sportsnavi

2017年10月8日(日)

11R

2017年10月8日(日) | 4回東京2日 | 15:45発走

第68回毎日王冠(GII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

「前走後は山元トレセンで休養。8月18日に帰厩して暑さと相談しながらの調整をしてきました。ここまでは順調そのものですよ。春と比べて体が大きくなっているし、1週前の動きも良かったですが、今週の追い切りもとても良かったと思います。今回は古馬のGI馬がいるし、この時期の3歳牝馬が勝つのはとても難しいこととは分かっていますが、この馬は力がありますからね。今回は試金石の一戦になると思っています」(藤沢和雄調教師)。 ◎オークスは好位のインと理想的な位置取り。スローペースでも折り合いはスムーズで、4角では早々と先頭に並ぶところまで。直線は中ほどに出して追い出しを我慢する余裕まで。一瞬は内から来たモズカッチャンに迫られるが、最後はアッサリ突き放して勝利。今回は牡馬+古馬相手の戦いになるが、アイビーSで牡馬を一蹴した馬。軽くは扱えないだろう。
「前走後は放牧に出して充電。いつもより早めに帰厩させてここから始動は予定通りです。ここまでは順調に調整ができたし、速い時計もマークしてきましたから。今日の追い切りの動きがスムーズだったし、春当時の重苦しさがなくなって素軽さも十分。毛ヅヤもまるで違いますからね。春の成績はフランス遠征の疲れが影響したものだと思うし、この馬の力はあんなものではないと思っています。距離もいいし、頭数も手頃な今回は楽しみにしています」(友道調教師)。 ◎大阪杯は後方3番手から。勝負所から進出を開始するが、前で楽をしていた組もペースを上げたため差を詰められず。最後はそれなりに伸びてはいたが、キタサンブラックの0.4秒差4着まで。鉄砲は問題なく、距離もOK。リフレッシュした効果が出ればアッサリがあっても。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。いつもより早めに帰厩してここを目標に調整してきました。春当時と比べるとトモがシッカリして走りのバランスが良くなってきた感じがあります。先週まで入念に乗り込んできたので、今週は単走馬ナリでしたが、動きは良かったと思います。馬に活気が見られるし、落ち着きがあるのも好材料。相手は強くなりますが、今後に向けてどんな競馬をしてくれるのか、という楽しみはありますね」(菊沢調教師)。 ◎ダービーはダッシュを利かせて外枠から好位に。しかし勝負所を前に内にモタれ加減。直線はスタミナ切れした格好でレイデオロの1.2秒差14着。夏を越しての成長が見込めれば4戦3勝と得意の東京+距離で前進はありそうだ。
「前走後は放牧を挟みましたが、思った以上に回復が早かったのでここを目標に調整してきました。今日の追い切りはリラックスして走れていたし、1週前にジョッキーの騎乗である程度やってあるので、馬ナリでしたが動きも良かったです。今回は脚を溜める競馬をする予定だし、1度使った強味を生かして頑張って欲しいですね」(小島茂之調教師)。 ◎3か月振りの新潟記念(56.5キロ)は折り合いを付けて好位を追走。直線は仕掛けてから気の悪さを見せたが、最後まで踏ん張ってカフジプリンスの追撃をハナ差凌いでタツゴウゲキに時計差なしの2着。並ぶとブレーキをかける悪い癖は相変わらずだが、ラストは確実。ここも大崩れはしないだろう。
「遅れはしましたが、併せ馬でシッカリやることができましたからね。調教を入念にやっておけば、休み明けでも走れる馬。今回はメンバーが揃っていますが、東京は外差しが決まるコースだし、実際、昨年3着と走っていますからね。ここもどれだけやれるか楽しみにしています」(音無調教師)。 ◎エプソムCは出が悪く後方から。終始インを回ってコーナー毎に差を詰めてはいたが、スローペースということもあって末脚は不発。ダッシングブレイズの1秒差12着。東京は得意とはいえ、末一手の脚質に加えて相手も強化。どこまでやれるかだろう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は入念に乗り込んできました。ただ、この馬は休み明けはもう一つのタイプだし、今回は久々の芝になりますからね。それに相手も揃っているのでどこまでやれるかでしょう」(金成調教師)。 ◎オアシスS(ダート1600m)は後方の外目を追走。直線はジリジリと差を詰めてアルタイルの1秒差5着も完敗の格好。今回は久々の芝に加えて重賞と条件は厳しく、上位は厳しい。
