sportsnavi

2017年4月22日(土)

11R

2017年4月22日(土) | 1回福島5日 | 15:25発走

第14回福島牝馬ステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

「追い切りの動きは悪くありませんでしたよ。今回は格上挑戦になりますが、牝馬同士の一戦なら差はないと見ています」(池添学調教師)。 ◎但馬S(53キロ)は3番手を追走も、最後は瞬発力勝負の形になり、伸び負けてバンドワゴンの0.4秒差5着。準オープンの身ながら、牝馬同士ならそれ程力差はなく、流れ一つで食い込む余地も。
「近走は結果こそ出ていませんが、状態自体は決して悪くありません。何とかここでキッカケを掴んで欲しいと思っているんですが……」(高野調教師)。 ◎叩き2走目の中山牝馬S(52キロ)は-12キロ。好位のインを追走も、早々とバテてトーセンビクトリーの0.8秒差13着。今年も同じローテーションで昨年のこのレースが6着。近走はイマイチだが末脚を生かせる流れになるようなら。
「前走は相手が強い上に馬場も悪かったことを考えれば、7着でも内容は悪くなかったと思います。1度使った上積みはあるし、良馬場なら……とも思いますが、器用さがないので小回りコースがどう出るかでしょうね」(佐藤調教助手)。 ◎約5か月振りの阪神牝馬Sは14キロ増も太目ナシ。ただ、道悪のため伸びを欠いてミッキークイーンの1.1秒差7着。叩き2走目の上積みから良馬場ならと思えるが、脚質的に小回りのツーターンコースがどう出るかだろう。
「小回り自体は合いますが、今回はオープン+重賞で相手が揃っていますからね。正直どこまでやれるかでしょう」(崎山調教助手)。 ◎7歳馬で格上挑戦。正直苦戦は覚悟か。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。先週シッカリ負荷をかけてあるので、今日は馬ナリですが、馬に落ち着きがあるし、動きも良かったですからね。距離も小回りのこの条件なら問題はないと思います」(畠山調教師)。 ◎東風Sは行く気を見せるが、ダイワリベラルが主張したため2番手。スローペースになり、最後は瞬発力の形になり伸び負けてグレーターロンドンの0.5秒差9着。当該舞台で未勝利勝ちがあり、コースはOK。自分の形に持ち込めるようなら。
「この中間は併せ馬をすることで集中力をキープすることに専念。脚質的にこの距離でも前に行けませんが、ラストは必ず脚を使ってくれますからね。小回りの福島でも脚の使いところ一つで対応できると思うし、再度牝馬限定戦なら楽しみですね」(菊沢調教師)。 ◎叩き3走目の中山牝馬S(55キロ)はほぼ最後方から。スローペースで瞬発力勝負の形になり、最速の末脚で追い込んできたが、トーセンビクトリーの0.2秒差6着。14キロ減は絞れたモノ。距離も2走目の今回、展開がハマれば突き抜けても。
「中1週続きで輸送を考え、追い切りはサラッと。今回は格上挑戦+重賞と条件は厳しいかもしれませんが、牝馬限定戦なら見せ場くらいは……と思っています」(北出調教師)。 ◎野島崎特別(牝馬・1000万下)を好位から抜け出して勝利。今回は2階級上のオープン+重賞挑戦と条件は厳しく、どこまでやれるかを見てみたい一戦。
「今は非常に雰囲気がいいし、馬体もキープできていい状態で出走できると思います。今回は前日に現地入りしての競馬。落ち着いて臨めそうな点はいいですね。オープンでも十分やれる馬だし、楽しみです」(国枝調教師)。 ◎中山牝馬S(53キロ)はイレ込み気味で道中は気負っていた。その分、最後は内にモタれ気味で伸びを欠き、トーセンビクトリーの0.3秒差8着。福島は初コースになるが、能力は通用。当日に落ち着きがあってリラックスして走れるようなら。
