sportsnavi

2017年2月19日(日)

11R

2017年2月19日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第34回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

「前走から間隔はあまりありませんが、ダメージは少なかったので状態面は心配ありません。課題の芝スタートも10日に芝に入れた反応が良かったので問題ないし、追い切りもあまり動く馬ではないので、時計的にこれだけ動けば十分です。体が硬かった以前と違って今は馬体に柔らか味が出てきましたからね。チャンピオンズCを勝った当時と同じデキにあるし、直線が長い東京コースもプラス。今回は流れが速くなりそうな点も好材料だと思いますね」(高木調教師)。 ◎川崎記念(JpnI)は超スローペースの後方から。位置取りの差が結果に反映された形でオールブラッシュの2着。東京は問題ないが、久々のマイルと時計勝負に対応できるかどうかがカギになりそう。
「前走は58キロを背負っていたし、時計のかかるダートも影響して3着。今回はベストといえる左回りのマイル戦で55キロでの出走と条件は好転。昨年のこのレースは馬場が少なからず影響しての10着。相手は揃いますが少しでも時計を要すようなら……と思っています」(高木調教師)。 ◎近走は交流重賞を主体のローテーション。今回はGIで牡馬混合の一戦。上位食い込みとなると疑問符も。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。その前走が中2週のローテーションでテンションが高く、この馬としてはイレ込んでしまってゲートが一息。それを行かせたことでハミを噛んでしまいましたからね。おまけに先行勢には苦しい流れでした。ここにきて背丈が伸びて筋肉も付いてきました。その分、体重は増えていると思いますが心配ありません。前走がこの馬の力ではないし、状態も言うことナシ。例えGIでも十分やれると見ています」(平田調教師)。 ◎チャンピオンズCは出負けして中団からのレースも、道中やや力みが見られたことが原因で最後の伸びを欠いた感があり、サウンドトゥルーの12着と大敗。ユニコーンS1着、武蔵野S2着を含め東京・マイル戦は3戦2勝2着1回とベストの舞台。改めて狙う手も。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。最近はズルさが出てきたのか、自分から走るのを止めているような感じで年齢的な衰えではありません。1週前の追い切りが良かったし、今週も引き続きいい動き。この馬はタメても切れるというタイプではないので、番手かあるいは好位から抜け出すという前で流れに乗った競馬が理想。今回は良績があるマイル戦だし、最後まで集中して走れるようなら巻き返せるのでは……」(村山調教師)。 ◎東京大賞典はスンナリ先手を奪ってマイペースの逃げ。しかし、いつもの粘り強さが見られず、アッサリ交わされてアポロケンタッキーの1.7秒差5着。マイルは南部杯で1分33秒5と芝並みの時計でレコード勝ちを含め5勝と得意だが、やや勢いが落ちた感も。
「前走はスタートで後手に回り、内で包まれ力を出し切れずに不完全燃焼。幸いなことにその反動はなく、この中間は順調そのもの。最後まで集中して走れていた1週前の追い切りが凄く良かったし、今週の動きも上々。昨年3着のこのレース、今年もいい雰囲気で臨めそうだし、自分の形に持ち込めるようなら……と思っています。前走が内で包まれたので、できればスムーズに運べる外目の枠を引けるといいですね」(釘田調教助手)。 ◎東海Sはゲートで突っかけて行けず終い。1枠1番が災いし、内で包まれ動くに動けず不発に終わる。昨年3着と好走している同馬、ゲートを決めてスンナリ先行できれば。
「前走後は放牧に出し、このレースに合わせて帰厩しました。1週前の追い切りで好時計をマーク。速いラップを踏んだ割に最後までシッカリ走れていたし、この馬らしい走りを見せてくれました。今週の追い切りの動きも良かったし、好時計をマーク。今日の追い切りを見る限り、フレグモーネで休んだ影響は全く心配ありません。昨年勝っているレースだし、今年も自分の走りができればチャンスはあると見ています」(石坂調教師)。 ◎昨年のこのレースをレコード勝ちした覇者。昨年9月に復帰して以降、交流重賞で2着の他が7、7着と物足りない成績だが、中間の調整過程と状態如何によっては好走可能。今回は中間、追い切りで着用していたメンコをレース当日のゲート裏まで着用する予定。
「前走は勝負所から掛かってしまったために伸び負けの格好になりましたが、最後はジワジワと盛り返してくれましたからね。内容自体は悪くなかったと思います。マイルでも勝っているので距離は大丈夫だと思いますが、今回はGIで相手が揃いましたからね。ただ、8歳でも衰えは見られないので頑張って欲しいですね」(鮫島調教師)。 ◎休み明けを3戦したが11、15、7着と良化がスロー。明けて8歳、大幅な変わり身となるとどうだろう。
「前走後は在厩しての調整。この中間の乗り込みは十分足りているし、追う毎に馬に気持ちが入ってきています。馬体の張りも戻ってきているし、追い切った後の息の入りも良化。叩き3走目で間違いなく良くなっています。今回は久々のマイル戦で初ダート。ダ-トに関してはやってみないことには何とも言えませんが、こなして欲しいという希望はありますね」(辻野調教助手)。 ◎芝での成績は素晴らしいが、今回が初ダート。この世界では歴戦の強者といわれるメンバーが揃ったGIで即上位を狙えるほど甘くはないだろう。
