2017年6月11日(日)

11R

2017年6月11日(日) | 3回東京4日 | 15:45発走

第34回エプソムカップ(GIII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

「前走後はいつも通り放牧を挟んでここを目標に調整。1週前にもやってあるし、今週は併せ馬で先着と動き・仕上がりともにいいと思います。昨年のこのレースが逃げて3着。今年は2キロ増の58キロになる点と同型との兼ね合いがどうかですが、控える競馬もできますからね。昨年に引き続いて今年も期待はしています」(相沢調教師)。 ◎福島民報杯(57.5キロのトップハンデ)は逃げたシャイニングレイの3番手。4角で早くも先頭に立ち、フェルメッツァの追撃を抑えて完勝。叩き2戦目での変わり身を見せた一戦。右回りがベストも控える競馬で結果を出せた点はプラスで軽くは扱えない。
「前走後は在厩して調整。その前走が復調を窺わせる内容でしたからね。1度使ったことで馬がピリッとしてきたし、距離が1ハロン短縮される点もプラス。昨年と同じローテーション(新潟大賞典2着→エプソムC2着)なので、調整が楽だったし、今年も楽しみにしています」(岸本調教助手)。 ◎新潟大賞典(57.5キロのトップハンデ)は後方でジックリ脚をタメる。直線は外めに出し、最速の末脚でよく追い込んだがサンデーウィザードの0.3秒差4着。一頃のスランプから脱した感があり、距離もベストといえる1800m。そろそろ警戒が必要かも。
「前走はスローペースもありましたが、前で流れに乗った競馬ができた点は収穫でした。今日の追い切りで好時計をマークしたように大分復調気配が窺えます。相手は揃いますが、少しでも時計を要するようなら……と思っています」(佐藤調教助手)。 ◎叩き3戦目のメイS(53キロ)は3番手を追走。最後は決め手の差が出た格好でタイセイサミットの0.4秒差5着だが、内容は悪くない。ただ、相手が強化される今回は上位までとなると……。
「前走はいい脚を使ってくれたが、あれだけスローでは……。この中間は順調に乗り込めたし、今週の併せ馬の動きも上々。調教と実戦が直結するタイプなのでその点では楽しみですね。東京には実績があるし、目標にしていたレース。ジョッキーも癖を掴んでいますからね。後は脚質が脚質なので末脚を生かせる展開になって欲しいですね」(音無調教師)。 ◎メイS(57キロ)は出負けしてシンガリから。最後は最速の末脚で追い込んできたが、スローペースから上りの競馬になったため、0.3秒差4着までが精一杯。末一手の脚質から今回も展開の助けが必要。
「前走後は疲れが出たので放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができています。あまり稽古駆けしない馬ですが、今日はそれなりに時計は出たし、いい追い切りができたと思います。8歳馬で大幅な変わりはありませんが、今はこのくらいの距離の方がいいと思うし、少しでも時計を要するようなら……と思っています」(池上昌和調教師)。 ◎白富士Sは好位を追走も直線に入ると伸びは案外。スズカデヴィアスの0.7秒差9着。明けて8歳になり、大幅な変わり身は望み薄。相手強化の今回は苦戦か。
「今日はラスト重点の割には好時計が出ましたね。いい状態をキープできているし、息遣いもいいですよ。前走内容から見ても、東京コースは合っていることは間違いないと思います。距離は問題ないので、後は良馬場で競馬ができれば……と思っています」(佐藤調教助手)。 ◎ヴィクトリアマイルはスタート直後に挟まれるが、道中は折り合って中団の後ろ。直線は外に出し、最速の末脚でアドマイヤリードの0.2秒差2着と好走。東京のマイル戦で変わり身を見せた。距離延長は問題なく、牡馬が相手でも軽くは扱えないだろう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。疲れも取れていい状態です。1週前にビシッとやってあるので、今週は馬ナリの調整ですがこれで十分でしょう。今は落ち着きもあるし、ハナにこだわることなく自分のペースでリズムよく走れば、重賞でも期待できると思います」(栗田博憲調教師)。 ◎小倉大賞典(56キロ)は勝ったマルターズアポジーを追いかけたとはいえ、3角で早々と手応えが怪しくなってジリジリ後退。結局、勝ち馬から2秒1差のシンガリ負け。鞍上の談話は敗因が?で、得意の東京+鉄砲OKで立て直した効果が出れば上位争いに。
「1週前の追い切りが良かったし、今週の動きも良かったと思います。最近の中では一番元気があっていい状態ですね。年齢的に大きな変わり身はどうかと思いますが、東京は相性がいいコースなので前進を期待しています」(兼武調教助手)。 ◎新潟大賞典(57キロ)は離し逃げを打ったが、4角でマイネルフロストに並ばれた時点でほぼ一杯加減。サンデーウィザードの0.7秒差8着。良績がある東京に替わるが、近走の成績からは狙いにくい。
「前走はスローペースで早めに動きましたが、最後はハンデの差が出てしまいましたね。間隔が詰まっているので中間は疲労回復に重点を置いた調整。今日の追い切りは遅れたとはいえ、相手が調教駆けする馬なので問題ありません。今回は56キロで出られるし、どんなレースをしてくれるか楽しみにしています」(斎藤誠調教師)。 ◎メイS(57.5キロ)は途中からハナを奪いスローペースに持ち込む。理想的な形で運べたが、勝ったタイセイサミットに早めに交わされて0.3秒差の3着。最後は伸び負けたがよく粘った点は評価できる。一昨年のNHKマイルを勝った馬。今回も好勝負に。
