sportsnavi

2017年8月27日(日)

11R

2017年8月27日(日) | 2回札幌4日 | 15:35発走

第12回キーンランドカップ(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

「前走後は一旦栗東に戻して函館に再入厩。ここまでは順調に調整ができています。1週前にシッカリ負荷をかけてありますが、今日はたまたま併せ馬の形になっただけ。それでも自分のリズムを崩さずに走れていましたからね。最近の不振は時季的なもので力負けではありません。ここにきて完成の域に入ってきたし、馬体の張りも申し分ありません。今回は前走のようなことはまずないと思っています」(中竹調教師)。 ◎4か月半振りの函館SSは6キロ減。大外枠から好位に付け流れに乗るが、ペースが速くてラストは一杯。ジューヌエコールの0.7秒差9着。洋芝で初の敗戦になったが、昨年の覇者。一叩きしての巻き返しに期待。
「1週前にシッカリ追い切れたし、今日は折り合い重視の追い切りでしたが気分良く走れていましたからね。状態に関しては前走時のデキをキープできています。函館SSで控える競馬もできていたし、競馬が上手になっています。相手は揃いますが、楽しみはありますね」(磐井調教助手)。 ◎UHB賞(54キロ)は押してハナもセンセーションが先手を主張したため2番手から。4角で再びハナを奪いヒルノデイバローとの叩き合いを制して勝利。これで札幌は6戦3勝2着1回3着2回と超堅実。重賞は函館SS5着のみだが、得意のコースで大駆けも。
3 3 ネロ
「前走が年齢的なものなのか、少しズブさが出てきた感じはありましたが、久々の影響もあったと思います。1度使ったことで追い切りの動き・反応ともに良かったし、叩いた上積みは見込めますね。距離が1ハロン延びる点はプラス材料だと思うし、実績もある馬。改めて見直したいですね」(日高調教助手)。 ◎半年ぶりのアイビスSDはいつもの行きっぷりが見られず、押っつけながら好位を追走。最後は粘りを欠いてラインミーティアの0.8秒差10着。久々でいつもの元気がなかったことと58キロの斤量も応えたか。叩いた効果と洋芝をクリアできれば見直せても。
「前走は勝ち馬が思った以上に渋太かったですね。ここを見据えた作りだったので、1度使った上積みは十分見込めます。1週前の追い切りが時計以上に切れが感じられたし、今日の追い切りも良かったですから。ここまではイメージ通りの調整ができているし、状態もいいので楽しみにしています」(昆調教助手)。 ◎3か月振りのUHB賞(55キロ)はこのレースを目標にした作りで臨んだが、中団からジワッと内めを突いて進出。勝負所から外めに出して最後はイッテツとのマッチレースになるが、クビ差及ばず2着。叩いた効果が見込める今回は要注目。
「やれば追い切りは動く馬ですが、1週前の動き・時計ともに良かったと思います。今週は馬ナリですが、今回が3本目。これで十分だと思います。芝スタートだとスピードの乗りがいいですからね。変にゴチャ付くとよくないので、スタートから前めの位置取りでスムーズな競馬ができるようなら……と思っています」(天間調教師)。 ◎函館SSはゲートで飛び上がる格好で出負け。腹をくくって直線勝負に徹する。ラストは最速の末脚でジューヌエコールの0.7秒差7着も2着とは0.3秒差。初芝を考えれば好走といえ、芝2走目の今回、スタートを決めれば更なる前進も。
「高松宮記念は落鉄していたことがあの結果に。その後は放牧に出して、このレースを目標に調整してきました。1週前にビシッと追ってあるので、今週は輸送も考えて馬ナリ。今は昨年と違って体に硬さが見られないし、動きもいいですからね。多少余裕はありますが、輸送で絞れてくれるようなら……」(田面木調教助手)。 ◎高松宮記念(稍重)は外枠から中団の前に付ける。流れが速かったこともあり、直線では伸びそうで伸びずといった内容でセイウンコウセイの0.8秒差8着。昨年のこのレースがブランボヌールの0.3秒差5着。力を付けた今なら案外やれても……。
