sportsnavi

2017年2月18日(土)

11R

2017年2月18日(土) | 1回東京7日 | 15:45発走

第67回ダイヤモンドステークス(GIII)

芝・左 3400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

「あまり坂路では動かない馬が先週、今週と動いたように状態はいいですよ。年齢的な衰えは見られないし、この距離にも実績がありますからね。ハンデは許容の範囲内だし、極端な瞬発力勝負にさえならなければ好レースになると思っています」(佐藤調教助手)。 ◎叩き2走目のステイヤーズSは6キロ減と500キロを切って馬体が絞れる。2周目の3角から動き出し、直線は一旦抜け出したがアルバートの急追に遭ってクビ差の2着。ダイヤモンドSはここ3年が6、2、3着。ローテーションも同じで明け9歳でも侮れない1頭。
「明けて9歳になりますが毛ヅヤはいいし、元気もありますよ。ハンデは問題ないし、良績がある東京に替わる今回はもう一押しを期待したいですね」(友道調教師)。 ◎有馬記念は出負けして後方から。これと言った見せ場も作れず、後方のままの14着。明けて9歳、近走内容から判断して上位までは厳しいだろう。
「久々になりますがジックリ乗り込んできたので仕上がりは悪くありません。今週の併せ馬では遅れましたが、目一杯追い切ったワケではないので問題ありません。ただ、年齢やハンデ面を考えるとどこまでやれるかでしょうね」(兼武調教助手)。 ◎札幌記念でネオリアリズムの14着以来の一戦。その札幌記念は中団を追走もジリジリと後退してのモノ。9歳馬で年齢的に上積みも望み薄。近走の成績からも狙える材料が見当たらず、苦戦か。
「追い切りの動きが良かったし、いい頃の状態に近づいてきましたね。前走は前に行けなくて馬込みの中での競馬でしたが、よく伸びてくれました。長丁場の適性が高い馬で、このレースは3年前に4着と走っています。斤量差を生かせれば楽しみです」(斎藤崇調教師)。 ◎万葉S(51キロ)はいつもと違って後方から脚をタメる競馬。上りを要したにせよ、差す競馬で2着に来たことは評価できる。今回も格上挑戦だが、ハンデ差を生かせるようなら。
「勝った後も順調に調整ができたし、状態面は問題ありません。今回は格上挑戦になりますが、51キロのハンデと行く馬が少ないことを考えると自分のレースができそうですからね。持ち前のスタミナを生かすことができるようなら……と思っています」(奥村豊調教師)。 ◎成田特別(1000万下・ダート2400m)を速いペースで逃げ切り勝ち。強い勝ち方をしたが、芝は今回が2戦目。格上挑戦でもあり楽なレースには……。
「休み明けのステイヤーズSを使ったことで、この中間の調整は凄く楽でした。その前走が初めての3000mを超えた距離でしたが、うまく我慢が利いていたので距離に関しては心配ありません。今回は良績がある東京に替わるので楽しみですね」(津曲調教助手)。 ◎ステイヤーズSは後方から直線だけ差を詰めてアルバートの1秒5差の5着。距離は問題なさそうだが、明けて8歳。ジャパンC4着も一昨年の話。ガラリ一変は?で鵜呑みには……。
「放牧明けになりますが、体付きや雰囲気は特に変わった感じはありません。1週前の追い切りは多少モタ付いていましたが、今週の動きは悪くなかったし、態勢はほぼ整ったと思います。昨年は58.5キロで2着と頑張ったし、今年は58キロ。今回が去勢明け3戦目になるので前進を期待したいですね」(宗像調教師)。 ◎去勢手術明け2戦目のジャパンCは後方から。勝負所からスッと好位まで上がって行くが、そこで脚を使ったことが影響したか、直線はジリジリと後退してキタサンブラックの17着とシンガリ負け。一昨年1着、昨年2着のこのレースだが、やや衰えた感は否めず。
