競馬 - 報知杯フィリーズレビュー - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年3月13日(日)

11R

2016年3月13日(日) | 1回阪神6日 | 15:35発走

第50回報知杯フィリーズレビュー(GII)

芝・右 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

「この中間から調教を強化する方針を取り、シッカリ負荷をかけてきました。今日の追い切りの動き、特にラストの伸びが良かったし、状態は言うことありません。重賞で相手は強くなりますが、この効果が実戦に反映できるようなら……」(猿橋調教助手)。 ◎昇級戦の500万条件は中団追走も追い出してからの反応は一息。昇級の壁を感じる。
「先週ある程度やってあるので、今週はラスト重点でしたがいい伸びをしてくれました。ペースが速くなるオープンの方が折り合いが付きやすいと思うし、ここでも力差はないと見ています」(野田調教助手)。 ◎500万下の牝馬限定戦は好位追走も伸び一息でメイショウバーズの5着。馬場が悪かったことも影響したか?!。良ならもう少しやれても。
「先週CWで長めを。今週は坂路でやりましたが、51秒台と相変わらず調教はよく動きますね。前走後もいい状態をキープできているし、スピードがあるので距離短縮も大丈夫。エルフィンS2着の内容からここも楽しみですね」(福島調教師)。 ◎2番手追走からラスト1ハロン手前で先頭。勝ちパターンかと思えたエルフィンSだったがレッドアヴァンセの強襲に屈して2着。キャリア1戦を考えれば大健闘。要注意。
「先週は単走で、今週は併せ馬でやりましたが、いい動きでした。ダートで勝っていますが、芝でも問題はない馬。阪神のこの距離はあっていると思うので、どんな競馬をしてくれるか楽しみですね」(矢作調教師)。 ◎ダート未勝利を勝ったばかりで、芝は新馬(10頭立ての5着)以来。条件は厳しく苦戦か。
「前走は前に馬がいて動くに動けず、おまけに前がカベでスペースもできず脚を余す結果になってしまい、不完全燃焼の一戦でしたね。この中間は放牧に出してリフレッシュ。体はフックラして帰ってきましたが、少し余裕があるくらいです。距離は経験済みだし、2走前のようにインで脚をタメる競馬ができれば……」(伊藤圭三調教師)。 ◎京王杯2歳Sはゲートが悪く後方から。スローペースにも泣いて11着。先行策が取れていれば違ったかも。ただ、カンナSを差し切り勝ちしており、脚質に幅は出てきた。
「今日はCWで長めからシッカリ追い切りました。動きは良かったですよ。今回は速い馬もいて楽な競馬は望めないかもしれませんが、距離短縮はプラスに出ると思います。後はスンナリ行けるかどうかでしょうね」(佐藤調教助手)。 ◎新馬は馬場の良いところを選んでハナに。一旦交わされたが、再びハナを奪い返してV。小柄だが勝負根性はなかなか。キャリアがカギに。
「冬場ということで、前走後は無理をさせずにリフレッシュ。体付き自体はあまり変わっていませんが、追い切りはバネの利いたいい走りをしてくれました。前走の競馬を見ているとマイルは少し長い感じを受けたので、1ハロン短縮はプラスに出るハズ。2走前に勝ったファンタジーSくらいの体重で出られるようなら」(矢作調教師)。 ◎阪神JFは10キロ減の402キロ。先団に付けるも追われてサッパリ。今回はファンタジーS(GIII)を勝った時と同距離。馬体が回復していれば。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。その効果で減った体は回復しています。先週、今週と2週に渡っていい動きをしてくれたし、新馬を勝った舞台。ロスのない立ち回りができれば……と思っています」(宮調教師)。 ◎紅梅Sはシンハライトの10着。小柄な馬が-8キロと更に馬体減。上積みに?符。
「使いつつ馬体が減っていたので放牧に出して立て直しを図りました。その効果で体は回復しているし、追い切りの動きも良かったですよ。この距離は実績があるし、いい決め脚を持っている馬。前走が力を要する馬場でしたが、良馬場に越したことはありませんからね。まずはここで権利を、と思っています」(浅見調教助手)。 ◎阪神JFは外に張り気味だったが、勝負どころからはスムーズ。直線はジリジリと伸びて3着のブランボヌールと0.1秒差の5着。距離短縮で前進も。
