2017年7月30日(日)

11R

2017年7月30日(日) | 2回新潟2日 | 15:45発走

第17回アイビスサマーダッシュ(GIII)

芝・直線 1000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

「この中間傷腫れで2、3日休ませましたが、すぐに乗り出すことができたので問題ありません。追い切りの動きも良かったですからね。直線競馬はやってみなければ分かりませんが、手前を替えるのがぎこちない時があるんです。それを考えると直線競馬は上手に対応できると思います。スピードがあるので通用しても……の気持ちはありますね」(高橋亮調教師)。 ◎CBC賞(55キロ)は中団のイン。ロスのない立ち回りで直線はジリジリと差を詰めてシャイニングレイの0.3秒差6着。重賞でもソコソコやれるメドは立てたか。今回は初の千直でスピードに対応できるかがカギになりそう。
「1週前にもやってありますが、今週もビシッと追い切って欲しいとの指示通り、気合いを付けてシッカリと追い切りました。息遣い・動きともに良かったと思います。今回も格上挑戦になるので楽なレースはどうかと思いますが、状態の良さを生かして頑張りたいですね」(柴田大知騎手)。 ◎韋駄天S(50キロ)は中団を追走。自分の位置を守った形でフィドゥーシアの0.6秒差7着。得意の舞台だが格上挑戦で重賞。上位までとなると……。
「コーナリングに少しぎこちないところがあるので、直線競馬は合うのかもしれません。7歳馬で大きな変わり身はありませんが、追い切りの動きは良かったですからね。開幕週のいい馬場で競馬ができる点は何よりだし、ある程度付いて行けるようなら楽しみです」(安田隆行調教師)。 ◎韋駄天S(55キロ)は出負けしてシンガリから。最後は最速の末脚で伸びてきたが、フィドゥーシアの0.6秒差6着。千直競馬には勝ち鞍があるので適性は問題ないが、高速決着になった際は一抹の不安も。
「1週前にある程度やってあるので、今週は馬ナリですがこれで十分。休み明けの前走を1度使った上積みが見込めるし、この舞台の実績もありますからね。輸送で極端に馬体が減らなければ力は出せると思います。前走は緩い馬場で自分の競馬をすることができませんでしたが、馬場コンディションがいい開幕週ならスピードを生かすことができるので楽しみですね」(中山調教助手)。 ◎3か月振りのCBC賞(56キロ)は2キロ増の438キロ。雨のせいか、ダッシュが付かず中団の前からと苦しい競馬。自分の形に持ち込めず、シャイニングレイの1.1秒差15着と大敗。千直競馬は昨年勝っており問題ナシ。良馬場で施行できれば無視できず。
「先週、ウッドコースでシッカリやってあるので、今週は坂路で馬ナリでしたがこれで十分。状態・動きともに前走時よりはいいですよ。今回は格上挑戦になりますが、直線競馬には良績があるので頑張って欲しいですね」(田中剛調教師)。 ◎叩き2走目の駿風S(準オープン)は1枠1番が応えたか、行きっぷりが一息。結局は最後の伸びも平凡でブレイズエターナルの1.2秒差9着。今回は格上挑戦で重賞。得意の千直競馬でどこまでやれるかだろう。
「前走はスタートしてすぐに落鉄した上にポジションを取りに脚を使いましたからね。それにしても負け過ぎの感はありましたね。前走後は千直競馬のここまで待って、1週前にシッカリ負荷を。今週は馬ナリですがこれで十分。前走はアクシデントがあったもので度外視できるし、ダッシュ力を生かして頑張って欲しいと思いますが、持ち時計をもう少し詰めないと……」(栗田博憲調教師)。 ◎韋駄天S(53キロ)は1完歩目の出が一息(その時に落鉄?)。押してハナを奪うが、急激にバテてフィドゥーシアの1.5秒差シンガリ負け。この大敗は落鉄の影響?!千直は得意の舞台で見直す必要がありそうだ。
「放牧から帰厩後はここを目標に調整してきました。1週前の追い切りは予定より少し遅くなりましたが、今日の動きなら問題ありません。状態面の上積みはありますよ。もう一押しが利かない分、なかなか勝ち切れませんが、堅実に走ってくれますからね。ただ、前走で負けたフィドゥーシアとの斤量差が1キロから2キロになる点がどうでしょう。それでも、状態がいいので楽しみはありますね」(高橋祥泰調教師)。 ◎4か月振りの韋駄天S(55キロ)は外枠を利して先行4番手。最後はフィドゥーシアの後ろから差を詰めたが、0.2秒及ばずの2着。千直競馬はこれで4戦して2着3回3着1回と崩れず。ここも軽くは扱えない1頭。
「1週前に坂路で速いところをやってあるので、今週は併せ馬で馬ナリでしたが、歩様・体調面ともにいいですね。今回も格上挑戦になりますが、この舞台は堅実に走るし、持ち時計もありますからね。ヒケは取らないと見ています」(佐伯調教助手)。 ◎韋駄天S(52キロ)は好位から先団を見つつの競馬も、最後の伸びを欠いてフィドゥーシアの0.7秒差8着。千直競馬は6戦2勝3着2回と得意で54秒1の走破時計もある。先行策が取れるようなら一概に軽視は……。