「今日は併せ馬で気を抜かないように緊張感を持たせた追い切りをしました。時計にこだわらず、リズム良く走らせて先着したし、いい追い切りができたと思います。前走はスローで追い出しを待った分届かなかったし、最後は嫌気を見せていましたからね。昨年とは状態が違うし、器用なタイプで長くいい脚を使える馬なので、位置取りにはこだわりませんから」(小島茂之調教師)。 ◎メイS(56.5キロ)は好位を折り合って追走。スローペースで上りの競馬になったが、一旦は抜け出すかの勢いも最後は自ら突っ張るような感じで、勝ったタイセイサミットを交わせずクビ差の2着。能力はあるが詰めの甘さがネックといえそう。
「前走の敗因は道悪に尽きますね。この中間は順調に調整ができたし、今週の動きも悪くはありませんでしたから。気難しい面があるので、ノビノビと走れる広い東京コースはいいと思います。それにワンターンの1800mという舞台もいいですね。後はこの馬向きの展開になってくれるようなら……」(兼武調教助手)。 ◎都大路Sは中団を追走。馬場(不良)が応えたのか、展開なのか……、直線は全く伸びを欠いてダノンメジャーの2.3秒差10着。重賞好走歴があり力は通用。良馬場で見直したい1頭。
「前走はエンジンの掛かりが遅いこの馬にとってスローペースが応えましたね。使った後も疲れは見られないし、今週の動きも良かったのでいい状態で臨めそうです。この距離は守備範囲だと思うし、安田記念を見送ってここまで待ったレース。何とか初重賞を……と思っています」(吉村調教師)。 ◎叩き2戦目の京王杯SCは重馬場が応えたか、伸びはジリジリ。それでも勝ったレッドファルクスから0.4秒差の7着と着順ほど負けてはいない。ベストはマイルで今回は初距離の1800mがどうかも、東京の2000mで4着があるのでギリギリ持つか……。
「1週前にもある程度やってありますが、今日はラスト重点とはいえ、いい負荷をかけることができました。状態面は全く問題なく、いい状態で出られそうです。この馬は長くいい脚を使うので、直線が長くて広い東京コースはピッタリだと思います。前走に引き続いて好レースを期待したいですね」(上原調教師)。 ◎都大路S(不良)は中団の後ろ。直線で外に出し、最後は最内に進路を取ってダノンメジャーの0.2秒差2着。緩い馬場が良かったのかも……。ただ、重賞でもスプリングS3着、ラジオNIKKEI賞2着、ダービー卿CT2着があり、能力は十分足りる存在。
「予定より少し時計は速くなりましたが、動きは良かったし、いい負荷をかけられたと思います。前走では相手が来るとまたやる気を出すという面を見せていたし、最後は遊んでいたようにまだ伸びシロがあると思います。本格化はまだ先だと思いますが、自在性があるし、使った上積みもありますからね。今回も楽しみにしています」(矢作調教師)。 ◎メイS(54キロ)は逃げたクラリティスカイの2番手を追走。直線の入り口で早くも先頭に立ち、アストラエンブレムの追撃を凌いで2連勝。3歳春は重賞でも善戦していた馬。復調気配濃厚の今なら見せ場はあっても。
「前走は馬場が悪かった分、最後が甘くなった感じでした。幸い使ったダメージはなく順調に調整ができています。1週前に長めから追い切った動きが良かったし、今週はラスト重点ですが時間帯を考えるといい伸び脚をしてくれました。左回りは金鯱賞で2着、東京にも実績があるので重賞でも……と思っています」(中尾調教師)。 ◎都大路S(不良)は逃げたダノンメジャーの2番手を追走も、最後は馬場の影響もあって粘りを欠き、ダノンメジャーの0.7秒差4着。東京は勝ち鞍(500万下)があり、コース替わりは問題ナシ。金鯱賞2着の実績もあり、良馬場なら軽視は危険かも。
「1週前にCWでシッカリやってありますが、今週は坂路でラストをビシッと。シッカリ伸びていたし、状態はいいですね。直線が長くて広い東京コースは競馬をし易いし、重賞で相手は揃いますが楽しみは持っています」(橋田調教師)。 ◎都大路Sは馬場(不良)を意識して好位から早めの競馬。直線はジワジワと差を詰めてダノンメジャーの0.4秒差3着。決め手勝負ではやや見劣るが、今日は時計を要する馬場に助けられた感。良馬場で高速決着になった時は割引が必要かも。
「昨年の函館記念以来の実戦になりますが、ここまで入念に乗り込んできたし、暖かくなるにつれて馬体も絞れてきました。1週前にもある程度やっていますが、今週の動きも良かったと思います。1800mはこの馬が得意とする距離だし、ブランクは長いですが能力の高い馬ですからね。楽しみにしています」(津曲調教助手)。 ◎昨夏の函館記念(57キロ)でマイネルミラノの1秒差9着以来、約11か月振りの一戦。鉄砲は利くタイプとはいえ、今回は超久々。能力は見劣らなくても、即上位争いかとなると疑問符も。
「前走はペースや展開が向かなかったこと、位置取りの差などもありましたが、もう少し最後は伸びて欲しかったですね。その後はここを目標に調整。今週の追い切りの動きが良かったし、体調が上向いていることは確かです。前走は多少ハミを噛む面が見られたので、前に馬を置き、折り合ってレースができるようなら重賞でもやれていいと思っています」(矢野英一調教師)。 ◎メイS(55キロ)は中団から。ラストもこの馬なりに伸びてはいるが、本来の切れには一息。今回も得意の東京・1800m。展開一つで出番があっても。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。