「前走は一線級を相手にメドの立つ競馬をしてくれました。年齢的に大幅な変わり身はどうかと思いますが、1週前の追い切りの動きが良かったし、爪に不安のあった前走時よりいい状態で臨めそうです。久々ということで少し馬がボケている感じがしましたが、追い切りに乗ったジョッキーが『そんな感じはなかった』とのこと。距離は問題ないし、ここでいい結果を出せるようなら天皇賞に……と思っています」(大竹調教師)。 ◎3か月振りの安田記念は初重賞+GIだったが、出遅れて後方で脚をタメる競馬。コーナーワークで差を詰め、直線は進路ができるといい伸びを見せてサトノアラジンの0.1秒差4着と好走。いきなりGIでやれるメドを立てた。東京は5戦4勝をあげている得意のコースに加えて距離もOK。鉄砲は◎でGIIのここなら好勝負は可能。
「昨年は夏負けが尾を引いたこともあって、今年は湿気の少ない北海道に放牧に出したことが良かったですね。昨年より気配は断然いいと思います。1週前に坂路で好時計をマークしてあるので、今週はラスト重点ですが折り合いが付いていたし、タフな馬場にしてはいい伸びを見せてくれました。長くいい脚を使うのでこの舞台は合うと思います。ただ、久々の分がどうかという不安はありますが、休み明けでも力を出せる馬ですからね。オンとオフの切り替えもできるようになったし、馬がドッシリしてきた今なら楽しみですね」(安藤調教助手)。 ◎3か月振りの中山記念は太目なく仕上がる。中団の外目をスムーズに折り合って運んでいたが、4角手前で早々と手が動き、しかも手応えはイマイチ。直線もこれといった伸びは見られず、ネオリアリズムの0.7秒差8着。当該舞台は共同通信杯勝ちがあり問題ナシ。鉄砲は問題なく、立て直した効果が見られるようなら。
「前走後はリフレッシュ放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前にある程度やってあるので、今週はラスト重点ですが、騎乗したジョッキーは好感触を得た様子でした。この距離は初めてですが、掛かるタイプではないので大丈夫。GIウィナーがいてメンバーは強力ですが、開幕週の馬場を考えるとハナを切ってもいいのでは……という気持ちもありますね」(手塚調教師)。 ◎2か月振りの関屋記念は16キロ増でも太くは映らず。好位の外目を追走していたが、直線は思った程弾けずマルターズアポジーの0.3秒差4着。今回は初の1800mになるが、2000mで2着があるので問題はないハズ。ここも前々でスムーズに運べるようなら。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。ここから始動は予定通りです。1週前に坂路で併せ馬をやってあるので、今週はジョッキーに騎乗してもらいリズム重視の追い切りをしましたが、真っ直ぐ走っていた点は良かったと思います。この舞台はベストといえるし、最後まで集中力を切らさず走れるようなら……と思っています」(橋口調教師)。 ◎中京記念(58キロ)は離れたシンガリから。直線だけ僅かに差を詰めてウインガニオンの1.1秒差10着と内容的には平凡。色々と試行錯誤しているようだが、結果が伴わない現状。今回も上位までは疑問符。
「前走後は北海道の牧場に放牧に出して疲れを取ることに専念。帰厩当時は輸送で体が減りましたが、今は回復しています。春当時とメンタル面は変わりありませんが、体付きなどは子供っぽさが抜け、夏を越して大人になってきましたね。今日は馬ナリでしたがラストの反応は良かったし、いい仕上がりで臨めそうです。今回は古馬の強豪が相手になりますが、今後に繋がる競馬ができれば……と思っています」(畠山調教師)。 ◎ダービーは大外枠から中団の前に付ける。しかし3角辺りから手応えが怪しくなり、直線はジリジリと後退してレイデオロの1.5秒差15着。今回は得意の距離になるが、初の古馬が相手でどこまでやれるかだろう。
「前走後は放牧に出しましたが、この夏を順調に過ごせたことは何よりでした。いつもより早めに帰厩し、ここまでは予定通りの調整ができています。年齢的に大きな変わり身はありませんが、1週前の動きが良かったし、今週もシッカリ動けていましたから。一追い毎にシャープさも出てきましたからね。跳びが大きく1度ブレーキを踏むと再加速に時間がかかるので、早めに外に出してスムーズに走れることが条件になりますが、広い東京は脚質的にもピッタリですからね。距離は自分のリズムで走れば問題ないと思います」(兼武調教助手)。 ◎叩き2戦目の安田記念は4キロ増も好仕上がり。出負けしたため後方でジックリ脚をタメる。直線は大外に持ち出すと素晴らしい末脚で逃げたロゴタイプをゴール寸前にクビ差交わして勝利。距離は守備範囲で東京もOK。鉄砲も比較的利くタイプで今回も上位の一角に。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。