IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年5月7日(日)

11R

2017年5月7日(日) | 1回新潟4日 | 15:20発走

第39回新潟大賞典(GIII)

芝・左・外 2000m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

「前走の疲れは取れたし、1週前の追い切りの動きが良かったですからね。ここは目標にしていたレースだし、状態面もアップ。ジックリと脚をタメることができる外回りもこの馬にプラスに出そうなので楽しみですね」(尾関調教師)。 ◎福島民報杯(54キロ)は中団を追走も全く伸びが見られず、マイネルミラノの0.6秒差10着。末脚が武器の馬でコース替わりはプラスだが、重賞ではもうワンパンチが欲しい印象。
「前走から中2週なので追い切りはサラッと。馬体はそれほど変わりませんが、体調が安定しているし、今は充実していますから。条件を問わず走ってくれるので、前が止まらない新潟でも展開が向いてくれるようなら楽しみですね」(山口調教助手)。 ◎福島民報杯(55キロ)は後方から。向正面から追い上げにかかり、最速の末脚で伸びてきたが、前に有利な流れでマイネルミラノの3着までが精一杯。左回りはOKで距離も問題ナシ。ハンデは据え置きの55キロ+新潟の外回りなら。
「リフレッシュ放牧の効果で馬は良くなっていますが、今回は初めての芝ですからね。それに重賞となるといきなりからは厳しいかもしれませんね」(矢作調教師)。 ◎距離は問題ないが重賞で初芝。即、上位争いは難しいだろう。
「元々が叩き良化型の馬なので、前走の結果は仕方がないでしょうね。この中間はガラッと変わってきたし、今週の追い切りの動きも納得がいくもの。新潟の2000mでも気分良く走ることができれば」(栗田博憲調教師)。 ◎3か月半振りの福島民報杯(56.5キロ)は好位を追走も、直線では早々と手応えが怪しくなり、マイネルミラノの0.5秒差9着。今年も昨年と同じ(福島民報杯・1着→新潟大賞典がパッションダンスの3着)ローテーションだが、前走が負け過ぎで…。
「前走後はこのレースを目標に調整をしてきました。その前走が強い勝ち方。日曜日、今日といい動きをしてくれたし、直線が平坦の新潟も合いそう。左回りは問題ないので、53キロのハンデを生かして上位争いを期待したいですね」(清水英克調教師)。 ◎常総S(54キロ)は後方から。4角でもまだ最後方にいたが、直線は外から豪快な差し切り勝ちを演じてオープン入り。今回は昇級+重賞でどこまでやれるかだろう。
「今週の追い切りからブリンカー着用。その分、いつもより集中して走れていたので、効果はありそうです。地力はある馬なので、それが奏功すれば…ですね」(高木調教師)。 ◎アメリカJCCは直線で挟まる不利があったとはいえ、伸びは平凡。タンタアレグリアの2.5秒差11着。衰えこそ見られないが、レース振りに進境が窺えず、どこまでやれるかだろう。
「この中間はゲートの駐立をシッカリ練習しました。状態面は凄くいいので、後はゲートさえ五分に出てくれれば好レースになると思っています」(友道調教師)。 ◎約2か月振りの日経賞は出負けしてシンガリから。結局、流れに乗れず終いで参考外の一戦と見て良さそうだ。時として出負けするケースがあり、スタートを決めて流れに乗った競馬ができれば差はないが。
「この中間は刺激を与えるためにジョッキーに騎乗してもらって調整をしてきました。一頃に比べると気合い乗りが良くなってきたし、動きも良くなってきた感はあります。何とかキッカケを掴んで欲しいと思っています」(辻野調教助手)。 ◎金鯱賞はスタート直後に外にヨレる不利。そこから押し上げてロードヴァンドールの3番手に上がるが、そこで脚を使った分、最後はバタバタになってヤマカツエースの0.7秒差15着。昨年のこのレースが57.5キロでパッションダンスの2着と善戦も今年は疑問符。
「前走後はこのレースを目標に調整をしてきました。転厩後は結果が出ていませんが、動きは悪くないし、力は出せる仕上がりにありますからね。自分でレースを止めるような面があるので、最後まで集中力を切らさず走れるようなら得意の新潟なので…と思っています」(田村調教師)。 ◎今回が3か月振りのレース。得意の新潟で54キロのハンデは魅力だが、明けて8歳、転厩後の3走の内容からガラリ一変まではどうか。
「休み明けを1度使ったことで馬体が引き締まり、動ける体付きになってきました。その前走が1角で狭くなる不利がありましたが、最後はよく伸びて少差の4着。ハンデは据え置きの53キロですが、叩いた上積みが見込める今回は楽しみですね」(池内調教助手)。 ◎福島民報杯(53キロ)は後方から。4角で外に持ち出すとよく伸びてマイネルミラノの0.3秒差4着。ただ、ここ最近の成績から上位争いまでに加われるかとなると疑問符も。
「ここにきて大分古馬らしい体付きになってきたし、パワーアップも感じられます。予定より時計は速くなりましたが、休み明けでも走れる態勢に仕上がったと思います。左回りは東京に良績があるので問題はないし、今はゲートも出るようになってきましたからね。決め手にも威力が出てきた今なら、重賞のここでも楽しみです」(石井調教助手)。 ◎3か月振りのアメジストS(準オープン・芝2000m)は中団のインでロスのない立ち回り。直線も最内を突いてよく伸び、トーセンマタコイヤ以下を降して1着。元々が青葉賞5着など重賞で好走歴がある馬で力は上位。ココも軽視は危険か。
「状態はいいですよ。ただ、今回は重賞で相手が揃っていますからね。コース適性の高さと軽ハンデを味方にどこまでやれるかでしょう」(高橋祥泰調教師)。 ◎福島民報杯(53キロ)は中団追走もラストは一杯になり、マイネルミラノの0.7秒差12着。今回は52キロ+良績がある新潟に替わるが、一連の成績から一変は望み薄。
「休み明けで体に緩さが残っていた前走より気合いが乗ってきたし、追い切りの動き・反応ともに良くなっています。後は課題の輸送をクリアして、馬体をキープできているようならいいんですが」(庄野調教師)。 ◎3か月振りの小倉大賞典(56キロ)は後方から。直線も内目を突いてジリジリと伸び、マルターズアポジーの0.8秒差7着。オープン特別勝ちがある様にメンバー一つでは重賞でもやれていい馬。道中の位置取り一つでは…。
「元々が調教は動かない馬なので、遅れは気になりません。毛ヅヤはいいし、歩様も若い時よりいいくらい。状態はいいいし、左回りも得意なので善戦を期待したいですね」(友道調教師)。 ◎今回は2か月振りの一戦に加え、明けて9歳。成績からは狙い目はたたず。
「前走から中1週と間隔が詰まっているので追い切りはこれで十分。今回は格上挑戦で楽ではありませんが、得意の新潟だし、軽ハンデを生かして頑張って欲しいですね」(勢司調教師)。 ◎府中S(準オープン・芝2000m)は中団を追走も早々と後退。レアリスタの1.1秒差8着。新潟は得意だが格上挑戦。52キロの軽ハンデでも上位までは…。
「以前の心房細動の影響はないと思いますが、まだ加減している面が見られますね。新潟に替わる点は好材料だと思いますが、気持ちの面が入っていない感じなので…」(池江調教師)。 ◎叩き2戦目の日経賞は後方待機策。しかし、これといった見せ場も作れず、シャケトラの3秒差14着。明けて9歳、叩き3戦目でも大幅な変わり身は望み薄か。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。