IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年9月4日(日)

11R

2016年9月4日(日) | 2回小倉12日 | 15:35発走

第36回小倉2歳ステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3100、1200、780、470、310万円 |

「これで3連闘になりますが、飼葉をよく食べているので体調に関しては特に問題はありません。馬に元気もありますからね。相手は強くなりますが、ここも頑張って欲しいと思っています」(山田調教助手)。 ◎連闘で臨んだ未勝利はスタートを決めて中団から。直線外から最速の末脚で粘るグランドガールをゴール寸前ハナ差交わして勝利。とは言え、今回は3連闘。疲れが心配だ。
「勝った後はここを目標に調整してきました。1週前にジョッキーに乗ってもらい、感触を確かめてもらってあるので、今日は馬ナリでサラッと。早めに小倉入りしたことで体はキープできているし、状態はいいですからね」(高市調教師)。 ◎スタートを決めてクロースリーニットの2番手。直線は馬場の中ほどを通り、アッサリと抜け出してクロースリーニットに5馬身差を付ける楽勝。ただ、勝ち時計はほぼ水準級。
「連闘になりますが疲れは見られないし、飼い葉食いも旺盛ですからね。小柄な馬ですが、いいスピードがあるし、一般馬が相手でもヒケは取らないと見ています。強い相手はいますが、ここでも楽しみです」(関野調教助手)。 ◎中1週続きを3戦した後の連闘で今回がすでに4戦目。ひまわり賞を難なく逃げ切って2勝目を上げたが、一般馬相手の新馬戦を勝ち、フェニックス賞も前半3ハロンを32秒8で飛ばしてクインズサリナの0.2秒差2着。九州産限定の特別なら楽勝して当然。前半3ハロンのスピードはメンバー中No.1。ここも軽くは扱えないか。
「先週ある程度やってあるので、今週は馬ナリでしたがこれで十分。デビュー戦が期待した通りの勝ち方だったし、勝った後も馬がカリカリせずに落ち着いていることもプラス材料。力を出せる状態にあるのでここも楽しみにしています」(本田調教師)。 ◎初戦は素早く好位の3番手を確保。終始持ったままで逃げるメイショウリリーを軽く仕掛けただけで交わし、後は流す程度で快勝。ここでは力が違った感。まだ体に緩さがあった分、叩いた上積みも見込めそうだ。
「中2週になりますが、飼い葉をよく食べているので、中間は併せ馬でキッチリやれています。先週の追い切りでは物見をしたのか、ハミを取らない感じもありましたが、今朝はシッカリと走れていたし、動きも良かったですよ。前走がいい勝ち方だったし、まだ伸びシロがある馬。ここも楽しみにしています」(山田調教助手)。 ◎好スタートを切るもカシノマストを行かせて2番手。4角では少し膨れ気味だったが、逃げるカシノマストをアッサリ捉えて2連勝。まだ幼い面があり、多頭数競馬になった時がどうなるかが課題。
「ここ2週に渡っていい動きをしてくれました。開幕週のモノだけに鵜呑みにはできませんが、前走の勝ち時計は速かったですね。中京のタフな馬場で抑えるレースができたように操縦性の高さを備えているし、実戦タイプの馬。雨が降っても苦にしないし、重賞でも楽しみはありますよ」(服部調教師)。 ◎スタートを決めたが離れた3番手を追走。内めをロスなく回り、直線は狭い内を突いて抜け出し、2着のミルトドリームに3馬身差の快勝。良馬場で力を発揮できた感。
「この中間も順調そのものです。馬体減りも見られないし、その分今日はラストをビシッと追いました。相手は強くなりますが、馬場が渋っても苦にしないと思うし、スピードも備えているので」(久保調教助手)。 ◎フェニックス賞は前を行く2頭から離れた3番手。勝負所の3角からは追走に苦しみ、直線でバタバタになってブービーに。あまりにも負け過ぎで一変は望み薄か。
