IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年6月4日(日)

11R

2017年6月4日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第67回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10300、4100、2600、1500、1030万円 |

「前走から中2週ですが、大きなダメージもなく順調に調整はできています。1週前にサラッとの予定が好時計。それだけ具合がいいということでしょうね。それでいてテンションは上がっていませんからね。今週はラスト重点ですが、最後はいい伸び脚。GIのマイル戦で流れは厳しくなると思いますが、脚をタメる競馬を……と思っているので、むしろ合っているかもしれません。後は良馬場で競馬ができるといいですね」(斎藤誠調教師)。 ◎京王杯SCはスローペースの2番手を追走。展開的には理想だったが、少し行きたがる面が見られ、脚をタメることができずにレッドファルクスの0.4秒差6着。コース替わりは問題ないが、ベストは1400mかも。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整をしてきました。この中間は順調に乗り込めたし、最終追いはラスト重点でしたが上々の伸びでした。いい雰囲気を保ってレースに臨めそうです。ここにきて精神面もシッカリしてきたし、GIで相手は揃いますが、馬場でも渋るようなら楽しみですね」(小島太調教師)。 ◎4か月振りの大阪杯は中団を追走もラストの伸びはもう一つといった感じで、キタサンブラックの1.2秒差10着。一連の成績からやや頭打ちの感が強く、上位までは疑問符。
「先週シッカリやってあるので、今週は馬ナリでサラッとでしたがこれで十分です。この中間は順調に乗り込めたし、体調面は変わらずいいですから。コース替わりは問題ないし、GIで相手は強くなりますが、自分のリズムで走れるようなら……と思っています」(浜田調教師)。 ◎叩き2走目のマイラーズCはハナを奪ってスローペースに持ち込む。理想の展開になったが、最後の一踏ん張りが利かず、イスラボニータの0.3秒差5着。着差と時計を考えると健闘の部類だが、今回はGIで更に相手が強化。上位争いまでとなると……。
「前走後は放牧を挟み、帰厩後はここを目標に調整してきました。追い切りは遅れましたが、元々が調教はあまり動かない馬なので問題ありません。それに時計を要する時間帯でしたからね。この馬は出して行くとハミを噛むところがあるので、マイルなら掛かる暇はないのでは……。脚質が脚質なのである程度ペースが流れてくれると有難いと思っています」(音無調教師)。 ◎大阪杯は後方から折り合いに専念。最後はマカヒキと共に大外から追い上げてきたが、前が止まらない展開でキタサンブラックの0.4秒差5着。それでも上りは最速で、約2年半振りのマイル戦に対応できるかどうかがカギになるが、前崩れなら差し切りも。
「今年も輸送で体重は減りましたが、筋肉が落ちたわけではありませんから大丈夫です。追い切りの動きも昨年とは違って力強さが見られたし、いい追い切りができたと思います。昨年の経験が今回に生かされたのか、検疫や国際厩舎に移動をしても落ち着くのが早かったし、力が有り余っている感じがあります。年を重ねたことで大人になったし、成長も感じます。更に力を付けているし、東京コースも1度経験したことで今回は大幅に変わると見ています」(ジョン・サイズ調教師)。 ◎昨年の安田記念は馬込みで揉まれる形となり、リズム良く走れずシンガリ負け。しかも-21キロと大幅な馬体減も影響。前走でGIを制し、勢いを付けての来日。今年は鞍上に魔術師・モレイラを迎えての参戦で怖い存在になりそうだ。
「前走から中2週と間隔が詰まっているので、1週前は長めからサラッと。今週は併せた相手が掛かり気味に行ったため、時計は速くなりましたが、シッカリやれたことは良かったと思います。前走はスローペースでも折り合えたし、1ハロンの延長自体は大丈夫だと思います。後はマイル戦での適性があるかどうか、その点だけでしょうね」(尾関調教師)。 ◎京王杯SCはスムーズに折り合って中団の後ろから。直線は外めに出し、アッと言う間に抜け出してクラレント以下に差し切り勝ち。道悪で58キロを考えるとさすがにGI馬といった感。今回は3年半振りとなるマイル戦。その点がポイントになりそう。
