sportsnavi

2016年9月18日(日)

11R

2016年9月18日(日) | 4回阪神4日 | 15:35発走

第34回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:曇 | 馬場:重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

「今日はいい併せ馬ができました。一夏を越して馬が大分成長してきたし、精神面でも大人になってきましたからね。相手は揃いましたが、成長した今の状態で、どんなレースをしてくれるか楽しみにしています」(西浦調教師)。 ◎予想以上にスタートが良く、気分良く行き過ぎたフローラS。ラストの伸びを欠いてチェッキーノの14着。1800mは未勝利勝ち、札幌2歳S3着と得意な距離。ただ、牝馬の割に叩き良化型かも。
「休み明けということで万全の態勢とはいえませんが、追い切りの動きはマズマズでした。未勝利戦とはいっても芝で6着があるし、この距離も合うと思います。後は他馬との力関係がどう出るかでしょう」(笹野調教師)。 ◎中央未勝利。笠松に転厩し、笠松の重賞、クイーンカップ(ダート・1600m)を勝って、ここに挑戦。芝は中京の1600mで6着1回のみ。ここでは荷が重いか。
「北海道からの輸送を無事にクリア。1週前に併せ馬でやってあるので、今週は馬ナリですが、折り合いが付いてリラックスして走れていました。それに精神面でも大人になってきた感じがありますね。ストライドの大きな馬なので阪神の外回りは合うと思います。今回は春のクラシックで好走してきた馬が相手で、立場としては挑戦者ですからね。それでも能力は秘めている馬なので、何とか権利を……と思っています」(前川調教助手)。 ◎4か月振りで臨んだ昇級初戦の道新スポーツ賞は18キロ増も太目感ナシ。久々ということもあって、道中は力みが見られ、ラストの伸びを欠いて6着。初の洋芝・古馬相手も影響したようだ。チューリップ賞6着があり、叩き2走目で前進も。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。放牧先でも乗り込んできたし、体も一回り成長して帰ってきました。日曜日に速いところをやってあるので、今日はラスト重点でしたが、シッカリと伸びていたし、春先よりストライドが大きくなってきましたね。元々が仕上がり早の馬だし、オークスでは伸びを欠いたように距離の短縮もプラスに出ると思います。本番に繋がるレースを期待したいですね」(浅見調教助手)。 ◎オークスは8キロ増の438キロでも細く映る程。中団のインで折り合いを付けていたが、いざ追われてからが案外。2400mは長かったかも。桜花賞3着馬で、距離短縮は歓迎。更に馬体が成長しているようなら。
「1週前にシッカリ負荷をかけてあるし、あまり時計を出し過ぎると体が減ってしまうので、今週は意図的に控え目にしました。今は体も回復しているし、距離もこのくらいが一番合いそう。絶好調だったエルフィンS当時のデキには及びませんが、次に繋がる競馬ができれば……と思っています」(音無調教師)。 ◎オークスは中団の外めをスムーズに折り合う。直線は大外に持ち出し、よく伸びたものの、ラストで甘くなり7着。2400mは長かったのかも。重賞ではもう一押しが欲しい印象はあるが、夏を越しての成長度次第では。
「追い切り後に骨折が判明し、社台Fに放牧。手術をした後に山元トレセンに移動し、8月上旬に帰厩しました。先週あたりまではイライラした面はありましたが、それを乗り越えてからは落ち着きが出てきたし、追い切りでの反応も良化。今日の追い切りは自ら行く気になっていたし、併せた相手に並んでからは引っ張り切れない程の手応えでした。この動きなら合格点を与えられると思います。折り合いの不安がないので距離の延長は気にしなくても大丈夫でしょう。今回は骨折明けのレースになるので、無事にレースを終えてくれれば……とは思いますが、やはり本番に向けていい競馬をして欲しいですね」(仲田調教助手)。 ◎桜花賞を制してオークスに向かう予定だったが、左前第1指骨剥離骨折のために断念。今回は休み明けでの参戦になるが、中間は順調に調整されており、好仕上がりで臨めそう。1800mで新馬勝ちしており、鉄砲もOK。いきなりから注目。
「前走後は秋に備え、放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は予定通りのメニューを消化してきました。先週、今週と同じようにラストを伸ばす調教をしてきましたが、ラスト1ハロンの時計が速いし、何の注文も付かない調整ができたと思います。夏を越して背丈が少し伸びた感じがするし、体重はそれ程変わらないとはいえ、飼い葉をシッカリ食べているので問題ないと思います。操縦性に富み、負けん気が強くて勝負根性があるのがこの馬のセールスポイント。後は自分の能力を出し切る競馬ができれば結果は付いてくると思います」(石坂調教師)。 ◎オークスは4キロ減の422キロも細くは映らず。後方でジックリ待機し、道中の折り合いもバッチリ。直線で手前を替えながらも、先に抜けた2頭の間を割って伸び、チェッキーノ以下に快勝。1800mは問題なく、馬体の成長も見られる今回は当然、有力視。