「勝負所でのズブさは相変わらずですが、追い切りの動きは良かったし、いい状態で出走できると思います。ペースが上がった時に離されずについて行けるようならチャンスは十分あると思います。今回は直線が長い東京に替わるし、その点にも期待をしています」(甲斐調教助手)。 ◎日経新春杯(54キロ)は後方から。相変らず勝負所ではズブさを見せ、直線はジリジリと差を詰めてミッキーロケットの0.5秒差5着。1戦1勝の東京に替わって変わり身が出るようなら。
「オープン入りしてからの成績がイマイチでカベを感じる内容。この距離も未知数だし、ハンデ差を生かしてどこまでやれるかでしょうね」(畠山調教師)。 ◎休み明け3走目の白富士Sは好位を追走も直線はジリ下がり。スズカデヴィアスの13着。オープン入り後の3戦が9、14、13着ではクラスのカベがあることは歴然か。
「前走は自分の競馬はできましたが、ペースを落とし過ぎて上りの競馬になりましたからね。もっとペースを上げても良かったと思っています。この距離は正直微妙ですが、ステイヤーズSでそれなりに走れたことを考えると持久力はありそう。今回も前々での競馬で頑張って欲しいですね」(杉浦調教師)。 ◎重賞挑戦で苦戦続きだったが、オープン特別の白富士Sでは逃げて4着と久々にこの馬らしさが見られたが今回はハンデ戦とはいえ重賞。得意の東京だが距離は微妙に長い感。マイペースの逃げを打って!?どこまで。
「間隔が開いた分、体重は増えていると思いますが、この時季としては体に柔らか味があって肩の出もいいですからね。いい雰囲気に仕上がったと思います。後は実戦で前に目標を置いて最後に交わすような競馬ができれば……と思っています」(武藤調教師)。 ◎オープン3戦目のステイヤーズSは中団を追走。2周目から追い上げにかかり、アルバートと同じタイミングで仕掛ける。最後は3着のモンドインテロの内から伸びて0.7秒差4着。別定戦を考えれば大健闘で、ハンデ次第では見せ場以上も。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整をしてきました。帰厩当初は毛ヅヤや馬体の張りが今一つといった感じでしたが、先週に追い切ってからは少しずつ良くなってきました。まだいい時と比べるともう一息といった感は否めませんが、今週のこの一追いで一応の出走態勢は整ったと思います」(森調教助手)。 ◎有馬記念は外枠ということもあって前半は後方の外目。2周目に内に入れてからはスムーズに走れたが、最後の4角では再び大外に持ち出す。直線はジリジリと差を詰めてサトノダイヤモンドの0.7秒差7着。距離延長はOKでGIIIならハンデ一つで好勝負に。
「年齢的に上積みは望めませんが、いい意味で状態は変わりありません。後は48キロの軽ハンデを生かしてどこまでやれるかですね」(田中清隆調教師)。 ◎近走の成績がサッパリ。明けて11歳、変わり身も見込めず苦戦。
「前走は不利があったし、GIで相手も強かったですから。放牧明けになりますが、順調に乗り込めたし、体質が強くなったことでシッカリ負荷もかけられるようになりました。息遣いもいいし、距離は長ければ長いほどいいタイプ。軽ハンデを生かして頑張って欲しいですね」(小島茂之調教師)。 ◎エリザベス女王杯は1コーナーで寄られる不利があって位置取りが後ろに。この影響が最後まで祟り、後方のままでクイーンズリングの14着と大敗。今回は距離延長+牡馬混合、ハンデ差を生かしてどこまでやれるかだろう。
「状態面はいい意味で平行線ですね。この距離に課題は残りますが、53キロのハンデは魅力。ハンデ差を生かして上手に立ち回ることができれば……と思っています」(村山調教師)。 ◎京都記念を回避してここに。ここ2走の重賞、オープン特別が共にハンデ戦で15、8着を考えると上位までは厳しい感がある。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。