IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年4月3日(日)

11R

2016年4月3日(日) | 2回阪神4日 | 15:35発走

第60回産経大阪杯(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 |

「前走後は厩舎調整。1週前にジョッキー騎乗で追い切ってあるし、今日の動きも良かったですからね。休み明けを1度叩いた上積みは十分感じられます。前走の競馬の内容が良かったし、初コースですが阪神も距離も合うと思います。輸送も問題ないので楽しみはありますね」(津曲調教助手)。 ◎中山記念は後方から直線は内を突いて伸びて5着。とはいえ、上位3頭には伸び負けた格好。今回も強敵が揃っており、上位までは厳しい感。
「有馬記念の後はさすがに疲れが見られましたが、放牧に出してジックリ静養させたことでスッカリ回復しました。今はもう心配ありません。1週間にCWで長めからやってあるので、今週は3頭併せでラスト重点。反応・動きともに良かったですよ。この後に香港遠征を控えていますが、いい仕上がりで臨めそうだし、今回はベストといえる2000m。今年初戦をいい形でスタートしたいですね」(兼武調教助手)。 ◎有馬記念はスローペースの好位と絶好のポジションだったが、ラストは意外に弾けず5着。有馬がこの年10戦目、目に見えぬ疲れがあったのかも。オーバーホールをして臨むこのレース。距離・コースともに問題はなく改めて。58キロは宝塚記念・京都大賞典・天皇賞秋で勝っており、問題ナシ。
「香港遠征後は放牧に出しましたが、向こうでも順調に調整をしていましたからね。帰厩後は予定通りの追い切りを消化。1週前の追い切りが申し分のない動きでしたし、今週は時計が速過ぎましたが、いい動きをしていたので問題はありません。オンとオフの切り替えが早い馬で、これで実戦モードに入ってくれると思います。今回はGIクラスのメンバーが相手ということでシッカリ仕上げてきたし、器用に立ち回れるので阪神の内回りもOK。それにレースで素直に力を出すタイプですからね。本番に向けて弾みを付けたいと思っています」(斉藤調教師)。 ◎香港Cは最速の末脚でエイシンヒカリの2着。鉄砲は利くので久々はOK。牡馬の一線級と牝馬のライバル、ショウナンパンドラを相手に54キロの斤量差を生かしてどこまでやれるか。
「この後に輸送を控えているので、オーバーワークにならない程度の併せ馬をしましたが、ラストの伸びが良かったし、動きには満足しています。前走の敗因が不可解ですが、力を出し切って負けたわけではありませんからね。最近は不完全燃焼続きのレースが続いていますが、能力を出し切ってくれればここでも差のない競馬はできると思います」(栗田博憲調教師)。 ◎中山記念は大外を回ったにしても仕掛けてからの反応が鈍く、案外の内容。叩いた上積みで巻き返しを期待したいが、前走の負け方は少し気になるところ。
「前走は強敵相手にそれほど差のない6着と頑張ってくれました。反動は見られないので連闘することにしましたが、積極的な競馬でもう一押しを期待したいですね」(音無調教師)。 ◎日経賞からの連闘とはいえ、引き続き強力なメンバーが相手。上位までは……。
「先週坂路で速い時計を出しているので、今週はこの程度で十分でしょう。京都記念は道悪で厳しい競馬でしたが、よく頑張ってくれました。幸いダメージはなく順調に調整ができているし、いい状態で臨めます。距離はもう少しあっても、と思いますが、ここまで大事に使ってきたので更なる伸びシロを秘めている馬だし、牡馬の強豪が相手でもヒケは取らないと思っています」(石坂調教師)。 ◎京都記念は馬場を考慮して後方の外めを追走。一足早く仕掛けて進出するが、ズブさを見せてスッと反応しなかったが、ラストは渋太く伸びて2着は確保。今回は内回りと相手強化がカギになりそう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。ここから始動は当初の予定通りです。同じ休み明けでもセントライト記念の時より、今回の方がいい仕上がりで臨めそうです。今日はオーバーワークにならないように馬ナリですが、2週前に武豊騎手に乗ってもらって速いところを済ませてあるし、先週も単走で長めからやってあるのでこれで十分でしょう。阪神の内回り・2000mも中山で結果を出しているので問題ないと思います。目標は先ですが、状態面に抜かりはないですからね。本番を意識しての一叩きという気持ちはありません。一戦一戦結果を出していきたいと思っています」(清水久詞調教師)。 ◎大柄な割に鉄砲が利く馬。阪神は初コースになるが、坂があるコースは全く問題ナシ。渋太い先行力は大きな武器で内回りの2000mはむしろ好都合。馬格があるので58キロも問題はないハズ。
「有馬記念は息遣いがもう一つということで無理をせずに自重。その後は放牧に出してリフレッシュを図り、大阪杯から始動という予定で帰厩しました。ここまでは予定通りの調整ができたし、以前と比べても基礎体力が付いているし、これ以上負荷をかける必要もありませんからね。今日の追い切りはラスト重点でしたがエネルギッシュに動いていたし、レースに必要なフィジカル面も問題ありません。昨年は道悪で残念な結果でしたが、良馬場でできるようなら……と思っています」(高野調教師)。 ◎有馬記念は体調が整わずに回避。昨年のこのレースは不良馬場が敗因。比較的ポン駆けも利く馬で久々は問題ナシ。56キロは宝塚記念3着、天皇賞4着と連対はないが、良馬場でできればここでも上位争いに。
「先週、今週と併せ馬をしましたが、2週に渡っていい動きをしてくれました。前走は追い出しが遅れたことは痛かったけど、折り合えて走れたことは大きな収穫。折り合いさえ付けば素晴らしい瞬発力を発揮できることが分かったし、今回は内回りとテン乗りがどうかですが、頭数が手頃で競馬はしやすいと思います。この馬の力を出し切ればここでも楽しみですね」(音無調教師)。 ◎中山記念は最速の末脚でドゥラメンテのクビ差2着。小回りにも対応できる馬で内回りの2000mは問題ナシ。1キロ増の56キロと鞍上の手替わりがどうかだが、折り合いさえ付けば好勝負。
「先週ビシッと追い切ってあるので、今週は馬ナリですがこれで十分でしょう。元々が使って良くなるタイプ。それだけに状態は上向いていますが、今回も強敵が揃っていますからね。強気なことは言えませんが、少しでも時計を要する馬場になるようなら……と思っています」(上原調教師)。 ◎長期休養明けを1度使ったが、明けて8歳。ガラリ一変は望み薄で。
「休み明けを1度叩いた上積みが見込めるし、状態面は確実にアップしています。今回は相手が揃いますが、比較的得意としている阪神コースでどこまでやれるかを見てみたいですね」(竹内調教師)。 ◎条件が合わないうえに、相手も強過ぎる。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。