2016年11月26日(土)

11R

2016年11月26日(土) | 5回京都7日 | 15:40発走

第3回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3300、1300、830、500、330万円 |

「中間時計を出しているので、今週は馬ナリですが動きは良かったですよ。まだ若さがあって色々な面で粗削りなところはありますが、いいモノは持っている馬。重賞のここでどれだけやれるかを見てみたいですね」(木原調教助手)。 ◎萩Sはスタートが一息。殿から進めるがスローペースではどうしようもなく、プラチナヴォイスの8着。『怖がりだがいいところのある馬』と鞍上談から完全無視までは……。
「追い切りに騎乗したルメール騎手が『パーフェクト』と言ってくれましたからね。1度使って馬体が絞れてきたし、前向きさも出てきたので、ここでも楽しみはありますよ」(佐々木晶三調教師)。 ◎デビュー戦は余裕残しの体付き。中団の外を追走し、3〜4角は外に膨れ気味も早めに動いたことが正解。ラストもシッカリ伸びて粘るヒシマサルを捉えて勝利。大柄な馬だけに叩いての良化が期待できそうだ。
「追い切りの動きは絶好でした。前走は立て直す不利こそありましたが、最後はシッカリ伸びてくれたし、少し噛むところのある馬ですが、折り合いが付いていたことも収穫でした。今回は重賞で骨っぽい相手がいますが、ヒケは取らない馬。今回もあまりペースが速くならないと思うので、いい位置で競馬ができれば好勝負できると思います」(白倉調教助手)。 ◎百日草特別は後方で脚を温存。直線で抜け出す時に少し狭くなるシーンも、ゴール寸前でアウトライアーズを交わし、アドマイヤミヤビの4分の3馬身差2着。今回も最速の末脚を使っており、これでデビューから3戦連続上り最速をマーク。決め手は◎でここでも。
「併せた相手なりの追い切りでしたが、気分よく走れていたこともあってラストの伸びが良かったですね。距離の延長は問題ないし、荒れた馬場も苦にしないので、ここでも楽しみはありますよ」(池江調教師)。 ◎約3か月振りの未勝利は12キロ増も好仕上がり。離れた2、3番手を手応えよく追走。仕掛けてからの反応は一息だったが、エンジンが掛かると鋭く伸びてスズカロングに1馬身半差を付けて勝利。時計は水準でも能力は高そう。
「前走はイライラする面が見られましたが、今は落ち着きが出てきましたからね。重賞で相手は強くなりますが、追い切りの動きが悪くなかったし、2走前のように自分のリズムで走れるようなら」(河内調教師)。 ◎萩Sは3番手を折り合って追走。スローペースで瞬発力勝負になったが、大崩れはせずにプラチナヴォイスの4着。自己条件ならやれそうだが、オープンのここでは勝ち切るまでは……。
「前走は瞬発力勝負になり、決め手の差が出てしまいましたね。それでもレース運びが上手になってきたし、成長の跡は窺えました。追い切りの動きは悪くなかったし、この舞台も合うと思うので、課題の輸送をクリアしてくれるようなら」(小笠調教師)。 ◎約3か月振りの百日草特別はスローペースの2番手。久々の影響か、直線1頭になるとフラ付き気味。最後は切れ負けした格好でアドマイヤミヤビの4着。速い時計の決着と瞬発力勝負に課題を残す。
「前走は行く馬がいなかったことでハナに行きましたが、あれはジョッキーの好判断でしたね。それに距離をこなしてくれたことも収穫でした。使いつつ馬体の緩さが抜けてきたし、精神面もシッカリ。器用なタイプでどんな競馬もできるし、後は他馬との力関係でしょうね」(角田調教師)。 ◎紫菊賞は+10キロも太め感ナシ。1枠からスンナリ先手を奪い、スローペースに持ち込んでまんまと逃げ切る。好位からの競馬もできる馬でレースセンスはなかなか。距離も問題はなく、再度同じ舞台でのレースなら。
「前走後も疲れが見られないのでここを使うことに。今日の併せ馬で追った動きが良かったし、京都は2戦2勝と相性もいいですからね。距離は1ハロン延びますが、その点は問題ありません。どんな競馬もできるので、重賞のここでも楽しみはありますよ」(鮫島調教師)。 ◎萩Sは2番手で折り合う。スローペースを見越して早めの競馬も追い出しを我慢。追われるとシッカリ伸びてヴァナヘイムに1馬身4分の3差を付けて2連勝。未勝利をレコード勝ちしたことが伊達ではないことを証明。スタミナも十分で2000mは問題ナシ。
「前走は2着でも最後はシッカリと伸びていましたからね。内容自体は悪くなかったと思います。1週前、今週とジョッキーに乗ってもらって感触を確かめてもらいましたが、いい印象を持った様子。改めて期待したいですね」(岸本調教助手)。 ◎2か月振りの萩Sは太めなく好仕上がり。スローでも折り合いが付き、中団の後ろ。仕掛けてからの反応はイマイチだったが、ラストは最速の上りでプラチナヴォイスの1馬身4分の3差2着。今日は久々+位置取りの差で負けた感があり、能力は高い。
「1度使ったことで更に動きは良くなっています。デビュー戦がセンスのいい走りをしてくれたし、クセがなく、乗りやすくてどんな競馬でもできる馬。重賞でメンバーは強くなりますが、どんな競馬をしてくれるのかという楽しみはあります」(田代調教助手)。 ◎デビュー戦は出遅れたが二の脚で好位。スローペースでも折り合いはスムーズ。勝負所で前に取り付き、直線もシッカリした足取りでアドマイヤローザ以下を抑えて快勝。当該舞台で勝ったことがアドバンテージになれば。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。