師)。 ◎デビュー戦(札幌・芝1500m)はスタートが一息で中団の後ろから。勝負所から進出を開始し、2着馬のミカリーニョの後を追うように伸び、最後はクビ差競り落として勝利。小柄な馬だが、いい切れ味を持っている。重賞の今回が試金石の一戦になりそう。
「中2週ですが追い切りのラストの伸びは良かったと思います。コンスタントに使っていますが、好調を維持できているし、東京までの輸送をクリアできればここでも差はないと見ています」(田所調教師)。 ◎昇級初戦のりんどう賞(芝1400m)は逃げたラヴバインドの2番手を追走。直線もバテてはいないが伸び負けた格好でマドモワゼルの0.3秒差5着。マイルは未勝利を勝っているので問題ナシ。一戦毎の馬体増もプラス材料だが、現状はクラス慣れが必要かもしれない。
「初戦が緩い作りだったにもかかわらず、いい勝ち方をしてくれました。スローペースを物凄い瞬発力で差し切ったように、エンジンが掛かってからの末脚は素晴らしいモノがあります。追い切りの動きから1度使った上積みが見込めるし、能力を出せる仕上がりで出走できます」(斎藤誠調教師)。 ◎デビュー戦(新潟・芝1600m)は出負けして後方から。スローペースの流れになったが、直線は大外に出すと豪快に伸び、カーボナードにハナ差競り勝って勝利。馬格があり、上り3ハロン32秒0という素晴らしい末脚を駆使しての勝利。キャリア1戦でも楽しみな素材。
「放牧明けになりますが、先々週、先週とやってあるし、今週の動き・時計ともに良かったですからね。久々を感じさせない仕上がりで出走できそうです。心身ともに成長が窺えるし、素質もある馬。輸送をクリアできればここでも……と思っています」(安田隆行調教師)。 ◎デビュー戦(中京・牝馬・芝1600m)は好仕上がり。逃げたエムケイフローラルの2番手を追走し、直線坂下で先頭に立ってレッドシャーロットの追撃をクビ差凌いで勝利。『操縦性が高くて、レースセンスがいい馬。マイルまでならこなせそうだし、先が楽しみ』と福永騎手。昇級初戦でも侮れない1頭になりそうだ。
「2週前にCWで長めから追ってあるし、先週もある程度やってあるので、今週は軽めですがこれで十分です。この後に輸送も控えていますからね。馬体がフックラしていい感じに仕上がったし、ここでどれだけやれるか楽しみはありますね」(高橋亮調教師)。 ◎2戦目の未勝利(中京・芝1600m)は中団を追走。勝負所からジワッと進出し、4角では2着のシャルルマーニュに並びかける。そこから追い出されると、少し外に張り気味だったが2馬身半差を付けて快勝。追ってからの伸びが良く、左回りも経験。輸送で極端に馬体が減らなければ好勝負になっても不思議はない。
「この中間はシッカリ乗り込んできたので、今日はラストを伸ばす追い切り。仕掛けてからの反応が良かったし、気合いの乗りも上々です。ここにきて馬体に実が入ってきた感があるし、牝馬同士の一戦なら楽しみです」(鮫島調教師)。 ◎野路菊S(阪神・オープン特別・芝1800m・重)はハナを奪ってスローペースに落とす。直線で手前を替えた時に内にヨレたが、最後まで踏ん張りワグネリアンの3馬身差3着だが、2着馬とは半馬身。牝馬同士の一戦なら重賞でも見劣りせず、無視は危険か。
「前走後は在厩しての調整。初戦が仕上がり途上で、素質だけで勝ったようなモノですからね。今週の動きが本当に良かったし、本格化するのは先かもしれませんが、能力が高い馬なのでここも楽しみにしています」(田村調教師)。 ◎デビュー戦(中山・芝1600m・稍重)は好位を手応え良く追走。直線に入り軽く仕掛けられるとアッサリと先頭に並びかけ、2着のクリッパーに詰め寄られたが4分の3馬身差を付けて快勝。時計は水準だが、センスの良さは目立つ。まだ体に余裕があった分、上積みも見込めるハズ。
「間隔は開きましたが、CWで長めを入念に乗り込んできたし、1週前にシッカリ負荷をかけてあるので、今週は坂路で馬ナリですがいい仕上がりで臨めそうです。跳びが大きいので広いコースに替わる点はプラスだし、輸送も問題なさそうなので楽しみですね」(西村調教師)。 ◎札幌2歳Sは中団のインを追走。多少力みが見られたが、道中はスムーズに走れていた。直線は馬場の中ほどからジワジワと伸びてロックディスタウンの0.3秒差4着と1戦のキャリアを考えれば善戦の部類。牝馬同士の戦いなら更に前進も。
「前走後はここを目標に調整してきました。1週前にもCWで長めからやってありますが、今週もラストを併せる形で長めからやりましたが、これは予定通りです。動きは良かったし、マイルも合うと思うのでここも楽しみにしています」(松永幹夫調教師)。 ◎デビュー戦(新潟・牝馬。・芝1600m)は480キロと牝馬にしては立派でなかなかの好馬体。スタートを決めて好位の馬群を進み、直線は外目に持ち出す。持ったままの手応えで前を捉え、余裕を持って2着のラヴァクールに1馬身4分の1差を付けて快勝。『これが全開ではありませんから』との石橋騎手談から、ここでも怖い存在になりそう。
「前走後は在厩しての調整。初戦が期待通りの強い勝ち方をしてくれたし、今日の追い切りの反応も良かったですからね。後はレース当日に平常心で臨めるようなら楽しみですね」(加藤征弘調教師)。 ◎デビュー戦(中山・芝1600m・稍重)は出負けしてシンガリからの追走。行きっぷりは良くなかったが、勝負所からジワッと進出して前に接近。直線は大外に持ち出して粘るプリモシーンを最速の末脚で豪快に差し切る。切れ味はなかなかで、直線が長い東京に替わる点は好材料。一概には。
「前走は多少余裕があったことと精神面が影響したと思います。今回は連闘になりますが、ダメージが少なかったのでその点は大丈夫です。馬体が締まってくる今回は、もう少しやれてもいいと見ています」(蛯名調教師)。 ◎くるみ賞(芝1400m・不良)は更に馬体が増えて502キロとデビュー時より18キロも増えている。馬体増はいい傾向とはいえ、さすがに立派に映った。そのためか、行きっぷりが今一つで中団からジリジリと後退して、モルトアレグロのシンガリ負けを喫する。馬場も応えたと思うが、良馬場+連闘で絞れてくるようならもう少しやれても。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。