5 9 ネロ
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。体調が戻るまでに少し時間を要したので、オーシャンS→高松宮記念のローテーションから、このレースに目標を切り替えました。やれば時計が出る馬ですが、ここまで好時計を連発。今週はサラッとですが、これは予定通り。騎乗した騎手(川又騎手、実戦は戸崎騎手)も『走れる状態』と言ってくれましたから。年齢的に少しズブさが出てきていますが、その反面、操縦しやすくなっています。後は外めの枠を引き、スタートを決めてくれれば好レースに……と思っています」(高野調教助手)。 ◎シルクロードS(57.5キロ)はソルヴェイグがハナを主張し、2番手から。直線で2着のセイウンコウセイに交わされるとバッタリ止まり、ダンスディレクターの0.8秒差11着と惨敗。当該舞台は5戦2勝2着3回で昨年の2着馬。半年振りを克服できれば。
「放牧から帰厩した当初は息遣いが一息でしたが、一追い毎に良くなってきました。今日の追い切りも予定通りにできましたからね。多少余裕はありますが、輸送もあるので問題ありません。奥手の血統がようやく本格化してきたし、初の直線競馬だった前走で早々と適性の高さを示してくれました。あの内容なら重賞でも楽しみですね」(松元調教師)。 ◎韋駄天S(54キロ)は好ダッシュから外ラチに沿いに進路を取り、抜群の手応えで逃げ切り勝ち。これでオープン特別2連勝。勝ち時計の54秒3はなかなかで、今の充実振りなら重賞でも十分やれそう。
「最近は競馬を自ら止めているような面が見られるので、追い切りの時点からブリンカーを装着。今週の坂路追い(併せ馬)は最後まで集中して走っていたし、動きも良かったですから。後は初めての直線競馬がいい方に出てくれるようなら……と思っています」(柿崎調教助手)。 ◎ダート2走目のプロキオンSは2番手を追走もラストは一杯。キングズガードの2.5秒差13着。新馬、函館2歳Sを連勝以降は馬券の対象になっていないどころか、掲示板もナシといった状況。苦戦は覚悟か。
「1週前にもやってあるので、今週はラスト重点でしたが、いい動きでした。直線競馬には実績があるし、賞金的に1000万下の身で格上挑戦になりますが、今までがオープンで好走しているように格負けはしない馬ですからね。ここでも楽しみはありますよ」(音無調教師)。 ◎韋駄天S(55キロ)は序盤は後方。徐々に進路を外に取り、残り2ハロンからシッカリ伸びて2着のシンボリディスコにアタマ差まで迫ったところがゴール。近走は不振だったが、得意の千直競馬で復活の兆し。侮りは危険かも。
「今日は馬場が悪かったにもかかわらず、それなりの時計で動けていたし、状態面は悪くありません。今回は初芝になりますが、この舞台設定は合いそうな気がするので、どんなレースをしてくれるか楽しみにしています」(佐藤吉勝調教師)。 ◎安芸S(稍重・ダート1400m)は後方から差を詰めたのみでキャプテンシップの0.6秒差7着。今回は格上挑戦+初芝+重賞で上位は?
「前走後は在厩してこのレースを目標に調整をしてきました。前走の“さくらんぼ特別 で時計勝負にも対応できることが分かったし、今週の動きも良かったですから。直線競馬は未勝利を勝った時の内容が良かったし、今はその当時より力を付けていますからね。格上挑戦+重賞で相手は強くなりますが楽しみにしています」(佐藤吉勝調教師)。 ◎初の古馬相手となった“さくらんぼ特別(1000万下) は逃げたウランゲルの3番手。3角で自然と2番手に上り、直線はフラ付きながらもナンヨーアミーゴを振り切って勝利。今回はオープン+重賞と条件は厳しく、上位までとなると……。
「前走後は千直競馬のここを目標に調整してきました。今回も格上挑戦になりますが、オープン特別で4着が2回ありますからね。重賞で相手は強くなるし、斤量も増える点は厳しいですが、状態の良さを生かして頑張って欲しいですね」(水野調教師)。 ◎韋駄天S(52キロ)は大外枠が仇(ゲート内で立ち上がってから態勢を整えるので、最後入れが裏目と西田騎手)。出は速くなかったが、ラチ沿いを追走し、最後は最速の末合脚でフィドゥーシアの0.3秒差4着。千直競馬は大崩れせず、今回も侮れない1頭。
「前走は久々にハナを切れたし、本来のダッシュ力を見せてくれました。調教を強化してブリンカーを着けた効果も出たと思います。1週前の追い切りの動きも良かったし、今週の追い切りもジョッキーが『今までで一番いい動きだった』と言ってくれましたからね。直線競馬は初めてなので何ともいえませんが、スピードがあるので、合うのでは……と思っています」(北出調教師)。 ◎CBC賞(56キロ)は初ブリンカー。出鞭を入れてハナに立ち、逃げ切るかに思えたがセカンドテーブルに交わされてもバタッとは止まらず。最後はシャイニングレイにも交わされたが3着を確保。千直は初だが先手を奪えるようなら残り目も。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。