「1週前にウッドコースでいつもより強く追い切って負荷をかけ、今週もジョッキーの騎乗でシッカリ追い切りました。蹄葉炎を患ったことで爪に不安がある馬。出否に関しては追い切った後の足元の状態と馬体の確認を見極めてからになりますね。今回は重賞を走ったことがないのにいきなりGIですからね。能力はかなりのモノを秘めているので、出す以上は期待していますが、雰囲気に飲まれず普段通りの競馬ができるかどうか……でしょうね」(大竹調教師)。 ◎東風Sは後方2番手を追走。スローから上りの競馬になったが、4角で外に持ち出すと最速の末脚でゴボウ抜き。2着のダイワリベラルに1馬身差を付けて快勝。これで休みを挟ん5連勝。東京は4戦4勝と◎。GIのここが試金石の一戦となりそうだ。
「1週前にシッカリ追い切り、当週は余裕を持たせるパターンが多かったんですが、今日はハードに追い切るように指示しました。これは予定通りですよ。この馬の性格なのか、レースではゴール前で気を抜くところが見られます。今回はGIで厳しい競馬になることは確かなので、それに対応できるような調整をしてきました。コース替わりは問題ないし、古馬になって落ち着きが出て成長が感じられるし、ここは春の最大目標としていたレース。好レースを期待しています」(笹田調教師)。 ◎約2か月半振りのマイラーズCは中団。自然と位置取りが後ろになったが、4角手前から進出し、最後はイスラボニータとの競り合いに持ち込むが、伸び負けた格好で半馬身差の2着。東京替わりは問題なく、今回も上位の一角を形成。
「前走から中1週の競馬になるので、追い切りはサラッと。前走は着順こそ悪かったけど、上りの脚は速かったですからね。GIで相手は強くなりますが、気分を損ねずに走らせることができれば……と思っています」(田村調教師)。 ◎ここ一連の成績からGIでは手を出し辛い。
「前走から中2週になるので、馬ナリの調整ですがこれは予定通りです。ラストの伸びは良かったですよ。調教と実戦が直結するタイプだし、元々が叩き良化型。3戦目の今回はもっと動ける状態になっています。東京のマイルはベストの舞台。年齢的に今年がラストチャンスだと思うので頑張って欲しいですね」(橋口調教師)。 ◎叩き2走目の京王杯SCはスローペースで先団の外めをスムーズに追走。道中被されることもなく、自分のリズムで走れたことと馬場(重)が好走の一因と言えなくもないが……。今回は相手が強化され、再度同じ競馬ができるかとなると疑問符も。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。太めが残らないように1週前にビシッと追い切りましたが、今週も目一杯。いい動きをしていたし、状態は引き続きいいですよ。前走は位置取りの差が出た感じでしたが、メンバー中で最速の末脚を使っていたし、本来が好位差しの馬。いい位置で流れに乗り、持ち味の瞬発力を生かせるようなら……と思っています」(音無調教師)。 ◎約2か月半振りのマイラーズCは中団からエアスピネルをマークする格好。エアスピネルの後を追うように追い上げを開始するが、上りの速い競馬になり、イスラボニータの0.2秒差4着。東京新聞杯と違う形になったことが敗因かも……。展開一つで巻き返しも。
「今日はゲートからの追い切りをしましたが、ゲートが苦手ということではなく、馬をシャキッとさせるための一つの手法です。2006年にブリッシュラックが勝った時も最終段階の仕上げとしてやりましたから。馬場は多少の降雨くらいなら問題ありませんが、硬い馬場は幾ら硬くなっても大丈夫です。スタミナがあるので直線が長い東京は打って付けだと思います。それに日本の競馬はある程度ペースが流れるので、末脚を生かすことができるのもいいですね」(アンソニー・クルーズ調教師)。 ◎過去、コンテントメントとは3勝3敗と五分の成績。切れ味が武器の馬で良馬場が条件。持ち時計は1分33秒2が最高で、1分32秒台の高速決着になった際に対応できるかどうかがカギになりそう。