「早めに小倉入りしたことで馬が落ち着いているし、いい意味で前走時と変わりはありません。今日の追い切りも道中物見をしましたが、肩ムチを入れるとすぐに反応してくれたし、何より馬が元気一杯なのがいいですね。状態に関しては文句ないので、小回りにうまく対応してくれるようなら楽しみです」(喜多調教助手)。 ◎デビュー戦はスタートが一息で中団から。道中は馬場の内めを通り、先を行く馬達を抜いて粘るマイアミトロピカルを交わして勝利。多少煩い面はあるが能力は確か。早目の小倉入厩が奏功すれば。
「輸送も無事にクリアして、馬は落ち着いているし、飼葉もシッカリ食べていますから。状態に変わりはありませんよ。単なるスピード馬という感じではなく、奥を感じる馬。馬場が渋っても苦にしないと思うのでここも楽しみです」(長嶋調教助手)。 ◎函館2歳Sは12キロ増。外枠で外々を回るロスはあったが、挑戦はジリジリと差を詰め、レコード勝ちしたレヴァンテライオンの5着。今回は軽い小倉の芝がどうかだが、2走前が強い勝ちっぷり。一概には。
「追い切りの動きはマズマズでした。小倉も開催の最終日で馬場が荒れてきた点はプラスだと思うし、これで一雨降るようなら尚、歓迎材料になると思いますね」(大野騎手)。 ◎ダッシュを利かせてハナを切るが、道中は突かれ気味。それでも手応えは楽で、直線に入ると後続を突き放して勝利。芝もOKだが現状はダートの方が持ち味を生かす感が濃い。
「前走は直線でラチに接触しましたが、スピードの違いで勝ってくれました。今日の追い切りは抜け出してからフラフラする面を出しましたが、動き自体は悪くなかったので大丈夫。前走が余裕残しの体だったので、使った上積みが見込めるし、揉まれずに競馬ができる外めの枠を引けるようなら更にいいんですけどね」(渡辺調教師)。 ◎デビュー戦はダッシュよくハナ。終始余力を持った逃げで、直線ではフラ付いてラチに接触するシーンもあったが、態勢を立て直してアッサリ勝利。幼さは残るが能力は高そうだ。
「今日は併せる相手を前に行かせて先着と反応・動きでしたね。ダートで勝っていますが、ジョッキーは『芝でもやれる』と言っていましたからね」(鈴木孝志調教師)。 ◎好仕上がりで臨んだデビュー戦は好位のイン。砂を被ると嫌がる面を見せていたが、直線でエンジンがかかるとグイッと伸びて勝利。ダートで勝ったが、芝でもやれそうな血統だ。
「先週にジョッキーが騎乗してある程度やってあるので、今日はラスト重点。時計も良かったし、いい動きでした。怖がりな面があり、イレ込みもキツイ馬ですが、当日に落ち着いて臨めるようなら楽しみですね」(宮本調教師)。 ◎他馬を怖がる面があり、五分のスタートを切ったが、仕掛けて好位も少し外にモタレ気味。それでも直線はシッカリ伸びて抜け出す。時計はマズマズだが416キロの体から大幅な変わり身となると……。
「連闘になりますが馬体減りもなく順調です。ここ3走が安定して走ってくれていますが、さすがに今回は相手が強いので、どこまでやれるかですね」(田代調教助手)。 ◎ひまわり賞2着からの連闘。その“ひまわり賞 でカシノマストに7馬身千切られていることを考えると、一般馬と混合になる今回は甘くはなさそう。
「今日は時計が出やすい馬場だったとはいえ、これだけ動けば上々だと思います。1度使った分の上積みは見込めるし、後は他馬との力関係がどうかだけでしょうね」(上村調教助手)。 ◎394キロと小柄な馬で仕上がりは良好。好スタートを決めてスッとハナ。道中も他馬に絡まれること無く、直線も後続を突き放して快勝。ただ、時計は平凡で体付きから大幅な変わり身となると……。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。