IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年9月11日(日)

11R

2016年9月11日(日) | 4回阪神2日 | 15:35発走

第30回セントウルステークス(GII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 |

「放牧に出して疲れを取ることに専念。帰厩後は順調に調整できています。1週前に坂路でビシッと追ってあるので、今日はラスト重点でしたが、いつもと変わりない動き。高松宮記念の時と遜色ない状態に仕上がったと思います。開幕週の速い時計にも対応できるし、レースに注文も付かないタイプ。本番に向けていい結果を期待したいですね」(藤岡調教師)。 ◎高松宮記念は離れた4番手。直線入り口で前に並びかけ、直線はミッキーアイルの外に併せて残り100mで突き離してレコード勝ち。阪神も得意で高速決着もOK。有力候補。
「前走は体に余裕があったし、馬場を考えてある程度位置を取りに行ったことも影響したようですね。帰厩後はシッカリ乗り込んで調整をしてきたし、今日の追い切り時計も予定通り。今回は体も絞れると思うし、阪神に替わる点も問題ナシ。急がせるより、脚をタメた方がいいタイプ。後は自分のリズムでスムーズに運べるようなら見直せるのでは……と思っています」(野中調教師)。 ◎CBC賞はいつもより早目の位置取り。ただ、勝負所の反応がイマイチで追ってからの伸びは平凡。レッドファルクスの9着と意外な敗戦。久々というより本調子を欠いていたのかも?!立て直した効果に期待。
「前走後は治療に専念し、治癒してからは宇治田原優駿ステーブルに移動。秋はここからスプリンターズSを目標に始動することにしました。1週前は気持ち重い感じはありましたが、ビシッと追い切ったし、今日はラスト重点ですが動きは良かったと思います。間隔が開いた分がどうかと思いますが、スタートを決めて前走のような競馬ができるようなら……と思っています」(笹田調教師)。 ◎歩様の乱れで高松宮記念を自重。1月31日以来になるが、スタートを決めてローレルベローチェを差し切ったシルクロードSの勝ち方が上々。今回は7か月振りのレースで仕上がり状態がカギに。
「千直競馬は忙しかったですね。7歳になりますが馬は元気一杯です。追い切りの動きも良かったですしね。距離が1ハロン延びる分、競馬をしやすくなると思うし、開幕週で極端に時計が速くならなければ……と思っています」(白倉調教助手)。 ◎アイビスSDは10キロ増で気持ち余裕。後方からジリジリと伸びてベルカントの0.6秒差6着も少しモタれ気味。大幅な上積みは?だが1200mはプラス。適度に時計を要すようなら。
「前走は出負けして途中からハナを切る形に。さすがに厳しかったですね。最近はレースにいってズブさが見られるので、刺激を与える意味で1度この距離を使うことにしました。追い切りに騎乗した武豊騎手が『状態は悪くない』と言ってくれたし、この距離で新味が出てくれるようなら……と思っています」(橋口調教師)。 ◎関屋記念は58キロ。出負けしたが3角手前から一気に先手を奪い、後続を引き離しての逃げ。さすがにラストは一杯になり、ヤングマンパワーの12着。今回は久々の短距離でスンナリ行けるかどうか……。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。1週前にある程度やってあるので、今日は馬ナリですが、動きが良かったし、活気があるのもいいですね。近走は短距離で結果を出しているし、昨年2着と走っているレース。休み明けでも鉄砲が利くので問題はないし、本番に向けていい走りを見せて欲しいですね」(田代調教助手)。 ◎ヴィクトリアマイルは中団のイン。直線に入って仕掛けられたが反応が鈍く、ジリジリと後退してストレイトガールの13着。昨年の当該レースでアクティブミノルの2着。立て直した効果があるようなら。
「函館から一旦、放牧に出して2週前に帰厩。1週前にもシッカリ負荷をかけることができたし、今日の動きも上々。リフレッシュの効果は大きいと思います。年齢的に大幅な変わり身はどうかと思いますが、いい状態で出走できるし、展開などがうまく噛み合うようなら」(西浦調教師)。 ◎函館SSはいつも通り後方から。開幕週でレコード決着になった上に前に有利な流れで不発に終わり、ソルヴェイグの12着。今回も開幕週で高速決着が予想され、よほど展開の助けがないことには。
「前走後は短期放牧を挟みましたが、状態をキープしているのでここに使うことにしました。一追い毎にデキは良くなっていますよ。オープンではスピードだけでは通用しないので、今は脚をタメる競馬を覚えさせていますが、どうにか形になってきているし、ここでどれだけやれるかを見てみたいですね」(高橋義忠調教師)。 ◎アイビスSDは出たなりで中団。後半は追い通しだったが、渋太く伸びてベルカントの0.5秒差の4着。1ハロン延長はプラス材料で、前進は可能。
「今日は馬場が重かったので時計は平凡ですが、問題はありません。使いつつ状態は上向いているし、コース替わりも大丈夫。ただ、今回は相手が揃っていますからね。どこまでやれるかでしょう」(高橋義忠調教師)。 ◎北九州記念(54キロ)は後方から差を詰めて、バクシンテイオーの0.6秒差7着。コース替わりは問題ないが、重賞ではもうワンパンチが欲しい。
7 10 ネロ
「前走後は放牧を挟みましたが、放牧先でも緩めずに乗り込んで帰厩しました。今日の追い切りは好時計をマークしましたが、今はこれくらいの時計を出しても驚きませんし、いい併せ馬ができたと思います。精神面の成長でコントロールしやすくなったし、直線の坂も坂路でこれだけ動くので問題はないハズ。スピードはあるので、この馬の競馬ができれば楽しみです」(清永調教助手)。 ◎アイビスSDはスッとハナを奪い、そのまま押し切るかに見えたが、ゴール寸前、内からベルカントにアタマ差交わされて2着。阪神は初めてになるが中山で好走歴があり、坂は苦にしない。自分のリズムで走れれば可能性も。
「前走は展開が厳しくなりましたからね。幸いダメージが少なかったので、ここを使うことにしました。今日の追い切りは見た目以上に時計が速かったし、それだけ具合がいいという証拠。相手関係はともかく、自分のリズムで走れるようなら……と思っているんですけどね」(高橋康之調教師)。 ◎北九州記念は大外から先手を取りに行くが、内のジャストドゥウイングも負けじと先行。2頭で競る形になる。その後ベルカントに外から被されるとジリジリと後退。バクシンテイオーの11着。阪神は問題ないが、ベストは平坦・小回りの小倉。上位までは……。
「前々走が体を戻しつつの調整。前走はそのあたりの影響が残っていたのかも……。今回が休み明け3走目ということで、動きは1番良かったと思います。ただ、今回はGIの前哨戦ということで相手が揃っていますからね。デキの良さでどこまでやれるかでしょう」(西園調教師)。 ◎北九州記念は好位追走もジリジリと後退し、バクシンテイオーの9着。まだ本来のデキには戻り切っていない感じ。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はプールと坂路の併用で順調に調整はできています。ここ2週に渡って好時計をマークしているので、今週は馬ナリですが、仕上がりはいいですよ。どちらかと言うとパワーが要求される馬場向きなので、開幕週がどうかですが、57キロで出られるのはプラス。後はこの馬向きの展開になるようなら……」(高木調教師)。 ◎CBC賞はスタートで出負けをして後方から。直線で前が窮屈になり、外に進路を切り替えて伸びてはきたが、レッドファルクスの0.4秒差6着。スムーズだったら差は詰まっていたハズ。阪神は初だが坂があるコースは問題ナシ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。