「前走は力を出せるようにシッカリ仕上げての出走で期待をしていましたが、惜しいレースでした。幸い、栗東に戻ってからもダメージは見られず元気一杯です。前走から中2週で再遠征になりますが、シッカリ追い切ったし、これで十分だと思います。年齢の割には数をあまり使っていないし、前走のレース内容を見る限り衰えは全く感じられません。展開等、条件がうまく噛み合うようならチャンスはあると見ています」(石坂調教師)。 ◎約2か月半振りの根岸Sは58キロを背負い、一旦は抜け出したがカフジテイクの強烈な末脚に屈して2着。今回は定量戦で57キロなら上位争いに。
「前走後も疲れは見られないし、順調にきています。今回は乗り替わりになりますが、水曜日にジョッキーに乗ってもらってコンタクトを取ってあるので大丈夫。1週前、今週といい動きをしてくれたし、テンションも上がらずいい雰囲気を保っています。状態に関しては何の不安もありませんね。今回も得意としている東京だし、距離もOK。今回も後方からの競馬になりますが、更に成長を感じる今のデキならGIでも楽しみです」(湯窪調教師)。 ◎強烈な決め脚でゴボウ抜きを演じた根岸S。昨秋の武蔵野S3着からマイルは問題ナシ。パワーアップ歴然の今ならGIでも十分やれてもいいだろう。
「昨秋、去勢手術をしてから時間が経ったことで馬体重や体調面が安定してきました。ここ2週に渡ってシッカリ追い切っているので、今週はそれ程やらなくても大丈夫。昨年のこのレースが2着とマイルはベストの舞台。昨年は道悪で時計が速くなったことが応えましたが、パサパサの良馬場なら違うと思います。ただ、輸送で体が減るケースがあるので金曜日の入厩も予定しています」(加藤征弘調教師)。 ◎東京大賞典はスローペースに泣いた格好でアポロケンタッキーの1.1秒差4着。今回が去勢明け4戦目+得意の東京。馬体が増えて出てくるようなら巻き返しも十分。
「差し馬の展開になった前走で先行性の中では最先着でしたからね。左回りでも問題はなかったし、レースの内容も良かったと思います。コンスタントに使ってきたので上積みはどうかと思いますが、状態はキープできています。交流重賞を含めて近走は掲示板を外していないし、展開などうまく噛み合うようならGIで通用しても……と思っています」(庄野調教師)。 ◎根岸Sは先行策を取るも最後は後方から来た馬に一気に交わされてカフジテイクの5着。それでも先行勢の中では最先着。今回はマイルの距離がどう出るかがポイントに。
「ここまでコンスタントに使っていますが、疲れもなく順調そのものです。ここ2戦は前がカベになって力を出し切れない競馬が続いていますが、崩れずに走っている点は評価できると思います。精神面の成長に伴ってイレ込みがマシになってきたし、マイルも芝とはいえ勝っていますからね。直線が長い東京はこの馬にピッタリだし、後方でシッカリ脚を溜めて、能力を出し切れるようなら楽しみですね」(中尾調教師)。 ◎根岸S3着の内容から重賞でもやれるイメージはあるが、今回は初のマイル戦。追い込みタイプで掛かる不安はない?!と判断すればこなせると思うが、今回はGIでメンバーが強化。今後を占う意味で試金石の一戦となりそうだ。
「前走は最後に苦しくなって内にモタれていましたね。この中間はモタれる面を矯正するためにハミを替えて調整をしてきました。その効果が実戦で生かされれば……と思っています。追い切りは前走から中2週、その後に輸送も控えてあまり強くやる必要はないのでこれで十分。2走前の武蔵野Sで4着と走っているように芝スタートは大丈夫。前半、ある程度の位置を取れるようならもう少しやれても……と思っています」(寺島調教師)。 ◎約2か月半振りの根岸Sは例によって後方から。直線も良く伸びてはいるが、カフジテイクの決め脚には及ばず4着。ここまでカフジテイクには1度も先着したことがなく、マイルもギリギリ。掲示板があれば……といったところか。
「前走からあまり間隔がないので、強い追い切りはあまり必要ないでしょう。中間は順調に調整ができているし、状態は変わりありませんから。前走は出張先で神経質な面を出して10キロ減に加え、先手も取れませんでした。それでも大きく崩れてはいませんからね。交流重賞主体のローテーションから今回は久々の中央戦でGI。当然、ペース等が違うし、うまく対応できるかですが、ハナにこだわらなくても競馬はできますからね」(目野調教師)。 ◎一息入れて臨んだ川崎記念(JpnI)は10キロ減。勝ったオールブラッシュに先手を奪われ2番手から。最後は瞬発力勝負の形になり伸び負けての5着。逃げた方が持ち味を生かせることは確かで久々のマイルで行き切れるかどうかがカギ。
「前走はゲートの中でチャカ付いた時にスタートを切られて出負けする格好になった上に、1コーナーで他馬にぶつけられるアクシデントもあり、リズムに乗れないまま終わってしまった感じです。この中間は順調に調整ができたし、2週に渡っていい動きをしてくれたので申し分のない状態で出られそうです。一昨年2着と走っているし、1度使って馬に気合いが乗ってきた今回は楽しみです」(羽月調教師)。 ◎約2か月半振りの東海Sはテンションが高め。スタートで煽り中団より後方からのレース。結局自分の競馬ができず、グレンツェントの12着。一昨年2着と好走したこのレース。叩いた効果が見込める今回、ゲートを決めれば。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。