「先週の紫苑Sは展開が向かなかったし、大外枠ということも厳しかったですからね。連闘になるので時計は出しませんが、この後の様子を見てなにも影響がないようならここに出走するつもりです」(大久保龍志調教師)。 ◎紫苑Sからの連闘。その紫苑Sは大外枠のために前に行けず、自分の競馬ができないままビッシュの12着。更に相手が強化される今回は楽な戦いには……。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。夏場を無事に過ごせたし、この中間も順調に乗り込んできました。1週前にジョッキーの騎乗で追い切ったし、今週は馬ナリですがラストの伸び、動きともに良かったですよ。体の方もフックラして満足の行く仕上がりで臨めそうです。阪神のこの距離で勝っているし、得意とする距離。脚質にも幅があって展開を問わない馬。強い相手はいますが、本番への権利を取れれば……と思っています」(宮本調教師)。 ◎オークスは好位を追走も勝負所からジリジリと後退して16着。オープンではもうワンパンチ欲しいが、連対率10割の1800mに替わる点はプラス。
「追い切りの動きから状態は悪くないと思います。今回は相手が揃っていますが、何とか頑張って本番への権利を獲得できないものかと思っているんですが……」(尾関調教師)。 ◎函館の500万下の平場戦を2走して5、7着。今回はオープン相手で、しかも重賞では。
「先週の坂路でシッカリ負荷をかけてあるので、今週は馬ナリでしたが、楽に先着といい動きをしてくれました。気分を損ねると止めてしまうところはありますが、阪神の外回りは合うし、距離の延長もプラス。相手は強くなりますが、将来性がある馬。メドの立つ走りを期待したいですね」(木村調教助手)。 ◎昇級初戦の道新スポーツ賞出遅れて後方から。4角で大外に出し、最速の末脚で追い込むが、アールブリュットの0.2秒差5着。ゲートに課題は残るが、距離延長はプラス。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。その効果が見られる点はいいんですが、かなりノンビリした感じで帰厩しましたからね。それでも緩さとか息遣いは悪くありません。先週シッカリやったので、今週はサラッと。追い切りの本数は十分やってあるし、動き自体も悪くないんですが、まだノンビリした面が見られるので……。1度使った方がいいのかもとは思いますが、舞台設定は悪くないし、スムーズな競馬ができるようなら」(佐藤調教助手)。 ◎オークスは10キロ減でも細くは見えず。中団で折り合いに専念し、直線はジリジリとはいえ、坂上でシンハライトに前をカットされる不利も。それでも盛り返して9着なら悪くない。ただ、アルテミスS以降がイマイチで、今夏の成長度がカギに。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。その効果で気分転換が図れたし、体も前走で減っていた以上に増えて帰厩。それに落ち着きも出て、精神面の成長も窺えます。ラストは切れる脚を使う馬。外回りの1800mという舞台は悪くないので、心身ともに成長した今のデキで、どんなレースをしてくれるか楽しみはありますよ」(須貝調教師)。 ◎オークスは後方から。これといった見せ場もないまま15着と惨敗。『レース後、すぐに息が入った』とのことで度外視できる一戦。気持ちの問題という課題は残るが、桜花賞5着馬。無視までは危険かも。
「使い詰めできていますが、疲れはなく元気一杯です。今日の追い切り時計は予定より速くなりましたが、デキはキープできているので大丈夫。今回はGI馬など、強敵が出ますからね。五分の条件では厳しいので、降雨などの助けが欲しいですね」(大根田調教師)。 ◎若戸大橋特別(500万下)は後方から差を詰め、サトノケンシローの0.6秒差6着。今回は牝馬限定とはいえ、重賞で一線級が相手。苦戦か。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。減った体は回復しています。1週前の7日にCWで長めからラスト重点の追い切りを。今週は併せ馬で馬ナリでしたが、余力十分に先着といい動きをしてくれました。血統的に距離はこなせると思うし、前にカベを作って折り合いを付けられればタメは利くハズ。今回はオープン相手で形の上では格上挑戦になりますが、格下だとは思っていません。このメンバーが相手でも十分やれると思います。後は良馬場でできれば」(田代調教助手)。 ◎芝1200mの500万下の平場は16キロ減も寂しくは映らず。外枠からスッと先団に付け、ラストは3頭の叩き合いになったが、ビットレートをクビ差抑えて勝利。今回は一気の距離延長がどう出るかだ。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。