sportsnavi

2016年4月9日(土)

11R

2016年4月9日(土) | 2回阪神5日 | 15:35発走

第59回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

「先週、今週と2週に渡っていい動きをしてくれました。状態面はいいけど、今回は重賞で相手が揃いましたからね。強気なことも」(谷調教師)。 ◎ベストは1400m。マイル戦では。
「放牧明けになりますが、太かった体は絞れてきました。今日の追い切りは気分良く走っていたし、動きも凄く良かったですよ。阪神のこの舞台は良績があるし、輸送も経験済みなので問題はありませんが、今回が初の古馬との初対戦。力関係がどうなのかだと思いますが、今後に向けて賞金加算をして欲しいと思っています」(尾関調教師)。 ◎骨折明けの秋華賞は中位一杯でも、オークス以来のブッツケでは仕方のないところ。阪神JF3着、アルテミスS1着、チューリップ賞1着とマイルはベストで阪神も得意。後は休み明けがどうかだけ。
「3走前の府中牝馬Sで挟まれた影響なのか、走る意欲を喪失している感じがあります。それでも今週の動きは良かったし、力のある馬。間隔を開けて立て直した効果が出るようなら」(須貝調教師)。 ◎ターコイズSは-4キロの428キロと細く映った。レースも後方のままと見せ場も作れず15着。馬券の対象になったのがここ2年で2着が2回のみと、勝ち星から遠ざかっており、一変を望むのは酷かも。
「先週やったことで、今週は動きが良くなりましたね。阪神のマイルは競馬がしやすいし、重賞でもそれなりの実績を出している馬。ここにきて馬体に実が入ってきたし、今回もベストの舞台なので楽しみです」(牧田調教師)。 ◎うずしおSはスローペースを見越して早めの競馬。上りの速いレースを差し切ってV。マイルは2戦2勝と距離もベスト。オークス5着、秋華賞4着から昇級は形だけ。
「除外で1週延びましたが、既に先週でも使える状態でしたからね。今週はラスト重点ですがこれで十分です。マイルは守備範囲だし、直線が長い外回りは歓迎。後は良馬場で競馬ができるようなら」(高橋裕調教師)。 ◎比較的鉄砲は利くタイプだが、ベストは左回りの1400m。今回は右回りのマイル戦、その点がネックに。
「先週長めからやってあるので、今週は軽目でしたが動きは良かったですね。ジャパンC後は少し疲れが見られましたが、放牧に出してスッカリ回復。春はここからヴィクトリアMと決めていたので予定通りの調整ができたし、いいスタートが切れれば、と思っています」(池江調教師)。 ◎ジャパンCは強力な牡馬が相手に加え、他馬にぶつけられる不利もあって8着。初めて連対を外す結果になった。今回は牝馬同士の一戦、阪神もマイルもOK。鉄砲も利くので巻き返しは必至か。
「予定通りの追い切りを消化できたし、少し間隔は開きましたが仕上がりはいいですよ。毎年この時季は調子がいいし、ジョッキーもこの馬のことはよく知っていますからね。今回も期待は十分ですね」(大久保龍志調教師)。 ◎東京新聞杯は好スタートを決めてハナ。スローペースに持ち込んで鮮やかな逃げ切りと、こういう競馬ができたことは収穫。このレースは一昨年1着で昨年が4着。阪神は7勝中5勝をあげており、絶好の舞台だ。
「前走は口向きの悪さが出てしまいましたね。それがこの馬の出世を妨げてきた原因なので、この中間はその点の解消に努めてきました。調教でもそういう面が見られたので今回は片側だけチークピースを着用。その効果が出るようなら」(橋本調教助手)。 ◎ターコイズSは道中で折り合いを欠き、ラストの伸びを欠いて8着。良績は左回りに集中しているが、昨年のこのレース(芝・1400m)を制しているので問題はない。立て直した効果が出れば。
「先週ビシッと追い切ってあるので、今週はサラッと。阪神に勝ち鞍はありませんが、ここにきて体質がシッカリしてきたし、充実してきた今なら……の気持ちはありますね」(大久保龍志調教師)。 ◎初の1400mだった京都牝馬Sは中団からといつもより後ろの位置取りだったが、ラストはよく伸びて3着に好走。重馬場をこなし、差すレースで結果を出した点は収穫。マイルは歓迎なので、後は阪神コースがどうかだけ。
「前走後は在厩調整。今回はテンションを上げないように調整してきたし、追い切りの反応も良かったですよ。折り合いの不安がないのでマイルは問題ないですが、相手が揃っているので」(内山調教助手)。 ◎一間隔開けて臨んだ京都牝馬S出負けして後方から。それでもラストは最速の末脚で7着と差は詰めたが、相変らずゲートが不安定で重賞ではもうワンパンチが欲しい。
「色々と工夫をして調整をしていますが、それがレースに繋がらない現状。今週もシッカリ追い切ったし、毛ヅヤも良好。何とかキッカケを掴んで欲しいですね」(飯田祐史調教師)。 ◎京都金杯はウインプリメーラの14着。色々と試行錯誤をしてきたが結果は皆無。特に強調材料も見当たらない現状では。
「中1週ですがここが目標だったし、牝馬の割に叩き良化型らしく追い切りの動きもガラッと変わってきました。以前は強い相手に善戦した実績があるし、得意の阪神。重賞でも牝馬同士の一戦ならヒケは取らないと思います」(白倉調教助手)。 ◎休み明けの六甲Sは10キロ増に加え、牝馬の割に叩き良化型ということで先行一杯の11着。ただ、阪神には良績があり、叩き2戦目で変わる可能性は十分。
「香港遠征後は放牧に出してリフレッシュ。7歳になったので大幅な変化は見られませんが、落ち着きが出てきた点はプラス。今ならむしろマイルの方がいいかもしれません。雰囲気はいいし、本番に向けてどんな競馬をしてくれるか楽しみですね」(田代調教助手)。 ◎香港スプリントはベニアフォビアの9着。一旦は引退も囁かれたが、方針を転換し現役続行。マイルはヴィクトリアマイル1着から問題はなく、注目は仕上がり状態だけ。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。