「前走後は放牧に出し、帰厩後はこのレースを目標に調整をしてきました。1週前に最後までシッカリ追ってあるので、今週は馬ナリですがいい動きでした。ここにきて力を付けてきているし、前々の競馬で瞬発力を生かせる競馬ができればこの相手でもヒケは取らないと見ています」(国枝調教師)。 ◎ダービー卿CT(56キロ・稍重)は逃げたクラレントの2番手・インを追走。直線は馬場のいい外めに持ち出す。スローペースだったことも有利に働き、最後はキャンベルジュニアの追撃を半馬身制して初重賞勝ち。今回は得意の東京も相手強化でどこまでやれるか……。
「前走から中2週と間隔が詰まっているので、今週は馬ナリですが、前走より動いていましたからね。1度使ったことで馬体が引き締まってきたし、6歳になって馬体に実も入ってきました。GIではいい結果が出ていませんが、素晴らしい瞬発力を持っている馬。パンパンの良馬場で競馬ができればやれる力を持っていると思うので、改めて期待したいですね」(池江調教師)。 ◎約5か月振りで遠征帰り初戦となった京王杯SCは後方から。スローペースの上に道悪ということもあって、折り合いにも苦労してレッドファルクスの0.4秒差9着。今回は参考外ともいえる一戦。良馬場で改めて見直したい。
「1週前にある程度負荷をかけてあるので、今週はサラッとでしたが、いい動きをしてくれました。2頭併せでしたが、外に他厩舎の馬が重なったために5頭併せの形で実戦のような感じになりましたが、意に介せず先着しましたから。前走を勝ったことで馬が自信を持ったと思うし、これほど順調にきたのは久し振り。ここにきて馬がドッシリしてきたし、昨年とは中身が違います。鞍上にも勢いがあるので楽しみにしています」(栗田博憲調教師)。 ◎4か月振りのマイラーズCは中団から。勝負所から徐々に進出を開始し、4角では先団の後ろ。直線でスペースができると外めに出してエアスピネルとの叩き合いを制して勝利。年齢的な衰えどころか、むしろ強さを感じさせる内容。東京替わりもプラスで再度上位争い。
「前走後はダービー卿CTを予定していましたが、フレグモーネのために自重。放牧に出して5月5日に帰厩しました。1週前にも負荷をかけましたが、今週の動きも無理なく動けていたし、いい仕上がりで臨めますよ。ハナにこだわらなくても自分のリズムで走れれば問題ないし、今回は昨年の勝利がフロックではないことを証明したい、そう思っています」(田中剛調教師)。 ◎2か月半振りの中山記念はハナを奪うが、向正面でマイネルミラノが捲ったために離れた2番手。4角でマイネルミラノに並び、一旦は先頭に立ったが、最後は息切れ。ネオリアリズムの0.2秒差3着。昨年の覇者でもあり、今年も流れ一つでは。
「暖かくなるにつれて状態がアップしています。あまり調教駆けしないので、ここまで目立つ時計は出ていませんが、シッカリ負荷はかけてきましたからね。状態は間違いなく前走以上といえるし、58キロの斤量も問題ありません。GIでメンバーは揃いますが、ある程度の位置で流れに乗った競馬ができれば楽しみです」(手塚調教師)。 ◎約2か月半振りのマイラーズCは逃げたサンライズメジャーの2番手。スローペースでも折り合いはピタッと付いていた。最後は上位2頭に伸び負けしたが、逃げたサンライズメジャーを交わして3着は確保。得意の左回りに替わる点はプラスで軽くは扱えないかも。
「先週CWで長めからやってラスト1ハロンが11秒台と、好調をキープしています。この中間は在厩調整でマイル戦に対応できるように調整をしてきたし、元々が叩き良化型ですが、在厩の効果で馬がピリッとしてきました。マイル戦でも重賞を勝ったことがある東京だし、ビッグタイトルを獲得する一歩手前まできている馬。条件面がうまく噛み合うようなら……と思っています」(田代調教助手)。 ◎大阪杯は促して好位のイン。キタサンブラックを見つつ、スムーズな立ち回り。キタサンブラックこそ捉えられなかったが、ヤマカツエースの追撃を半馬身抑えて2着(0.1秒差)は確保。今回は約2年8か月振りのマイルで流れに乗れるかどうかがカギ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。