「前走後は直接札幌に入厩しました。ここまでは順調にきているし、滞在効果で馬が落ち着いている点は何よりです。1週前に長めからある程度やってあるので、今週は馬ナリですがいい動きだったと思います。前走が前めで競馬ができたし、脚質に幅が出てきたことも好材料。重賞(京阪杯3着)でも好走した実績があるので、展開等がうまく噛み合うようなら」(北添調教助手)。 ◎半年振りのバーデンバーデンC(55キロ)は12キロ減も細くは映らず。中団の外めを折り合って追走。ラストは3頭の叩き合いとなったが、コスモドームにアタマ差競り勝つ。洋芝は経験済みで、京阪杯3着の成績からも時計を要せば出番があるかも。
「この中間は放牧には出さず在厩調整。短期放牧明けの前走を叩いた上積みが見込めるし、別定戦に替わる点もプラス材料。年齢を感じさせない元気さがあるし、前走以上のレースを期待したいですね」(千島調教助手)。 ◎UHB賞(56キロ)は好位を追走も、3〜4角で内からぶつけられてバランスを崩す不利。それとトップハンデも影響したか、伸びを欠いてイッテツの0.7秒差7着。9歳とはいえ馬は元気で、函館SS3着から見限りは早計かも。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。2走前が前にカベを作れず、前走は直線で内にモタれ気味でしたから。1週前にもやってありますが、今週も本馬場で併せ馬。抜け出すと遊ぶ面があるので、その点を矯正する調教をしました。シッカリ走れていたし、いい追い切りができたと思います。1200mにも適性があると思うし、洋芝も問題ありません。後は最後まで集中して走れるようなら……ですね」(安田隆行調教師)。 ◎NHKマイルCは好位のインを追走も直線は前が開いていても伸びる気配はなく、アエロリットの1秒差9着。『敗因が分からない』とルメール騎手談から見限ることは早計かも。洋芝はOK、今回は古馬相手がどう出るかがポイントになりそう。
「前走は気分良く行き過ぎて、最後は自ら止めているような感じでしたね。その後は短期放牧を挟んでここを目標にメンタル面を重視した調整してきました。1週前に馬の後ろで我慢をさせる追い切り。いい動きだったし、今週の追い切りも馬の後ろで我慢が利いていい感じでした。洋芝には実績があるし、集中力の問題だと思うので、今まで調教でやってきたことが実戦に繋がるようなら……と思っています」(須貝調教師)。 ◎3か月振りの函館SSはハナを切るが前半3ハロンが32秒2の超ハイペース。さすがに最後はバテてジューヌエコールの0.9秒差10着。昨年のこのレースがブランボヌールの2着。叩き2戦目の変わり身が出れば巻き返しは可能。
「放牧先から直接函館に入厩し、当地で2本追い切って札幌入り。今日は本馬場で馬ナリですがこれで十分です。前走はマイル戦でハナを切りましたが、本来は2、3番手での競馬が理想。それにここにきて体質がシッカリしてきました。今年は賞金加算をしないとGI出走がおぼつかなくなりますからね。そのためにも是非、ここは全力投球で臨みます」(松浦調教助手)。 ◎ヴィクトリアマイルは短距離中心のローテーションからか、スッとハナに。多少細く映ったが、最後まで渋太く粘り、アドマイヤリードの0.3秒差5着。昨年のこのレースがブランボヌールの4着。洋芝は昨年の函館SSをレコード勝ちと適性は十分で要注目の1頭。
「前走から中2週になるので、今週は本馬場で馬ナリですが、これは予定通りです。それにここにきて馬が成長してきたように見受けられます。今回は格上挑戦でしかも重賞と条件は厳しいですが、前走のような競馬ができれば……と思っています」(石毛調教師)。 ◎HBC賞(1000万下)は逃げたクリノスイートピーの2番手。4角でハナを奪うとそのまま後続の追撃を振り切って快勝。今回は格上挑戦+重賞で別定戦。時計的にも上位とは差があり、どこまでやれるかだろう。
「前走後は放牧に出して立て直しを図りました。1週前にある程度やってあるので、今週はラスト重点です。乗り手が『思った以上に時計が出ました』と話していましたが、それだけ状態がいいということだと思います。前走は久々の1200mで馬が戸惑っていましたが、1度使ったことで変わってくると思います。それにこの時期の3歳馬は斤量面で有利なので楽しみにしています」(渡辺調教師)。 ◎3か月振りのCBC賞(53キロ)は外枠から2番手を併走。しかし、直線に入ると伸びを欠き、シャイニングレイの0.7秒差12着。初の古馬相手が応えたのかも……。洋芝は初だが、古馬との対戦も2度目。適度に時計を要するようなら。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。