「前走後も変わりなく順調に調整ができています。戦法を差す競馬から先行に替えてから成績が安定。昨年は外を回る格好で5着でしたが、今年は立ち回り一つで勝負になると見ています」(和田正道調教師)。 ◎中山牝馬S(52キロ)は出が一息も1枠を利して好位でロスのない立ち回り。直線も最内を突いて渋太く伸び、トーセンビクトリーの0.1秒差3着。軽ハンデもあるが、愛知杯3着がフロックではないことを立証。別定戦になる点がどうかも好走の余地は十分。
「前走から中1週での輸送競馬になりますが、追い切りはCWで長目から馬ナリ。動きは良かったですよ。徐々にクラス慣れしてきたし、距離の延長も問題ないので、スタートを決めて前々で流れに乗った競馬ができれば」(本田調教師)。 ◎阪神牝馬Sは出負けしたが二の脚で2番手。最後は甘くなったが、ミッキークイーンの1秒差5着とオープン入りしてから初の掲示板を確保。距離延長はOKでスタートを決めて前々でスムーズなら。
「前走後は放牧を挟みましたが、調整は順調にできています。動き・状態ともに申し分ないし、コーナー4つのコースで好結果を出していますからね。準オープンの身ですが、このメンバーを相手にどこまでやれるかを見てみたいですね」(尾形和幸調教師)。 ◎今年1月の1000万下の平場(牝馬・芝1800m)を勝って準オープン入り。今回は格上+重賞で楽なレースは望み薄かもしれないが、7戦3勝とキャリアの割に成績はなかなか。伸びシロはありそうで、使いつつパワーアップしてくれば。
「前走は鞍上の好騎乗もありましたね。1週前の追い切りの動きが良かったし、ここまでは順調そのもの。小回りの福島なら距離は問題ないので、自分のリズムで運べるようなら」(高市調教師)。 ◎六甲Sはスンナリ先手を奪いスローペースに持ち込む。直線もよく粘ってアスカビレンのクビ差2着と健闘。今回は距離延長がどうかだが、ほぼ平坦でツーターンの福島なら流れ一つで。
「前走から中1週になるので軽めの追い切りは予定通り。休み明けの前走が前で渋太く粘っていたし、力のあることを証明。1度叩いた上積みは見込めるし、馬体もキープできているので前進を期待したいですね」(西浦調教師)。 ◎阪神牝馬Sは8キロ増も太目ナシ。先手を奪ってマイペースに持ち込むが、クイーンズリングに早目に来られ、一旦は2番手も3角でハナを奪い返す。最後は甘くなるが、ミッキークイーンの0.8秒差4着。ローズS(2着)と同距離、小回り・馬体増も◎で侮れず。
「久々の前走が12キロ増と少し余裕残しの体付きで強い勝ち方。1度使った上積みは大きいし、重賞でも掲示板がある馬。牝馬同士の一戦ならここでも楽しみですね」(鹿戸調教師)。 ◎1000万下の平場(牝馬・芝2000m)は殿を追走。勝負所から仕掛けて4角では好位。直線は内目を突いてトーセンラーク以下を差し切る。条件馬とはいえ、フラワーCでアルビアーノの4着、スイートピーSでキャットコインの3着があり差は僅か。
「2週に渡ってやってあるので、今週は馬ナリですがこれで十分。状態自体は悪くありませんが、近2走を含め、ここ一連の成績からは強気なことは言えませんね」(武市調教師)。 ◎中山牝馬S(49キロ)は出負けして後方から。終始後方のまま見せ場も作れずトーセンビクトリーの1.1秒差15着。凡走続きの近走内容から強調点は見当たらず。
「交流重賞を除外されてここに。久々の芝になりますが、今回は牝馬同士の一戦ということで、ある程度やれても……の気持ちは持っています」(高柳調教師)。 ◎交流重賞のエンプレス杯(川崎・JpnII・ダート2100m)は後方から差を詰めてワンミリオンスの1.2秒差6着。今回は約2年振りの芝でどこまでやれるかだろう。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。