「前走はリフレッシュの効果でいい結果を出せました。1度使って状態は上向いているし、今日の動きも良かったですよ。今までダートを使ってきましたが、スタート地点の芝部分の走りが悪くないし、体の硬い馬でもありませんからね。ここでもやれるのでは……と思っています」(西村調教師)。 ◎休み明けの500万下(ダート1400m)を先行抜け出しで2勝目をあげる。今回は芝替わりがどう出るかだろう。
「先週やってあるので、今日はラスト重点。いい状態をキープしています。とは言っても、新馬を勝ったばかりでキャリアが1戦。今回は重賞で相手が強くなりますからね。どこまでやれるでしょうね」(高野調教師)。 ◎新馬戦は稍重で時計は平凡だが、ラスト3ハロンを11秒台でまとめてV。今回はキャリアがカギを握りそう。
「放牧を挟んでここは予定通りです。放牧先でも乗り込んできたので、追い切りの動き・仕上がりともに悪くありません。距離は守備範囲だと思うし、スピードがあるので流れに乗れることは確か。コース替わりも問題はないので、長距離輸送さえ無事にクリアしてくれれば……」(手塚調教師)。 ◎クリスマスローズSは出たなりの3番手。折り合いもスムーズだった。1200mに切り替えて1、3着と好走しており、1ハロンの延長がポイントになりそう。
「前走(阪神JF)時は中間にアクシデントがあって、ファンタジーSを回避。予定を変更して阪神JFへ直行になってしまいましたからね。おまけにスタートで躓いてリズム良く走れませんでした。その後は放牧に出してリフレッシュ。今回の方が順調さで上回るし、状態もいいですからね。気性的にポン駆けは利くし、折り合いの不安もない馬。後は当日に落ち着いて臨めるようなら」(梅田調教師)。 ◎阪神JFは出が悪く後方から。位置取りが命取りといった感。りんどう賞でフェアリーS2着のメジェルダを破っており、1400mで見直す手も。
「前走は少し力んで走った分、一踏ん張りが利きませんでしたね。その後は放牧に出してリフレッシュを図りました。先週、ジョッキーが騎乗して追い切りましたが、好感触を得た様子。先週やってあるので今日は馬ナリでしたが、いい動きでした。輸送は問題ないし、調教スタイルを替えた(行って甘くなる競馬が続いているので、追走してラストを伸ばす形)ことがいい方に出るようなら……と思っています」(池内調教助手)。 ◎フェアリーSは先行粘り込みで4着。瞬発力勝負ではやや分が悪い面はあるが、立ち回りの上手さを生かせるようなら。
「初戦は追い不足といった状態での勝利。控えるレースで勝ったように馬込みを気にしない点もいいですね。まだ緩さはありますが、1度使った上積みは見込めるし、距離の延長もプラス。キャリアは僅か1戦ですが、このメンバーを相手にどこまでやれるか楽しみですね」(野中調教師)。 ◎小倉の新馬を好位から差して初戦勝ち。まだ目一杯の追い切りが少ない状態での勝利で上積みは見込めそう。キャリアがカギ。
「前走は休み明けで幾らか急仕上げ気味だったので体に余裕がありましたからね。レースでは気負いも見られましたが、それでも2着と好走してくれたように、力があるところは見せてくれました。1度使った上積みはあるし、跳びがきれいな馬なので良馬場の方がいいと思います。ここで何とか権利を、と思っています」(角田調教師)。 ◎一息入れて馬体増。好位の外めを追走も追われてからがジリジリ。これは久々の影響か。それでもメイショウバーズの2着なら悪くない。叩いての変わり身は期待できそう。
「1週前にある程度やってあるし、輸送も控えているので今日はラスト重点。馬体もフックラして、いい状態で臨めそうです。この馬は相手なりに走るところがあるし、キャリアも豊富。関西馬との力関係は未知ですが、自分の競馬ができれば差はないハズ。楽しみを持って挑戦します」(藤井調教助手)。 ◎春菜賞は好スタートを決めて中団のイン。直線もうまく内が開き、ラスト1ハロンで抜け出し快勝。豊富なキャリアと自在性がある脚質を武器に善戦の余地も。輸送をクリアすれば。
「阪神JFは調教の時も実戦でも道中頭を上げるようなところを見せていましたからね。背腰に疲れが溜まっていたんだと思いますね。その後は放牧に出してリフレッシュ。馬が良くなって帰ってきたし、落ち着きが出てきたのもいい傾向。先週ビシッとやった動きが良かったし、今日は馬ナリでしたが、先週と同じく上々の動き。何より息の入りが良くなっています。状態面は前走とは比べ物にならないくらい良くなっているので、後は気分良く走れるようなら」(本田調教師)。 ◎阪神JFは後方から差を詰めたのみの12着。折り合いに課題があり、流れが落ち着いたことが裏目に出た格好。1400mはプラスに出そうで、適度に流れるようなら。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。